おれたちの約束 (おれのおばさん)

  • 148人登録
  • 3.71評価
    • (12)
    • (28)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 佐川光晴
  • 集英社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おれたちの約束 (おれのおばさん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『おれのおばさん』シリーズ。
    銀行員の父が横領事件を起こし逮捕されたことで
    札幌の児童養護施設・魴鮄舎に預けられた陽介が、
    伯母であり経営者でもある恵子おばさんの元で
    施設の仲間たちとともに成長していく物語。

    その第3弾です。

    札幌を離れ、仙台の難関私立男子高校に入学する陽介。
    そこで、中本、菅野、留学生の周をはじめとする仲間たちと出会う。
    ひと昔前の青春ドラマの熱血教師みたいな村瀬も良かった。

    生徒会選挙や囲碁の勝負、
    寮の畳敷きのフロアで語り合う時間、
    そして…突然の大地震が彼らの絆を強くしていく。

    学園祭で女装させられた陽介が、
    出所後の父と対面するシーンは、もう胸が熱くなっちゃってね。

    あ~、やっぱり友達っていいなぁ…。

    物語の舞台が個人的にも思い入れのある土地だったので、
    より感慨深く読みました。

    『おれのおばさん』シリーズで一番好きです。

  •  一気読みだった。同年代の恵子のパワフルさに元気が出た。歳をとると若い人から元気をもらおうとするけど、オイラも若い人に元気さで負けたくない。もとろん、カラダはついてこないんだけど、それを理由に負けるのは嫌だな。陽介が魴鮄舎で感じた「恵子おばさんや卓也のように、自分自身が納得するかどうかを第一の基準として、どこまでも生きていくこと」っていうことが響いた。
     乱暴だけど、カラダの衰えを理由に若さに勝てないと諦めるくらいならカラダを鍛えてやろうと思う。カラダが衰えると考え方に根性がなくなったり見た目のだらしなさに気が回らなくなったりする気がする。気持ちを輝かせているには健康であるべきだし、そのためにはカラダを動かしているべきだと本気で信じている。放っておけばできないことが増えるばかりだから。最後まで完全燃焼するであろう恵子だから、応援も多いのだろう。

  • 彼は高校生に。

  • ■ 15179.
    〈読破期間〉
    2015/12/13~2015/12/15

  • 「おれのおばさん」三部作の第三巻

    銀行員だった父親が愛人に貢ぐためにお金を使い込み逮捕。
    逃れるように北海道で伯母の経営する施設に入った中学生の陽介は、頼もしく成長し仙台の全寮制の高校に入学する。

    選抜クラスで勉強に励む陽介だが、辛い境遇に負けずに生きる中本や美大を目指す菅野、中国人留学生の秀才である周などの友人や素晴らしい先生との出会いが彼をまた成長させる。

    311を思わせる大地震を経て、父とも和解に向けて歩き出す。

    登場人物の今後がとても気になる爽やかな青春小説。

  • 高校生達のエネルギーを感じる、さわやかな物語。

  • おれたちの約束 陽介に焦点

    高校では、父のことを隠そうとしていたが、中本の父の汚職、死亡が、生徒会長に立候補して、相手と討論始めた時に、露見した。そこで、菅野に推薦され、カミングアウトした。

    父との対決?中本たちの招待状で、来た父。

    3.11の設定もあり。

    涙が止まらない。

    誰もいないところで読んだんだから、
    泣きたければ泣いちゃえばいいんだけど、
    我慢しつつ読むσ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシ

    どこに泣いてるんだろう?
    まぁ、読んで泣いたということは、何か泣きたくなるものを感じたんだろう。

    あたしのあした 後藤恵子の話

    少々、妹、陽介の母の令子の話

  • 三部作とは知らず

  • 「おれのおばさん」シリーズ第三弾です。施設を離れて高校に進学し、新しい環境で奮闘する主人公。心が震えるような感動、というと月並みですが、胸に迫ってくるものがありました。一人で頑張っているつもりでも、どこかで誰かに(直接ではなくても)助けてもらっているし、どこかで誰かが見てくれている。私たちはみな一人ではないのだと、読み終えて安堵感に包まれました。

  • 読後感爽やかな作品です

    父の逮捕、実刑判決を受け服役中、一家離散
    そんな中でも勉強を続け、しっかりと将来を見据えている高見陽介くんの高校生活のお話です

    「おれのおばさん」「おれたちの青空」シリーズの三作目

全33件中 1 - 10件を表示

おれたちの約束 (おれのおばさん)に関連する談話室の質問

おれたちの約束 (おれのおばさん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おれたちの約束 (おれのおばさん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おれたちの約束 (おれのおばさん)を本棚に「積読」で登録しているひと

おれたちの約束 (おれのおばさん)の作品紹介

大人気「おれのおばさん」シリーズ。札幌を離れて仙台の高校の寮に入った陽介。しかし学園祭の日、大地震が起きる。仙台に留まり復興を担う決意をした陽介は出所した父と再会し…。感動の青春小説。

おれたちの約束 (おれのおばさん)の文庫

ツイートする