もえいぬ 正しいオタクになるために

  • 91人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (8)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 集英社 (2012年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714661

もえいぬ 正しいオタクになるためにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嶽本野ばらのエッセイ。

  • あー、私の大好きな野ばらちゃんは亡くなった…。

    アニメとか二次元への偏見は無いし(むしろ、同年代に比べたら好きな方だと思う)アイドルヲタは勝手にしてくださいだけど、事件辺りからちょっとづつおかしかったもんね。デリヘル好き隠さなくなったし。

    さようなら、野ばらちゃん。
    ヲタの世界で安らかに。

  • 何があったかと思ったら

  • 野ばらさんがヲタになることで従来の読者が離れていったというけど、まあ当然という思いもありつつ、でも私は野ばらさんをもっと好きになれた。野ばらさんは今もちゃんと野ばらさん。ヲタであることはどういうことか、こじれながらもちゃんと文章にしててえらいなあすごいなあ。

  • 野ばらさんの本は今まで読んだことはないが、
    こういうテーマだと私のようなものがうっかり手に取ってしまう。
    自分の仕事をきっちり持っている人が、
    ぜんぜん違うジャンルの面白さにのめり込んでいく様を文章にしたものって面白い。
    これまでのファンにしたらいきなり
    「けいおん!」で「萌」で「ともちん」とか言われてもドン引きでしょうね。
    それを捨ててでもオタクの道に進もうというのが凄い。
    2次元は所有できない。誰のものにもならない。
    重要なのは膨大な情報とそれを捌く能力。
    萌とエロと厨二病にロリータと澁澤龍彦。
    ちゃんと読ませる文章はさすが。

  • 久しぶりに読んだ野ばらちゃんはヲタになっていました。
    オタクではなく「ヲタ」だそうです。
    ここ大切!

    高校生の頃に、「それいぬ」を読んだ私。
    野ばらちゃんがロリータに捧げた愛を感激し、野ばら作品を読み漁りました。

    その、野ばらちゃんがヲタになったとは。

    内容は面白かった。
    快適なヲタライフを愉しんでらっしゃるそうで!

    (2012.12.13読了)

  • 嶽本野ばらがまさかオタクになっていたなんて知らなかった。
    萌えなオタク文化を語るにしても、澁澤、太宰、三島の名前が出てくるところは相変わらずで安心したけれども。
    この方の文体でハルヒやけいおんのことを語られると不思議とオシャレに感じてしまうなぁ。

  • 「乙女のカリスマ」として崇められ、すでに「おしゃれな作家」としての地位の固めていた嶽本野ばらが、その地位をかなぐり捨ててまで、目覚めた「オタク」道を突き進んだ。その真意とはなにか?

    本書は、嶽本野ばらの「オタク宣言の書」である。
    詳細は、下の論文をご参照下さい。

    ・ 嶽本野ばらの転生 一一『もえいぬ 正しいオタクになるために』論
      (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2238

  • 9番乗り。気になる。(2012/7/28)

全9件中 1 - 9件を表示

嶽本野ばらの作品

もえいぬ 正しいオタクになるためにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もえいぬ 正しいオタクになるためにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もえいぬ 正しいオタクになるためにを本棚に「積読」で登録しているひと

もえいぬ 正しいオタクになるためにの作品紹介

「下妻物語」などの著者で、美を愛し“乙女のカリスマ”と呼ばれる嶽本野ばらが、「萌え」に目覚めてオタクに転向。自身の変化に戸惑いながらも、これまで愛してきた澁澤、太宰等に通じる精神をオタクの世界に見出してゆく経緯を綴る。

ツイートする