十津川警部 幻想の天橋立

  • 16人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 集英社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087753738

十津川警部 幻想の天橋立の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風船が回りくどい。
    もっとほかの方法があったのではと思わないでもない。

  • 140419

  • 宮津などを舞台とした作品です。

  • 2007.3.10 1刷 ¥800
    京都・宮津の中西建設屋上で見つかった風船に、“東京の病院で監禁されているので助けて欲しい”という女性の手紙が結ばれていた。興味を持った社長の中西は、阿部探偵事務所に調査を依頼。阿部は、東京中の病院に探りを入れるが、手がかりのないまま、第二の風船が天橋立の展望台で拾われ……。やがて、監禁に絡んでいると思われた家が炎上し、お抱え運転手が殺される。この殺人と監禁に関連があるとみた十津川警部は、宮津へ。天橋立・東京を結ぶ驚愕の殺人事件に十津川警部が挑む!

  • 事件の始まりは、風船に括りつけられた助けを求める女性からの一枚の手紙。不思議でロマンチックなスタートから展開される事件に一気に引き込まれました。

全5件中 1 - 5件を表示

西村京太郎の作品

十津川警部 幻想の天橋立はこんな本です

ツイートする