チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇

  • 14人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 戸田裕之 
  • 集英社 (2008年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087734669

チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4.0 乗り鉄として、いつか乗ってみたいと思い読んでみたのですが、チベットの歴史(中国との関係においての)を学ぶことになりました。歴史ある文化の保存、西洋化する人々の生活、資源確保に奔走する大国のエゴ、いろいろと考えてしまいます。

  • 世界一の高所を走る鉄道として有名な青蔵鉄路のプロジェクトを、計画段階から追うノンフィクション。

    チベットの歴史的背景から青蔵鉄路をめぐる現在の政治状況、鉄道の引かれる地域の反応まで、多くの視点から丁寧に書かれていてとても勉強になった。

  • この本を読んだきっかけはTV番組で、チベット鉄道の美しさ神秘さと共に、ラサになだれ込む多くの観光客と中国資本が、チベット侵略の既成事実化を加速化するのではと思ったことである。
    インドをライバル視する中国がチベットに対して抱く戦略的野望から、中国のチベット侵略の歴史、高地での鉄道敷設の難事業など、非常に読み応えのある本。
    特に高山病と戦いながら鉄道建設が進められる描写は、とても臨場感があった。

全3件中 1 - 3件を表示

チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇はこんな本です

チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇を本棚に「積読」で登録しているひと

チベット侵略鉄道 中国の野望とチベットの悲劇の作品紹介

青蔵鉄道(中国・西寧-チベット・ラサ)建設に隠された衝撃の事実。中国の恐るべき狙いに迫った渾身のノンフィクション。

ツイートする