水滸伝〈5〉玄武の章

  • 190人登録
  • 4.02評価
    • (41)
    • (19)
    • (39)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087745542

水滸伝〈5〉玄武の章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 号泣だった。それぞれの生き様に涙が出てきて仕方がない。「水滸伝」は中国でもいじられること無く、ほぼ原形を保った状態で語りそして描かれている。先日読んだものもそんな感じで面白味などまるで感じない。

    正直クライマックスは続編に来るような気もするのだが、やはりこの水滸伝はじわじわと近づいてくる禁軍最高の実力者の童貫との最終決戦であろう。

    「女を守れない男だといわれたくない」

    ような台詞を扈三娘に吐き己の命と引き換えに散った「林沖」やっぱり一番好きですね。6万の軍に包囲された林沖率いる黒騎兵の旗手であった郁保四と共に散る。

    この黒騎兵と遊撃隊の中には重要人物である史進、索超、馬麟、扈三娘、徐寧、そして楊令いた。戦の中心はこの騎馬隊になってくるので、それぞれに思い入れは強いが、北方水滸伝が他の作品と違うのはすべての登場人物がタイトルロールであってそれぞれにドラマがある。

    例えば軍の人選に当たっても細かな角度からそれぞれを眺め適材適所に振り分けられる。ただ指示がでてるのではなく、なぜかということまで書かれ読者を納得させてくれる。騎馬隊の華やかさに比べ歩兵の地味さはラグビーで言えばFWのように思える。彼らがいるから戦える。そんな思いを誰もが忘れず戦っているシーンはなんともいえない。本当に泣けるのだ、しかも人物に記憶がないと遡ってまた読んだりとそれを流して前に進むことの出来ない名作に感じる。

    武人の物語、文人の物語、女性の物語もあれば、凄いのは職人の物語もある。それぞれに命を懸けた壮大な物語です。男なら読め!といった感じです。まさに北方ワールドの集大成のように感じられます!

  • 楊志斃れるも、第二部中心の楊令が林冲のもと、成長していく。脈々と続く営み、物語。

  • 第5巻読了
    なんと、まだ5巻なのにあの楊志が戦死してしまった。
    逃げきれるんじゃないかと思っていたが、仇討ちはできるのかが、今一番気になる・・・

    先は長いので、他の本も読みながらゆっくり読み進めていこう。
    楊志が早くも赤札になったので今回は★★★★★5つ

  • 宋江が旅先の江州で官軍に包囲される。
    なんとしても宋江を捕らえたい官軍は総勢2万の大軍で押し寄せる。
    対する宋江側は、李俊と穆弘が駆けつけ、梁山泊からも援軍が派遣される。梁山泊も官軍と本格的に対戦する事になる。

    続いて官軍による、二竜山攻略戦が開始される。
    大激戦の末、官軍を撃退した梁山泊の同志達は、この戦争の中で初めての死者を出し、結果3人の同志を失う事になる。

    北へ向かっていた魯智深が、片腕を失って帰還して滄州の柴進の屋敷に身を寄せる。
    名前を魯達と改める。

    この巻で第一部完となる。

    まだ5巻なのに、もう死んでしまったヽ(´o`;
    息子を護りながら壮絶な戦死を遂げてしまう。

    志は、息子へと受け継がれていくのでしょうが、あまりにも早い退場に非常に残念に思う。

    まだあと14巻も、あるのになぁって思ってしまうが、死んでしまったのは仕方がないので、息子の成長を楽しみ読み続けて行こうと思う。
    物語が気になって、1日で読んでしまった。

  • 楊志の最期は壮絶…引き込まれます 本当に

  • 相変わらずものすごいスピード感を持って読める小説。用用あいかわらず運動音痴で笑えるし、宋江なんも考えてないw
    李逵はお茶目でかわいかった。北方さんの中ではやっぱり大陸のイメージなのかな。あと二竜山メンバーの結末には度肝を抜かれました。

  • いよいよ梁山泊が立ち上がる。恐れた青連寺は李富が取り込んだ馬桂からの情報をもとに楊志を殺害し、二竜山もおとそうとするが石秀の命をかけての守りで梁山泊の本体が間に合い潰滅的な敗北。

  • 楊志の最期に涙・・・・うぅ

  • 物語が大きく動いた。驚いた。
    楊志のアクションシーンの切迫感が胸を打つ。

    戦の描写がこんなにも楽しめる小説はない。
    これからどうなるのだろう、と先が気になる。

  • 宋江の居場所が青蓮寺に発覚した。長江の中洲に築かれた砦に立て篭るが、官軍二万に包囲される。圧倒的な兵力に、宋江は追い詰められていく。魯智深は、遼を放浪して女真族に捕縛される。救出へ向かうが、幾多の危難がそこに待ち受けていた。そしてついに青蓮寺は、楊志暗殺の機をつかむ。妻子と共に闇の軍に囲まれ、楊志は静かに吹毛剣を抜いた。
    北方水滸、衝撃の第五巻。

全15件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

水滸伝〈5〉玄武の章を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水滸伝〈5〉玄武の章を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水滸伝〈5〉玄武の章を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする