東京ロンダリング

  • 500人登録
  • 3.47評価
    • (21)
    • (97)
    • (105)
    • (19)
    • (3)
  • 124レビュー
著者 : 原田ひ香
  • 集英社 (2011年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714111

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
桜木 紫乃
朝井 リョウ
三浦 しをん
東野 圭吾
村上 春樹
夏川 草介
宮下 奈都
大野 更紗
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

東京ロンダリングの感想・レビュー・書評

  • 事故物件かぁ、そりゃ人が住んでいればあるんだろうね、そんなこと。確かに気持ちのいいものではないかもしれないけれど、誰しもいつかは死ぬのになぁ。あぁ、事件などの場合は、「仕方ないよね」では済まされないか。事件関係者が訪ねてくる→巻き込まれるなんてことにならないとも限らないし……。
    実際にこんな仕事があるとすると凄い。あたしにはできそうもないや。

  • 装丁が美しかった。
    それに反してストーリーは美しくなかった。
    いや、書き方は美しいんだけど、やっている内容(事故物件に数ヶ月住んで何も無い物件にロンダリングする仕事)が美しくなかった。
    でもちょっと引き込まれた。
    1日で読めた。
    面白かった。

  • 訳あり物件に住むことで、次のひとに事情を説明する義務が消える・・・。そのために1ヶ月その部屋に住む、と言うお仕事。浮気が発覚して離婚されたりさ子は、行く当てもなくなってこの仕事を始める。
    このふうがわりな設定に惹かれてどんどん読み進みましたが、りさ子の無気力さが、読んでいていたたまれません。下町の物件で、お節介な真鍋夫人と食堂がかかわるあたりから、だんだん人並みの暮らしをとりもどしていくりさ子に少し安心したのもつかのま、さらなる意外な展開が・・・。
    ひさしぶりの原田ひ香さんでしたが、意表を突く設定と、物語のおもしろさは相変わらずでした。

  • 事故物件に数ヶ月住んでロンダリングする女性の話。彼女の離婚の理由が悲しかった。物件というより人情物の感じ。テーマは重いのにさっぱり系。

  • 20170122
    なんとなく借りてみたらおもしろかった。
    ほぼ1日で読めた。

  • ラストが気持ちいい!

    最後の部屋のロンダリング中は、なんとなく何か起こりそうな気がしてドキドキしてしまったけど(交感神経が働いてしまいました!笑)
    終わり方が良くって、読後はスッキリでした。

  • (2016/10/5読了)
    いや〜予想以上に面白かった。話の流れも良かったけど、ラストが上手いね。よく内容は面白いのに、そのラストどうよ?っていうのがあるけど。
    この続編が気になって、続編を読む前にこちらを借りてみたんだけど、このラストなら必ず次が読みたくなるはず。私は読む!
    登場人物も、身近にいそうだけどキャラがそれぞれたっていて面白い。(亮さんに関しては出来過ぎな感じだけど)
    映像化に向いてるんじゃないかな?もう映像化されていたりして?

    (内容)
    内田りさ子、32歳。わけあって離婚。戻るべき家を失い、事故物件に住むことを仕事にした彼女。失意の底、孤独で無気力な毎日を過ごしていた―。移り住む先々で人と出会い、衝突しながら、彼女は何を取り戻したのか。東京再生、人生再生の物語。

  • 離婚し、お金も居場所もないりさ子は、訳あり物件に住む仕事、ロンダリングを始める。
    ただ住むだけで日当5千円をもらえる仕事。
    転機は谷中でのロンダリング。そこで定食屋でお手伝いするようになり、亮と出会う。


    ロンダリングという職業は本当にあるんだろうか、あるんだろうな。と思いながら読んだ。
    スカイガーデンでの最後の終わり方がモヤっとしたので星二つ。
    谷中から去るところ、スカイガーデンに移るところはよかったのに、その後の展開がいまいち。もっと膨らませてもよかったのでは?と思ってしまった。

  • サクサクと読みやすかった。ロンダリングという仕事は実際にもあるのだろうか。初めて知った仕事だったが、需要はけっこうありそう。私は主人公にはあまり同感できなかったところがある。周りの人に助けられすぎていないかと。定食屋の亮ちゃんや、真鍋夫人が優しすぎる。それでも、その優しさに触れ、何かを感じ思い出していく過程は良かった。

  • 賃貸住宅のワケあり物件を浄化(ロンダリング)するために、
    一定期間住むお仕事をしているりさ子。
    そうすることで次の住人に、いわくつき物件の説明義務がなくなるらしい。

    そんな空恐ろしいお仕事を、特に不安に思うこともなく
    淡々とこなしているりさ子。
    離婚されて一人になって、感情も失ってしまったのでしょうね。
    深く人と関わることを避け、作り笑いを浮かべて…。

    そんなりさ子が、
    マイペースでずけずけ物を言う、大家の真鍋夫人、
    定食屋「富士屋」の亮とかかわるようになり少しづつ自分を取り戻していく。
    真鍋夫人、苦手なタイプではあるけれど、
    こういうおせっかいも時には必要なのかも。(特に今の世の中)

    そして「富士屋」の定食が、それはもう美味しそうで♪
    亮に相談されて新メニュー作りをするくだりがとても好きです。
    やっぱり人間は”きちんと食事すること”が基本なんですね。

    根無し草のような日々から、立ち直ることができそうで良かったです。

  • 原田ひ香さんの本、説得力がありますねw、そして余韻があります。「東京ロンダリング」もいい味わいでした(笑)2011.7発行です。内田りさ子、32歳、162cm・48kg、BMI18.3、死んだ人の部屋に住むことを仕事にしている女性が主人公です。家賃はただ、日当5000円で、「ロンダリング」とか「浄化」とかいわれてる仕事だそうです。谷中銀座にあるアパートに住んだとき、大家さんや、定食屋さんなどとのふれあいでりさ子の心は揺れ動いていきます~。ロンダリング、そんな仕事、本当にあるんでしょうね・・・!

  • 【68/10000】
    東京ロンダリング 原田ひ香

    母親ウエスタンとどちらにしようか、と悩んでこちらに。正解!ウエスタン選んでも正解気もしれませんけど。

    いろんなお仕事あり。主人公りさ子のお仕事は、賃貸物件に住むこと。賃料ただどころか給料がもらえる。その理由は…。

    自分の仕事にハッと気づくことはあるだろうか。
    明日からの仕事で一日一つは誇りに持てることが見つかるだろうか。証文ではないが、目の前に何かを突きつけられた気分。

    原田ひ香さん、どれくらい好きになれるかな。

  • 都内の訳あり物件に住むことを仕事にしているりさ子。
    転居を繰り返す生活で、自分自身を見失っていた中、巡ってきた場所で新しい自分の世界を見つけて行くようになる。 


    手に取った著者の作品2作目。
    作風が合うのかな、とっても好きでした。
    淡々と流れていく日々の中、りさ子さんの少しずつ前に進んでいく気持ちが分かるようで、入り込んで読んでいました。

    過去と決別した主人公が、自分を取り戻していく再生の物語をいくつか読んだように思いますが、どれも淡々とした語り口のものがリアリティーがあっていいですね。

    今後、りさ子さんが幸せになれそうだなと思える終わり方に、気持ちよく本を閉じました。

  • 設定が面白くて、図書館で読み始めたら一気に最後まで読んでしまった。

    わたしにはできない仕事だなー。

  • 一定期間、事故物件に住むという仕事をしている女性、りさ子。
    とある事故物件に住むことになり、その近所の人達との交流のなかでこの仕事をするきっかけになった出来事に折り合いをつけ、自分の生き方をみつけていく姿はなんだか繊細かつ力強い植物のようだと思った。
    また作中に出てくる料理の描写が特に素晴らしいです!!

  • 私の電子書籍デビューをかざったのがこの作品。
    環境設定、人物設定がとても魅力的。しかし、ストーリー展開と描写が物足りない。同じ設定で伊坂幸太郎に書いてもらったらどうかな。

  • 訳あり住宅に数週間住む、というのが仕事。いろんな町を転々としている。転々としんがら自分の殻をつくっている。自分の不倫が原因で離婚したはずなのに、それが夫に仕組まれたもの・・殻をつくったのは、仕事由来とこの個人史ゆえかといえば、そうでもない。人とのつながりで変わっていく。

  • 楽しみにしていましたが、ちょっとどれもこれも中途半端な感じでもったいない~(汗)…と思いました。もう少し長かったら、もっともっと面白かったのに。

    舞台や演劇っぽいと思っていたら、ひ香さんはラジオドラマ大賞を受賞なさっていたのですね。なるほど納得!「はじまらないティータイム」は、あれはラジオでやったらかなり面白いだろうと思った。

    真鍋夫人、うちの親みたいでムカッときてしまいました。作品内に必ず嫌なおばちゃんが出てくるね。

    実際にロンダリングしている人もいるんだろうなぁ…と感心しつつ読了。星は2つですが、ひ香さん好きです♪

  • 「東京ロンダリング」(原田ひ香)を読んだ。新鮮で面白かったよ。女の子が傍を駆け抜けて行ったその一瞬後に揺れ動く髪からふわりと漂ってくるシャンプーの香りのような、甘く心地よい余韻がイイね。たぶん、わたしのようなおじさんが読む本じゃないのかもしれないけどね。

  • 前の住人が自殺したりして新しい住人が入らなくなった部屋に1カ月契約で住み“ロンダリング”し次の住人に明け渡す。こんな職業が本当にあるのかな?さらさらっと読めるけど最後がなんかちょっとなぜ…?という感じ。りさ子をロンダリングの世界から救い出したかったのかな。2012/558

  • ロンダリングとは元は洗濯する、洗浄する、綺麗にするという意味。ここでのロンダリングは不動産ロンダリングだ。つまり事故物件に雇った誰かを1ヶ月住まわせることにより、その後はその物件を事故物件だと公表しなくても良いという仕組み。この仕組みは以前友人から聞いて知っていたが、それを職業としている人がいるのは本当の話なのかな?
    主人公は自身の不倫により離婚し居場所がなくなった事からロンダリングを始めた女性。作り笑いしかできず、全てに投げやりだった主人公が、少しずつ自分を取り戻していく。その序盤といった感じ。読みやすくて、あっという間に読めた。内容も大きな波はないものの面白かった。原田さんの他の話も読んでみたくなった。

  • 賃貸物件で派手な騒動や死者が出た場合、不動産屋には次の入居者にそこが「事故物件」であることを説明する義務がある。ただし、入居が決まり、誰かが住んでしまえば、次から説明責任はなくなる。不動産価値を下げないため、不動産屋の依頼に従い事故物件に住む仕事が「ロンダリング」だ。自らの不貞で離婚をし、居場所をなくしたりさ子はロンダリングを仕事とし、住まいを転々と変えて生きている。

    感情の起伏を感じさせない彼女が、次第に感情を取り戻していく再生の物語。都会にはいまもどこかにりさ子のようにひっそり、事故物件に移り住むひとがいるのかもしれない。

  • 淡々としているけれど、グイグイ引き込まれて一気に読了。りさ子の心の動きや亮の人柄に引きつけられ、おもしろかった。

全124件中 1 - 25件を表示

東京ロンダリングを本棚に登録しているひと

東京ロンダリングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京ロンダリングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京ロンダリングの作品紹介

内田りさ子、32歳。わけあって離婚。戻るべき家を失い、事故物件に住むことを仕事にした彼女。失意の底、孤独で無気力な毎日を過ごしていた-。移り住む先々で人と出会い、衝突しながら、彼女は何を取り戻したのか。東京再生、人生再生の物語。

東京ロンダリングのKindle版

ツイートする