ジヴェルニーの食卓

  • 2046人登録
  • 3.82評価
    • (184)
    • (337)
    • (232)
    • (42)
    • (3)
  • 341レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2013年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715057

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジヴェルニーの食卓の感想・レビュー・書評

  • マティス、ドガ、ゴッホ、セザンヌ、モネ。印象派の画家達に寄り添った人々が画家達と過ごした、困難を伴いつつも、追憶の中で煌めく日々。絵や画家達を愛おしむ著者自身の気持ちも託された読み心地のよい良書である。豊かで、切なく、しみじみ。また、元キュレーターであった原田マハのこの系列の本が読みたい。

  • 「どんなに陰鬱な時代でも、ひととき、せめて絵を眺めているあいだくらいは、何もかも忘れて、夢を見ることができるように。痛みをなくす麻酔のような力が、先生の絵にはある。」(「うつくしい墓」より)

    この短編集にも当てはまるのではないかと思います。
    読んでいる間は、夢を見るかのように何もかも忘れられました。

    読んでいるうちに心が洗われ、世界が潤っていく。
    そんな感じがしました。

  • 展開よりも、絵画という題材を楽しむ小説って感じ。

    文体は上品で柔らか。特にモネの絵にマッチして素敵。ただね、素敵ではあるけれど、それだけが延々続くので、ちょっとだけ飽きちゃいますね。小休憩をたくさん取りました。

    「美しい墓」が本当に良かった。うっとりしてしまった。

  • マティス、ドガ、セザンヌ、モネという、19世紀後半から20世紀前半を彩ったフランスきっての画家たちの人生を、彼らをそばで見つめ、支えた人々の視点から描いた四編からなる作品集です。

    「美しい墓」
    晩年そばに仕えた家政婦マリアが語る、底抜けに明るい色彩を描き続けたアンリ・マティスの姿と、対照的な面が多かったけどマティスの親友だった巨匠ピカソとの交流。

    「エトワール」
    友人だったアメリカ出身の女性画家メアリー・カサットが思い出す、バレリーナを多く描いたエドガー・ドガの、既存芸術との狂おしい戦いと執念。

    「タンギー爺さん」
    貧しい芸術家たちを快活に支援し続けた画材屋タンギー爺さんの娘が書いた手紙を通して読む、タンギー爺さんの慧眼と優しさ、林檎の静物画で名高いポール・セザンヌ芸術の前衛性と偉大さ。

    「ジヴェルニーの食卓」
    妻の連れ子にして助手でもある女性ブランシュが見つめ続けた、自然の光と風景を愛し屋外をアトリエと称していたクロード・モネの姿と家族の記憶。

    既存の芸術の壁に挑んで大成した四人の偉大な画家たちそれぞれの人生や作品だけでなく、彼らに寄り添った人々の人生までも慈しむかのように温かい視点で丁寧に綴られているのがよかったです。

    どのお話も、短いけれど読後感が清々しくて、とても幸せな気持ちになれました。

    ただ、最後の「ジヴェルニーの食卓」は、モネの後妻にしてブランシュの母であるアリスが残したレシピから、ブランシュが作る料理の数々がものすごくおいしそうで、お腹が空きました。夜中に読むのは危険です。

    実在の絵画もたくさん登場するので、インターネットなどで検索しながら読むのも楽しい作品集でした。

  • 印象派の画家を「取り巻く人達からの視点」で書かかれたフィクション。
    ときには家政婦から、友人から、画材屋の娘から、そして娘から。
    まるで本当に合った出来事かのように色鮮やかに書かれてました。
    ついつい登場する絵画を調べたくなるような描写でした。

    特に、最後の『ジヴェルニーの食卓』のモネ。
    今夏にモネ展に行ったばかりだったので、その興奮醒めやらぬ、という感じで読み進めました。
    美術館の音声ガイドから流れるモネのストーリーとドビュッシーの音楽が重なり、もう一度美術館に行けたらよかったのに、と思いました。

    色彩の描写もよかったですが、人物のドラマもじんわりとしみてきて、とてもよかったです。
    ガトーヴェールヴェール食べたいです。

  • 近寄り難かった画家を身近な人のように感じられて、少し愛おしくなった。

  • マティス、ドガ、カサット、セザンヌ、モネ。印象派の巨匠にまつわる史実を下に、物語を再構成した小説です。

    いやぁ、登場人物がイキイキしていますね。物語の骨格は史実だとしても、この作品で描かれている出来事そのものはフィクションです。ですが、あたかも本当に起きた出来事のように、登場人物がそこに生きているかのように描かれています。

    共通しているのは、巨匠たちの晩年が描かれているという事。なんで、晩年を描いたんでしょうかね?元気いっぱいの壮年の頃を描いても良いと思うんですが?

  • 4編の中編小説からなる美術小説集。
    印象派、後期印象派と呼ばれる画家たちにまつわるエピソードをベースにしたフィクション。

    メインで取り上げられる画家は次の通り。
    「うつくしい墓」マティス(とピカソ)
    「エトワール」ドガ(とメアリー・カサット)
    「タンギー爺さん」セザンヌ
    「ジヴェルニーの食卓」モネ

    そもそも元となる画家たちの存在自体が、また生き様自体がドラマチックであって、それをうまく料理した感じ。
    メインとなる画家に語らせるのではなく、ごく近しい人物に語らせるところもうまい。
    美術に詳しくなくても個性あふれる人物伝として楽しめるし、作品や画家のことを知っているとより深く楽しめる。

    「うつくしい墓」と「ジヴェルニーの食卓」がよかったかな。

  • ジンワリと沁みてくる。
    ふんわりとみえてくる…な、感じでした。

    マティス マグノリアの花瓶
    ドガ 踊り子の彫刻
    セザンヌ タンギー爺さんとりんご
    モネ 家族

    そして、アートを優しく感じられるかな⁉︎

  • 作家がそこにいるかのような瑞々しさ。

  • 「私のアトリエはね 、ブランシュ 。この空の下なんだよ。」この文を読んだ時どんより暗い私の部屋がパッと光り輝いた。目に映るのは青い空、緑の木々、川のせせらぎ、輝くばかりにうつくしいジヴェルニー。今日みたいな晴れた日はふたりでアトリエに行っているだろうなと思いながら本を閉じた。

    モネの絵を検索していたら『舟遊び』に出会った。ブランシュだ!
    「ひょっとして 、百年後 、どこかの美術館か収集家の家で 、誰かが自分の姿を絵の中にみつけるのだ 。そう思うと 、ブランシュは 、百年後のどこかの誰かに語りかけたいような気分になるのだった 。この絵を 、どうかこのさきもずっと大切にしてくださいね 、と 。」
    モネらしい素敵な絵だね、と語りかけた。いつか本物に会いに行きたい。

  • 印象派画家(マティス、ドガ、セザンヌ、モネ)4名の短編集。史実と創作が美しく混ざり合う作品。著者の「美しい日本語」を堪能。決して難しい言葉は使わないけれど、とても品のある文章です。「楽園のカンバス」ほどの重厚感はありませんが、さらっと読める。

  • 2016.06.ピカソとの友情を交えて,アンリ・マティスに使えマティスの死後に修道女になったマリアの話,エドガー・ドガの踊り子の絵画と彫刻作品の話,有名になる前に作品を見いだし支援した画材屋兼画商であるタンギー爺さんの話,クロード・モネとその家族の経歴そしてジヴェルニーの庭に関する話の4編の短編集.絵画の背景も分かり,とっても楽しく読むことができました!

  • アートな短編。
    本人ではなく、周囲の視点からというのが良いです。
    原田さん、もっとお願いします!

    マティス
    ドガ
    セザンヌ
    モネ

    展覧会でモネの晩年の荒々しいタッチのを観たところで、太鼓橋が陽炎の中にあるような作品は視覚として本当に画家の目に映っていたのかなぁ、と思った。

    それから、ドガ!!
    少女の像…テレビで観たときに人毛使ってとか猟奇的すぎだと思ったけれど彼の中の闘いだったんだなぁと。

    どの短編も原田さんのアート愛を感じました。

    一番好きだったのは、マティスの短編。
    彼の作った教会へ行ってみたい。

  • モネ展へ行くために再読しました。

    創作だとわかっていても、それは本当のお話のように流れていきます。作品や作者に興味を持ちます。

  • 行った事がある、土地が
    でてくる、小説は、
    映像が頭の中に湧き出てくる。
    こういう感覚が戻ってきて嬉しい。

  • 美術に関する史実に基づくフィクションを読んだのは初めて。面白かったし、知らなかったことも満載。マハさんのこのシリーズ他にも次々読んでみよう。4つの短編集だけど、このタイトルの「ジヴェルニーの食卓」が一番引き込まれた。モネに私淑する主人公にとても共感したし、モネを取り巻く美しい世界を堪能した。モネの画はふわふわし過ぎて三半規管が弱い私は好きじゃないけど、もう一度ちゃんとこの小説の視点から本物を見てみたい。

  • la belle tombe ヴァンスの礼拝堂にてマティスのことを語るマリア

    l'étoile ドガとモデルになった少女マリーについて語るメアリー

    le Père Tanguy タンギー爺さんの娘からセザンヌ宛の手紙

    une table de Giverny モネとその義娘であり助手であるブランシュのお話

    原田マハさんの美術関連のお話はいつも、どこからが事実でどこからが創作なのか、わからなくなるくらい史実に基づいている。本当に彼らがいて、この出来事が起きたかのように感じる。前に読んだ楽園のカンヴァスにもピカソは出てきたけど、巨匠であるピカソが脇役として出てくるところも好き。

    Aixでセザンヌのアトリエの近くに滞在し、毎日のようにセザンヌが見ていた風景を見て過ごした夏がとても懐かしくなりました。

    そしてモネの庭。高知にあるモネの庭を再現した場所に行ったが本当に美しかった。いつかジヴェルニーにも行ってみたい。

  • ジヴェルニーに移り住み、青空の下で庭の風景を描き続けたクロード・モネ。その傍には義理の娘、ブランシュがいた。身を持ち崩したパトロン一家を引き取り、制作を続けた彼の目には何が映っていたのか。(「ジヴェルニーの食卓」)新しい美を求め、時代を切り拓いた芸術家の人生が色鮮やかに蘇る。マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌら印象派たちの、葛藤と作品への真摯な姿を描いた四つの物語。
    「Amazon掲載「Bookデータベース」」より

    画家の気持ちが少し分かる作品.普段美術館で画を見ているだけでは、分からない人の背景が丁寧に書かれている.画家たちの純粋な(だけではないだろうけど)気持ちに少しふれることができる.美術館に行きたくなる.

  • 16/04/17
    うつくしい。その言葉がぴったりな本。
    『タンギー爺さん』がとりわけすき。

    ・マドモワゼル、あなた、いままでにヴァンスのロザリオ礼拝堂へいらしたことはある?あら、ないんですのね。だったら、人生の「楽しみの箱」がひとつ、まだ開けられずに残っているようなものよ。(P44 うつくしい墓)
    ・彼は、負けない決意なんだよ。貧しさにも、周囲の無理解にも、友人の心ない仕打ちにも。世間の冷ややかな目にも、時代の激流にも。(中略)
    わしは、信じているんだよ。彼が、「自分はポール・セザンヌである」と気がつく日が、そう遠くないことを。(P138-139 タンギー爺さん)

  • 表紙が素晴らしい。
    なのに、午前中の新幹線車中で読み始めるも途中断念。1話目、老女の独り言が不気味で最悪な印象から半分も読めず、2話目はなんとか90%、3話目は出だしの数ページで投げ出した。
    ところが皆さんのレビューが高評価で2日後再挑戦。今度は最後まで一気に読めました。マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ…有名人が多数出演。彼らの絵が思い浮かぶというよりも女性が登場するファンタジー。実際に美術館で見ても、好きな絵、そうではない絵いろいろあるけどねぇ…

  • 何よりもモネの食卓(特にピスタチオのケーキ!!)にうっとりしてしまい、花より団子の自分を知る…

  • もしも憧れの画家がすぐそばにいたら。彼は自分のまっさらな心のキャンパスを色とりどりに彩るだろう。小説を読みながらそんな夢のような体験をした。人生でいちばん辛かったであろう時期に明るく咲いたマグノリアの花を描いたアンリ・マティス、踊り子たちのポーズの「一瞬」を「永遠」にしようとしたエドガー・ドガ、リンゴひとつでパリをあっと言わせたポール・セザンヌ、そして、せせらぎにたゆたう睡蓮の画家クロード・モネ。それぞれの画家たちの妻や恋人といった立場でない人たちの視点で描かれたちょっぴり切ない4編の物語。

    p27
    私の中に、ぽつんとあたたかなものの芽生えがありました。そして、それが途方もなく大きく伸びていく予感がありました。

    p32
    いつもその瞬間を待っている……ひと目ぼれの瞬間を。

    p104
    会いにいってはいけない、と思えば思うほど、ふいに椅子から立ち上がってしまうし、コートを着こんで家のドアを開けてしまいそうになる。会えない、という思いは、会いたい、という思いと同じ強さを持ってメアリーの胸に迫った。

    p213
    けれど、背中で語っているときにこそ、ほんとうに受け止めてもらいたい言葉を口にしている。

  • 美を追求する人間の見る世界や語る言葉を原田マハ先生が描くと、こんなにも鮮烈な色彩を帯びてしまうのね、と美の一端を垣間見れたような気分に浸れました。
    帯に書かれた「読む美術館」という言葉は、言い得て妙だなァ。素敵な修辞だわ。

    昨今、「驚愕のラスト!」だったり「全員が騙される!」だったり、センセーショナルな煽り文句が書店の平積みに散見されるけど、そんなビビッドな帯の中にこういう静かな言葉があると、かえって気になるものですね。

    うーん、大ドンデン返し系の帯が付いた作品には漏れなく手が伸びる人間が言えたセリフじゃないな←


    芸術を鑑賞する審美眼は、悲しいかな正直あまり持ち合わせてない自覚だけはあるのですが(笑)、芸術やその作品に触れた人間の機微を表現しようとする本作のセンテンスからは、確かに鮮やかだったり陰鬱だったりな色彩を感じることができたのは意外な収穫だったかなーと!

    本を読んでると、紙面に色が乗ることはままあるんですが、本作はその感覚が一層際立っていたのが心地よかった。

    印象派だから良かったのかしら。
    これがエコールドパリだったら、ちょっと輪郭がガチャガチャしそうだよねぇ(笑)。



    【自分の言葉で内容まとめ(ちょっといつもより時間かけて頑張ってみました!)】

    ◉うつくしい墓 La belle tombe

    「君は、どうしてその花瓶を選んだのかね?」ーー巨匠アンリ・マティスの問いかけに対する答えがキッカケで、彼の家で家政婦として働くことになったマリア。きっかりと手順が定められた折り目正しい奉公の日々を、静かな喜びを以って過ごす彼女に、ある日、主人の元をもう一人の巨匠が訪問するという知らせが入る。


    ◉エトワール L’etoile

    一瞬一瞬の躍動をキャンバスに留めることに苦心した画家、エドガー・ドガ。彼の絵に魅了され、影響を受けながら時に反発し、自らの絵を追求した女流画家、メアリー・カサット。ドガの没後、彼のアトリエから出てきた1つの少女像が、かつてパリの画壇で共に苦悩した時代の記憶を呼び覚ます。

    ◉タンギー爺さん Le Pere Tanguy

    芸術やそれを生み出すアーティスト達を愛し、とりわけセザンヌを愛した画商、タンギー親父。貧しい絵かき達の為に心を砕いた男の娘がセザンヌに送る、赤裸々で思いやりに溢れる書簡。

    ◉ジヴェルニーの食卓 Une table de Giverny

    広大なジヴェルニーの庭をこよなく愛したクロード・モネは、国に寄贈する「睡蓮の大壁画」の創作に苦慮していた。白内障を患い、愛する妻と息子を喪った彼は、創作に対する情熱を急速に失っているかのように見えたが…。
    彼の義理の娘であり生涯唯一の助手ブランシュと過ごす静かな晩年と、彼等の出会いから親子になるまでの過去の回想。

  • 画家たちの側にいた人々。

    家政婦としてマティスのお世話をすることができた濃厚だった短い時間で見た、
    穏やかなマティスと対照的な友人ピカソとの交流。
    その日々はマリアにとって幸福な時だった。

    踊り子に夢中になったエドガー・ドガと、彼の影響を受けながらも戸惑いを隠せなかったメアリー・カサットの関係。

    画材屋のタンギー爺さんの楽天家で心優しい人柄に集まる
    セザンヌやゴッホなどの後の活躍する画家たち。

    クロード・モネの再婚相手の娘、ブランシュ。
    モネの助手であり娘である彼女が見た巨匠。
    美しい自然を愛し、白内障を患っても睡蓮の絵を描くことへのモネの熱意を支えた存在。

    芸術を知ることができる一冊だ。
    かぜまち美術館読んだ後にこの本を読むとはタイムリー。

    美術館に行きたくなった)^o^(

全341件中 1 - 25件を表示

ジヴェルニーの食卓に関連する談話室の質問

ジヴェルニーの食卓に関連するまとめ

ジヴェルニーの食卓を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジヴェルニーの食卓を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジヴェルニーの食卓を本棚に「積読」で登録しているひと

ジヴェルニーの食卓の作品紹介

「この世に生を受けたすべてのものが放つ喜びを愛する人間。それが、アンリ・マティスという芸術家なのです」(うつくしい墓)。「これを、次の印象派展に?」ドガは黙ってうなずいた。「闘いなんだよ。私の。――そして、あの子の」(エトワール)。「ポール・セザンヌは誰にも似ていない。ほんとうに特別なんです。いつか必ず、世間が彼に追いつく日がくる」(タンギー爺さん)。「太陽が、この世界を照らし続ける限り。モネという画家は、描き続けるはずだ。呼吸し、命に満ちあふれる風景を」(ジヴェルニーの食卓)。モネ、マティス、ドガ、セザンヌ。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代を切り拓いた四人の美の巨匠たちが、今、鮮やかに蘇る。語り手は、彼らの人生と交わった女性たち。助手、ライバル、画材屋の娘、義理の娘――彼女たちが目にした、美と愛を求める闘いとは。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、珠玉のアートストーリー四編。

ジヴェルニーの食卓のKindle版

ジヴェルニーの食卓の文庫

ツイートする