恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-

  • 2044人登録
  • 4.00評価
    • (258)
    • (323)
    • (185)
    • (31)
    • (4)
  • 311レビュー
  • 集英社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087806168

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
舞城 王太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-の感想・レビュー・書評

  • ストーリーの流れはとても『ジョジョの奇妙な冒険』らしく、本筋とは別のところで
    出てくる設定も、著者がジョジョという作品を、5部以外の全編を通して大事に考えて
    おられるのが伝わってくる内容でした。
    新しく出てきたキャラクターのスタンド能力もいかにもジョジョ!

    ただ、ジョルノに関しては理解の落としどころを見つけられません。
    ラストであの口調と態度になるのは将来的にそりゃアリとして、でもこの本の中で
    起こっている物語は5部本編から半年そこら。
    そこでああ成ったのは彼にどんな心境の移ろいがあったのか?
    それとも実は5部本編から本質はああだったのか?
    読んでいる自分にとっては、点から点に飛んだ感じ。
    まだ自分の中でジョルノが線になりません。

    詰まるところ、この本に出てくるジョルノはDIOの息子なのです。
    5部うんぬんは関係なく、DIOの息子なのです。
    この本に出てくるジョルノはあくまでも「DIOの息子」がギャングのボスになったとしたら、
    というイメージの塊であり、それは5部本編のジョルノとは一線を画しているように思えます。
    口調も態度も5部のそれとは大きく違い、それが好ましく感じられる人もいれば、
    到底受け入れがたい人もいることでしょう。
    個人的にですが、私は後者です。

    これが公式として出されたからこれが正解、不正解、ではありません。
    長年ジョジョを読んできた、いわゆる『ジョジョラー』にとって大事なのは
    『公式の続編なのかどうか』じゃあないのです。
    この一つの物語を書き上げた人の内側では、登場キャラクターにどんな時間の
    流れや経験があったと考えているのか?
    その人物にどんな心境が起こり、それがどんなふうに言動に変化を与えたのか?
    追求したいのはそんな部分なのです。

    この物語はジョジョとしては素晴らしいです。
    いかにもジョジョな人物、スタンド、展開です。
    ただ、キャラクターの内面性についていうなら、5部からはスッとストレートに
    繋がらない部分もある物語だと覚悟して読むことが求められると思います。

  • 原作ファンならきっとみんな気にかけたことがあると思う、第5部/黄金の風でチームを裏切ったパンナコッタ・フーゴのその後。私も原作で彼が離脱したときは、「いや、ジョジョなんだからきっとその後またチームにカムバックしてくれるはず!」「もしかして、実はボスのスパイで、今後目の前に立ちはだかるかも?」「いずれにしても、いつかまた出てくるよね☆」と想像力豊かに好き勝手思っていたけど、何と驚くべきことに、最後まで再登場せずじまい。
    なので、そのフーゴのスピンオフとあって、同じくジョジョファンの彼氏と一緒に発売早々に本屋さんで入手した作品。本体はパープル一色!表紙はシルバー!と体裁もステキ。

    やっぱりあの絵がない分、このキャラはこんな感じなんだっけ?と違和感を覚える瞬間はあるものの、基本的には全く問題なく楽しめました!
    今回フーゴの敵となるのは、彼が離脱した組織の麻薬チーム!しかも、その中心人物はフーゴに因縁のある人間だった、というお話。戦闘の挿絵等はないけれど、オリジナルキャラとスタンドの挿絵があるから、それをベースに各々自由に妄想できます。
    ※個人的には、アンジェリカはもう少し幼いものかと思っていた。。。
    一個だけ気になったのは、この方、ダッシュ(―)多くないか?と。まぁでも、読書そのものに支障をきたすほどではないのでいいけど。

    あの活字嫌いの彼があっと言う間に読了したんだから、ジョジョの魅力ってすごい。けれど、本当にすごいのは、活字嫌いの原作ファンが抵抗なく読めるこの作品―ジョジョの世界の空気を文章だけで創り出し、5部のキャラたちとオリジナルキャラたちがちゃんと息づいている小説に仕上げた著者の面目躍如といったところでしょう。

    何かで読んだ荒木先生のインタビューで、本当はフーゴは裏切る予定だったけど、結局そうしなかったというお話がありました。フーゴの失踪(?)がこんな形でハッピーエンドを迎えてくれたのも、5部好きとしては嬉しい限りです。
    本当は★4かなと思ったけど、バカみたいな原作ファンなので結局★5にしちゃいました。

    他のVSシリーズも読まなきゃ!

    --
    JUMP j BOOKSがおくる、荒木飛呂彦画業30周年&ジョジョ25thアニバーサリィ企画“VS JOJO”シリーズがいよいよ始まる!!
    第1弾は上遠野浩平が挑む“VS GIO GIO”!!
    舞台は第5部完結後の半年後・イタリア、主役はパンナコッタ・フーゴ!!
    “裏切者”フーゴのその後どうなったのか。

  • フーゴはジョジョの中でとても好きなキャラのひとりです。なので原作のあのシーンの後、彼はどうなったのかがずっと気になっていました。
    フーゴのその後が書かれてると聞いたので、買って読んでみたのですが、この小説はまさにファンなら皆「こうあって欲しい」と思う展開が、形になったものだと思います。
    特にラストは泣きそうになりました。

    簡潔な文でも難しい表現を使った文でも、場景をはっきりと書き表してる上遠野さんの文章表現も良くて、ひとつひとつの場面の想像がしやすかったのでさくさく読めました。
    荒木作品独特の台詞回しらしい台詞も、ところどころ使われているのも面白いなと思います。
    戦闘シーンはみんな、原作と比べると淡々と終えてしまってる感じがしましたが…。

    またこの小説では、原作と繋がりがある部分が多々あります。(というより、下遠野先生なりのジョジョの解釈…?みたいな感じ?)
    舞台でもある五部はもちろんですが、他の部とも何らかの繋がりがいくつもあるので、本作を読む前に、原作一部~五部まで一度読んでおくと一層楽しんで読めると思います。

  • こう言ってはなんだけれど、基本的に身内に対して信用するとか疑うとかいう意識が埒外だったシリーズで唯一"離反"を描写した5部を、ほとんど外から要素を持ち込まずに補完してみせたこの1冊は、なるほどとても価値があるものだと思う。

  • 第5部の途中でリタイアしてしまってそのまんま出番なしのフーゴのスピンオフ作品。

    いやぁーおもしろかったです!!

    こういった原作の後日談ストーリーってどうしても蛇足になってしまったり、原作のイメージを崩してしまう作品が多いと思うけどこの『恥知らずのパープルヘイズ』は全然そんなことなくむしろこの作品を読み終わった後もう一度原作をまとめ読みしたくなるような気持ちになりました。

    5部登場のキャラの背景がわかりやすく補完されてるのはもちろん、小説オリジナルキャラと4部のあの人が血縁関係だったり、ジョジョファンなら名前見ただけでニヤニヤするような小ネタもたくさんで満足できる内容なのは間違いないです。
    著者の上遠野浩平さんのジョジョ愛を感じました。

    本の装丁もシルバーとパープルで正にパープルヘイズって感じで好きです。ページの端がパープルなのも気合い入ってる!!

    ジョジョ5部まで読んだ方には絶対お勧めな一冊です♪
    エリエリエリエリエリエリエリーッ

  • ジョジョのノベライズ、作者は「ブギーポップは笑わない」でラノベの一時代を築いた上遠野こうへい。
    このノベライズシリーズは、西尾維新と舞城王太郎も出してますが、これが一番ジョジョらしい作品です。
    ジョジョファンなら、これが一番ダントツにおススメ。
    他の二冊は、同人誌でやってろ的な内容でした。

    原作レイプすることなく、丁寧に、ジョジョ第五部の後日譚を書ききってます。連載当初、影の薄かったパンナコッタフーゴを見事に復活させた金字塔的な、ジョジョ小説でしょう。
    内容も、ちょうどよい長さで、お手本のようなバトルマンガ小説になってます。

  • 「ジョジョ」でありながら「ブギーポップ」、「ブギーポップ」でありながら「ジョジョ」。
    上遠野浩平の「ブギーポップ」が、ジョジョの影響を受けているというのは、よく聞いてはいたものの、この本を読むまでピンと来ていなかった。「能力」を持つ者達の背景と狂気と激突、謎めいた(何を考えているか分からない)登場人物の言い回し。あまりにもハマり過ぎたこのタッグ、ノベライズとしては最高の出来ではないだろうか。

  • フーゴにとってどれだけナランチャが大きな存在だったかを考えた。
    ブチャラティ以上に。

    改めて自分のブチャラティLOVEを確認した。
    彼は愛すべき天然系カリスマですね。。。

  • 自分の娘さえも、保身のために殺そうとしたボス。己の信じる正義によって、組織へ反旗を翻したブチャラティについて行けず、ひとり離脱したフーゴ。あれから半年…IQ152、13歳で大学入学を認められたほどのエリートは、堕ちに堕ち、ギャングからピアノ弾きになっていた。

    ボスを倒しトップとなり、組織を再興したジョルノの指令を受け、フーゴの前に現れたミスタ。
    「裏切り者」フーゴは釈明のため、麻薬チームの壊滅を命ぜらるが…

    本人すら傷つける殺人ウイルスを撒き散らすパープルヘイズを持て余すフーゴ、ジョルノを盲信するシーラE、胡散臭いムーロロは任務遂行をはたせるのか。

    敵チームにフーゴの級友がいたり、サーレーやズッケェロが登場したり、エピソード的にイルーゾォやトリッシュも出てくるし、ちょうど5部を読み終えたばかりなのですごく楽しい!ジョルノはさらに神々しいし。そもそもフーゴ好みなんです。イチゴのピアスなんてきゃわわ。
    ブチャラティやアバッキオ、ナランチャとの思い出がせつなく、さびしい。

    ちょっぴりだけどトニオ・トラサルディーさんまで関係してくる辺り、上遠野氏のジョジョ愛を感じました。

  • 読んでいて確かに聞こえてきたんです。上遠野さんの『僕は敬意を表するッ!』という叫び声。

  • 面白い。一言につきる。

    是非、漫画化して欲しい。
    視覚的に見てみたい、登場した敵スタンドも含めて。

    第5部と話と完全リンクしている。
    ディアブロ倒した後のストーリ。

  • かどちんの魅力と、ジョジョの魅力がマッチした傑作。しかし一つ言わせてもらうと、また身体強化系の能力ですか、と

  • 一歩を踏み出せないフーゴの、行き場のない気持ちの話。何が正しくて何が間違ってるのかわからない。考える軸も心の拠り所もない。だいたい世の中が選択の連続であることに対して理不尽な怒りを感じる。フーゴはわたしだ。フーゴの怒りはわたしの怒りだ。ブチャラティチームのドライな会話に浪漫を感じた。ギャング映画が観たくなる。

  • この本は、ジョジョの奇妙な冒険、第5部、黄金の風に登場する、パンナコッタ・フーゴの物語です。

    フーゴは、本編ジョジョで、フーゴの所属チームに「おいていかれ」ました。

    そんなフーゴのその後を本にしたのが恥知らずのパープルヘイズです。

    フーゴの過去、ブチャラティとの出会い、その他、ジョジョファンにはたまらない人物、物がでてきます!
    そして、最後のフーゴとジョルノとの会話は、まじのほうで感動しました!!

    ジョジョに興味があるひともないひとも、ないひとも、ぜひ読んでみてください!!
    ただし、ジョジョの奇妙な冒険第5部を読んでいないと、ストーリーの把握が難しいと思うので、まず、本編ジョジョを、五部だけでいいので読んでください。
    その他、「○○ってなんだろう?」みたいな感じになったときは、他の部のジョジョも読んでみるといいかもしれません(^ω^)

  • 言わずもがな、『ジョジョの奇妙な冒険』第五部-黄金の風-にて
    主人公とブチャラティに「ついてこなかった」仲間の
    パンナコッタ・フーゴを主人公に据えた小説です。

    かなり前評判がよくて、それもそのはず
    上遠野さんはブギー・ポップ、つまり異能のバトルものを書いていた小説家
    なんですよね。
    懐かしい。
    というわけで、能力バトルはお手の物。
    考えられたスタンドもなかなか練られていて、
    しかもきちんと5部補完になっているのが凄い。
    5部でブチャラティが組織を裏切ろうと決心したのは、
    トリッシュの存在、そして組織が麻薬に手を出していたという
    二点が引き金となったわけですが、この小説は後者の部分について
    ふれていて、ディアボロがいかにして麻薬の販路を拡大していったか?という部分に焦点を当てて物語を進めています。

    この文章が、荒木先生の多用する擬音との親和性が高い。
    安っぽくならないのにがしがし擬音を入れられる、これは強い。

    というわけで、ノベライズとしての違和感はゼロ。
    ムーロロさんのスタンドとかは素直に感心。
    ただ、パンナコッタ・フーゴってどんな人なの?っていう解を見つけようとすると、私はごく個人的には、読む前の方がはっきりしていた気がします。
    まあ、この小説の中のフーゴが9割方懊悩してて、消極的な理由からばかり行動を起こしてるからなんだけど。

    そのフーゴが一歩を踏み出すまでの話なので、当然っちゃ当然なんですが。

    これは本当にごく個人的な意見なので、作品自体の評価にはまったくかかわりのない部分なんですが。
    個人的にはあのときフーゴが、ついていかない選択をしたことに、フーゴ自身が正義をもって納得していた、という描き方もできたんじゃないのかなって思っていて。
    主人公サイドのブチャラティやジョルノにつねに正義があるわけじゃないというか・・そういう描き方だったのかなととらえていたので、
    こういうふうにフーゴがジョルノの配下に戻る経緯になるのはちょっと切ないです。

    でもジョジョのノベライズの中では今のところトップに躍り出るくらい完成度、高いです。
    映像もばっと脳裏に浮かぶ描写だし、スタンドの発想もいいし、起承転結も練られているし、ひとつの物語としてはこれでひとつの完成系です。

    トニオさんの登場など、ファンにだけニヤッとくるような小ネタも忘れずジョジョ愛を見せてくれたところも含めて。

    五部が好きな人なら一読して損はなし。

  • 既存キャラが原作で抱いたイメージと異なる。

  • フーゴがあらたに前を向いて進んでいけるようになるのが嬉しい。

    ジョルノ様にもなんとなく慣れなかったけど、それ以上に慣れなかったのはミスタ様…読んでてくすぐったいんですよミスタ様って呼ばれ方…

    暗殺チームはどうやっても報われなかったのかとかまさかのトニオさんとか、小説版でやってくれたのも嬉しい。完全な公式設定にならない辺りの自由さが。
    ブチャラティチームの回想も好き。

    4以外は平気なミスタが2まで敬遠してるのは照れ隠しだと勝手に思ってます。なにせミスタ“様”なので。

  • 5部の後日談、フーゴ視点で描かれています。
    承太郎や石仮面、SPW財団の繋がりまで補完されていて、完璧。ぜひ5部と一緒に読んでもらいたいな。
    とても面白かったです。

  • まずフーゴのその後というチョイスが素晴らしい。原作での空白を埋めるのが、こういう本の役目だと思う。それでいて全く蛇足になっていない。公式設定として受け止めている方も多いと思う。それぐらい面白い。

    戦闘シーンはオリジナルキャラも含めて脳内で、荒木先生の漫画になって読めてしまう。凄すぎる。そしてカッコイイ。

    承太郎が、ジョルノと石仮面の接触を警戒する辺りもさらっと織り込まれて、ポルナレフとの再会までは踏み込まず、絶妙な距離感で原作に触れる上遠野先生のセンスが冴えわたる。
    グレードですよこいつは。

  • ブチャラティたちとの離別のシーン以後、一切描かれなかったパンナコッタ・フーゴの後日譚ということで、期待して読んだ。が、その期待以上の面白さだった。
    フーゴの心情描写はもちろん、『まだ全員が健在であった』ブチャラティチームの過去の回想は5部が好きなファンとしてはたまらないし、オリジナルキャラクターたちやスタンドも、ジョジョの世界観に合ったものばかりで、とても楽しく読めた。
    ラスト、ジョルノとフーゴの会話のシーンは情景が目に浮かぶようだった。是非荒木先生の絵で見たいと思った。

  • 誰もが気になるフーゴのその後がしっかりと書かれていて、とても満足。フーゴがただの裏切り者で終わらなくてよかった。
    護衛チームの面々とのエピソードが回想で出てきて、ただその後が書かれているのではないところが嬉しかった。
    他の部に出るキャラとの繋がりを持つキャラが出てきたりもして、著者のジョジョ愛も感じれました。

  • “VS JOJO”第1弾!!
    上遠野浩平VSGIOGIO!!
    “裏切り者(フーゴ)”が辿る運命とは。

    これは一歩を踏み出すことができない者たちの物語――。
    多くの犠牲に末に“ボス”を打ち倒したジョルノたち。
    しかし、彼らと袂を分かった少年・フーゴの物語は、未だ終わっていなかった…。
    舞台は第5部完結の半年後、描くのは上遠野浩平!!

    第5部中盤で離脱したフーゴの物語。
    その“獰猛”な能力ゆえ作者に物語から弾かれた彼だったが、このような物語があってもおかしくはないと素直に思えた。
    ちょこちょこと原作ネタが盛り込まれてはいるものの鼻につくわけでもなく、
    スタンドバトルの描写以外は非常に良質だったと思う。
    フーゴの、内省的な部分と、過ぎ去っていった者たちの不在が際立って、良い物語でした。

  • なんて素晴らしい後日談なんだろう。不在のはずのブチャラティの存在の大きさにまず感動するし、アバッキオ、ナランチャといったかつての仲間たちの姿も、ありありと思い浮かべられる。この本を読む前はスタンドなんてビジュアル化してなんぼだろ、という気持ちがあったことは正直に告白しますが、ジョジョの世界に十分浸っている自分にとっては、全く問題にならなかった。頭の中ではつねにビジュアライズして読んでいたのだと思う。フーゴの内面描写においては、これは自分だ、と思ってしまうほどに感情移入して読めた。特にチームから離反する場面の心理描写が丁寧で、原作では「なんでだよフーゴ」って思ったきりだった気持ちが、ちゃんと決着できた。5部が好きな全ての人に読んでほしいと思う。ほんとうに素敵な物語をありがとうございました。

    みなさんの引用も素敵
    http://booklog.jp/item/1/4087806162/quotes

  • このvsノベライズシリーズでは最高。一番最初に発売されたのが勿体ないくらい。

  • ジョジョ5部、猛毒というある意味で最強の能力を持ちながら、ボスに反旗を翻す決意をしたブチャラティについて行けなかった、1歩踏み出すことのできなかった男フーゴの、その後の物語。
    オリジナルの登場人物やスタンドが出ますが、原作の設定と違和感がなく、これがそのまま公式設定と言われても信じるレベルですし、5部以外のほかのジョジョとのつながりもおもしろかった。
    バトルシーンなど、ジョジョっぽさを出しつつ、登場人物をより深く描いていることが素晴らしく、より5部のキャラクターたちを好きなることができました。

全311件中 1 - 25件を表示

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-に関連する談話室の質問

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-の作品紹介

舞台は第5部完結の半年後。"裏切者"パンナコッタ・フーゴのその後どうなったのか。

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-の文庫

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-のKindle版

ツイートする