終わらざる夏 下

  • 726人登録
  • 3.76評価
    • (63)
    • (114)
    • (85)
    • (15)
    • (5)
  • 124レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 集英社 (2010年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713473

終わらざる夏 下の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでみたい!と思っていた浅田次郎さんの【終わらざる夏】
    昭和20年8月15日の終戦。
    その後にも続いた戦争があったこと・・・知りませんでした。
    考えてみると、戦争のことはほとんど知らない。
    ちょっとショックのような、悲しいような・・・

  • 久しぶりに泣いた。
    なんと心を揺さぶる作品だったことか。
    戦争ものはどうしても内容が重いので、ある種決意して読み始めるのが常だが、読了後は胸がいっぱいになり心動かされる作品が多い。
    そんな中でも、この作品は特に優れていると思う。
    これまであまりスポットを浴びることのなかった終戦時のシュムシュ島(北千島)が舞台の中心であり、当時のソ連と日本との微妙な関係がもたらした悲劇を題材とした物語である。
    登場人物のひとりひとりが心豊かで勇ましく、愛に溢れており、悲しいながらも美しい生き様に涙することとなった。
    浅田作品の長編ものは初めてであったが、本当に素晴らしかった。
    今後も読み続けたい。
    これだから、読書はやめられないのだ!とつくづく感じた

  • 悪戦苦闘しながらやっと読了(^=^;
    第二次世界大戦についての知識にも乏しい上に旧仮名遣いの文語文が出てきたり、方言がでてきたりで読むのが大変で何度となく、別の本読もうかと思ったことか(^=^;
    大胆な脚色はあれど戦争停止直後の千島列島におけるロシアの思惑はこんな感じだったんだろうな。
    所詮戦争は利権の奪い合い。でも利権の恩恵を受けるのはお偉方だけで、一般庶民は苦難を背負い込むだけ。これが事実。

  • 宮澤賢治の詩が引用されるたびに泣いた。

  • 卑怯だぜ。ソ連野郎。

    後半、消化不良?!というか。。。
    ロシア人の件が。今一。

  • 結構期待して、これだけの長編を読んだというのに、この物足りなさは何なのだろう。占守島にたどり着くまでが長く、戦闘が始まったら、いきなり皆死んでしまう。尻切れトンボのようなお話。いい題材だけに、浅田さんならもっと、いい話が書けたのではないのか?と、少し残念。

  • 悲しいけれど美しい物語。浅田文学の美学。

    「メトロに乗って」や「鉄道員」に通じるファンタジー小説

    空襲、集団疎開、根こそぎ動員などの現実、疎開先から脱走(と成功)、翻訳家の通訳要員としての召集などの非現実(夢物語)。そして、現実と夢の混交。

    主人公たちの戦死という結末は、覚めた夢(もう一つの現実)。疎開先から東京に無事帰還する子供との対比。

    戦争末期に、北辺の島に残された完全無欠の機甲師団。ある意味ブラックユーモア

  • 上巻と同じく下巻も読むのに時間がかかった。
    登場人物は誰もが主人公で、それぞれの物語は切ない。

    終章でロシアに抑留された人々が語られるが、そこだけで一つの物語が紡げそう。

  • 戦争物は苦手。浅田次郎じゃなきゃ避けたと思う。逃げてるわけではなく、学生時代に読んだ「人間の条件」わりと最近の「少年H」、短編で読み応えのある印象深い作品もあった。わりと敬遠してるのは、視点に疑問が残る作品が多いから。テレビドラマ等になると安易な決め付けに腹が立つ。
    ともあれ、この「終わらざる夏」は良質で見逃されていた部分に焦点を当て、やや通俗的でも手を抜いていない。人物も活きているし、ロシア兵については絡ませるのに無理をした部分もあるが詰め込みたかった気持ちは判る。これは過去の悲劇じゃなく、現在の社会情勢にも通じている。

  • あまり知られていないポツダム宣言受諾後の1945年8月18日に始まった千島列島最北部の占守島における日本とソ連の戦いを最終的な題材にしている小説です。

    赤紙により召集された男たち、残された妻・母親・子供たち、動員計画を策定する高官や末端で赤紙を届ける役人たち、相手の兵士、それぞれが戦争遂行に疑問を持ちながらも、翻弄されていく人生が描かれています。

    貫かれているテーマは、戦争の理不尽さに尽きます。

    戦争を語る時、犠牲者の人数のみが着目されますが、この小説では、その一人一人とその家族にそれぞれの人生があったという当たり前のことを再確認させてくれます。
    疎開児童の場面は電車の中で涙ぐみながら読んでいました。

    周囲にも勧めたい大作です。一読すべき小説です。

全124件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

終わらざる夏 下を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

終わらざる夏 下の作品紹介

できることはもう何もない。戦場を走るほかには。たとえそこが、まやかしの戦場でも。美しい島で、あの夏、何が起きたのか-。何を信じ、何を守る-。人間の本質に迫る戦争巨編、堂々完結。

終わらざる夏 下の文庫

終わらざる夏 下のKindle版

ツイートする