慈雨

  • 642人登録
  • 3.76評価
    • (51)
    • (110)
    • (95)
    • (10)
    • (0)
  • 114レビュー
著者 : 柚月裕子
  • 集英社 (2016年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087716702

慈雨の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 16年前の少女誘拐事件で心の傷を負った元刑事と妻がお遍路を通じて夫婦の絆を確かめ合う物語。

    行く先々でふたりは過去の出来事を思い出す。それは決して幸せな事ばかりではなかったけど、ふたりの人柄、相手を思いやる心がヒシヒシと伝わってきて、すぐに私はこの本が好きになると思った。
    お遍路を続け色んな人に出会い皆それぞれ苦しみを背負っているのだとわかっていくが、神場の心の傷はなかなか癒されない。
    刑事ってここまで背負わなければいけないものなのか…。ちょっと背負いすぎではと思う部分もあった。
    彼の苦しみを本当に解き放つのは結局犯人逮捕なのだろうな…辛い。もう悪夢を見ていないといいな。神場には素敵な奥さんがいる。だからきっと大丈夫。

    「人生は晴れの日と雨の日が、同じくらいがちょうどいい。」心にしみる言葉。願わくばその雨は優しい雨、慈雨になりますように。

  • ようやく読むことができた。
    期待を込めて読み始めたところ、誰が書いているんだろう、柚月さんの本を読んでいるはずなんだけれどって。まるで男性が書いているという印象でした。しかしですね。孤狼の血、盤上の向日葵同様、男の生き様かな。退職して、お遍路さんの路を行きながら、過去の出来事と向かい合い、刑事としての道を貫いていく。トリックはどうかと思いましたが、正義を貫く姿、人間像、見事に描かれていました。

  • 警察小説でありながら、題名通りのしっとりとした夫婦愛が最後を飾り、涙腺を刺激する。
    定年退職した元刑事が、妻を伴った四国遍路の巡礼と、幼女誘拐殺人事件が同時進行する。
    彼は、16年前に発生した同様の事件で冤罪に加担したという悔いを抱えるため、現在の事件にも進んで関わりあう。
    遅々として進まぬ捜査に、頁をめくるのももどかしくなる。
    しかし、事件解決の端緒を掴んでからの急転直下は、一気読み。
    過去の冤罪事件を暴くことは、警察への信頼と自分たちの立場をも危うくするにもかかわらず、身を挺してでも自らの責任を果たそうとする刑事たち。読んでいて、爽快感に胸が震える。
    警察小説と、夫婦愛小説と、それに彼らの娘に隠された秘密とが融合した傑作ミステリー。

  • 柚月裕子『慈雨』集英社。凄い警察小説だった。新しい形の警察推理小説と言っても良いだろう。

    過去の事件への贖罪の念に苛まれる元刑事を中心とした人間ドラマと共に現在進行形で進展する事件の、どちらも目が離せない展開の面白さ。晴れやかな気持ちになる感動のラスト。新年最初に読んだ小説としては非常に満足のいく作品であった。

    定年退職した刑事・神場智則は妻と共に42年の警察官人生を振り返る遍路旅の途中、16年前の事件と酷似した幼児殺害事件の発生が発生する。16年前の事件が冤罪であることで贖罪の念に苛まれる神場は旅先から非公式に警察の捜査に協力することに…

    清水潔の『犯人はそこにいる』に描かれた北関東連続幼女誘拐殺人事件に酷似した事件が、この小説の根幹を成しており、16年前の事件に苦しめられながらも、未だに事件解決に執念を燃やす男たちの姿が素晴らしい筆致で描かれている。

  • 群馬県警で42年の警察官人生を終え、定年退職した神場智則。
    妻の香代子と四国八十八カ所の歩き遍路の旅に出た。
    警察官人生を振り返る旅の途中で、幼女殺害事件の発生をしり、動揺する。
    16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件に酷似していたのだ。
    神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件にーー。
    元部下であり、娘の彼氏でもある緒方を通して捜査に関わり始めます。
    そして、消せない過去と向き合い始めるーー。

    四国八十八カ所を巡礼している様子。お遍路の途中での人との出会い。
    妻・香代子とのやりとりや二人の長い歴史や過去。
    娘への思い…娘と緒方の付き合いを許せない気持ち…。
    それらが丁寧に描かれていた。
    特に16年前に神場の心に深く刻みこまれた傷や後悔。
    自分と向き合い、正義とは何かを問いかける神場。
    その心理描写がとても丁寧で、読んでるこちらも胸が苦しくなる程でした。
    妻の香代子がとっても素敵でした(*´ `*)
    そして、最後には涙が零れそうでした。

    自分の人生に後悔を抱えていない人は少ないと思います。
    大きな後悔を抱えてきた人がどう生き直すのか問いかけられていました。
    また、頼るべき存在で心の拠り所の警察組織。
    その警察組織が上っ面の正義だけを守る組織であって欲しくない!
    隠蔽体質は変わった欲しいって思った。

    「ずっと晴れとっても、人生はようないんよ。日照りが続いたら干ばつになるんやし、
    雨が続いたら洪水になりよるけんね。晴れの日と雨の日が、おなじぐらいがちょうどええんよ」
    とっても印象的で心に残る素晴らしい言葉でした。
    お遍路さん行きたいって思いました(*Ü*)

  • 定年退職した元刑事の神場は妻と共に歩き遍路の旅に出る。過去に冤罪に加担してしまったという後悔を抱えながらの旅の途中、その当時と同様の幼女殺害事件が起こる。かつての上司や後輩と連絡を取り、自らも非公式ながら捜査に加わる神場。正義、警察組織への信頼、自らの立場、家族の問題などを抱えながら犯人を追う。
    ミステリー(警察小説)というよりは、家族の絆を描いている作品。子どもにまつわる問題で、親子間の心理などがもう少し話に出てきてもいいかと思ったが、夫婦間の話のつなぎはよかった。妻の芯の強さの描き方がよかった。

  • 警察を定年退職した刑事が妻と共に遍路をする。ちょうどその時、過去の事件と類似した事件が発生した。
    こんな設定の物語ですが、感動の大作です。
    主人公の元刑事の過去とお遍路する間の心境の変化、現場の刑事の閉塞感。そういったものが丁寧につづられています。
    物語の終わりとお遍路の終わりが重なって、否が応でも物語を盛り上げてくれます。
    ほんのちょっとしたきっかけから、物語が急展開するあたりから、読んでいる方もドキドキしてしまいます。
    今の日本で必要なのは主人公みたいな人なんだなと昨今の企業の組織ぐるみと思われる不祥事のニュースを見ると思います。
    正しく生きる勇気が湧いてくるお勧めの一冊です。

  • ☆4.5かな。定年退職した元刑事が妻とともに四国へお遍路参り…。この設定で、こんなにも泣けるドラマが書けるなんて、柚月さん素晴らしすぎます。構成もしっかりしていて、主要人物の心情や背景がきちんと描かれていました。だからこそのこの感動!ずしりと胸に響く1冊でした!

  • 主人公の後悔が報われそうで良かった。こんな警察官ばかりなら世の中もっといい方向に向かってゆくのだろうな。退職してるのにここまでする人はそうはいないよね。夫婦愛も主人公を支えていたのだろう。素敵な人のまわりには同じような人が自然と集まるのだろうな。お遍路まわりをしてみたくなった。

  • 思っていた以上に、重い話だった。けれども最後は、“希望の光が見える”そんな話。

全114件中 1 - 10件を表示

柚月裕子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
柚月 裕子
長岡 弘樹
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
柚月裕子
三浦 しをん
西 加奈子
辻村 深月
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
高野 和明
横山 秀夫
恩田 陸
宮下 奈都
池井戸 潤
角田光代
奥田 英朗
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

慈雨を本棚に登録しているひと

慈雨を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

慈雨を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

慈雨の作品紹介

16年前の幼女殺害と酷似した事件が発生。かつて刑事として捜査にあたった神場は、退職した身で現在の事件を追い始める。消せない罪悪感を抱えながら──。元警察官の魂の彷徨を描く傑作ミステリー。

ツイートする