つるかめ助産院

  • 1813人登録
  • 3.72評価
    • (183)
    • (323)
    • (257)
    • (63)
    • (13)
  • 412レビュー
著者 : 小川糸
  • 集英社 (2010年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713794

つるかめ助産院の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジーンとしてあったか~い。

    こんな助産院で赤ちゃん産みたかったなぁ。。。
    人間も動物なんだよね。

    一番私の心に響いたのは
    『心の傷を自分のアイデンティティーにしてはいけない』ってこと。

    読んでよかった。
    後半は箱ティッシュがお供になりました。
    今日からまた生きること、がんばろうー。力をもらいました。

    この本を読んで小川糸さんのブログ『糸通信』を知りました。
    シンプルだけど、料理のレシピが載っていて、これがまた楽しいです!

    ドラマはあえて見ていないけど見てみようかな。

  • ドラマの方は見逃してしまいました…

    小川さんの作品はいつも食べものの描写が丁寧で、読んでいるとお腹がすいてしまいます。殻まで柔らかい海老のココナツカレー炒め、ニンニクたっぷりのカマイ(イノシシ)団子鍋、ハイビスカスの天ぷら…。

    夫の失踪、思いがけない妊娠に戸惑うまりあが、島の助産院に身を寄せるうち、心にあたたかいものが広がっていく…
    ラストにかけての展開が強引すぎて置き去りにされた感はありますが、新しい命の誕生には素直に感動しました。
    母もこんなに壮絶なお産の末、私を産んでくれたのか〜。ありがたや、ありがたや。
    病院によっても方針は違うだろうし、助産院も含め、妊婦さんには産む場所を事前に選ぶ自由があるけど、赤ちゃんの状態や自分の体質などでも慎重に選ばないと…。カンガルーケアも、赤ちゃんによっては良くないとも聞くし…大学病院のベテランの産科の先生でも手こずるお産だってあるんだから。この本自体は病院で産むことを否定したり、助産院を推奨している訳ではないけど、あまりに美しすぎ・優しすぎる展開に、読み手が「絶対島の助産院で産む」と影響を受けてしまわないか、少し心配になりました。

    こんな私もいつか、育む人になれるのだろうか。

  •  小川糸さんがごはんを書くとどうしてこうおいしそうに聞こえるのか。
    南の島での話で沖縄料理の本を参考文献にしている。
    ハイビスカスの天ぷらってどんな味がするのだろう。

     つるかめ先生のおおらかさが眩しかった。わたしもこんな人に声をかけられて人生変えてみたい。いや、人生かわる出会いが欲しい。
    どっちも他力本願だな。(笑)

  • リアルっぽく書いてるけど上っ面すべり。
    お産や妊娠に関する記述のほとんどが、信ぴょう性のない、『自然派志向』の人だったら喜ぶような内容ばかり。
    自分の考えに同調して欲しくて書いたような、自己満足さにあふれる文章。
    物語を自分の思い通りに進めるために、無理矢理な設定作りをしたり、人を殺したり。
    登場人物に感情移入できない。好きになれない。
    ふわっふわな、脳内お花畑の妊婦さんにはちょうどいいのかも。
    料理の記述だけ力入ってて、そんなに料理好きなら、料理本でも出せばいいのに。小説なんかやめとけ。

    あとがきの主な参考資料が、ふわふわ本ばかりで、お産や妊娠について偏った考えで作ったのが丸分かり。

    この本を素敵と思う人は、雰囲気に流されるタイプの人なのだろう。

    この本が原作のドラマも漫画も見たけれど、原作が一番の駄作に思う。

  • 現実味がない、と言えば語弊があるか。
    読み進める程に説得力の無さが目に付くこの作品は心や感情の動きから生じるものを蔑ろにして成り立った代物に見える。何がしかの不幸な生い立ちを背負い乗り越えてきたであろうはずの登場人物達へ私は心を沿わせる事が出来なかった。
    言い過ぎかも知れない。
    だがまりあの妊娠中の経過、出産の描写もそうであるのだが彼等の傷を著者はきちんと己が痛みとした上で本書を仕立てたのか、甚だ疑問に感じられる。ただただ空想のみの産物に思える所為で私の肌に合わない作品だった。

  • ああしてくれなかった、こうしてくれなかった、
    と不幸を周りの人のせいにして、
    今、自分に与えられているものを
    全く大切にしていない精神的に幼い主人公が、
    子を宿し、南の島で人の愛情や温もりにふれ、
    豊かな自然や食に癒されながら前向きになっていく、
    という一見感動的な話ですが、
    最後の最後でものすごく興ざめです。

    小野寺くんが失踪した理由が一切不明。
    しかもクライマックス時に忽然と現れるなんて・・・??

    この展開、ちょっとありえないでしょう。

    たとえシンママになったって、
    この島で息子と二人、感謝の気持ちを忘れずに
    生きていくんだ!という決意で終わる方が、
    よっぽど私にはしっくりきたかも。

    それから、食べ物については素敵な描写をする
    作家さんだと思いますが、
    妊娠~出産~育児の実体験はあるのでしょうか。
    巻末にずらずらと列挙された大量の参考文献から
    知識を仕入れて書き上げたような印象を受けました。
    リアリティに欠けている気がします。

    ということで、すみませんが★2つで。

  • 素晴らしい本だった。

    生命の誕生、
    人との出会い。温かみ。

    小川糸さんの本、
    やっぱりとても大好きだなぁと思う。


    へその緒で繋がった自分の赤ちゃん・・・
    産める日がくるのかな。

    いやー大感動。
    泣く泣く。ぼろぼろ泣いた。
    お産って、やっぱりとても神秘的で奇跡的なこと。

  • 南の島で助産院を営むエネルギッシュな女性と
    夫の失踪後、その島で出産することになる妊婦の話。

    愛する人がいなくなり、生い立ちは複雑で、
    皆が皆、過去にどこか陰を抱えていて。
    そんなパターン化された登場人物たちの安易な田舎礼賛。
    描写が薄っぺらいわりに主張は押し付けがましく感じました。
    美しいでしょう、新鮮でしょう、世界は優しいでしょう、ね?ね?ね?って。
    いや、そりゃそうなんだけどさあ、と辟易。

    「出産」に対する取り組み方は、まじめさが伝わって好印象。
    とはいえ文章が稚拙、のイメージは変わらず。
    新作が出ても、よっぽど読むものがない限り読もうと思わないだろうな。

  • やっと読めた〜!
    出産を喜怒哀楽フルコースと言ってましたが本書もそんな一冊でした。

    糸さんの作品はもう読んでて楽しくなっちゃうような優しい文章、煌めく言葉がいっぱいで心が浄化されて、ぷりぷりに元気なります。

    今回読みながらこの表現好きだな〜なんて思った一説をノートに書き留めてたのも楽しかったです。

    久しぶりに蝶々なんなんも読みたい気分。糸作品にはいつもあたたかい人がいて安心して涙を流せたり笑ったりできて幸せです。

  • 私自身、オーガニックなもの、エコ・ロハスな暮らし、アロマテラピー、といった系統のもの、考えが好きなので生活にも取り入れてるし、見聞きしたりもする。
    だからこそ、それの紹介を交えたような内容に、主人公まりあのように驚いたり感動したりできなかった。
    そういった価値観の説明と、あまりに全員不幸な生い立ちの登場人物たちで、代わる代わる身の上を語っていくのと、読んでいて入り込めずにうんざりしてしまう気持ちもあった。
    長老のいいなづけの話は? 「さすらい」のマスターの奥さんは? 匂わせて片付けてない話もある。
    あと、小野寺くんの蒸発の理由もよく分からないし、帰ってきてすんなり丸く収まるのも腑に落ちず。
    全体的に残念な読後感。

    でも、生命の誕生の感動はしっかり伝わってきた。自身の出産の記憶もまざまざと蘇ってきた。

全412件中 1 - 10件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つるかめ助産院を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つるかめ助産院を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つるかめ助産院の作品紹介

辛い出生の秘密を抱えるまりあは、ある日突然失踪した夫を探して、南の島をおとずれる。島の助産院の先生から予期せぬ妊娠を告げられて-。すべての命に贈る、誕生と再生の物語。「今ここにいる」ことの奇跡を力強く描き出す感動長編。

つるかめ助産院のKindle版

つるかめ助産院の文庫

ツイートする