アウシュヴィッツの図書係

  • 765人登録
  • 4.30評価
    • (61)
    • (48)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 76レビュー
制作 : 小原 京子 
  • 集英社 (2016年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087734874

アウシュヴィッツの図書係の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつも評価の星を付けるけれどこれはちょっと付けるのに躊躇してしまう。
    所々に年月日が書かれていてその都度「早く45年になってくれ」と思いながら読んでいた。
    読んでる私から見たら戦争は45年で終わる。という事を初めから知ってるからこういう読み方になってるのだけど、当時の人からしたら終わりなんてみえない、いつ終わるか判らない状況の中あの想像を絶する環境に身を置かされていた。「1秒でも長く生きる」その事がどれだけ難しい事か。
    その中で主人公の少女は8冊の本を守り抜いた。
    たかが本、されど本。
    生きる希望・精神的な支柱になっていた本。
    ディタのヒーローであるフレディ・ヒルシュ。
    あんな別れが待ってるなんて。
    ディタとマルギットの友情。
    解放された時2人が交わした「またね」の言葉が本当の意味で使えた事がとても嬉しかった。
    戦争は根こそぎ奪って行くものでしかないね。
    得るものなんて何もない。

  • 何気なく書名にひかれ手に取ったのだが、読みだしたらやめられなくなった。生まれた国、時代、少しの選択で運命はなんと過酷なんだろう。エピローグ以降に少しの救いがやっては来るのだが。著者あとがきによると、この物語は事実に基づいて組み立てられ、フィクションで肉付けとあり、あの人たちはそれからどうなったのだろう・・・で ああ彼らは実在する(した)人々なのだと、あの場所にいたのだと思い知らされる。この退屈な日常のありがたさを少しだけかみしめた。

  • 読み応えがある1冊だった。
    私の場合まず登場人物の名前がなかなか覚えきれないことが多いが、そんなことも(あまり)なく、最初から翻訳されていることを忘れるくらい自然な文章でサクサク読めた。

    読み進めるのが辛くなる描写も多いが、そんな中でも恋愛や友情が生まれることに少しホッとする。
    収容所に送られた人々がどのように生きようとしていたかがひしひしと伝わってくる。
    主人公が本を何度も何度も限られた材料で丁寧に修繕する場面には胸が痛んだ。

    最後にアンネ・フランクの名前が出てきてハッとした。
    完全なノンフィクションではないが、やはり悲惨な歴史的事実に基づいて書かれている。

  • 感動ってなんだ…。
    ノンフィクションじゃなくて、フィクションで肉付けされているというところに、過去の惨劇を伝えたいだけではない何か(ちょっとした冒険譚とかカタルシスとか…)があるんだろうと思ったけど、あまりにも予想通りの重さと、展開の無さに、2度ほど途中でやめようかと思った。
    結局最後まで読んだけど、「読んでよかった」とは思わなかった。
    薄情と捉えられるのかもしれないが、戦争モノというのは、概してそういうものなのかな、とも思ってしまった。

  • 事実をもとにしたフィクション。
    命懸けの図書係の少女。

    11才の誕生日、物資が乏しいなかで親が見つけてくれた簡素な中古靴。
    おしゃれな靴でないことに内心ガッカリするも、喜ぶ素振りを見せて親を安心させる。その夜、もう1つのプレゼントとして親にお金がかからない願いをする。
    「大人の本を読ませてほしい」
    母が時間をかけて自分の本棚から娘の枕元にそっと本を置く光景。夢中で読みふける娘。
    とても胸を打たれた。

    本は洞窟でマッチを灯すようなものだ。洞窟を照らすことはできないが、周囲の闇の深さに気づかせてくれる。
    この文書にもグッときた。

  • 感動的な物語でした。第二次大戦で、アウシュビッツの家族収容所に収容された少女、ディタ・クラウスの実話を基にしたフィクションですが、描写がリアルで登場人物も実在した人物です。ディタは、収容所での秘密の図書係として本を管理しながら、肉体的、精神的に苦しい日々を、本を読んで思索に耽ることで乗り越えていくのですが、その命掛けの日々には、驚きを感じました。終盤の図書館が閉館されてからの命が脅かされる緊張の瞬間が次々と訪れるさまは読んでいて戦慄を覚えました。それからは、ラストシーンまでページを捲る手が止まりませんでした。この本は、「アルジャーノンに花束を」に並ぶ自分の中での傑作となりました。

  • 取り扱っている題材の重さはあるが、文章の丁寧さから、事実はゆがむことなく受け取れたと思う。

    本を大事にする人にも読んでほしい。

  •  「戦地の図書館」に続き、戦火の中の本シリーズということで読んでみた。「戦地の…」がナチス・ドイツと戦う米軍と本の関係で、こちらはナチス・ドイツに虐げられた人々と本の話。前者が攻撃のための武器としての本なら、こちらは防御のための武器、だろうか。
     プロパガンダのための家族収容所や収容所内学校のことは知らなかった。そしてそこで本が人の心の支えになっていたことも。命の危険を冒してまで本を渇望する境地ってどんなだろう、と考えてみたけれど正直想像が及ばない。
     史実に基づいたフィクションということだけど、エンタテインメント性が高くて物語にぐいぐい引き込まれ、登場人物たちの行く末にハラハラしつつ、人類史上最悪の人道犯罪の実態をあらためて知ることができた。山崎豊子タッチとでも言おうか。
     

  • 読書日:2017年10月27日-11月2日.
    Original title:La Bibliotecaria De Auschwitz.
    Author:Antonio G. Iturbe.

    Oświęcim(Auschwitz)からHamburgへと移送され、
    収容所で九歳から十七歳を過ごした女性Eddidaの実話を元に物語は進みます。
    これまで此処で生存した実話本を複数読みましたが、
    まさかこの様な所で極秘に図書館が存在していた事に非常に驚きました。
    本は八冊。
    他は生きた図書館と言われ大人達が子供に文学の内容を口頭で伝えて行きます。

    その中で女性Eddidaは図書係となり、彼女自身も過去に読んだ本から勇気と希望と憧憬を抱きます。
    その文学作品は私も読み終えていたので、彼女が辛い時に幾度も引用されてもその内容が理解でき、
    私も又懐かしさで胸が熱くなりました…。
    その文学作品とは
    Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige.(ニルスの不思議な旅)
    Der Zauberberg.(魔の山)
    Le Comte de Monte-Cristo.(モンテ・クリスト伯又は岩窟王)
    です。
    Eddidaが主に物語の世界に入り込んでいた作品はDer Zauberberg.です。

    この本では悲しい事が幾つも起ってしまいますが一番の感動所は
    私は何時の間にかEddidaに感情移入していた様で、
    この生活はいつまで続くのかと辟易していた時に英国軍が「自由だ!あなた達は自由だ!!」と収容所に居る人達に声を張り上げた事です。

  • ふー
    やっぱりハードな本だった。
    読み始めると終わりまでいかなきゃ続きが気になるからなあ。
    主人公が今も生きていらっしゃることに驚き、敬意を表し、様々な人の強さに頭の下がる思い。
    本は希望だ。

全76件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
スティーヴン・ミ...
恩田 陸
トーン テレヘン
ガブリエル・ゼヴ...
エラ・フランシス...
森見 登美彦
三浦 しをん
夏目漱石
又吉 直樹
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

アウシュヴィッツの図書係に関連する談話室の質問

アウシュヴィッツの図書係を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アウシュヴィッツの図書係を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アウシュヴィッツの図書係の作品紹介

1944年、アウシュヴィッツ強制収容所に作られた秘密の図書館。本の所持が禁じられているなか、図書係をつとめる十四歳のユダヤ人少女ディタは、命がけで本を隠し持つ。実話に基づいた感涙必至の大作!

ツイートする