おとぎのかけら 新釈西洋童話集

  • 515人登録
  • 3.49評価
    • (30)
    • (77)
    • (88)
    • (21)
    • (4)
  • 109レビュー
著者 : 千早茜
  • 集英社 (2010年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713701

おとぎのかけら 新釈西洋童話集の感想・レビュー・書評

  • 西洋のおとぎ話を現代だったら…と著者が想像して書いた物語。

  • 読後が良いかと云われれば首を傾げます。
    それでも好きだと思いました。

    表紙やタイトルがこんなに可愛らしいので、どんなに愛らしいお話だろうかとページを捲れば、歪んだ微笑や陰鬱な展開が広がっていて。
    闇が美しい。
    元来、お伽噺には戒めを込めた結末、理不尽と救いの無い悲劇が横行していた、と思い起こされます。
    それでもお伽噺という言葉には愛しさがあって、それは、この本に出てくる、身売りをする少女の蝋燭の炎を見つめる純粋な眼差しであったり、ほんの一握りの優しさから、と思うのです。
    やはり、美醜は一体であり、同居し得るのだと思います。

  • シンデレラ、白雪姫、みにくいアヒルの子…耽美で鮮烈な現代版西洋童話、

  • おとぎという単語と、少女趣味なジャケットに惹かれて手に取りました。
    じっとり絡む噎せ返るような匂いのする作品の数々は、確かにかけら。
    全く違う現代の話なのに、読んでいると「これは確かに」とモチーフが理解出来る。
    女子は強いね、どの話に出てきた女子も強い。
    歪で不格好で性的で美しい。散りばめられた毒に夢中になりました。

    『アマリリス』の真由は最後王子様が迎えに来たから、目を覚ますことが出来たんだと解釈した。
    特別じゃないから、それでも求めた王子様は来たから。だから目を覚ました(別れた)んだと。
    『迷子のきまり』『凍りついた眼』『カドミウム・レッド』は特に好き。

  • 『おとぎのかけら』 千早 茜    集英社

    「新釈西洋童話集」と副題にあるように、7つの有名な西洋童話を下敷きにした短篇集。
    勿論、物語の核となる部分やモチーフは有るのだが、時代は現代だし舞台も現代の日本である。そして一つづつの物語に「迷子のきまりーヘンゼルとグレーテル」、「カドミウム・レッドー白雪姫」、「金の指輪ーシンデレラ」の様に、どの話がどの古典童話を元にしているかが目次でわかる。そしてひとたびお伽話のかけらが作者の掌の中に握られると、開いた時には美しく、妖しく、毒々しい林檎の様に読むものの前に差し出される。一つだけ、少し気持ちが暖かくなるものがあったが、後はどれも不思議な美しさ懐かしさの中にぞっとする様な怖さを秘めていた。伝承され続けて来たわらべ歌や昔話には、世界各国共通する物があると言う。それらには、元々現実の世界の残酷さや理不尽さ、やり切れない人生を切り抜ける黒い知恵をも秘めているのだろうと思わせられる一冊だった。『本当は怖い◯◯』とか言う本よりも、エッセンスを抜き出して今風に料理されたこちらの方が何倍も怖いと思った。しみじみと美しい表紙を見ながら、またこの作家に心を持って行かれた、と嬉しい様な悔しい様な不思議な感覚が残った。

  • さくさく読めて、おもしろかった。

    わたしもどうしようもなく嫌なことがあると、よく眠るんだよなあ

  • どろどろと、絡みついてくる文体も内容も、好みは分かれるだろうなあ。
    今日のわたしには、面白いと思えた。

    なかなか現代の闇を抉るなあ。良かった。
    2015.02.01

  • 2014.12.4 読了

    これは。。。独特でした。。

    有名な西洋の童話を
    この作者さんの解釈で、
    この作者さんの新たな物語に。

    けど、どの話も おどろおどろしてて、
    文体も 独特なので、
    好き嫌いは あるだろうな。

    私は。。。 まだ初めてなので、
    なんとも言えない。

    他の作品も また読んでみようか。

  • 「凍りついた目」が文句なしの☆5です

  • 本を読むようになったのが成人してからなので、童話の話をほとんど知らない。本来の童話の持つ寓意についてはわからないけれど、ところどころにグサリと身を刺す一文がある。そのおそろしさを増長させているのは物語のダークさだ。

  • 西洋の童話をモチーフにした、大人のための短編集。
    かわいらしいタイトルと表紙絵とは裏腹に、作者らしい毒と湿り気を帯びたダークな世界が繰り広げられる。元になった童話のことなど、まったく忘れてしまうほど、哀しくて妖しい奥深い闇が広がる。

  • なかなかブラックなお話揃いで面白かった!

    「ヘンゼルとグレーテル」や「シンデレラ」等、
    誰もが知っている西洋の童話をモチーフにした作品。
    舞台を現代日本に置き換えただけで、こんなにもドロドロになるとは(笑)

    個人的に好きだったのは「迷子のきまり」。
    ある幼い兄妹のお話で、その結末には思わず背筋が寒くなる…
    子供って残酷。だけれども兄妹愛は素晴らしい(笑)

    「凍りついた眼」の暗さも尋常じゃない。
    身体を売っているまだ年端もいかない少女に魅了された男。
    彼女を助けたい、とそっと少女を見守るが……

    唯一「金の指輪」だけは、心温まるお話でした。

  • しをんさんの「むかしのはなし」の洋物バージョンですね。
    結構黒いもの(そもそもそうか)が多くて、就寝前には不向きなものも。。。
    みにくいアヒルの子とシンデレラが良かったかな。
    2014/7/8読了

  • 凍り付いた眼のラストが好き。

  • 古今東西の有名童話をモチーフにした短編集。
    『本当は怖いグリム童話』みたいな印象。

  • 内容も装丁も素晴らしい。
    可愛いカバーに隠された中身を見てしまったら、果たしてもう一度この装丁を可愛いと思えるだろうか。
    西洋童話をモチーフとした暗く逃げ場のない作品たち、童話好きとしてはたまりませんでした。
    マッチ売りの少女の『凍りついた瞳』は布団の中で読み返しました。傷つけることでしか感じられない気持ちが痛くて切ないです。

  • 『あとかた』の方が好みだったかなぁ……

  • 装丁が白雪姫の鏡のような印象。
    読みながら原作はどんなんだったかな?と思い出すのに一苦労。
    「本当に幸せになれたのは誰か?」
    確かに。

  • シンデレラや白雪姫といった有名どころの7つの童話をモチーフに現代風にアレンジ。殆どが後味悪し。でもその分、記憶に傷跡として残る鋭利さを含んでる。最初の「迷子のきまり(ヘンゼルとグレーテル)」は、めでたしめでたし…ということでいいのかな^^;?

  • ガーリーでかわいい佇まい、デザインの本が読後は逆に毒々しく迫力を増すような一冊。秘密めいて見えるおかしを味わったら実は強烈な毒でした、みたいな。元ネタである西洋童話のストーリー展開や結末を忘れているものが多い。もう一度、ちゃんと童話を読み直したい。

  • 過去に☆5つつけた作者の本を読んでみようシリーズ第3弾。シンデレラなど西洋の有名な童話を元にした日本が舞台の現代版童話?
    おもしろかった!
    童話って、子どもが読むものは教訓めいていたり、ハッピーエンドだったりするけど、実は大人が読み解くと残酷だったり理不尽だったりするっていうじゃないですか。そういう部分を掘り下げて書いておられます。帯で三浦しをんさんが「生々しくて躍動感がある」と言われてますが、まさにそんな感じ。

  • ヘンゼルとグレーテル、マッチ売りの少女、いばら姫‥

    西洋の童話をモチーフにした短編集。作品ごとに主人公の目線で物語がぴしりと固定され、一人称で展開する物語。主人公のおでこのあたりに固定されたカメラアングルは、決して隠されず、揺るがない。さらに主人公のジェンダーや年齢に応じて語り口調も変わるので、座ったまま映画を見るように楽しめる、かなり負担のかからない読書だった。

    だからかなあ、所々顔を出す、主人公の悪意や懊悩の固有の暗さがたまらなくなまなましい。しかもその表現だけはどの主人公にも等しく現れているので、あたしなんかは思わず、この部分だけは連綿と息づいている、作者の本音の発露では?なんて思ってしまう。

    大概人なんて、常に心にないことを突然に発現させることなんてないんだから。大まかにいって小一時間も話せば、その人の言い回し、思考の癖は大体わかるもんだ。その人の使う単語や表現で。

    あ、でも、小一時間もかからない場合もあった。

    こないだランチで一緒になった韓国人の女性から、もっと正直になっていいのよ、腹割って話そうよ、と言われて驚いた。あたしと実際にあった人はわかると思うがあたしはむしろ、もすこし気を使えとか行間を読めとかそこまでいうかとか言われるたぐいの人間である。

    ややと言い淀んでいたらさらには、韓国は北朝鮮と中国に挟まれて、常にクイックに結果をださなければ侵略されるかも、という焦りもある。だから私達は常に強く自分を主張し、曲げないし、まずはとりにいくのだ、と、こうである。

    いや、あたしだってがんがんわたりあっていたかもしれない。しかしランチタイムでそれが、餃子に酢をかけるかあるいはラー油か、というはなしで、そこまでいうか?

    餃子に酢を直にかけるかを少し逡巡したら国家論とは。

    しかもあんた、餃子はそれこそ、中国じゃーないんかい。

  • 外国の童話をモチーフに、かなりダークな現代模様を描いてあります。

    7つお話しがあって、読みやすいけど、
    ホッとできたのはシンデレラモチーフの「金の指輪」だけかな。

    マッチ売りの少女モチーフの「凍りついた眼」は1番強烈。
    ずっと忘れられないだろう内容だった。

  • 七つの西洋童話をモチーフに現代風に紡いだ短編集。
    慣れ親しんだおとぎの国の遠い世界のお話は、確かに現実的でない。
    どこか安心して読めてしまう。そこがぬるい、と書かれる千早さんの紡いだお話たちの何と苛烈で容赦ないこと。
    冷ややかでぞくぞくした感覚なのだけど、一方で恐怖と絶望感がねっとり絡みつく生ぬるい嫌さもあってその相反する感覚が絶妙なのです。
    いつの間にかモチーフになった物語を忘れ、新たに息吹いたお話に夢中になってしまう。
    いやはや千早さんの紡ぐ世界は素敵。美しい装丁本の中に仕込まれた毒の味は大変美味でありました。

    「カドミウム・レッド」「凍りついた眼」が好み。この中では異色の「金の指輪」も良かった。
    「白梅虫」はぞわぞわ感が凄まじい。「アマリリス」のさやちゃんのエピソードはいいなぁ。
    毒々しさの中にも美しさだったり、恐怖だったり、救いようのない絶望感だったり、さまざまな味わいがあって堪能しました。

全109件中 1 - 25件を表示

おとぎのかけら 新釈西洋童話集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おとぎのかけら 新釈西洋童話集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとぎのかけら 新釈西洋童話集を本棚に「積読」で登録しているひと

おとぎのかけら 新釈西洋童話集のKindle版

おとぎのかけら 新釈西洋童話集の文庫

ツイートする