東京ロンダリング

  • 517人登録
  • 3.45評価
    • (21)
    • (100)
    • (115)
    • (20)
    • (3)
  • 135レビュー
著者 : 原田ひ香
  • 集英社 (2011年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714111

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京ロンダリングの感想・レビュー・書評

  • ロンダリングとは元は洗濯する、洗浄する、綺麗にするという意味。ここでのロンダリングは不動産ロンダリングだ。つまり事故物件に雇った誰かを1ヶ月住まわせることにより、その後はその物件を事故物件だと公表しなくても良いという仕組み。この仕組みは以前友人から聞いて知っていたが、それを職業としている人がいるのは本当の話なのかな?
    主人公は自身の不倫により離婚し居場所がなくなった事からロンダリングを始めた女性。作り笑いしかできず、全てに投げやりだった主人公が、少しずつ自分を取り戻していく。その序盤といった感じ。読みやすくて、あっという間に読めた。内容も大きな波はないものの面白かった。原田さんの他の話も読んでみたくなった。

  • 賃貸物件で派手な騒動や死者が出た場合、不動産屋には次の入居者にそこが「事故物件」であることを説明する義務がある。ただし、入居が決まり、誰かが住んでしまえば、次から説明責任はなくなる。不動産価値を下げないため、不動産屋の依頼に従い事故物件に住む仕事が「ロンダリング」だ。自らの不貞で離婚をし、居場所をなくしたりさ子はロンダリングを仕事とし、住まいを転々と変えて生きている。

    感情の起伏を感じさせない彼女が、次第に感情を取り戻していく再生の物語。都会にはいまもどこかにりさ子のようにひっそり、事故物件に移り住むひとがいるのかもしれない。

  • 楽しみにしていましたが、ちょっとどれもこれも中途半端な感じでもったいない~(汗)…と思いました。もう少し長かったら、もっともっと面白かったのに。

    舞台や演劇っぽいと思っていたら、ひ香さんはラジオドラマ大賞を受賞なさっていたのですね。なるほど納得!「はじまらないティータイム」は、あれはラジオでやったらかなり面白いだろうと思った。

    真鍋夫人、うちの親みたいでムカッときてしまいました。作品内に必ず嫌なおばちゃんが出てくるね。

    実際にロンダリングしている人もいるんだろうなぁ…と感心しつつ読了。星は2つですが、ひ香さん好きです♪

  • 原田ひ香さんの作品を読むのは初めてで、この作品もあらすじなどよく知らずに手に取ったのだが、これが予想以上に大当たりだった。東京で何をロンダリングするのかと思ったら、まさか「事故物件」に住むことだったとは。主人公のりさ子はこの「ロンダリング」の仕事を始めて1年。事故物件に住むということの難しさは、たとえ短期間とはいえどれほど大変で、向く人が限られているかは読んでみてよくわかる。次から次へと住まいを変えるということもあり、離婚してすぐこの仕事を始めたりさ子の日々は、生活感がなく無色透明でつかみどころがない。喜怒哀楽といった感情もどこかに置き忘れたかのようだ。一応、「いつもにこやかに愛想よく」はしているのだけど。
    そんな彼女の暮らしは、谷中のロンダリング先の大家の老女と関わり始めたことで大きく変わっていく。この大家(真鍋夫人)、いかにもな下町のばあさんで、りさ子の愛想笑いを看破し、人のテリトリーに容赦なく介入してくる。他人に踏み込まれることが苦手な私も、読んでいて「こりゃ厄介なことになってきた」と鬱陶しくなった。その真鍋夫人のお節介で行きつけの定食屋「富士屋」を手伝うこととなり、富士屋の息子・亮とも親交を深めていく。様々な干渉により、根なし草っぽかったりさ子の日々が彩られていく。ということは…とベタな展開を予想してしまうのだが、後半から事態は急展開する。
    先輩同業者の男性・菅さん(なかなかの不思議キャラ)が失踪し、彼が入居していた都内の高級マンションに突如入ることとなったりさ子だが、このマンションが実に胡散臭い。初めは、ロンダリングとはいえ羨ましい…と一瞬でも思ってしまった私だが、便利さやラグジュアリー感が却って様々な感覚を狂わせてしまうのだとぞっとした。
    思いがけない形でりさ子の離婚の真相も明らかになるのだが、そんないくつものハードルを越えながら彼女が少しずつ逞しくなっていく過程がいい。原田さんはシナリオも書いている方だからか構成も上手く、自分のベタな予想の斜め上をいく着地で、清々しく読めました。「東京で生きていく」ということの一面を垣間見ることが出来たかな。フード描写も秀逸でした。富士屋のこしょう焼き、りさ子発案のナンプラー入り煮玉子、おいしそうだった~。

  • 賃貸住宅のワケあり物件を浄化(ロンダリング)するために、
    一定期間住むお仕事をしているりさ子。
    そうすることで次の住人に、いわくつき物件の説明義務がなくなるらしい。

    そんな空恐ろしいお仕事を、特に不安に思うこともなく
    淡々とこなしているりさ子。
    離婚されて一人になって、感情も失ってしまったのでしょうね。
    深く人と関わることを避け、作り笑いを浮かべて…。

    そんなりさ子が、
    マイペースでずけずけ物を言う、大家の真鍋夫人、
    定食屋「富士屋」の亮とかかわるようになり少しづつ自分を取り戻していく。
    真鍋夫人、苦手なタイプではあるけれど、
    こういうおせっかいも時には必要なのかも。(特に今の世の中)

    そして「富士屋」の定食が、それはもう美味しそうで♪
    亮に相談されて新メニュー作りをするくだりがとても好きです。
    やっぱり人間は”きちんと食事すること”が基本なんですね。

    根無し草のような日々から、立ち直ることができそうで良かったです。

  • 都内の訳あり物件に住むことを仕事にしているりさ子。
    転居を繰り返す生活で、自分自身を見失っていた中、巡ってきた場所で新しい自分の世界を見つけて行くようになる。 


    手に取った著者の作品2作目。
    作風が合うのかな、とっても好きでした。
    淡々と流れていく日々の中、りさ子さんの少しずつ前に進んでいく気持ちが分かるようで、入り込んで読んでいました。

    過去と決別した主人公が、自分を取り戻していく再生の物語をいくつか読んだように思いますが、どれも淡々とした語り口のものがリアリティーがあっていいですね。

    今後、りさ子さんが幸せになれそうだなと思える終わり方に、気持ちよく本を閉じました。

  • 1日でさくっと読めちゃいました。
    不動産ロンダリングって初めて聞いたけど、実際にもある仕事のようです。
    変死や殺人事件が起きた物件は次の入居者に説明責任があるそうですが、不動産屋が用意した人物が入居して一定期間暮せば、その次の入居者には説明する必要がなくなる。

    そうして事故物件も問題なく貸せると。


    りさ子は、不倫の末にバツイチになり、生きることに無関心になっていて、淡々とロンダリングをこなしていた。

    けれど、谷中でロンダリングに入った部屋で出会った真鍋夫人や行きつけの定食屋・富士屋の亮と関わって少しずつ変わっていく。


    生気を取り戻したようになったりさ子だけど、
    急きょ、いわくつきの丸の内スカイガーデンレジデンスに入居することに…


    亮との関係が変わりかけているときだったのに、
    また元の生気のないりさ子に戻ってしまうと
    読みながらハラハラしていたら、また亮の登場!!

    亮と話したことで、
    ロンダリングを消極的に捉えていたりさ子が
    それを自分の仕事として、自分の能力として
    受け入れた上に、自発的に富士屋の手伝いもすると決意する。

    さらに
    ロンダリングの先輩の菅さんの一件を解決したことで、

    りさ子は自信を取り戻したように思えた。


    ロンダリングは浄化という意味だけど、
    いつの間にか、りさ子のことも浄化して再生させてたんだなと感じました。

    清々しいラストでした◎

  • おもしろく、さらっと読めました

    最後が唐突です
    話がつながらない感じ。
    この著者の他の作品を、探して読もうとは思わない。

    こんな職業があるかもしれない。と思いました
    オカルトの話ではなく、ちょっといい話系
    都会に住む人の心得『いつもにこやかに愛想よく、でも深入りはせず、礼儀正しく、清潔で、目立たないように』
    つきあいの浅い方、あまり深入りしたくない方達にはこういう態度を望みます。
    あまりお付き合いをしたくない方に、上記心得でない態度を一方的にとられると、それはストーカーですから。
    ただ、どこかにそうではない人たちがいるという前提で。
    全てが心得のような人たちばかりだと、寂しくなるでしょうね。

  • テーマは面白いのに、展開がみえみえ。なにも考えずに本を読みたいときにはいいかもしれない。

  • 「東京ロンダリング」興味深いアプローチで書かれた物語でした。
    ロンダリングとは”洗浄”とか”浄化”を意味する言葉、不正なお金を公正なお金に替えるマネーロンダリングなどという言葉もありますが本作では賃貸物件のロンダリングのお話です。
    孤独死、変死、自殺者などが出た賃貸物件は法的に次の契約者に詳細な説明が必要となりますが一度、誰かが一定期間、住めばその次からは契約者への説明義務はありません。
    そのロンダリングを行う主人公は夫の離婚陰謀に嵌められバツイチとなり心が折れてしまったまま、ただ生きている「りさ子」です。
    指定された、いわく付き物件に、ただ住み、そして報酬を貰う生活、そんな生活の中で彼女はプロとしてのロンダリングを自覚するようになります。
    物語は単に法的手続き上のロンダリングばかりでなく、りさ子の身辺で起こる騒動の関係者や元夫の陰謀離婚に心を痛めている元義父の心の中までロンダリングがされていく様は、人間の心模様を写しだしたものです。
    大都会東京の街にはこうしたプロの賃貸ロンダリング人がなくてはならない存在かなと思わせてくれる物語でした。

    読後感=世の中には色々な職業があるものです・・・・

    <a href="http://novel.blogmura.com/novel_contemporary/">にほんブログ村 現代小説</a>

  • こんな職業があるのだろうか?
    ほんとにあるのだとしたら、その職業を見つけ
    本に書いた時点でこの本は成功したといえるだろう。
    ただ想像通りに話が進んでしまったのでもう少し意外性が欲しかった。

  • 2時間かからないくらいで読めます。

    入居者が何らかの事情で死亡した部屋に一定期間住む、ロンダリングという仕事をしている主人公。

    こーゆう、何にも縛られない生活ってちょっと憧れるけど、やっぱり人間って誰かとの関係性の中で生きてるんだなって再確認したような。

    主人公の義父とのくだりは必要だったのだろうか…?というのが疑問。

  • 設定がとても面白い。それだけで読まされました。東京には、本当にいるのでしょうか。

  • テーマが斬新な割にはさっぱりしすぎている。もっといくらでも展開のしようがあると思う。

  • 人が亡くなった部屋。次に入居する人には、そのことを告知しなければならない義務が不動産屋にはある。たいがいが二の足を踏んだり、家賃を値切られたりするそうで、なかなか入居者が来ない。そこで、「りさ子」の仕事、「ロンダリング」が活躍する。一定期間その部屋に住んで、短期間で退去すれば、もうその部屋には「告知義務」も発生しないので普通に貸せるわけだ。次々に「人が亡くなった部屋」に住み、報酬をもらうりさ子の過去や、そこでおこる出来事・・の物語です。途中からちょっと話がズレた感があったけど、なかなかさらっと読めました。できればもっと「ロンダリング」に突っ込んで欲しかったかなぁ。

  • ロンダリングにまつわる事件が色々起きて行くのかと思いきや、話は思わぬ方向へ。主人公自身やその周りの人々の心をロンダリングして行く優しいストーリー。ちょっと疲れた時に、軽く読むのにはいいかと思う。続編希望。

  • 文章が読みやすい、判りやすい、さっくり読んでしまった。
    ストーリーわかりやすいし、ロンダリングっていうテーマも面白い。
    最後のシーンも、読後感も良い。

  •  設定が面白いです。わけあり物件に短期間だけでも誰かが住めば、次の入居者にはそのことを告げなくてすむ。なるほどそういう「仕事」もありなのでしょう。

      だからこそ、そういう物件のいろんな「わけあり」を丁寧に描いてほしかったなあ。そっちのほうは簡単で、主人公のバツ一の女性がなぜ離婚に至ったのかを謎ときにしたようなドラマになってしまって、ラストはちょっと安易だったなあ。

     もう一回、続編として、今度は丁寧にそのお部屋についての物語を書いてみたらどうかなあ。そしたら連ドラの話もやってくるのでは?なんて余計なことをいろいろ考えました。

     もしやるなら、真木よう子さんだなと思いながら読みました。

  • そんな商売があるんだとビックリ。

  • 「ロンダリング」という言葉を初めて知った。
    元々は「浄化」って意味らしい。

    事故物件に住み、部屋の「浄化」をおこなうことを仕事にする主人公・りさ子。

    これはりさ子が事故物件の部屋を「浄化」していくのと同時に、離婚し傷を負い信じられる人も財産も住みかも何もなくなった、りさ子自身の「浄化」の物語にもなっている。

    おせっかいだけど強かで温かい真鍋夫人、自分の内にある空虚を自覚している定食屋「富士屋」の亮とりさ子が一緒にごはんを食べるシーンが印象的。
    部屋の「浄化」が生きた人間が一定期間住むことで為されるならば、傷ついた人間の「浄化」も生きた人間にまみれて感情を開放することで為されるのかもしれない。

    しかし「黒こしょう焼き定食」が美味しそう。

    あと都心の高級タワーマンション生活のシーンも印象的。交感神経と副交感神経の話も良かった。

    小難しいところがなくて読みやすく、続きが気になってあっというまに読めた。

  • 築32年1Kのアパート、深夜1時半のしつこいノックに目を覚ましたりさ子。徐々に大きくなるノックと女の声に通報を恐れドアを開けるとー

    ◆「ロンダリング」か、今の東京ならそんな仕事もありそうだ…。そしてりさ子の前夫のしたことに腹が立つ!真鍋夫人の強引さ、図太さにもイラついたけど、彼女から見たらりさ子にこそイラついたんでお節介したくなったんだろうし、それが好転すればいいなとりさ子の今後に期待しつつ続編読もう!

  • 現実と非現実を連想する職業に従事する女性の物語。

    その狭間を縫う様に生きる女性が現実の人々の干渉の中で自分の立ち位置を見出す内容が、とても丁寧に表現されていて、今まで読んだ著者の本とは又感触の違いを感じて新鮮でした。

    そしてこの本を読む事で、初めて原田ひ香さんの顔を拝めました。
    ありがとうございます。

  • 事故物件かぁ、そりゃ人が住んでいればあるんだろうね、そんなこと。確かに気持ちのいいものではないかもしれないけれど、誰しもいつかは死ぬのになぁ。あぁ、事件などの場合は、「仕方ないよね」では済まされないか。事件関係者が訪ねてくる→巻き込まれるなんてことにならないとも限らないし……。
    実際にこんな仕事があるとすると凄い。あたしにはできそうもないや。

  • 装丁が美しかった。
    それに反してストーリーは美しくなかった。
    いや、書き方は美しいんだけど、やっている内容(事故物件に数ヶ月住んで何も無い物件にロンダリングする仕事)が美しくなかった。
    でもちょっと引き込まれた。
    1日で読めた。
    面白かった。

  • 訳あり物件に住むことで、次のひとに事情を説明する義務が消える・・・。そのために1ヶ月その部屋に住む、と言うお仕事。浮気が発覚して離婚されたりさ子は、行く当てもなくなってこの仕事を始める。
    このふうがわりな設定に惹かれてどんどん読み進みましたが、りさ子の無気力さが、読んでいていたたまれません。下町の物件で、お節介な真鍋夫人と食堂がかかわるあたりから、だんだん人並みの暮らしをとりもどしていくりさ子に少し安心したのもつかのま、さらなる意外な展開が・・・。
    ひさしぶりの原田ひ香さんでしたが、意表を突く設定と、物語のおもしろさは相変わらずでした。

全135件中 1 - 25件を表示

東京ロンダリングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京ロンダリングの作品紹介

内田りさ子、32歳。わけあって離婚。戻るべき家を失い、事故物件に住むことを仕事にした彼女。失意の底、孤独で無気力な毎日を過ごしていた-。移り住む先々で人と出会い、衝突しながら、彼女は何を取り戻したのか。東京再生、人生再生の物語。

東京ロンダリングのKindle版

ツイートする