楊令伝 4 雷霆の章

  • 344人登録
  • 3.97評価
    • (43)
    • (47)
    • (45)
    • (1)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2008年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712124

楊令伝 4 雷霆の章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やはり北方ワールドに引き込まれた!前にのめり込むように本を貪り、そして号泣。男ならと言いたいのかもしれないが女性でも共感は得られそうな気がする。日本にも多くの中国人がいてこの本を手にとっていると思う。どんな思いで見ているんだろうか?

    誰もいじれない禁断の書とも言える「水滸伝」を北方流に解釈して書き上げて続編

    水滸伝のエンディングで梁山泊にこもる全ての人の命ともいえよう「替天行道」の旗を宋江から渡された青面獣楊志の子、楊令。

    序盤戦はいくつもの愛を受け育った楊令が幻王と名を変え、水滸伝とは異なる人格を見せる。生き残った史進、呼延灼、張清らが残存勢力を維持して楊令を首領として迎えると同時に再建を果たす!ここからが悲劇の連続だった。

    水滸伝の中で地方軍の将から梁山泊入りした呼延灼将軍。梁山泊では常に本隊を率い全面の敵と向かい合っていた楊令伝においても役割は同じなのだが、老いに加え息子の凌が梁山泊入りをしていた禁軍の童貫将軍との決戦の折に宿敵趙安将軍を打ち破るが、一安心もつかの間で息子の凌の背後へ5000の騎馬隊が襲いかかろうとしていた。

    初めて父が息子の背中を守った。息子は父が背中を守ってくれてるとは知らずに…「行くな!」読みながら呟いていた。呼延灼はただ1騎!5000の騎馬隊を止め散っていった。凌に双鞭をあずけて……涙止まんないから!これを書こうと頭の中で考えているだけでもこのシーンは泣けてくる。

    激しい戦の中で父親としての優しい顔を見せた張清。

    前作で片足を失うも片足での騎乗で禁軍を悩ませた馬麟。

    元盗人上がりの鮑旭は部下の損害が最も少ないとされる名将であったが、呼延灼と同じように部下を守り仁王立ちの末に散っていく。

    呉用に公孫勝や戴宗などは憎まれ役をかいながらも若者を育てるそんな役回りの末にやはり身を挺していく。

    張橫の息子で楊令を影から支える青騎兵の張平や、弓の名人であった花栄の息子の花飛麟

    この幾多の勇士のひとりひとりの生き様を描ききった作品に言葉はいらない。ただ読むたびに思い出すたびに涙がこぼれてくる。エンディングで楊令が死に、ひとり残された史進…彼の苦悩は岳飛伝に続く……

    生涯でこれだけ泣けた小説はきっとあとにも先にもないことだろう!

  • 方臘軍敗れ、呉用が梁山泊に戻る。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    宋禁軍と梁山泊軍が激突、戦いの行方は…?

    北と南の動乱に、宋禁軍の趙安は北へ、童貫は南に出陣。梁山泊軍は趙安の部下である葉超軍と激突、死闘を繰り広げる。一方、勢いを増す南の宗教蜂起を制圧するため、童貫軍は機を窺う。

    【キーワード】
    単行本・シリーズ・時代小説


    +++1

  • 王母亡くなる。話は少しずつ進む。
    20160627

  • 宋の弱体化を目論む梁山泊の作戦は着々と進む。
    南の方蝋の巨大な軍勢は予想以上に展開し、呉用は趙仁として軍師としての手応えとカリスマ性に惹きつかれつつある自分に気づく。
    一方、燕雲十六州の戦いも予想以上に好戦しており、新たな国の姿が見えつつある中で、脆さと儚さを感じる幕切れとなる。

  • 第4巻読了

    北と南で決戦が始まった。北では宋の葉超将軍が敗れるも、南では童貫が圧倒的な強さで勝ち進んでいく。
    そして梁山泊でゆかりのある王母がなくなり、楊令はじめそこで育った者たちが集まり語らうシーンが印象的だ。武松を入れた7人は兄弟みたいなものだというくだりは特に良かった。

  • 呉用が違う場所だと厚遇されているのが何とも。
    王母のくだりは泣けます。

  • 王母が死んだ。
    子午山育ち達が集まる場面が素敵。
    「あそこには常に出来損ないがいて云々」という楊令の発言が適切過ぎて笑った。
    秦容だけは出来損ない要素はないかな。楊令にもなかったかな。
    公淑が穴埋めに使われてる感は否めない。


    だんだん童貫が好きになってきた。
    戦の職人みたいなものだから、その真剣さと有能さに惹かれるというか。
    命を掛けたスポーツの、選手か監督みたいなものだと思ってしまう。
    むしろ、スポーツが戦の代わりなのかな。
    実際に戦争になるのは嫌だけど、やっぱりお話としては面白い。

    新将校に血縁者多過ぎだと思うんだけど。小説としては分かりやすくなっていいけども…

    呉用の今後が引き続き気になる!

  • 遼崩壊後の燕雲十六州を巡る攻防が面白い。新しい国を夢見る遼の3将軍と宋の超安のぶつかりあいが良かった。戦闘シーンがリアルで、男たちの息づかいが聞こえてきそうだ。南も童貫が泥沼の戦いを繰り広げる。その間、梁山泊は力をのばす。

  • 2013/04/04 【古】105円

全36件中 1 - 10件を表示

楊令伝 4 雷霆の章のその他の作品

北方謙三の作品

楊令伝 4 雷霆の章を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楊令伝 4 雷霆の章を本棚に「積読」で登録しているひと

楊令伝 4 雷霆の章の作品紹介

岳飛、血海紅河を泳ぎ、花飛麟、騎上身を翻す。西の方、胎山には及時の雨、もはや降らず。南を閙がす凄風の宴。

ツイートする