博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室

  • 153人登録
  • 3.57評価
    • (10)
    • (23)
    • (26)
    • (6)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 伊与原新
  • 集英社 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715453

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
辻村 深月
宮部みゆき
ロビン・スローン
三浦 しをん
坂木 司
米澤 穂信
梨木 香歩
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室の感想・レビュー・書評

  • 博物館が舞台の連作短編6篇。
    鉱物・植物・剥製・化石・昆虫・人類とどれも興味を引くものばかり。

    旧標本収蔵室に住みつき、ファントムと呼ばれる箕作(みつくり)。人のことは変な呼び名で呼び、自らは死語になりつつある「博物学者」を名乗る。
    「どんなものも絶対に捨ててはならない」を博物館の第一原則と公言し、博物館の収蔵物と私物の様々なものに囲まれて過ごしている。
    かたや、新人の博物館員・環は片づけ魔。専門はコンピュータで、ひそかに生き物よりコンピュータのほうがかわいいと思っている。博物館に務めているものの、収蔵物に関する知識も興味もほぼない。
    この正反対のコンビが博物館で起こる日常系(?)ミステリを解決していく。

    宮沢賢治が集めた鉱物標本、ねじれた花弁のナスと誰も傷つかない復讐、「送りオオカミ」の語源となったオオカミの習性、デニソワ人の少女と現生人類の少年のロマンス(想像)……。創作も含め、どのモチーフも興味深く楽しい。
    最終6話では箕作さんが行方不明になって、どきどきひやり。そして研究者として嘱望されていた彼が「ファントム」「博物学者」になった理由も垣間見れる。
    登場人物の名前が各章のテーマにうっすら係っている(た、たぶん)ところも楽しく、なにより箕作さんがすんごく好みなので、激しくシリーズ化希望!

  • ううう…博物館に行きたいっっっ!
    …と、博物館欲をかきたてられる1冊です。

    語り手は池之端環。
    新米の博物館員で、遺伝子情報を使って生物種を分類するためのソフトウェア開発を専門にしており、散らかっているのに堪えられない片付け魔。
    そんな彼女の前に現れたのは、博物館員たちから標本収蔵室のファントムと呼ばれる男・箕作類。
    博物学者を自称するのもうなずける博識で、雑多な標本や古書に囲まれながら、標本収蔵室で暮らしている変わり者。
    博物館で起きた6つの事件を、この正反対のペアが解決していきます。

    動植物の横文字の学名がいっぱい出てきたり、標本作製室など博物館の裏側をのぞけたり…と、だんだん楽しくなってきて、気付けば鼻息があらくなっているのでした。
    舞台になっている国立自然史博物館のモデルは上野の国立科学博物館。
    あの知識の宝庫が醸し出す空気がページからも立ち上ってくるようでした。

  • 専門用語というか正式名称がつらつらと。頭に入ってこないので飛ばし読み。キャラは面白そうなんだけど・・・。

  • 博物館の変わり者研究員・自称博物学者の箕作類と新人研究者の池之端のコンビが、博物館で起こる事件を解決していく連作短編集。変わりものというわりに結構人懐っこい感じがする箕作でしたが、読んでいて面白かったです。博物館で扱う専門分野が広く、読んでいて難しいものも多いですが、雰囲気が良くて面白く、会話がテンポよくて気にならずに楽しく読めました。シリーズ化してほしい。

  • 博物館を舞台にしたミステリー、連作短編6編。
    各章ごとの扉の絵がいかにも博物誌的で素敵だ。物語も身近なようで深遠なバックボーンがあって、知識も深まる。主人公たちも個性豊かで、嫌みがなくていい感じ。

  • どんなものも捨てないで貯めこむ箕作と、まったく生物に興味がない片付け魔のバーコードレディ。このまったく正反対のコンビが醸し出す雰囲気がとても楽しい。
    博物館という、学識の宝庫だけど縁遠い場所が、ちょっと身近に感じられる。
    あんまりなんでも貯めこむのも問題だけど、どんどん捨てればいいってもんでもないよなあ、と思った。
    第6話で、おお?という展開になったので、ぜひシリーズ化してほしい。
    読んでるだけでも勉強になって、それもまた楽しい。

  • 博物館という、知的な場所だけどなんとなく怪しげでミステリアスな場所を舞台に謎を解き明かしていく、サイエンスミステリ。
    自称「博物学者」、あだ名「ファントム」…博覧強記の箕作と女性新人学者の環が、博物館の内外で起こる謎を解き明かす。
    キャラがしっかり立った各ジャンルのスペシャリスト達、巧みなストーリティングで一気に読ませる。 張り巡らされた伏線も見事に効いている。
    連作短編6編、それぞれイイ。
    これは面白い。シリーズ化して欲しい。

  • 理系女子が主人公のライトミステリ。
    よくある設定だが、舞台が博物館ということで独特の雰囲気がある。
    生物好きな自分としては、なかなか楽しめた。

  • 博物館が好きな人はぜひ読んでいただきたい一冊。 舞台のモデルが国立科学博物館なだけあって、科博に行ったことのある人は最初の数行で出てきた化石の名前に胸が高鳴るのではないだろうか。 学芸員、博物館所属の研究者の姿に触れられるのも実に面白い。そういうものに進む人は小さい時からの英才教育があったのだなとしみじみ思った。 読み進めるほどに自分もこの赤煉瓦に住み着きたい、今すぐ博物館の浪漫溢れる空間に浸りたいという衝動を抑えることが難しくなっていった。 今すぐにでもあの空気、匂いに浸りたい。

  • (収録作品)呪いのルビーと鉱物少年/ベラドンナの沈黙/送りオオカミと剥製師/マラケシュから来た化石売り/死神に愛された甲虫/異人類たちの子守唄

  • 箕作さん、いいキャラしてる。続編でたらいいな。

  • 博物館で起こる、荒らされた鉱石、倉庫で忘れられていたイルカの模型から出てきた植物標本、イタズラされた剥製などといった博物館ならではのミステリー。専門分野だけでなく、あらゆる分野に広く博識な「ファントム」こと箕作による適度なウンチクがとても興味深くて楽しかった。 「資料」と言っては無造作に物をため込んで散らかす箕作と、片付け魔の「バーコード・レディ」こと環との攻防や、恋への発展の期待で、博物館が舞台ではあるものの柔らかい雰囲気のミステリーでした。謎に隠されたドラマも良く、続編が出るのを期待してしまいます。

  • 自然史博物館が舞台ということで、学名とか難しい呼び名がいっぱい出てきました。殺人ではなく物が主体なので、私的には面白く読めました。登場人物のかけあいも楽しく、続編あってもいいかもなあとちょっと期待したりして。

  • 上野を彷彿させる舞台設定とか博物館の豆知識とか、話は興味深いと思った。ただ、登場人物がイマイチ好きになれない。最近は専門知識に秀でた変人と変人に振り回される苦労性のコンビが乱立していてもうお腹いっぱい…

  • 博物館に行きたくなるエンタメ性と専門性の両立。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13666460.html?type=folderlist

  • モデルとなってる博物館を思い出しながら読み進みました。色んなジャンルがあるよなあ…短編6話ですが蘊蓄あり、ラブあり(普段はいらないほうだけどよかった!)でかなり満足の一冊です。続編希望〜

  • なかなか好みの作品だった。
    人物も魅力的だし、題材が理系よりで知的な雰囲気がある作品だ。
    その割には、文章は硬くなく、読みやすい。

  • 一面的な人物造形が、まるっきりラノベ。博物館の同僚たちについては微に入り細に入り語らせるくせに、肝心の主人公が「モニタと睨めっこ」しかしてない薄っぺらさ。案の定、著者は理学畑の人でしたか。それにしても、異分野をバカにしすぎちゃいませんか。コンピュータに人生を懸けている人が読んだら怒るだろ、これ。
    いや、主人公をもの知らずで、やがて博識偏屈ハンサムな年上のオトコにちょいとよろめく「女のコ」にするための、あえての異分野設定なんだろーな。それにしても、バカにしすぎ。カタチだけ「専門家」設定にしておけばいいってもんじゃない。まるっきり、昔ながらの「女のコ役」でしかないじゃないですか。ひたすら雑に扱われ、蔑まれて侮辱され、主人公が箕作サンに惚れる理由がビタイチわからず。
    あ、あと肝心な点ひとつ——ミステリとしてもほぼ一本道で、超へっぽこな私にすらネタが透けて見えるていたらくでした、ハイ。理学部分はさすがによくできていたけれど、それしか見るべきところがないんじゃ、専門分野の入門書でもお書きになったほうがよろしいんじゃないかと。

    2015/3/30読了

  • 単刀直入に言って面白かった。

    二人の掛け合いのテンポの良さのおかげで読みやすかったし、勉強になる部分も多かったです。

    是非、続編を書いて欲しいです。

  • 池之端環は、自然史にも生物学にも全く興味がない。病的なほど片付け魔な環が生業とするのは、雑多な情報をエレガントに分類するアルゴリズムやプログラムを作り出すこと。一カ月前に就職した国立自然史博物館で、環はパソコン相手に仕事をする予定だったが、部長から、新人研修がわりとして、『赤煉瓦』と呼ばれる旧館の標本収蔵室で整理の仕事を命じられる。
    いつものように赤煉瓦で整理をしていた環は、『赤煉瓦のファントム』と呼ばれる男に出会う。その男は、赤煉瓦に住み着き、研究をしている《博物学者》の箕作類だった。博物学からなくなった鉱物と少年が持ち込んだ「呪いのルビー」、植物学者の作る復讐のブーケ、脚の折れた狼の剥製……。箕作と環が出会う、博物館の不可思議な謎たち。

    博物館を舞台にした日常の謎の連作短編集。博物館だけに専門的な話が非常に多いが、分かりやすく書かれているので、ひっかかることなく楽しく読んだ。箕作氏がとてもいいキャラなのでシリーズ化してほしいなあ。

  • 前回の“リケジョ”もそうだけど、この人の本は私の知らない世界を教えてくれるわ。まだ読んだの2冊目だけど。今回は博物館が舞台。6篇の連作短編集。北京原人化石紛失事件が実際に起きたことだったとは。実話ではないけど、モロッコにある化石を他国に取られ、自国のものにできないという話はぐっときた。犯罪にはなるけど、自国を富ませるために、というのは今の日本にはないのではないか。戦後の成長はそういう意識が強かったんだろうけど。だから韓国とか中国とかにいい人材を取られちゃうのかな。面白かった。

  • 自分がその場に一緒に居るような臨場感を持った作品だった
    ファントム次回が気になる。

全40件中 1 - 25件を表示

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室に関連する談話室の質問

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室を本棚に「読みたい」で登録しているひと

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室を本棚に「積読」で登録しているひと

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室の作品紹介

自然史博物館に預けられた「呪いのルビー」が狙われた。頻発する鉱物標本盗難事件と〈幻の宮沢賢治コレクション〉に関連が? 変人博物学者と新人分類学者の凸凹コンビが活躍する新感覚連作ミステリ登場!


ツイートする