偉大なる、しゅららぼん

  • 4379人登録
  • 3.79評価
    • (426)
    • (914)
    • (663)
    • (76)
    • (16)
  • 895レビュー
著者 : 万城目学
  • 集英社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713992

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

偉大なる、しゅららぼんの感想・レビュー・書評

  • 琵琶湖の周りのおもろい話

  • 滋賀県舞台の万城目さん作品。西を舞台に不思議な世界を書かせたら右に出るものはいません。

    今回も奇想天外な設定なのに、琵琶湖や周囲の描写が素晴らしいためか、違和感があまりにもない。当たり前のこととして受け入れてしまう。これは万城目さんのどの作品を読んでも共通に持つ感想です。

    現実にあり得ないのにあるのかもと思わせる設定の面白さだけでなく、高校生を主人公としているからこそのくすぐったい青春エピソードや少し泣けてしまうような友情の描写も読みどころ。

    読了後すぐに映画も観に行きました。映画でがっかりした人には是非原作を読んでいただきたい。原作の方が細部にエッセンスが多く詰まっていて、楽しめます。

  • The 万城目 World 。
    摩訶不思議、奇想天外なストーリーは、この作家さんならでは。
    今回は、竹生島を絡めた作品。

    前半は、なぜか、読むリズムに乗れず、途中で断念しようか?とさえ思ったが、グレート清子が活躍しだしてからは、展開が早く、スラスラ読めた。
    主人公が軽めなので、感情移入がし辛かったせいもあるかも。

    最後の対応策には、とても切ないものを感じた。
    会えていたら良いね。

    この作品は、映像化されていると、友達から聞いたが。。グレート清子が、深田恭子さんだと⁈
    自分のイメージでは、お笑い芸人の近藤春菜さんタイプだったので、そのギャップに驚いた。。。

  • 2016.12.08
    エピソードトークが少なくて全ての登場人物にも能力にも愛着が持てなかった。
    情景を思い浮かべて笑えた箇所もあったが、
    続きが気になるー!
    とはならなかった。
    ♪坂本慎太郎 ナマで踊ろう

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖から特殊な力を授かった一族。日出家のライバルで、同様に特殊な「力」をもつ棗家の長男・棗広海と、涼介、淡十郎が同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がる…!


    安定した面白さ。

  • 高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖から特殊な力を授かった一族。日出家のライバルで、同様に特殊な「力」をもつ棗家の長男・棗広海と、涼介、淡十郎が同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がる…

  • 初、万城目学。
    話の半分まで、ひたすら主人公がグズグズ言っているのを聞かされ、どうしたものかと思っているところで急にテンポが早くなり、そこからは面白く読めた。…とは言え、最後まで主人公の軽さがどうにも馴染めず仕舞い。
    よく言われる万城目ワールドを知るには、もう何冊か読んでみなければなぁ…と思った次第。

  • 万城目学さん いつも通り「わけわからん!けどいい!」って感じ
    けど鹿男とかプリンセスとかの方が「けどいい!」が強いかな これは「わけわからん〜」の方が強かった

  • この人の単語の選び方はとてもいいよね。
    しかし。登場人物が多すぎるのか話がばらけてる気がした。


    変な音の正体を明かさなくてもいいんじゃないかなあ、それって人為的に鳴らせないよね、あー人じゃないからできるのかなあ、とどうでもいいところで引っかかってしまった。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:913.6||M
    資料ID:95110155

  • 京都(鴨川) 奈良(奈良公園) 大阪(大阪城)

    そしてこれは滋賀(琵琶湖)が舞台です

    古い時代から、琵琶湖から特殊な力を授かっている日出一族と棗一族
    そして、零落して城から追い出されたかつての城主の子孫

    みつどもえの戦いかと思いきや
    ラストのどんでん返しはすごい!

    グレート清子と、淡十郎の姉弟が最高です

    やはり万城目作品大好き!

  • どんでんがえしの結末の物語

    名前の二度付けで力を二つ持っていた

  • ★★★★★面白かった!548ページ!鳩のマークのスーパー!琵琶湖!竹生島!噛み合わない会話のため、何?何?と読むスピードが上がり続けた。地元の滋賀県が舞台で、知ってるところばかりが登場し、そう!そう!とワクワク。滋賀県民は読んでみたら面白いかと。赤い学ラン見たら気をつけよう。

  • 日本の神話や歴史でファンタジーを書くことで有名な作家さんですが、今回は琵琶湖が舞台。湖の力をもつ一族が突然やってきた校長によって絶体絶命、なはずなのに緊迫感に欠ける書きっぷりが面白い。ギャグにもシリアスにもできなかったみたいで、キャラクターも薄め。残念。

  • この人の作品はけっこう好きだけど、前作のほうがおもしろかった。

    なかなか先がよめず、ジリジリした割には、あっと驚くような展開にはならなかった。

  • 万城目さん2冊目
    終わり方素敵。物語はハッピーエンドじゃなきゃね〜
    映画見て結末が腑に落ちなくて原作も読んだ。映画じゃストーリーが分かりにくかった。万城目ワールドに入り込むには、文字を追っていかなきゃついていけないってことかな!

  • 万城目さんの摩訶不思議ワールド。
    最後はそうくるのね、黒幕にパラレルワールド。
    棗が最後までいけすかない奴で、日出vs棗で終わるのかとかと思いきや意外な展開。
    登場人物みなキャラクターが良いけど清子さんが特にすき。リアル暴れん坊将軍。
    ワクワクして読める和製ファンタジーでした。
    (2016.1.26)

  • 琵琶湖、水と共に生きてく…。
    なぜか「鴨川ホルモー」はリアルな世界かもと
    ワクワクして世界に入り込めたんだけど
    コレはファンタジーだなーって感じちゃった。
    なんでだろ。

    それとは別に読み終えてみると、
    もう少し盛り上がりが欲しい気がします。

  •  代々伝わる特殊な能力と、それぞれ異なる能力を持つ家と家の対立という、相変わらず突拍子のない設定と壮大な歴史背景に最初こそ戸惑うものの、いったん入り込めたら一気に読了してしまった。対立の理由や「しゅららぼん」という音の響きの由来などが、ありえなかったり良い意味でくだらなかったりするけれど、そこに説得力を持たせる作り込まれた設定と万城目さんの文章力がすごい。そして最後は寂しいままじゃないのがとても嬉しく、良い読後感だった。

  • 映画を先に観てしまって、映画はちょっと無理感があって微妙だったのだが、やはり原作は安定のおもしろさ。
    内容はぶっ飛んでいるけど、ぶっ飛んだストーリーも万城目学が描くと自然なものに思えてくるのが不思議。
    それぞれのキャラの設定もしっかりしていて、けっこう深みもあったし、終わり方も綺麗でよかった。

  • 相変わらずの万城目ワールド全開。面白かった。映画化が楽しみ。
    ちょっと琵琶湖に行きたくなった。

  • 琵琶湖から授かった力で勢力争いをする棗家と日出家。
    それぞれ跡取りの棗宏海と日出淡十郎、そして、今年から力を授かった者として修行するために日出家本家に居候することになった涼介。
    いがみあっていた関係が、ある事件をきっかけに思いがけない方向に動き出す!

    青春!脱力!感動!

  • 赤い制服奇面組。図書館でこのフレーズに心をわしづかみにされて借りました。
    これが万城目さん本との出会いでした。

    いやー面白かった。映像化が似合いそうな描写がてんこもりです。こんな世界観があるとは!誰が何と言おうとナシな場面をアリとさせる説得力。もしかしたら棗家と日の出家あれやこれやが、200年後くらいに琵琶湖にまつわる逸話のひとつにでもなっていそうななさそうな。
    個人的に地名好きなので、文中、新旧地名がとても魅力的に登場していて嬉しかったです。もし近辺に立ち寄ることがあれば、ぜひ地名巡りしたい!そして、琵琶湖まわりの地名や逸話などをもっと知りたくなりました。

    このあと万城目ワールドにハマり、「鹿男」と「ホルモー」を立て続けに読みましたが、私としてはこの「しゅららぼん」が圧倒的に読みやすかったです。返却してから、買って読めば良かったとちょっと後悔してます。
    …まあ、メインはアレなんですけどね。

全895件中 1 - 25件を表示

偉大なる、しゅららぼんに関連するまとめ

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「積読」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんの文庫

偉大なる、しゅららぼんのKindle版

ツイートする