白ゆき姫殺人事件

  • 3064人登録
  • 3.17評価
    • (90)
    • (362)
    • (641)
    • (207)
    • (53)
  • 524レビュー
著者 : 湊かなえ
  • ¥ 1,512
  • 集英社 (2012年07月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714593

白ゆき姫殺人事件の感想・レビュー・書評

全524件中 1 - 25件を表示

白ゆき姫殺人事件を本棚に登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白ゆき姫殺人事件の作品紹介

「あの事件の犯人、隣の課の城野さんらしいよ…」美女OLが惨殺された不可解な事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。噂が噂を増幅する。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも──。

白ゆき姫殺人事件のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

電子書籍

火花

又吉 直樹

芸人とは?漫才とは?「夢」を追いかけた10年間の話

生き残りの厳しいお笑いの世界で、もはや売れっ子と呼んで差し支えない知名度を獲得した芸人コンビ・ピースのボケ担当、又吉直樹氏による文芸誌のデビュー作。処女作にも関わらず第153回芥川龍之介賞を受賞したことで話題の一冊です。 語り手である漫才師の卵、徳永が地方営業で参加したある花火大会で長年の師匠となる神谷と出会ったところから物語は始まり、この二人の会話を中心に物語は進みます。 大きな一つのストーリーがあるわけではなく数ページほどでまとまっているエピソードが無数にある形式で、エッセイを読んでいるような気分に陥ります。一見つながりの無いように見えるそれらのエピソードの中で少しずつ時間とともに物語は進み、変わっていく環境に翻弄される師匠と弟子。二人のやりとりはそれこそ漫才のようで、ボケとツッコミが入り交じりますが、不思議と滑稽さを感じないのは本書に於いて著者が記した「笑い」に対する分析が真摯なせいでしょうか。

直接的に感情移入できるような文章では無いにもかかわらず、徳永が煩悶する姿を見るにつれ引き込まれ、クライマックスでは感情の昂ぶりを抑えられなくなってしまいました。 終盤の意外な展開は著者の芸風にも合ったシュールな仕上がりで不思議な読後感を作り出してくれます。

本の詳細&レビューを読む»