白ゆき姫殺人事件

  • 3022人登録
  • 3.17評価
    • (90)
    • (352)
    • (633)
    • (203)
    • (53)
  • 514レビュー
著者 : 湊かなえ
  • ¥ 1,512
  • 集英社 (2012年07月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714593

白ゆき姫殺人事件の感想・レビュー・書評

  • 申し訳ないけど、おもしろくなかった。。
    これで映画化って、ある意味スゴイ。

  • 湊かなえ2作品目。彼女の作品はいつもこういう一人称形式なのか?
    女性の恨みは怖いよねって話だった。
    途中までは面白かったけど、なんつか犯人が唐突?恨みつらみとか出てこないから…。
    でもそれが狙いなのかも。

  • マスコミ、SNSなどにじわじわ追い詰められる感じがあまりない

    まさに「下世話」な人間がいっぱいで、現実もこうだろう…と妙に納得してしまう

    軽く読むには良い

  • 「白ゆき」という石鹸がヒットした会社の美人女性社員がめった刺しにされた後、灯油をかけて燃やされるという事件が起こる。

    物語はこの事件を取材する者の立場で、色々な人物の話を聞く形式で描かれる。感情を露わにするもの、不快感を露わにするもの、推測を真実のように話すものなど、人間の黒い部分がむき出しになっている。

    事件の容疑者として噂されるのは同僚の目立たない女性。推測が推測を呼びどんどんモンスター化していく様子は読んでいて空恐ろしい思いにさせられた。

    人の口を経るにつれて大きくなっていく話に目が離せず、いっきに読んでしまった。でも映画はどうだろう?あまり見たいとは思わないな。

    被害者の三木さん、嫌いです。

  • 女性の悪意って怖いと思わせる作品。ツイッターや週刊誌の記事を併記する意欲作。

  • 参考資料の部分は物語と同時に読めばよかったのかな?
    映画の方を観たかったので先に原作の方を読みました。

  • 人気商品白ゆき石鹸の化粧会社の美人OLが殺され、同期が容疑者
    関係者1人ずつ語り口調で書かれている
    最後に関係するまんまろー(ツイッターのようなもの)、週刊誌の記事、新聞記事、ブログがついている

    270323

  • いつもの湊作品。取材メモ的な資料編は斬新だけど面倒、読む気がしなかった。

  •  いやどんだけ誤解されてんねん!と思わずツッコミを入れたくなるくらい幸薄い容疑者だった。記者の取材でいろいろな人物の証言が出てくるけど、最後ら辺になると「もうやめたげて」と思う。最終的に本人の述懐で、私のこれまでの人生っていったい…と呆然となるのも当然である。

     みんながみんな、自分が悪者になってしまわないよう最低限気を使いながらも、好き勝手な憶測を広げていくところが、とても下世話でいい(嫌な)感じだった。
     容疑者の擁護のために出した情報が、扇情的な部分だけ切り取られて記事にされるところがまたいやらしい。

     ある人にとっては好意的に受け取られる仕草も、別の人にとっては不気味に見えてしまうというのは、よくあることだろうけど、やはりこうしてみると辛いなあと思う。自分の感情や考えをあまり外に発信しないと、特にそういうことが起きるよな、と何となく我が身も反省する。

  • チヤホヤされたい人は、黙ってチヤホヤさせてあげないと恨まれる。という教訓。

  • すべて読み終わったけれど結局なんなの?という感じ。美姫には楽しい時代と思っていた時も実はなかったのがかわいそう。

  • 図書館にて。
    映画化された話題作だったのでどうかなと思っていたけど、ちょっと薄っぺらな印象。
    メディアに作られていく人間像が、実際の人物と乖離していく違和感はなるほどなと思ったけれど、ああそうだったのねと事件の全容が世間に認知されたあと美姫はどうなったのかというところまで描いて欲しかった。
    結局ハッピーエンドが見たかったってことかな。
    しかし相変わらずこの人は嫌な物語を書かせたら天下一品。特に超美人の典子の嫌な感じ、こういうのって男にはわからないんだよね・・・。
    あと、子供にはあまりはっちゃけた名前は付けない方がいいなと思った・・・美姫、いい子なのに名前負けって可愛そうよね。

  • 途中まで面白かったけど結末は微妙...
    形式が新鮮

  • 途中までは、女のつぶやき、女の世界は、怖いと思って読んでいた。沢山の独白あり、雑誌記事あり、コミュニティーサイト、ブログありの実験的な構成の作品。最初の書き出しの女性の呟きが、なにか、小説の冒頭にそぐわない気がしたが、最後まで読んでやっと納得した。
    変化球の傑作。

  • 殆ど証言と独白だけで構成されています。唐突な所なくスムーズに話を繋げるところは流石だと思います。
    しかし、殆ど伏線らしきものが見当たらないまま犯人が明らかになるのでミステリーの醍醐味はありません。
    また、芹沢ブラザーズのくだりは不要に思えますし、参考資料が各章の中に散りばめず巻末に纏めてあるので、果たしてこの構成で良かったのか疑問に思います。推理小説以前に小説として不出来な印象で残念です。

  • うわー!!あるある。
    最後の真相はへえって感じだが。
    うーん。あるある。

  • ミステリーとしては、正直盛り上がりに欠けていて、あまり面白くなかった。同僚、同級生、家族、故郷の人々が語り手となる構成に少し興味がわいたが、この形が成功したとは思えなかった。

  • 化粧品会社に勤めていた超絶美人の女性会社員が殺された。容疑者として浮かび上がって来る城野美姫、果たして真相は?と、ざっくばらんにこんなあらすじ。

    物語の形式として被害者の同僚や容疑者の家族・親友といった人物が喋る内容をそのまま文章におこしています。その登場人物たちによる「きっとこうだった違いない」勝手な思い込み・嘘も含まれていて捏造されていく容疑者の人間性。城野美姫が「私とは何か?」問う当事者の章が一番面白かったです。
    とても読みやすいのですが、事件の細かな真相は触れられていないので読後はそこそこのモヤッと感。勘がいい人だと犯人はすぐわかってしまうのではないかな。

  • 美人OLが殺されるという事件が発生。
    あるフリーライターが、たまたま知り合いだった被害者の同僚から容疑者とおぼしき人物の情報を入手する。
    独自に周辺取材を進めるうちに、この人物への疑惑が深まっていく。

    以前から感じていることがあって。

    私が認識している「私」と、周りが認識している「私」とでは、私自身では思いもよらないギャップがあるんだろうなということ。
    職場での「私」と、友達グループAでの「私」と、友達グループBでの「私」は、私自身はどこにいても私の認識する「私」で存在しているつもりなのに、それぞれの中にある「私」は私の思う「私」とはきっとちょっと違うんだろうな。

    周りは私をわかってくれないとか、本当の自分を見せないようにしているとか言うことがよくあるけど、「存在する」ということが「他者との関わりの中に身を置くこと」だと定義するなら、私の認識する「私」とか、周りに見せないようにしている本当の自分というものに意味はない。「私しか知らない私」というのは、この世に存在していないのと同じである。
    現実世界に存在している「私」は、周りが認識している「私」ということになるのではないか。

    私が認識する「本当の私」と同じ人物像を周りの人にも認識してもらうためにはセルフプロデュースは不可欠であり、そのためには膨大なエネルギーが必要で、「生きる=存在する」ことはなんて面倒臭いだろう。

    ということを、この作品を読んで改めてすごく感じた。

  • ちょっと前に「愚行録」読んで似たような設定ならあっちの方が良さそう、と思ったけどあちらは各自のみる・みせる人物像のズレみたいなモノが焦点で、こちらは証言とかネット上の”真実”ってのがいかに歪んでいくか、が焦点なので似て非なるもので、これはこれで面白かった。

  • 少し怖めだけど内容が充実しててオススメです!

  • 物語と並行してSNSで話が進行していくので、文章だと少し分かりにくい感。映画を先に見たせいでそう思うのかもしれない。小説はいいことなしで終わった印象だけれど、ダイアナの思いは主人公に伝わっていたのだろうか。

全514件中 1 - 25件を表示

白ゆき姫殺人事件を本棚に登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件の作品紹介

「あの事件の犯人、隣の課の城野さんらしいよ…」美女OLが惨殺された不可解な事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。噂が噂を増幅する。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも──。

白ゆき姫殺人事件のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

HARD THINGS

ベン・ホロウィッツ

仕事上の困難や難問には答えがない

シリコンバレーのベンチャーキャピタリストであるベン・ホロウィッツが、CEO(最高経営責任者)時代に経験した様々な困難、危機的状況の話と、その困難への対処方法を指南した一冊です。
このベン・ホロウィッツは、世界初のインターネットのブラウザソフト販売会社や、クラウドサービスを手がけた経営者でありますが、その中でネットバブル崩壊や事業の危機など沢山の困難(HARD THINGS)を経験しています。
この押し寄せる困難は、読みすすめると一般的な管理職の方にも降りかかってくる困難であったりします。
この本は、経営者だけではなく部長やマネージャー職の人にも、日々降りかかる困難への立ち向かい方の参考になるかもしれません。

本の詳細&レビューを読む»