偉大なる、しゅららぼん

  • 4388人登録
  • 3.79評価
    • (426)
    • (917)
    • (665)
    • (76)
    • (16)
  • 895レビュー
著者 : 万城目学
  • 集英社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713992

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

偉大なる、しゅららぼんの感想・レビュー・書評

  • 万城目さんのエッセイに惹かれ、有川浩さんが(確か)お勧めされていたので読んでみることに。

    すごい笑えて、でも最後はほっこりするマキメワールド。

    滋賀の琵琶湖のふもとにある城に代々継がれていた日出家といがみ合う棗家。
    そこの二人が協力して悪を倒す…。

    その様なお話。

    予想通りの安定の面白さ。

  • 私は滋賀が大好きだ。この物語の舞台は彦根をモデルにしているらしい。奇しくも先日私は彦根を訪問した。メインは佐和山城だったのだが、午後からは彦根城の方面にも行ってみたので、読みながら頭の中に光景が広がりワクワクしてしまった。
    日出家と棗家の対立と思いきや、他の人が絡んできたり、突拍子もない展開に長編だがあっという間に読めた。どの登場人物も憎めないキャラなのが良い。「しゅららぼん」の意味が分かってのち、このタイトルを改めて見ていると吹き出してしまった。面白すぎる!物語の終わり方も良くてニヤニヤした。
    映画が今からとても楽しみ。

  • 県立図書館に珍しく蔵書が沢山あるのもそのはず。
    舞台は滋賀県そして琵琶湖だ!
    湖の寿命は数千年から数万年なのに40万年前にでき今も脈々と生き続けてる古代湖、琵琶湖が素敵です。

    ストーリーは、石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた「力」があった。主人公は日出涼介、日出淡十郎、棗広海達高校生だが、登場人物がユニークだ。
    お話はホント、フィクションであるけど 不思議と民話などから
    想像できるから、凄く面白かった。グレート清子さんも映画化なれば誰が・・・?と思いながら楽しめた。

    地名も米原より北で長浜方面というが、お堀があって、はとのマークのスーパーとか、絶対彦根城付近だよねと想像しながら読了。
    そして、何より神の住む島といわれ信仰ある実在の竹生島の持つ力がなせる業が、リアルに不思議さを感じる。
    話中の「かわらけ投げ」も懐かしい想い出。
    来春、映画化されるが風景も同時に楽しんで欲しいし、今からワクワクしています。

  • 奈良を舞台にした「鹿男あをによし」

    京都を舞台にした「鴨川ホルモー」「ホルモー六景」
    大阪を舞台にした「プリンセス・トヨトミ」
    で、今回は滋賀が舞台である。
    住みなれた湖西を離れ、涼介は石走の日出家で居候することになる。そこには赤が好きだから、というそれだけの理由で特注の真っ赤な制服に身を包むぽっちゃり体型の淡十郎と、その姉のグレート清子が待ち構えていた…

    白馬に跨がり暴れん坊将軍よろしく登場する清子、でぶと自分をからかった相手には容赦なく水攻めや拉致を行う淡十郎…殿様体質の姉弟に翻弄されつつ自らの力をコントロールするため不念堂で修行する涼介。

    相手の「心」を操り、その力で財を成し遂には城までも手中に収めた日出家と、相手の「体」を操り武士道を極め、道場を経営する棗家。相対する両家は反発し合うのだが…

    琵琶湖の龍神伝説も絡み、万城目ワールドの壮大なホラ話は変わらず好調。

  • 終盤になると、自分が想像していた展開と全く違う方面から、じわりじわりと迫ってくる面白さに、「万城目さんの世界」の深さを実感しました。

    非現実的なお話なのに、どっぷりと浸かってしまうほど面白く、また図書館で万城目作品に手を伸ばしたいと思います。

  • 図書館の「今ならすぐ借りられます!あの人気本」のコーナーにてピックアップ(笑)
    ホルモーといい、しゅららぼんといい、変な音の言葉使うのが上手だなぁ、万城目さんは。

    なかなか面白かったけど、ちょっと最後あっけなかった?
    ちょっと設定がフワフワしてたかもね。
    ホルモーの方が満足感あったかな。
    でも途中、先読みたい!でも読み終わりたくない!という
    ジレンマも感じられたし、良いエンタメでした。

  • 通勤電車で読んでたのですが、クライマックスの部分で、本に夢中になってうっかり降りる駅を乗り越してしまいました。それぐらい面白いです。舞台になった長浜市の観光課の職員さんが映画化を誘致しようと赤い学ラン着てPRしてますよね(笑)
    スケールの大きい作品です。本屋大賞は惜しくも逃してしまいましたが、ぜひ映画化して欲しい作品ですね。

  • 琵琶湖が舞台の和風ファンタジー。
    高校に入ったばかりの男の子を主人公に、万城目ワールドが展開します。

    ある秘密を持った家系の日出涼介は、本当のことを人に話すわけにはいかないために、しょっちゅう小さなほらを吹いている子になります。
    兄は一家の能力を生かして、マジシャンになっている。
    湖西で育った涼介は、高校は本家から通うことになった。
    岩走七万石の城下町。日出家が住んでいるのは、今は目立たない作りにはなっているが、実は正真正銘のお城。
    堀を渡し船で渡るという。
    最初に出会った白い馬に乗った女性は長女の清子で、敷地を出ないで暮らしているらしい。

    その弟が淡十郎で、同学年の従兄弟。太めだが傲慢な態度で、とりつく島もない。
    当主は淡九郎おじさんだが、正確には遠い親戚。
    淡十郎と同じ、真っ赤な制服を用意される。
    学校へ行ってみてわかったのは、赤い服など着ているのは彼らだけだったということ。赤が好きだからという理由で、それを通している、この町でも高校でも、日出家はそんなことが出来る存在だったのだ。

    「パタ子さん」と従姉弟らに呼ばれているのは、長身でぱたぱた走り回って何かと家事をやっている女性。親戚で、実は次代の師範として滞在していたとわかる。
    パタ子さんの指導の元、不念堂で涼介の訓練が始まるが、なかなか上手くいかない。

    同じクラスに棗広海という男子がいて、初日に涼介に殴りかかってきた。
    涼介はそのとき、異様で不快な音を聞く。
    長身でカッコイイ棗広海は、校長の娘にも好意を持たれている様子で、モテぶりが気にくわないと思う涼介。
    棗の言うことが涼介には意味不明だったが、日出家と棗家とは違う超能力を持ち、代々対立していたとわかる。
    相殺してしまうため、不毛な争いになりがちだったのだが…

    校長の速瀬は、岩走城のもともとの城主と同じ由緒ある名字。実は子孫だったのだ。
    ある日突然、校長が日出家に乗り込んできて、当主を昏倒させ、この城を明け渡して一族全員が県外に出て行くように言い渡す。
    なぜか、校長はどちらの家系の能力も持ち合わせている様子。
    パタ子さんは親族一同と相談し、引っ越しの準備も進める。
    これまで対立していた一派と協力すれば、あるいは…?
    タイプの違う3人の男の子、それを上回る力を持つ姉。
    姉の指導を受けつつ、琵琶湖の主に語りかければ…

    面白かったです。
    最初は性格悪いとしか思えない淡十郎も色々な面があって、なんか可愛くなってくるし。
    行ってみたいような気になってきましたが、岩走は架空の町だそう。

    万城目さんの作り上げるほら話空間は好きですね~。
    とぼけたテンポと、奇想天外さと、登場人物はそんなに出来が良いわけではないんだけど、危機となれば力を合わせて、それなりに頑張る。歴史を感じさせて、どことなく描写に品があるというか。
    2010年から連載。2011年4月発行。

  • 高校と同時に、琵琶湖を擁する滋賀県・石走の「本家」にやってきた日出涼介。
    湖の民、日出家と棗家に代々伝わる不思議な能力、
    日出家と棗家の約1000年にも及ぶ確執、
    そして双方の前に立ちはだかる「校長」。
    清子と淡十郎との姉弟の淡々としたハチャメチャぷりもいいが、
    一見普通でありながら順応性の高い主人公も面白い。
    ほんで、棗くんもいいですね。彼は漢だった。

    図書館で半年待ちしてようやく読めた万城目さんの新作、
    500頁をまったく長いと感じることなく、1日で読了してしまった。
    ラストまでだいぶドキドキしました。
    ずっと疑問だった題名の「しゅららぼん」の意味も、読んでくとわかる。
    鴨川ホルモー級の、「あ、そういう意味!」という笑いが。
    しゅらららら・・・・ぼぼぼぼぼーーん!

    この人は、こういう奇想天外な設定を、日常の中に自然に溶け込ませるのが本当に上手いなぁと再確認。
    超能力というと怪しげだけど、琵琶湖から得る自然エネルギーとすれば
    あぁ、あるかもなぁ・・と思わされる。

    日出家の今後がどういう方向に動いていくのだろうか?
    というのが、ちょっと気になるところ。

  • どんでんがえしの結末の物語

    名前の二度付けで力を二つ持っていた

  • 学園もの、サイキックアドベンチャー小説でした。京都、奈良、大阪ときて滋賀です。もう、関西を越えては書かないんでしょうね。たぶん。最後に近江という好きな場所を舞台選んでくれて感謝です。欲を言うと、近江八幡ならもっと良かったです。

  • 偉大なる万城目さんの手にかかると、関西方面は大昔からの秘密があまた眠る土地なんですね。まるで見てきたかのように細か~く描写するので、どんなに奇想天外な筋書きでも、まったくないとは言い切れない!って気がしてきます。

    たくさんの伏線が隠れているので、途中で頭が混乱しちゃって、前のほうのページに何度も戻って読んでました。思いがけない結末が待っていてしんみりしたけど、最後の教室の場面が、いいんですよね~。

    この本を読んで以来、人の名前にさんずいがついていると、「おっ」と反応するようになりました。二度づけの人も思いのほか見つかります。
    残念ながら、私の名前にはさんずいがないので、ちょっと悔しかった。

    茶目っ気たっぷりなパタ子さんは、途中から出番がなくなっちゃった。自分はただの主婦なんだと言う師匠が、『鋼の錬金術師』のイズミ先生みたいで好きだったのにな。

    たしかに琵琶湖の形って、フライドチキンに似てますね。

  • 棗広海が最後に聞いた、
    淡十郎の子供が出来たら、何て名前を
    付けるのかってくだり。
    私も、このシーンに至る前に、
    棗君と同じ疑問を持っていたので、
    『あ、それ私も聞きたかった!』
    と思って、ちょっとわくわくしたのに、
    返って来た答えが『淡太朗兵衛』だったので、
    吹き出しました。たんたろべえって(笑)

    エピローグの転校生には、日出姉弟、涼介と
    頑張った色々を覚えていて欲しいです。
    最後のしゅららぼんに期待☆

  • なんでこんなこと思いつくんだよっていうような力、その設定。
    すべてが予想の上を行くようにおもしろい!!!!
    そしてキャラの濃ゆさと、会話のテンポのよさ。
    ラストは、まさかっ!!っていうラストだった。
    最後の最後までおもしろかった。
    感動できる場面もあったけど、私の中ではおもしろさが勝った。笑

  • 万城目ワールド全開で一気読み 濱田岳すごいはまってるなーって思いながら読んでた。ファンタジーでもありごく普通の青春話でもあって。続編があるみたいな終わり方なのがまたわくわくして最後まで楽しかった。

  • 間もなく映画が公開されますが、まさに映画向きのストーリーだと思います。

    ただ、日出家最大の危機に直面している割には
    一族のアクションがまったくなく、終盤に差し掛かってもいまいち盛り上がりに欠けます。
    主人公のお兄さんや師匠、棗の妹にはもう少し動いてもらいたかったです。
    終わり方はとてもさわやかで気に入っています。

    余談ですが「赤こんにゃく」と「奇面組」が非常にツボでした。
    また淡十郎がずっとパタリロに見えて仕方がありません。

  • 「鴨川ホルモー」を始め、万城目学氏の作品はどれも、舞台設定だけを聞くとどうにも大外れしそうな、ともすれば出来損ないのナンセンスギャグに陥ってしまうんじゃないか、というちょっとした危惧を抱かせてしまいがちだと思うんだけど、結果として決してそうはならずに、グイッと惹きつけたまま書ききってしまう豪腕ぶりはさすが、と毎度感服する。

    京都、奈良、大阪と来た後は、京都に住んでいた者にとっては馴染み深い琵琶湖を舞台に持ってきた。
    そして冒頭述べたように、いつもの如くマンガチックな縛りの中で、今回は友情をテーマにした青春小説としても1本、太い骨が通っている印象。
    源爺の描き方も実に巧みで、バッチリ感情移入させられる。

    オチはどちらかといえば類型的なパターンに落とし込まれているので、そこは万城目氏ならばもう少し違う形で勝負してほしかった、というのがささやかな不満。
    あと、ストーリー全体を通しても、水一滴すら漏らさぬ隙のない構成、というわけではなく、筆の勢いに隠されてしまっている綻びや、消化しきれていない要素がいくつか感じられた。

  • うへ〜。くだらねぇw幻魔大戦?
    ホルモー+プリンセストヨトミ⁈
    綿密に調べられたリアルな地盤に、到底ありえへん物語構築がいつも素敵すぎ。好きです。流石万城目!小ネタがいちいちストライクでした。琵琶湖に行きたい。月曜から夜更かしで丁度琵琶湖問題を見た後でしたので大変たのしめました。

    愉快!

    映画化するのですね。濱田岳の淡十郎はピッタリ。棗君は松田翔太が良かったなあ。私の大好きな深キョンがグレート清子で岡田君が赤コンニャク。源爺も彼しかいない笹野高史さんで切なく泣かせてくれそうです。パタ子さん貫地谷ちゃんなんですね。貫地谷ちゃんも好きだわ〜。笑うわ〜。

    最終的に誰が一番グレートだったのか語り合うと面白い。最後まで読むと淡十郎が凄くいいですね。

  • 奇想天外で、アホらしいなーと思うけれど、面白い。万城目さんの発想力に感心する。
    奈良、京都、大阪と舞台を移してきたが、今回の舞台は滋賀 琵琶湖畔の町、岩走。代々その地に生きる異能の一族に突如降りかかる、一族の命運をかけた大問題。高校生達の友情や仄かな恋愛。雄大な琵琶湖の景色や空気を想像しながら、清々した気持ちで読めた。
    今回も、その土地に根ざして生きる ということー自然と共存し、歴史をつくるーや、生かされて生きる ということを感じながら読んだ。
    次回作の舞台は和歌山か兵庫だろうか。今度はどんな物語になるのか楽しみだが、同じようなパターンのお話が続いているので、少し毛色の違うお話が読みたい気もする。

  • 万城目氏の面白ファンタジック青春アクション(?)物語。

    作者の文章テンポと単語チョイスが好きな方は
    読んで損がありません。読むべし!
    作者を知らない人は、
    「鴨川ホルモー」や「鹿男あをによし」の方が
    もっとハイパー面白いので先にそちらを薦めます。

    個人的に、「プリンセストヨトミ」より難しい設定説明は
    ないので、読み込みやすかったです。
    いつもながら、ちょっとダメでおかしい登場人物たちが
    くり広げるドタバタ活劇。読んでいるうちに、
    いつの間にか、そのちょっとダメでおかしい人たちを
    応援し、目が離せなくなっている自分がいます。
    さらりと男前な行動を、面白く描写する作者
    ならではの作品になっています。

  • 【気軽に読める現代ファンタジー】
    私は万城目さんのファンです。
    気を悪くされる方がいたら大変申し訳ありませんが、どの作品も

    ・現代を舞台にした壮大な大ウソ
    ・大ウソのような世界で、真剣にひたむきに生きている人々

    これが万城目作品の魅力だと思います。
    この作品も、普通の生活を送っている人にまぎれている、普通じゃない人のウソみたいなお話しです。

    全体的に読みやすいストーリーで、さらりと読めたのですが、
    個人的には主人公があまりパッとせず、なんだか物足りない印象で終わってしまいました。
    起承転結は当然あるのですが、なんというか、
    もっと登場人物同士の精神的な繋がりや、背景の描写が欲しかったかな~と思います。
    文字数や物語のスケールに対して、ちょっとメインで活躍する登場人物が多すぎるのかもしれないです。
    なんだか表面だけ垣間見たような印象で終わってしまった気がします。

    …正直に言うと、もう少し棗くんと主人公の関係、もしくは棗くんと淡十郎の
    ライバル関係や信頼関係が伺えれば嬉しかったです。(きっと、そういう関係だったと思うんですよ…)

    あとは清子さんのグレートさ、葛藤や心境の変化がもう少し見たかったです。
    …が、先述のように欲張りすぎた感が否めないので、これは続編などで見せてくれれば最高だったのですが。

    以上の物足りなさから、評価は★3つとさせて頂きます。


    余談ですが、
    熱しやすく冷めやすい性格の私は、今回、本当に久しぶりに読書熱が戻ってきた状況なのですが、
    この「しゅららぼん」を読むのがこんなに遅くなったのは、私の大きな誤解が原因でした。
    …なぜかファンタジーではなく、エッセイだと思い込んでいたのです。。。(私はエッセイはあまり好んで読みません。)
    地区センターでこの本を偶然見つけなければ、手に取るのはずいぶん先になっていたことでしょう。。。

    確かに物足りない印象ではありましたが、今回読めて良かったと思います。

  • 滋賀県民なら必読なんではなかろうか、という程
    郷土色の出てる一冊。
    滋賀あるあるがちりばめられていて、とても面白い。
    琵琶湖に神聖さをもたせるところもいい。
    表紙に淡十郎が描かれていないことがさみしいな〜。

  • 万城目ワールド全開やった〜。前半、伏線をはるためかダラダラ長かったのが読みづらかったけど、物語が進めば気にならなくなったかな。
    一本取られた感はなかったけど、そうきたか!って感じでおもしろかった♬
    映画化を意図したような映像化しやすそうなラストシーンは好き(*^^*)

    今から映画の公開楽しみ(๑>∀<๑)
    絶対観に行くーっ!

  • 終わり方が好き。
    万城目さんの本を読むと、自分の出身地を題材に是非書いてほしいなぁと思ってしまう。
    しゅららぼん、映画ではどんな効果音になっているのか楽しみ♪

全895件中 1 - 25件を表示

偉大なる、しゅららぼんに関連するまとめ

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偉大なる、しゅららぼんの文庫

偉大なる、しゅららぼんのKindle版

ツイートする