失踪.Com 東京ロンダリング

  • 151人登録
  • 3.41評価
    • (5)
    • (24)
    • (37)
    • (3)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 原田ひ香
  • 集英社 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087754315

失踪.Com 東京ロンダリングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サブタイトルの「東京ロンダリング」を見て、前作の続編もしくは番外編?と思いながら何の予備知識もなく読み始めた。
    前作同様、事故物件に住み部屋を浄化する「不動産ロンダリング業」をテーマにはしているものの、語り手は主婦、サラリーマン、生活保護受給者など様々で、やっぱりスピンオフの短編集なのか…それにしてはオチが弱い気も…と思いながら読み進める。
    徐々に「相場不動産」の社長やまあちゃん、前作のヒロインりさ子さんなど懐かしい顔ぶれが登場(でも、前作未読でも差し支えないです)。この再会にホッとする反面、行間から得体のしれない不穏な空気を感じ始める。うまくは言葉にできないけど、何だろう、この怪しさ…。そして、タイトルにもなっている「失踪.com」の存在感が増していく。そう、本書のテーマは「失踪」。それがロンダリング業と一体どう関わっていくのか…前半のオチの弱さの理由も何となくわかってくる。伏線が見事に回収される最終章の「大東京ロンダリング」は圧巻です。
    謎がほぼ解けた一方で、ちょっとすっきりしないところもあり…それは何かを意図しているのだろうかと勘繰ってしまう。でも、本書で著者が初めてあとがきを書いたということから、この「東京ロンダリング」シリーズを大切に思っていることが窺える。是非どこかでまた書いてくれたら嬉しいな。

  • 『東京ロンダリング』が好きだったので是非読まなきゃ!と手にした小説。
    相場不動産やりさ子さん、まあちゃん…前作に出てきた人達の名前を見ると懐かしいような…『東京ロンダリング』の心温まる感じが思い出され嬉しかったのですが、今回の作品は基本的には別物!
    勝手に続編と思い込んで読み始めたので読み始めの違和感は何とも言えない感じで( ̄◇ ̄;)
    これはこれとして楽しませて頂きましたが、やっぱり繋がった続編が読みたかったなぁ〜と残念な気持ちも拭えません(^^;;

  • 「東京ロンダリング」がよかったので、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!! って感じだったけど、ちょっと思ってた感じと違った。期待値高すぎたか?ww
    連作短編って感じ。んで、ん~?と思いながら読んでいくと、ちょっと不穏な空気もアリ・・・。
    若干、ムリくり?w
    でも、最終章にはぐいぐいと惹き込まれたなぁ~w

    りさ子、いいな。こういう人、なんか好きだな♪

  • 社長や事務員が魅力。展開がいい。

  • 「東京ロンダリング」続編。
    事故物件をロンダリングする人、それに関わる不動産屋の店員などそれぞれの話。
    短編集の形で、なんか中途半端な終わりかただと思っていたら、最後に見事につながった。
    面白かった。
    (図書館)

  • 東京ロンダリングの続編

    最初は前回の話が続きで読めると思い読んでいたが、少しズレる感じで、短編となっていた。
    ちょこちょこ前回の人が出てくるが、違うものなのかと思い、読み進めた。



    しかしだ!
    終わりが凄かった。

  • 東京オリンピックが関係してるとは。

  • 義父から相続したアパートの、管理を全くしない夫に代わり家事、育児、パートに加えて雑事をこなす主婦の加島康江。不動産管理会社の三木から「103号室の住人の連絡が取れず部屋が臭う」と連絡が入るがー

    ◆前作「東京ロンダリング」が、なにか希望のある終わりかただったのに、「あれ?りさ子さんは…?」というスタートから、自ら住むことにした大家、ロンダリングしてた同期も消えた会社員、浮気がバレて追い出された男、うつ病で生活保護だった女、地方出身の事務員をUターンさせた社会学者、失踪に付きまとわれる仙道と町田、相場に請われロンダリングを再開したりさ子の元に現れた女…。

    全てが繋がってたなんて。

    東京オリンピックまでにこういう 黒い力はホントに色々ありそうで、事故もホントは悪意ある事件なんじゃないかと疑ってしまう。りさ子さん、幸せになって欲しいのに…。町田さんとまぁちゃんの行く先が決まって続編出るだろうか。

  • 続編だけど自分は前作より面白いと思いました。
    前作は設定が難しく物語が動き出したのは後半からでした。
    後半は面白かったですけどね。
    今回は前回の設定が生きていて良かった思います。
    ラストもほぼハッピーエンドでした。
    完全なハッピーエンドに成らなかったのは続編を意識したのかな。

  • 総務課へ呼び出された『田中』は、同期の『皆川』と連絡が付かなくなっていると聞かされる。失踪者の調査をする男と共に部屋を見に行くことにななった田中だったが、実は皆川からある事実を告げられていた。
    不動産ロンダリングを軸とした連続短編集。


    タイトルにもある通り失踪をあつかった話が多いですが、主軸は不動産ロンダリングの方でしょう。何らかの理由で住んでいた人が死んだ部屋を事故物件と言い、次の入居者には告知しなければならない。ですが、その次の入居者にはこちらから告げる必要はないというのを逆手に取り、専門の人間に日当を払い一ヵ月ほど住んでもらう。事故物件は家賃が安くなる場合があるので、気にしない人はお得という話は聞いたことがありますが、ロンダリングもなんだかありそう。法には触れるのでしょうか?
    ロンダリングを斡旋している不動産屋、影と呼ばれる請負人達に失踪者をさがす人などがからんで、いくつかの短編が、最後は集約されていきます。好みということもありますが、繋がり具合が絶妙で面白く読めました。
    テーマとしては暗くなりがちですが、登場人物がそれぞれ前向きになっていくラストが多いので、じんわりと温かくなる感じでした。

全35件中 1 - 10件を表示

原田ひ香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

失踪.Com 東京ロンダリングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

失踪.Com 東京ロンダリングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

失踪.Com 東京ロンダリングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

失踪.Com 東京ロンダリングを本棚に「積読」で登録しているひと

失踪.Com 東京ロンダリングの作品紹介

大都市東京。病死、自殺、孤独死などで事故物件が後を断つことはない。その物件に住み、浄化する「ロンダリング」の仕事を妨害する動きが……。調査役の仙道が動き出すと、そこには驚きの真実が!?

失踪.Com 東京ロンダリングのKindle版

ツイートする