箱庭図書館

  • 3738人登録
  • 3.70評価
    • (239)
    • (559)
    • (449)
    • (82)
    • (11)
  • 567レビュー
著者 : 乙一
  • 集英社 (2011年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713862

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

箱庭図書館の感想・レビュー・書評

  • なにが凄いって、この装幀!
    今年に入って読んだ本の中では、間違いなしのベスト1です。

    乙一さんが、6人の読者のボツ原稿をリメイクし、巧みに繋げた短編集。
    これにTwitter経由で『箱庭図書館』とタイトルをつけたゆーまさんという方も凄いけれど
    物語の内容と、このタイトルを、まるで身体にぴったり馴染んで
    水の抵抗さえなくしてしまうハイテク水着のように包み込む、装幀の素晴らしいこと!

    リメイク作品を繋げて書籍化するという大胆な試みを「実験」と捉えて
    無菌の実験室のような白い背景に、図形化された均一な文字が配置され、
    でもその文字のそれぞれに、エッシャーのだまし絵を思わせるような
    立体の空間がさりげなく繋がっていて。
    「乙一」の文字も無機質な図形に転換されて横から見ると、英語の「IN」と読めて
    まるで「この箱庭に入ってごらん」と呼びかけているかのよう。

    本文が印刷されている紙まで、単行本には珍しいほどの目に眩しい白で
    「おお、ここまで実験室のイメージを意識してるとは、すごいなぁ」
    とひたすら感心していたら、なんと6篇めが『ホワイト・ステップ』。
    無機的な実験室の白が、降り積もるやさしい雪の白さに一瞬で塗り替えられました。
    もう! 乙一さん、油断ならない作家です。

    テイストも癖も全くバラバラの6篇を、持ち味を損なわないよう
    愛すべきキャラクターとキーアイテムで魔法のように繋げて
    「ここはどうなってるの?」と細部まで覗いてみたくてたまらないような
    緻密な箱庭を作り上げてしまう。

    本の虫を自認する読者なら好きにならずにはいられない、
    本を読み耽っていて遭難しかける図書館員の潮音に会いに。
    「物語を紡ぐ町」文善寺町の小さな通りを散歩しに。
    降り積もった雪にかじかんだ指が綴る文字の、温かさを知るために。
    どうかあなたも、この箱庭図書館を訪れてください。

  • 読むまで知らなかったのだけれど、この本は読者からのボツ原稿をリメイクするという企画だったらしい。読者からという事は、様々な色、様々な書き方だったはずが見事に乙一さんらしいストーリーとなっている事に驚いた。
    同じ街、同じ登場人物を出す事によりファンタジー・ミステリー・青春物など一見バラバラな話に統一感を持たせ、短編集だけれど一つの物語のような気分にさせられるのも流石。
    どの話も面白かったが、最後の話が特に良かった。ホロリとくる…。

  • 乙一さんの小説を初めて読んだ。
    乙一さんの言葉紡ぎ、リズム感は結構好きかも、と感じた。

    のだが…

    「箱庭図書館」は、素人のボツ作品を募集し、乙一さんがリメイクしてできた作品でした。
    あとがきにも、元ネタを多く引用していたりするらしいので、乙一さんの良さなのか元作者さん良さなのかわからないなと。

    でも、おもしろかった。読んでいて気持ちがいい作品が多くありました。

    「小説家のつくり方」
    重度の活字中毒 潮音さんが登場。
    家族じゃないからエピソードが微笑ましい。こんな人がいたら飽きないだろうな。家族だったら…やっぱ大変かw

    「青春絶縁体」
    ぼっちが迷い込んだ文芸部でのお話。
    文芸部の中と外。2つの世界で別々だった2人が交差していく、すれ違っていく。
    青春です! 2人がかわいいよ〜。

    「ワンダーランド」
    ミステリーだ。軽く怖い。冷たいアスファルトの部屋に言葉がコツン、コツンと落ちてくる感じがした。
    サイコな感じも良かったです。

    「ホワイト・ステップ」
    この話、好き。
    ある雪の日の不思議な話。
    お互いが見えない別次元の2人が重なり巡り逢った。
    2人が希望を見つけて歩み出す。とてもやさしい気持ちになれるステキなお話。


    潮音さんを主人公にした話をもっと読みたくなった。

    乙一さんも気になる小説家になりました。

  • 2011年発表。


    読者から募集した投稿作を
    乙一が大胆にリメイクする企画から生まれた6篇の短編集。



    なので純然たる乙一の作品ではないし、
    そもそも小説家として
    どうよという企画だけど(笑)

    それだけに乙一作品にはない
    バラエティー豊かな
    物語の力と
    プロ作家のスゴさを味わえるし、

    そこんとこ割り切りさえすれば
    良作と言っていい出来。



    短編集だけど
    実はすべて
    『文善寺町』という町で起こった
    事件や事柄を扱っていて、

    図書館で働く
    異常なほど本好きの
    山里潮音(しおね)という若い女性が
    物語を繋ぐ重要な脇役として
    どの話にも登場します。



    自分が好きな話は、

    学校で孤立した少年の恋と成長を描き
    最も乙一本来の色が出ていた
    『青春絶縁体』と、


    子供たちが夜に家を抜け出して
    自分たちだけの王国を築いていたという設定に
    無性に惹きつけられた
    『王国の旗』、


    そして降り積もった雪の道に
    音もなく突如現れる
    不思議な靴跡の謎を描いた
    『ホワイト・ステップ』

    かな。


    特にラストの『ホワイト・ステップ』は
    強烈な余韻の残る
    切なくもあったかい傑作で
    コレが読めただけでも元がとれるくらい

    個人的には満足感ある作品でした。




    しかし物語の力って
    スゴい。


    人間ははるか太古の昔から
    誰かのお話や物語を聞くのが好きだったんですよね。


    原始人の時代の
    洞窟の中の壁画に始まり、

    民話や昔話のたぐい、

    子供が親にお話をせがむ習性も
    そう。


    人はずっとお話を待ってた。


    そう考えたら
    人間というのは
    フィクションを必要とする動物で、
    それによって
    勇気を貰い
    自分に当てはめ
    学び取ってきたのかなって思います。



    黒・乙一な
    ダークな話は少なく、

    少し不思議で
    少し切ない話がほとんどなので
    乙一は怖いと思ってる人にも
    オススメします(^_^)v
    (図書館や活字中毒者がキーワードになってるので
    本好きさんなら
    ニンマリできる描写が沢山あります笑)

  • 乙一が、投稿者のボツ原稿をリメイクするという企画モノ。

    「青春絶縁体」の、ぼっち2人の空気感が好きでした。中田永一こと、白乙一らしいセンス。この口の悪さとか、たまらないです。

  • 読者からの投稿で没になったものを乙一さんがリメイクするという一風変わった作品。
    舞台は同じ町で起こるストーリーで全6編。
    「小説家の作り方」「コンビニ日和!」「青春絶縁体」「ワンダーランド」「王国の旗」「ホワイト・ステップ」

    どの話も軽いタッチでさらっと読めるけど、それ故に油断しているとオチでやられます。

    「ワンダーランド」が一番ミステリ色が強かったかな。最後にぞわ~っとします。
    「青春絶縁体」は学校で誰とも溶け込めず唯一話せるのは同じ部活の先輩だけ(部員2名)。
    でもその先輩も実はクラスではぼっちで…という切ないストーリー。
    乙一さんのこういう作品も結構好き。

  • 文善寺町という一つの町を舞台にしたオムニバス形式の一冊。ネットで一般募集した没原稿を乙一さんがリメイクするといった作品の短編集でした。それぞれ別の人が原作であり、設定や世界観が個性があり、そこに乙一さんのテイストが加わってすべての話に引き込まれました。
    中でもお気に入りなのが「ホワイト・ステップ」でした。物語の締めに舞台の町に少し焦点を強く当てて、雪上で登場人物がやりとりをする、少し涙腺にくる内容でした。

    ちなみに潮音さんが好きです

  • 文庫本がでちゃいましたが。ハードカバーをプレゼントしてもらって暫く本棚で眠らせてしまっていたのを、引き抜いてきました。

    私も司書の端くれ・・・ひとりの図書館員の存在で点が線になる、「物語を紡ぐ町」、文善寺町ですれ違うストーリーにはわくわくしました。
    6つそれぞれがそれぞれに違った雰囲気を持っていたのも良かったです。その辺りのことは、あとがきを読んでなるほど納得。

    特に最後の『ホワイト・ステップ』がお気に入り。人にすすめたくなる一冊です。

  • デビュー作読んでこの人無理~と思ったのだけど、ホワイトとかブラックとかあるんですね。
    別名義の青春小説がとてもよかったので、ホワイト乙一さんも読んでみようと。

    ボツ小説の再生工場という本作のコンセプトは知っていてけど、
    バラバラの作品でここまでの連作短編にしてしまうとは
    やっぱりプロの書き手はすごいんだなぁと感心してしまいますな。
    お話しの中だけで完結しない、登場人物にも舞台の町にも
    過去があり未来があり同じ時や場所を共有しているたくさんの人がいて
    という全方向への広がりを感じられて、ちょっとハッとしました。

    「青春絶縁体」と「ホワイトステップ」がよい。
    タイトルがほんとに秀逸だなと思います。

  • 読者の作品を乙一がリメイクしたもの。すべてもとは違う作品だったのに、作品すべてがリンクしている。

    好きなのは「ワンダーランド」、「ホワイト・ステップ」。

    「ワンダーランド」は怖い終わり方をする。鍵が最後までどこの鍵かわからないけど、「王国の旗」でわかるようになっている。

    「ホワイト・ステップ」の主人公は乙一自身のような雰囲気がある。いい話。主人公の後をついて歩く描写がなるほどなと思った。

  • 王様のブランチで紹介された一冊!

  • 図書館で何気なく手を取り、『小説家のつくり方』の冒頭でエッセイ集なのかと勘違いして読んだ。違った。でも、勘違いしたときに期待した「普段と違う乙一作品が読めるかも」は半分当たって半分外れた。そんな感じ。
    読者のボツ作を応募してもらってそれをリメイクするっていう企画の趣旨が面白い。あとがきで原作がどのような作品だったか、どんな点が良かったか、どう捉えてどんな狙いでリメイクしようと思ったかの解説があるのがまた面白い。
    『青春絶縁体』に挟み込まれる作中作の青臭いリアルさがあとがきを読むとああなるほどって思う由来だったり、これまで読んだ乙一作品とは台詞回しが少し違う雰囲気だったりして、この企画ならではの“遊び”が随所に盛り込まれているのが良い。

    一番好きなのは『王国の旗』。
    作者があとがきで述べている通り普段の作風とは違った雰囲気。自分はこういった世界観でこんな落とし所になる作品は割りと好きなので、それを乙一さんの筆致で表すとこうなるんだと思った。それを抜きにしても、根底に漂うどうしようもなさ、やるせなさ、切なさの合間に漂うほんの少しのいい加減さ。好き。
    『青春絶縁体』はただただ単純に面白い。あと主人公の同類として学生時代を過ごしたものとしては胸に刺さる。
    『ホワイト・ステップ』は普段の作者が書きそうな雰囲気だから一度は選考から外したものの、アイデアの秀逸さに取り上げざるを得なかったというあとがきに納得する。読んでいて一番引き込まれたのはこの作品。

  • 『青春絶縁体』を読み、乙一氏ほど、ぼっちの気持ちを上手く描写できる作家はなかなかいないと思った。

  • 青春絶縁体が良かったです。
    社会人になれば、一人でご飯食べるくらい別に何ともないんだけど、
    高校生だと一人で食べてるのオカシイみたいな風潮あったなぁみたいな…。

    ワンダーランド
    これって最後犯人野放しってことなの?!

    各話に前に出た話の主人公がモブで出たりとかしていて、伊坂さんみたいだなーと思いつつ読みました。

    冒頭の、小説家のつくり方
    小説家になった動機、死ぬほど頷ける。
    ただ大抵の人はそう思ってても、才能なく散っていくんだよ。
    だから才能あるこの主人公憎いw

  • 図書館で借りた本。

    ボツになった作品を公募し、それを作者がリメイクした短編集だということを、後で知りました。
    最初の数ページから引き込まれ、最終的には読むことが止まらない、登場人物の潮音のように、夢中になって時間を忘れて読みふけっていた。
    短編集なのだけど、最終的に「文善寺町」という場所と、ところどころ出てくる人物で共有しているところもとても面白かった。
    あとがきを見て、さらに読み返して納得したり、全然別の人たちの作ったストーリーで、見事に一冊の本を仕上げているところは、作者の文章能力の高さを感じます。
    この作者の本は、初めて読みましたが、大好きな作家さんになりました。

  • ある町でおこる小さな奇跡。6つ短編が重なり合って一つの大きなストーリーとなる組立で、その町にいるような気がするような、すっと寒い朝に風が吹き抜けていくような不思議な感覚になる。一つ一つの物語は、どこかシュールで、でも純粋。「物語を紡ぐ街」というキーワードで、交差する人生をまとめた心地よい作品だ。特に、コンビニ日和、青春絶縁体などの学生の目線で爽快な作品は、どこか懐かしい時代を感じさせるし、ホワイトステップや王国の旗はミステリーとして楽しめる。好きな人のことをじっと眺めているだけで幸せだったとき。世界の平和を本当に祈っていたとき。そんな時があった。また、次の街へ行こう。そんな風に小説も思えたら素敵なのかもしれない。

  • 面白かったー!
    短編集なんだけど全ての話がどこかで繋がっていて、リアルな話からどことなく異次元めいた話までどれもが良かったけど、特に最後のパラレルワールドの話は泣けた

  • いつも気にはなっていたのに今まで手に取ることのなかった乙一さんの作品。
    勝手なイメージで、もっとエキセントリックな文章を書く人だと思っていたのに、全然そんなことはなかった。
    むしろ逆で、柔らかくて繊細。

    ある町で起こる何人かの小さなドラマが、ちょっとだけリンクしているという形の、私の好きなタイプの短編集。
    柔らかくて繊細、切なくて儚げ、なんだけど、それだけじゃない、ちょっとだけ生々しくて棘がある。
    心地いいだけでは終わらせない、サービス精神に溢れた悪意が少しこもっている感じが好き。
    特に、最後の『ホワイト・ステップ』は秀逸。

  • 乙一の作品を久々に読んだ。
    だけどやはりいい。
    今回は読者からのボツ原稿を元にリメイク作品の集合体だったらしいがわたしはあとがきでそのことを知った。
    この本には6つの物語があったがどれもほんとに面白かった。
    小説家のつくり方とコンビニ日和!は笑っちゃったし、青春絶縁体はなんだか昔の自分とリンクさせて読んじゃったし、ワンダーランドは少し怖かったけど面白くて、王国の旗は読んでてなんだかワクワクした。
    ホワイトステップは感動した。平行の世界っていう発想がなんだか小説とかにありがちなのかもしれないけど、とってもほんとに面白かった。

  • 一つの町を舞台に繰り広げられる物語。

    ホワイトステップで乙一さんらしいという印象を受けました。

    これを読むと、パラレルワールドって本当にあるのかもしれないと思ってしまいますね。

    それくらい、描写によって簡単にパラレルワールドを想像できてしまうお話でした。

  • 乙一作品としては、私は、入り込めなかった。。。。

    何かが、違う。

    そんな気がします。

    強いて言えば、ホワイトステップがよかったかなー。

  • 登場人物紹介
    山里秀太
     小学校時代の同級生や先生を見返すために小説家になった。
     中学校時代3年間帰宅部だった自分を変えるべく
     高校時代には部活を通じて友人を作ろうと、文芸部に所属するも
     友人は出来ずクラスで孤立してしまう。
     極度の人見知り&ネガティブ思考。もやしの生まれ変わり。

    山里潮音
     図書館で働く重度の活字中毒者。常に本を読んでいることで有名。

    島中ちより
     図書館でバイトをしている大学生。
     バイト先の先輩である山里潮音に借りたお金を返済するためにコンビニ強盗を実行する。

    島中ちよりの先輩
     近藤と同じアパートに住んでおり、図書館でバイトをしている大学生。
     島中ちよりのコンビニ強盗を手伝う。

    コンビニ強盗(後藤さん)
     島中ちよりがコンビニ強盗しているコンビニに強盗しに来た男。
     子どもの頃、友達と5人で万引きをしたが自分だけ捕まった。

    小山雨季子
     山里秀太が入部するまで、たった一人の文芸部員であった。
     部活では傲慢な態度を取るが教室ではクラスに馴染めず孤立している。
     事典や図鑑をよく読む。顔立ちが整っている。

    鈴木さん
     山里秀太のクラスメイト。社交性が高くクラスの中心人物。
     5百ルクスの輝きを発光している。

    高田くん
     成績優秀な小学生。
     優等生のイメージを崩さないように日々を過ごしている。
     道で拾った銀色の鍵に合う鍵穴を探すという趣味を持つ。
     鍵穴を探してる際に偶然見つけた殺人犯から逃げているときに車に撥ねられた。

    小野早苗
     知らない車のトランクに入り込んで昼寝をしていたら知らない町に運ばれた。
     なんとなく橘敦也と付き合っていたが、恋愛感情が育たず別れを告げた。
     高校卒業後大学に進学した。

    橘敦也
     サッカー部の補欠。小野早苗と付き合っていたが、
     八百屋で売っている大根と同じくらいの興味しかないと言われフラれた。

    ハチ
     大人が作った世界を壊すために子どもだけの王国を作った。
     大人から財布やクレジットカードを盗み王国を運営している。

    渡辺ほのか
     女子高生。
     母親を交通事故で失ったことで自分を責めていたが
     自分が母の代わりに事故死する並行世界を知りお互いの存在を認め合う。

    近藤裕喜
     アパートで一人暮らしをしている大学院生。
     19歳から20歳になる瞬間はお風呂の浴槽で水中に潜っていた。
     山里潮音と結婚する並行世界を知り、自分の人生をハズレだと考えていたが
     渡辺ほのかの役に立つことで、自分の人生にも意味があったことを知る。

  • 一つの町を舞台にした短編連作。
    一般の人に「没にした作品」を投稿して貰い、作者が手を入れて、作品化するという企画があったんだそうです。
    元の作品もネットで公開されているそう。

    「小説家のつくり方」は、山里秀太という作家が語り手。
    小学校5年の時に学級日誌に創作を書いたのがきっかけで、担任のH先生に作品を見せていたという話。
    微笑ましい話のようで、実は…・?
    しかも、元ネタはこの作家のアイデアではないわけだし。
    でも、どこか通じるのかな?などと。

    この作家の姉で本の虫の潮音という女性が、あちこちに登場。
    りっぱな変人みたいだけど~本好きには共感できるキャラですね。

    「コンビニ日和!」
    コンビニ強盗の結末は?

    「青春絶縁体」
    高校で文芸部に入部した僕こと山里。
    2年の小山雨季子先輩は毒舌家だったが…

    「ワンダーランド」
    小学校の帰りに、鍵を拾った男の子、高田。
    どこかに合う鍵穴がないかと、片っ端から試して回る内に…

    「王国の旗」
    衝動的に人の車のトランクに入り、見知らぬ町の寂れた場所まで来た女の子。子供に助けられ?
    「ホワイトステップ」
    雪の上に出来た不思議な足跡を巡って。
    これが一番好きかな~。
    母を亡くして祖父母の元で暮らすことになった女の子・渡辺ほのか。
    大晦日、一人寂しくアパートで過ごす近藤。
    なぜか「物語を紡ぐ町」というキャッチフレーズがある門善寺町(ぶんぜんじちょう)にふさわしい物語。

    ぴたっとフィットする言い回しで、わかりやすいのは、作者のお手柄なんでしょうね。
    アイデアは確かに複数の人の物と思えなくもない…
    全体に若々しいセンスが漂ってます。

    装丁も面白い。
    細い赤い線で、箱みたいに立体的に見せて。
    乙一がINに見えて~図書館IN箱庭みたいな。

  • 文善寺町という世界でそれぞれのエピソードに登場する人物がちょっとだけ繋がっている、ような、そこまで毒の強くない乙一作品。
    もともとは読者のボツ作品を乙一がリメイクした"箱庭図書館"。
    繋がるはずのない僕、私、あの人、この人が乙一の手によって見事に一つの世界を共有している。
    まさに"物語を紡ぐ町"である。

    個人的には「小説家の作り方」「ワンダーランド」「ホワイトステップ」が面白かった。
    「小説家の作り方」は色で表すと限りなく黒い白、という印象を受けた。
    真っ黒な紙に白い絵の具の雫が落ちるような、自分でもよく分からないのでここらへんで説明を終えておく。
    「ワンダーランド」は終始夢の中と現実を白い靄の中歩くような不思議な感覚で読み終えた。
    昔私がまだ幼かったときも、こういう夢をよく描いていたなあと思い出したのはどうでもいいが、最後までこの妙なワクワク感を残した終わりがよかった。
    「ホワイトステップ」はあとがきで本人も書いていたように乙一らしい作品だった。
    失はれる物語が頭の中をよぎる作品、といえばファンの人に通用しそうな、あたたかい気持ちになる話だった。

    冒頭に書いたように、もともとは読者の作品を乙一がリメイクしたものなので、6編のなかで特に乙一らしさを感じる「ホワイトステップ」を読み始めるまでは本が重たく、分厚く感じた。
    実際、"箱庭図書館"は私がこれまで読んだ乙一作品の中で一番読み終えるのに時間がかかった。
    私としては乙一の乙一らしい作品を待ち遠しく思って毎日、本屋の新刊情報をかかさずチェックしていたので(若干の誇張表現はこの際見なかった事にする)少し物足りない、というか期待を裏切られたような気分になってしまった。
    もうひとつ、私の好き嫌いの話をすると、物語に登場する人物のキャラクター性をどうも好きになれなかった。
    私の考えすぎなのかもしれないが、それぞれの人物の言いまわし、というかなんというかが、私を本の世界から現実へと離してしまって、"箱庭図書館"という物語の中に上手く馴染むことができなかった。
    チラチラと顔を出す私の中のネットという存在自体が誤っているのかもしれない。

  • 文芸部員の話と夜の王国の話がすきだなー。

    "リメイク作品"っていうアイデアもおもしろい(´ω`)

全567件中 1 - 25件を表示

箱庭図書館に関連するまとめ

箱庭図書館を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

箱庭図書館を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

箱庭図書館の作品紹介

少年が小説家になった理由。コンビニ強盗との奇妙な共同作業。ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。

箱庭図書館の文庫

箱庭図書館のKindle版

ツイートする