水滸伝〈16〉―馳驟の章

  • 171人登録
  • 3.92評価
    • (30)
    • (19)
    • (37)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087747379

水滸伝〈16〉―馳驟の章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 号泣だった。それぞれの生き様に涙が出てきて仕方がない。「水滸伝」は中国でもいじられること無く、ほぼ原形を保った状態で語りそして描かれている。先日読んだものもそんな感じで面白味などまるで感じない。

    正直クライマックスは続編に来るような気もするのだが、やはりこの水滸伝はじわじわと近づいてくる禁軍最高の実力者の童貫との最終決戦であろう。

    「女を守れない男だといわれたくない」

    ような台詞を扈三娘に吐き己の命と引き換えに散った「林沖」やっぱり一番好きですね。6万の軍に包囲された林沖率いる黒騎兵の旗手であった郁保四と共に散る。

    この黒騎兵と遊撃隊の中には重要人物である史進、索超、馬麟、扈三娘、徐寧、そして楊令いた。戦の中心はこの騎馬隊になってくるので、それぞれに思い入れは強いが、北方水滸伝が他の作品と違うのはすべての登場人物がタイトルロールであってそれぞれにドラマがある。

    例えば軍の人選に当たっても細かな角度からそれぞれを眺め適材適所に振り分けられる。ただ指示がでてるのではなく、なぜかということまで書かれ読者を納得させてくれる。騎馬隊の華やかさに比べ歩兵の地味さはラグビーで言えばFWのように思える。彼らがいるから戦える。そんな思いを誰もが忘れず戦っているシーンはなんともいえない。本当に泣けるのだ、しかも人物に記憶がないと遡ってまた読んだりとそれを流して前に進むことの出来ない名作に感じる。

    武人の物語、文人の物語、女性の物語もあれば、凄いのは職人の物語もある。それぞれに命を懸けた壮大な物語です。男なら読め!といった感じです。まさに北方ワールドの集大成のように感じられます!

  • 武力と武力のぶつかりより、こういう頭脳戦みたいな方がドキドキして辛い。
    孫ニ娘の旦那さんが2人とも殺されてることになってしまった。結構好きだった紫進も。
    阮小七たちが酔っ払った顧大嫂と孫ニ娘に絡まれているシーンが面白かった。

  • やっと童貫の戦いがみれて、ドキドキした。まさか袁明が死ぬとわ思わなかった。これからの展開がたのしみだ。

  • 16巻読了
    晁蓋を暗殺した史文恭は、柴進と裴宣をも暗殺し町から逃れられると思われていたところに、遂に劉唐が史文恭を見つけ殺害。
    もう1つのみどころは、袁明と洪清を公孫勝と燕青が暗殺に成功。特に燕青と洪清との戦いの場面は読みごたえがあった。
    残り3巻・・・楽しみだ。

  • 王英面白過ぎ 笑

    小休止のような巻だった。
    袁明が死んだ青蓮寺の今後はどうなるのか…?

  • 索超(´;ω;`)

  • 禁軍元帥・童貫がついに出陣!
    その鮮やかな用兵に翻弄される史進。
    激戦の痛手から立ち直るため、時間をかせぐ必要に迫られた梁山泊は、朝廷に対して和平工作を開始。
    愚帝・徽宗を懐柔するため、危険を犯して高俅に接近する間諜・侯健。
    青蓮寺の暗殺者・史文恭の魔手がついに済州に食い込み、梁山泊の大黒柱ともいうべき男たちが狙われる!
    しかし、公孫勝率いる致死軍も青蓮寺に反撃!

    梁山泊・燕青と青蓮寺・洪清との対決は、武侠の世界でしたね(^O^)
    そして長らく思い合っていた一丈青・扈三娘と矮脚虎・王英が結婚するも、幸福な時間は?賭けに勝ったのは誰でしょう?w

    ニン、トン♪

  • 禁軍の童貫元帥がついに腰を上げる。対する梁山泊は…。公孫勝と燕青が青蓮寺を襲う。男たちの熱い戦いは続く。

全10件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

水滸伝〈16〉―馳驟の章を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水滸伝〈16〉―馳驟の章を本棚に「積読」で登録しているひと

水滸伝〈16〉―馳驟の章の文庫

水滸伝〈16〉―馳驟の章のKindle版

ツイートする