中年だって生きている

  • 124人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (12)
    • (28)
    • (4)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 酒井順子
  • 集英社 (2015年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087716108

中年だって生きているの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.11.03読了

  • バブル時代をまだ引きずっているこういう人いる…と若干嫌悪感。
    引きずらず切り替えられた中年とそうでない中年の差ってなんだろう?と思ったりもして。

  • 予約済み:中央区図書館

  • そりゃ中年だって生きてるだろうさ。
    でもそんな事言ってるんじゃないんですよね。

    酒井さんはこの本を書いた時は40代。
    彼女から見るとまだ30代の私は「中年」ではないのだろうか?

    でも私はもう中年だと思ってるんだよなー。
    これは謙遜したりして言っている訳ではなく、そういって開き直ってしまった方が楽だからに他ならない。正真正銘若い人たちと正面切って戦えませんよ。もう戦線離脱です。

    そう考えると「美魔女」って呼ばれている人たちって凄いですよね。まさに魔女。

  • いよいよ酒井さんの中年シリーズ(…なんてあるか知らないけど)も終盤となり、次は熟年へと突入か。

    同世代なだけにワカルワカル、ナルホドそういう世界へ私もこれから入っていくのですねと気構えをもらったり。でもさ、ちょっと遠吠えし過ぎでは?!と思うこともしばしば。同年齢に達した時、言ってた通りだったと思うのか、遠吠えだったなと思うのか…こわいな。

  • 「(医学の進歩により平均寿命が延び)人生は延びたけど、子宮や卵巣の性質は向上していないというのが、今の問題点」などと、誰も言ってくれないことをズバリ指摘してくれる酒井さん。
    だけど酒井さん同様産まなかった女としては、なかなかしんどい内容ではあった。
    酒井さんは未婚でも仕事で成功しているからね…

  • 914.6

  • 中年の普遍的な生態と言うよりは、バブル世代の中年期の特徴みたいな感じ。

  • 中年であるが故の悩みとか悩みとか悩みを綴ったエッセイというか指南書(笑)あーそうそう!と思ったり、あーマジかーそうなるのかーとビビッたり、あーやっぱりスヌーピーのTシャツ着て外歩いちゃダメかぁ〜と思ったり(笑)面白かった(笑)

  • この人とジェーン・スーが大人女子の自意識のグルになるのかしら。俺が読んでも面白かったが女性が読む方がずっと面白いんだろうと思った。

全17件中 1 - 10件を表示

酒井順子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

中年だって生きているはこんな本です

中年だって生きているを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中年だって生きているを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中年だって生きているの作品紹介

中年ではあるが、おばさんではない──と思いたいバブル世代。同窓会で会ったかつての美人が壮絶に老けているのにほくそえんだり、若者目線を気にしたり……中年女性の奥底を鋭く考察するエッセイ集。

中年だって生きているのKindle版

ツイートする