我が家の問題

  • 2254人登録
  • 3.76評価
    • (170)
    • (516)
    • (348)
    • (36)
    • (4)
  • 469レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 集英社 (2011年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714128

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

我が家の問題の感想・レビュー・書評

  • なんか読んだことあるような…と思ったら、「家日和」の続編でした。お弁当で仕事のできない夫を支える奥さんがステキ。

  • タイトルの通り、それぞれの家庭の問題あれこれ。

    奥田さんは久しぶりに読んだけど、やっぱり読みやすいし好きだな~と思えた。言葉の遣い方がなんかいいのかな、会話とか登場人物の心の声とかが、わざとらしくなく微笑ましい。

    他人からみたら小さな悩みでも、当人にしてみれば簡単には済ます事はできない。共感できる部分が多かったし、なにより家族の愛が感じられてウルウル涙が…。

    ひとつの話を読み終えたら、「次はどんな家族?」とわくわくしてページをめっくてました。読んでいく毎に感動が大きくなってすごく良かったです。

    甘い生活?/ハズバンド/絵里のエイプリル/夫とUFO/里帰り/妻とマラソン

  • 御無沙汰してます、奥田英朗さん。

    この人の描く家族であったり、人間というものは
    絶妙な感じでほんわかしていて毎回癒される。

    休日の昼間にごろごろしながら読みたい一冊。

  • どのお話もとても良かったです。ハッピーエンドから、その後が気になるものまで様々。でも、多少不安は残る話も、なんとなく明るい雰囲気で近い未来は辛そうだけど、乗り越えた後はきっと幸せだろう、と思えました。家族が家族を思う気持ちは形にはしにくく、言葉にもしにくい。何気ない事が愛しかったり、不安だったり。正に我が家の問題。うちも色々問題はあれどお互い大好きなので今のところ幸せです。6つのお話の中では「夫とUFO」が好き♪妻としても母としても。この人が理想だな…。

  • 家族にまつわる6つの短編集。

    長かった一人暮らしから、なんとなく新婚生活になじめない夫。

    使えないといわれてるかもしれない夫を心配して、愛妻弁当に精を出す妻。

    ひょんなことから、両親が離婚するかもしれないと知り、心配する高校生の娘。

    UFOと交信していると言い出した夫とその妻の苦悩。

    地方出身同士で結婚した夫婦の、初の里帰り。

    突然ジョギングにはまった妻と、小説家の夫と双子の息子の東京マラソン。


    どこにでもありそうな、そんなほほえましい家族の話、
    読みやすく、サラッと読了。
    『ハズバンド』の愛妻弁当に、私もお弁当作り頑張ろうと思ったり、『妻とマラソン』の夫の気持ちに、一緒に涙したり。
    いい本でした。

    著者の本、ほかにも読んでみたくなりました。

  • 家族や夫婦同志のそれぞれの気持ち、
    わかるなぁと思うところが随所にあり、
    何気ない話だったりするけど楽しく、
    時にはしんみり読めました。

    「里帰り」
    当日までは面倒臭かったり憂鬱だったりするけど、帰ってみると楽しかったりするんだよね。
    行って良かったと思うんだよなぁ。

    「妻とマラソン」
    夫と双子の息子の応援する気持ちにグッときた。
    短編の物語で泣いたのは初めてだ。

  • 家日和につづく、家庭をテーマにした短編集です。
    内容も面白かったし何より読みやすい。
    奥田英朗さんの作品すっかりハマってしまいました。

    「妻とマラソン」が特に良かったです。
    感動するってわけではないんですけど、家族のささやかなあたたかさにジーンときました。

    共感できなかったのは「里帰り」かな。
    義実家一族ってこんなに嫁を気遣って親切にしてくれるものなんですかね……?
    社会人にもなって結婚までして、おこづかいや交通費の援助をもらうのがさも一般的のように描かれていたのもカルチャーショック。
    奥田英朗さんには寧ろ、義実家最悪大嫌いみたいなのを書いてもらいたいし向いてるような気がします(笑)

  • それぞれの家庭の些細な問題を取り上げた短編集
    (当人にとっては大きな問題でしょうけれど)

    どれも前向きな感じで、よいですが
    あっさり終わってしまって、もうちょっとずつ皆さんの家庭をのぞきたかったような…

  • 終わり方が物足りないけどそこがまたリアル

  • 図書館にて。
    ありきたりのハッピーエンドじゃないところが深い。
    どれも一筋縄ではいかない結婚生活をすっきりした文体で描いていて読みやすかった。
    「甘い生活」は痛快。そういうことってあるだろうな。
    「妻とマラソン」奥さんの不器用さと一生懸命さが伝わってきた。旦那さんもいい人だな~。
    全体的に、じんわりと良い。
    そう、こんな風に現実はすっきり解決なんかできなくて、でもいろいろ折り合いつけながらちょっとでもいい方に持っていこうとやってみるんだよね。
    物語によってそれぞれだったけど、こういう解決の仕方は好き。

  • んーわかるわかる。あるある。そんな感じのエピソード満載。
    最後のマラソンに挑戦するお母さんと、応援する夫、双子の息子の話がよかった。近所付き合いや何かでうまくいかない時、家族との会話、後押しがどれほど力になることか。

  • 愛すべき物語群。そもそも読んだきっかけは、どうやら主婦がマラソンをする物語が入っているらしいという情報から。自分が低レベル主婦ランナーなので、同じようなシチュエーションの小説などまずない。これは読まねばと思って読んだ本なのだが、すべての短編に自分がいて愕いた。

    6篇の短編群がそう遠くない舞台ばかり。過去の自分たち夫婦であったり、もしかしたら行き着いたかもしれない状況だったり。冒頭のマラソン短編はほんの数年前の自分のよう。おそるおそる距離を伸ばしていった頃の自分、うれしかったり自分で愕いたり、やっぱり途中で諦めてしまったり、と全く同一ではないけれどもよく似たシチュエーションにいる。ちなみに、ベストセラー作家ではないが、自分の夫も自宅で編集の仕事をしているのであった。

    また各短編の登場人物たちの何という凡庸な姿、愛しくなる。作者が愛をもって人間観察しているのがよく分かる。そして感じるのは愛、そう愛。夫婦愛だったり家族愛だったり、もちろん子どもへの愛、親族への愛。友への愛。新婚サラリーマンの話など、同僚たちへ相談し、素直にアドバイスを受け入れる場面などは会社の同僚たちへの愛も感じる。これはうらやましい。

    登場人物たちはまじめなのだが、かなりユーモラスな言動をするのでコミックノベルの側面も持つ。物語中、問題にぶち当たって、他の人はどうなのかとキャラクターたちが身近な人たちを調査するのもまたいい。自分もそういう調査をしたいと思ってるのだ、実は。理性で押しとどまっているが。また細々とした表現で、自分のつぼにはまるものが多い。多すぎる。難しい言葉などは全く使っていないのに、するどく真理の的を射ている表現が多々。ブクログに引用したら幾つ投稿してしまうやら。

    特に気に入った場面、別の表現を使えば夫婦愛を感じたシーンは「夫とUFO」のラストシーン近く。ネタバレごめん。

    妻がコピー星人を演じる姿には貴いくらいの愛を感じる。自分だったらコピー星人になれるだろうか?

    上記のシーンは笑いながら読んだが、自分はそこまでできるだろうかと深く深く考える。

    奥田英郎の本は初めて読んだが、次は「家日和」を読む予定。

  • 後半の短編がおもしろかった!
    当たり前だけど、家族のはそれぞれ深い問題があるんだな。

  • 面白かった~!!久しぶりに楽しく読書を終えた気がする。こういう前向きな物がほっとします。世の中暗いですから。特にUFOの話は良かった。

  • "甘い生活?","ハズバンド","絵里のエイプリル","夫とUFO","里帰り","妻とマラソン" の5つの短編集。

    さらりと読める。ごく普通の家族の悩みや出来事をちょっと距離を離して冷静に分析している感じ。

    出来すぎる妻を負担に感じる新婚の夫、夫は仕事が出来ないのか?と疑念を抱いた妻のお弁当に賭ける意気込み、両親の離婚を察知した娘の決断、新婚夫婦の初お盆でのそれぞれの実家へ里帰り奮闘、東京マラソンに出場する妻に対する夫と息子達の感銘...などなどがそれぞれの抱える背景やお互いを思いやる気持ちを中心に描かれている。

    なんだか最後は心温まって落ち着く話ばかり。

  • 夫々の話の中で
    主人公の視点・思考・行動のみの展開で話が進む。

    家族の事はよく知ってるつもりでも
    全然そんなことはない
    直接聞いたり
    周りのみんなにアンケート取って比べてみたり
    想像と現実の違いを体験したり

    人生は一歩たりともとまらない

    どの話もそういうこと有ると共感でき
    くすくす笑えてほんのりする

    だけど女性はもう少し複雑だよ

  • 短編集。第一話は一人暮らしが長かった主人公が甲斐甲斐しく世話をしてくれる奥さんにどうにも馴染めないというよくありそうなお話。悩みとして友達に相談するが、かみさんが浮気をする、買い物に狂う、毎晩求めてくる、そういうのが本当の悩み。早く子供を作れ、子供ができたらおまえなんか放置自転車だと切り捨てられる。毎日寄り道をしているのが奥さんにばれ、ついに夫婦喧嘩。喧嘩は徐々に白熱するも、言い合いをしながら何かほぐれていく。不快感はなく寧ろ高揚感さえ主人公は覚える。ぶつかり合ううちいつの間にか分かり合う劇的な瞬間が訪れる。6つの短編いずれもこういうどこの家庭にでもあるような問題、まさに我が家の問題が絶妙の切り口で掬い上げられている。温かな安らぎを感じた。最後の話の最後の場面。「いかんいかん息子たちがいるのに泣いてたまるか。」しかし視界はあっという間に滲んでしまった。読みながら自分の瞳も同じになっていた。

  • 甘い生活?
    甲斐甲斐しすぎる妻に窮屈さを感じてしまい、新婚なのに家に帰るのが嫌になった夫を描く
    はでな披露宴などしたくなかった夫。深夜帰宅でも妻は待っている。
    家に帰りたくないので駅前喫茶店で一休み。買い物にいった時に喫茶店の店主を遭遇しばれる。家に帰ると初めての夫婦喧嘩。
    ハズバンド
    夫が仕事のできない男かもしれないと気付いてしまい苦悩する妻を描く
    どうやら夫は仕事ができないらしい。

    絵里のエイプリル
    両親に離婚の可能性があることに気が付き、親友に悩みを打ち明ける女子高生を描く
    夫とUFO
    夫が突然『UFOが見守ってくれている』『宇宙人と交信出来るようになった』と言い出し、不安ばかりが募る妻を描く
    夫が仕事で忙しいの気がつかなった。
    昔の職場に電話して知った。
    円盤と交信しているとマジメに話す夫。
    その理由を知る。宇宙人の真似をして夫の前に登場。
    夫は騙されない。
    会社を休みなさいと告げた

    里帰り
    結婚後、お盆に互いの実家である札幌と名古屋に帰省することにした夫婦を描く
    新婚夫婦の最初の夏休み。夫は北海道。妻は名古屋。
    両方の実家を訪ねる。妻は北海道の義父と一緒に碁。
    さばさばとした親戚が気に行った。
    名古屋の親戚はづけづけと言うが、オバサンが諌める。
    義母は男を生めなかった。
    名古屋の親戚も好きになった。

    妻とマラソン
    ランニングにハマった妻に東京マラソン出場の機会が訪れる
    N木賞を受賞した作家。奥さんが家事に全力投球。
    子供達が大きくなると走り出した。5Kmの距離がだんだん延びる
    編集者の接待の時、妻の話をする。その話題で一作と言われる。
    東京マラソンのスポンサーチケットをもらう。
    マラソンを走ることになった妻を息子二人で応援。

  • 家族の愛情があたたかく、読後感がよい。
    時には、じーんとくる場面も。主人公は真面目に悩んでいるんだけど、テンポがよくて、悩み方がからっとしている。
    ぶつかったりしながらも、あたたかい家族の物語。

    ひとつだけシビアな問題があったけれど、そこにも友情と兄弟愛があり、ハッピーエンドだと思う。

    最後の「妻とマラソン」は、『家日和』の「妻と玄米ご飯」の続編。
    N木賞作家という設定に、ご本人を連想してしまい(わざとでしょうが)、二重におかしみがある。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-2414.html

  • いいものを読ませてもらったなあ。少し可笑しく、少し苦く、でも読む前より確実に気持ちが温かくなっている。奥田さんってどうしてこう女の人の気持ちを書くのがうまいのだろうか。ちょっと突き放した感じの分、生々しさがなくて「あ~そうだよなあ」と気持ちよく読んでいける。

    六編それぞれ味わいがあるけれど、わたしは後の方になるにつれ面白く感じた。「里帰り」なんてまあ百回くらいうなずきながら読む人も多いんじゃないだろうか。

    白眉はなんといっても「妻とマラソン」。実体験じゃないらしい(とどこかで読んだ)が、とてもそうは思えない。「売れっ子作家の妻」という立場になってしまって、あまり人には理解されないだろう生きづらさ(本人がこれを自覚しているところが切ない…)を抱えている女性を、夫の作家の目から描いている。彼女が東京マラソンを走るのだ。ありふれたお話のようにも思えるたったそれだけのことが、どうしてこんなに胸にしみるのか。

    他の作品でもそうなんだけど、基本的に登場人物の悩みや痛みがなくなるわけではない。めでたしめでたし、となったりはしない。それでもまあなんとかなるんじゃないか、これが自分の人生なんだよねえ、とため息をつきつつ困り笑いをしてるような雰囲気がある。誰でもそれぞれきついことはあるが、「あ~あ」と言いながら今日も玄関を出て行くのだな。オトナの小説です。

  • 気持ちがあたたかくなる短編ばかりで面白かったです。タイトルが問題だから悲しい結末が待ってたりするのかと思いました。奥田英朗さんは女性の気持ちをよくわかってらっしゃる。笑えます。一番好きだったのはお弁当作りに燃える主婦のお話、「ハズバンド」です。自分勝手な感じでありながらさりげなく夫を思いやるかわいい奥さんがうまく表現されていました。

  • 2011年7月刊。

    伊良部シリーズ(「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」)以外で、この人の本を読むのは初めて。
    本作「我が家の問題」は、別のシリーズの2作目だそうですが、話の繋がっていない短編集なので、前作を読んでいなくても大丈夫でした。

    「甘い生活?」「ハズバンド」「絵里のエイプリル」「夫と UFO」「里帰り」「妻とマラソン」の短編6編。
    いずれの話も、平凡な家庭内に生じた「夫婦の問題」がテーマになっています。
    日常で実際に起こりそうな出来事がきっかけになっていて、親しみやすい内容です。

    一番面白かったのが、「夫とUFO」。
    焦りのあまり、妻の行動がハチャメチャになっていく展開が面白い。最後はスッキリ。
    「妻とマラソン」もなかなかよかった。
    母親のマラソン大会出場をきっかけに、家族が一つにまとまっていくところが微笑ましいです。

    「絵里のエイプリル」は尻切れトンボで終わってしまった感もありますが、最後まで書いてしまうのは野暮ってもんなんでしょうかね。先が気になります。

    伊良部シリーズと同様、どの話も基本的にはハッピーエンドになるところが、個人的にはうれしいです。

  • じわじわとくる面白さでした。万人向けとは言わないけれど、家庭持ちの人ならわかる部分も多いのでは?と思います。
    どのお話も絶妙に「よそのお宅の問題」だったらどうってことない程度のトラブル、……それが「我が家の問題」となると、そりゃあ大変だわ~という感じです。

    一昨日の朝日新聞を見たら、奥田さんの記事が載っていました。なんと彼は、一人暮らしで、家族を持った経験もないのだそうです……。すごく意外でした。

  • 「家日和」に次ぐ、まさに「我が家の問題」あれこれ…。

    とても面白く読みました。(*^_^*)

    価値観の全く違う妻とか(思い出作りに邁進するアニバーサリー妻なんて、私、とってもダメ!)
    仕事ができない・・かもしれない夫とか、
    離婚する・・かもしれない両親とか、
    UFOと交信してるんだ、と言いだす夫とか、

    前半は、本来ならば痛くてたまらない家族のお話で、分からんチン話が大苦手な私は途中放棄してもいいくらいのエピソードが満載だったのだけど、
    そんな痛キャラに振り回されるだけではなく、冷静に“家族のこれから”を見つめる連れ合いや子どもたち、そして、そんな語り手をまた別の視点から見つめる話もあったりして。

    うんうん、家族って、ちゃぶ台ひっくり返してそれでおしまい!みたいにはいかないんだよね。なんとか、修復できるところは修復して、フォローし合う。そして、ホントにダメなら腹をくくって前を向いて歩く!

    以下、6行ほどネタばれです。

    UFO夫の後をつけて、闇の土手の上で高らかに
    「私はコピー星人です。君は今すぐ会社を辞めなさい」と告げる妻のカッコいいこと!!
    「これからお父さんを救出してきます」と子どもたちに言って出かけた際の珍妙な格好にも、感動しちゃったしね。

    ネタばれ終わり。


    後半二編は、新婚夫婦のお盆の里帰りと、奥田さん本人を思わせるベストセラー作家(*^_^*) の家族の話。
    里帰り話なんて、婦人公論風に味付けすればいくらでもドロドロぐちゃぐちゃになりそうなものなのに、北海道出身の夫と名古屋出身の妻がそれぞれの実家を気にいって、妙に上手く休みを過ごせちゃったのが、お伽噺っぽくて、でも、なんかこれもアリかも、なんていうところもあったりして、楽しかった。
    そして、作家の妻がマラソンに挑戦・・という話は前作のロハスに宗教的にのめりこんだ妻のその後、なんだろうけど、急に金持ちになってしまってママ友を失くした妻という観点からとても面白く描かれていた。出版社との付き合いなんて、かなり実話だろうし、そんな業界裏話的な楽しさもあったしね。

    痛くない「家庭の問題話」って難しいと思うんだけど、奥田さん、上手い!!
    これは、また、続きを読ませてもらいたいものです。
    (*^_^*)

  • 色々な家族の形がある短編集。なんて事の無い感じなので嫌な印象は受けなかったが、逆をいえば何もない。1時間以内で読み終わってしまう位軽いので、暇つぶしにはいいかも。
    オムニバスが最後に一本の線で繋がるようなストーリーだったらよかったのになー。

全469件中 1 - 25件を表示

我が家の問題を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

我が家の問題を本棚に「積読」で登録しているひと

我が家の問題の作品紹介

どうやら夫は仕事ができないらしい。-あなたの家にもきっとある、ささやかだければ悩ましい問題。

我が家の問題のKindle版

ツイートする