ZOO

  • 6830人登録
  • 3.68評価
    • (931)
    • (941)
    • (1939)
    • (96)
    • (22)
  • 941レビュー
著者 : 乙一
  • 集英社 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087745344

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ZOOの感想・レビュー・書評

  • 最初の「カザリとヨーコ」は重すぎて読み切れるかなと思ったけど最後のシーンが救いになってる。

  • 乙一さん。彼の作品を読むと乗り物酔いした時のような気分になる。
    文章自体は読みやすくて驚きなどもあるので面白いといえば面白いのだけれど…
    胸が悪くなる というか乗り物酔いして気分が晴れない時のような、そんな気持ちになるのです。
    果たしてわかってくれる人はいないものか・・・
    私が思うに気持ちの沈んでる時に読んではいけない。
    しかし不思議な作家さんだな と思うのであります。

  • 短編集。
    目に見えるようなホラーじゃなく内側からじわじわくるような怖さがありました。
    でもコメディ調の話もありました。
    「SEVEN ROOMS」の姉が見せた弟への愛情と勇気には思わず泣いてしまいました。

  • 乙一はけっこう好きな作家で、これはその中でも飛びぬけてお気に入りな短編集。もう何回目かわからない再読。ぜひハードカバーで手元に置きたいと思い、衝動買いした過去があります。
    乙一らしくダークながら、どこかに(それがどんな形であれ)希望や光や救いが見える。その匙加減が絶妙。「SEVEN ROOMS」を初めて読んだときの衝撃は忘れられない。
    また、いろんなタイプの話があって、乙一の引き出しの多さに驚く。もちろん、中にはよくありがちなのもあるけど…それでも面白く読ませるのが上手い。
    また忘れた頃にふと読みたくなるであろう作品。

  • ずいぶん前に読みました。短編集ですが、読み応えのある作品です。

    特に好きなのは「陽だまりの詩」「SO-faそ・ふぁー」「冷たい森の白い家」「神の言葉」

    どっちかといえば、私はグロい感じの世界観の方が好みですが、陽だまりの詩みたいな作品も大好きです。 

  • ミステリ、ホラー、SF、様々なジャンルの短編が集まった異色短編集。全体的に「、」が無くて読みにくい(特に最初の方の作品)。「カザリとヨーコ」のヨーコの心情描写なんかは見るに耐えないひどさだが、それを差し引いても読む価値がある。乙一の多彩な作風がよく分かる一冊。どの作品も見事なオチがついている。「SEVEN ROOMS」が特に気に入っている。

  • 初めて読んだ乙一の作品。

    黒乙一と白乙一の
    両方が楽しめる短編集。

    ライトノベル出身のようで
    こういう文体を
    ライトノベル風というのでしょうか。
    とても軽い。けど、とても面白かった。

    難しくて秀逸な日本語、熟語を
    羅列した文学も良いけど
    こんな本も良いと思う。
    そう、だって、普段の生活で
    難しい日本語なんて使わないし
    思いもつかない。
    だから、乙一の文章はスッと
    身体に入ってくる感じで馴染む。

    「冷たい森の白い家」「SEVEN ROOMS」
    などが、黒乙一に分類されるんだろうけど
    黒くないなあ。
    黒さが足りない、濃いグレーって感じ。

    今度、「GOTH」と「暗黒童話」を
    借りるつもりだけど
    もっと、真っ黒な乙一作品だったら良いな。

    「陽だまりの詩」は白乙一だろうな。
    よくあるSF小説のショートだった。
    これは、もうひとつかな。
    もう少し期待するところ。

  • いつ、なんど読んでも鮮烈な印象で私に迫ってくる本。
    これぞ乙一と言えるのではないでしょうか?
    初めて読んだのは中学生の時、あらすじも何も分からなかった所為で何回か買うのを躊躇った末にとうとう手にしたあの瞬間のことは今でもぼんやりとではありますが、覚えています。

    「SEVENROOMS」がこの作品、ひいては著者の全ての作品の中で1番好きといっても過言ではありません。
    得体の知れない異様さと狂気の中で燦然と輝く、家族への不変で確かな愛。
    読み終わった後、睫毛がしっとり濡れているのはいつものことです。

  • ・カザリとヨーコ
    双子の妹のみ可愛がり姉には虐待を繰り返す話。
    ある程度想定していた落ちだけど落とし方が唐突でドキッとした。残酷な結末ではあるけど痛快な気がしてしまう。心の中でネガティブな突っ込みを入れている描写は結構好き。

    ・血液を探せ!
    短い推理ものの話っぽく落ちも予想できるけどブラックな登場人物にシュールな設定、淡々とした話の展開が読んでて飽きさせなかった。

    ・陽だまりの詩
    ストーリー自体は淡々と進んでいく感じ。設定自体はシュールだけどきれいな話。別れることが分かっている相手を好きになり、予定通りの別れが訪れて悲しむ。個人的には一番好きな話。感動して少し泣いた。

    ・SO-far
    暖かい話だけど残酷な部分もあり素直に朗らかな気持ちいはならない。

    ・冷たい森の白い家
    描写がとにかくグロテスク。感情がない人間が無邪気な子供と接して人間味を帯びていく様子は読んでいて心が温かくなるがやっぱり残酷。

    ・Closet
    落ち自体は想定の範囲内だけどやっぱり落とし方はうまい。

    ・神の言葉
    モヤモヤ感がひどい。

    ・ZOO
    本のタイトルになってる話だけど話としてはそのほかの話のほうが面白い。ほとんどが共感できないけど部分部分は共感ができてしまう不思議。

    ・SEVEN ROOMS
    「陽だまりの詩」のつぎに良かった。勇敢で頼もしいけど悲しい。

    ・落ちる飛行機の中で
    落ちが若干微妙だったかな。話自体は面白い。ひとりひとりのキャラが立っている。

  • 面白いです!!!
    短編集なので読みやすいですよ。
    最初の『カザリとヨーコ』は児童虐待がテーマにありそれが私の興味を惹きました。
    よくそんなお話が浮かぶなぁ。。
    と思うような作品ばかりです。
    個性的と言うか(笑)

    『SEVEN ROOMS』は映画【SAW-ソウ-】みたいな。ソリッドシチュエーションですね。映画化して欲しいくらいですよ!
    と思ったら映画化されてました(^-^;

  • 怖い、そしてえげつない!というのが本書を読み終えた際の感想だ。表現はとても淡々としている。むしろ美しいくらいだ。しかし展開や結論は怖くてえげつない。どうしたら人間で家の壁を作ったり、双子の姉は母親からしいたげられる一方、妹はかわいがられ続け、最後に入れ替わって妹が母親に殺されるなんて話思いつくんだろうか?いや、待てよ、双子のどちらかだけかわいがられる、最愛の彼女を殺してしてしまうが、自分では認められない、なんてストーリーは本当に私たちの心からは生まれないだろうか。いや、どこかでそんなことを思いついたことがあるような気がする。

    もしかしたら、こんな恐ろしいこと考えたことがあるかもしれない、そこがもしかしたら恐ろしくてえげつないと思っても「黒乙一」を読み続けてしまう理由なのかもしれない。

  • 日本人作家棚「お」

    高校生の時に読んだものを再読。今読み返すと記憶に残っているのは「カザリとヨーコ」「seven rooms」などちょっと暗い怖い系のやつばかりで、「血液を探せ!」とか「落ちる飛行機の中で」などユーモラスなものが全然記憶に残ってなかったのが驚きだった。

    一番好きなのは「SO FAR」。「陽だまりの詩」」とともに読み始めたら思い出した作品。ファンタジー系なcalling you系のやつかと思いきやちょっとサイコなところが最高だと思う。

    赤塚図書館

  • 「SEVEN ROOMS」が良い。

  • 【 #ZOO 読了】
    まぁ、趣味趣向の問題だから仕方ないと思うけど、
    ビックリするくらい面白くなかったからビックリしました。
    論より証拠にどれもあまり記憶に残ってないです。
    .
    『カザリとヨーコ、SO-far、Closet』辺りは、
    世にも奇妙な物語っぽいなと。
    (まぁ、ちゃんと観たこと無いんですけど。笑。)
    『血液を探せ!、ZOO』は、意味不明。
    『SEVEN ROOMS』は、不快で不愉快、そして何より、
    謎やその解決方法に対して、
    「そりゃ、そうでしょうね!!」
    としか言えないほどひねりの無い展開。
    かなり読むのが苦痛でした。
    .
    ただ、
    『陽だまりの詩』は手塚治虫の火の鳥を思わせるようなSF。
    『落ちる飛行機の中で』はブラックコメディとしては、まあまあ面白いって感じでした。
    #乙一

  • 乙一デビューの一冊。黒乙一も白乙一も健在。カザリとヨーコから始まり血液を探せ!で爆笑し、sevenroomsを読む頃には完全に虜になってました。乙一のグロくも愛のあるホラーファンタジーがすべてここに詰まってます。

  • 図書館/表題含む10の短編集。説明できない気味の悪さを引き連れて、淡々と話が進んでいくところが怖い!面白い!先の読めない展開ばかりで後味悪く感じたり、置いてきぼりを食らったりする作品もありましたが、相変わらずハマる作品はハマるなあ、と。秀逸だった。まだどきどきしてる。

  • 2005.10

  • テンションの差が激しい。短編小説集って大体同じテーマや緊張感で書かれるものだと思うんだけど、これはもうバラバラ。書きたいものを書きたいように。だから作品ごとに合う合わないがあっても飽きずに読めた。あとは帯が大袈裟すぎる。それまで私が持っていた小説の概念を、この作品は明らかに越えていた。じゃねえわ。これは小説のラクガキ集だ。ぐらい言わないと。

  • この人の作品には、いつもドキドキさせられる。
    グロかったりするのにイヤじゃない。もっと読みたくなる。

  • とりあえずやりたかったこと、
    なんか新しぽいこと、
    なんかサグってる感じ!?
    …じゃないかと、読みながら感じた。

    ひねくれた見方?
    でも、GOTHを先に読んだ
    乙一初心者としては
    もっと刺激的でカッコよくて
    欲しかった気がする。

    でも、
    「陽だまり詩」と「SEVEN ROOMS」は
    とても切なくてよかった。

    この人が描く殺人とか死とかが
    とてもえげつないんだけど、
    気持ちよくて
    こんなん自分でいいの!?
    って自問しちゃうけど…

    もっと気持ちよくして欲しい…

    カザリとヨーコ
    血液を探せ!
    陽だまりの詩
    SO-far そ・ふぁー
    冷たい森の白い家
    Closet
    神の言葉
    ZOO
    SEVEN ROOMS
    落ちる飛行機の中で

  • グロいし、想像すると気持ち悪くなる描写も…。私にとってはなかなかハードだった。一番良かったのは「陽だまりの詩」。エグイ話が多い中で、切ないけどホッとする話。

    P.95愛すれば愛するほど死の意味は重くなり喪失感は深くなる。愛と死は別のものではなく同じものの表と裏だった。

  • 姉弟の話が描写リアルで、想像できてしまって怖すぎる。

  • 表題作を含む十編が収録された短編集。
    ジャンル分け不能と言われるだけあって、その奇想天外さというか多彩な発想力には 、ただただ脱帽させられます。
    十編すべてが好み、というわけでもないですが、非現実的な出来事が当たり前の日常のように淡々と綴られていく様は興味深く、次はどんなお話なのかなとワクワクする気持ちが最後まで止まりませんでした。
    「カザリとヨーコ」や「陽だまりの詩」も印象に残る作品だったけど、「SEVEN ROOMS」の最初から最後まで途切れない緊迫感の中で描かれる理不尽な恐怖は衝撃的でした。

全941件中 1 - 25件を表示

ZOOに関連する談話室の質問

ZOOに関連するまとめ

ZOOを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ZOOを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ZOOを本棚に「積読」で登録しているひと

ZOOの作品紹介

いま最も注目される若手ナンバーワン、乙一の魅力爆発の短編集。毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か?「犯人探し」に奔走する男を描く表題作他、書き下ろし新作を含む10編収録。

ツイートする