JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

  • 1237人登録
  • 2.87評価
    • (40)
    • (74)
    • (182)
    • (106)
    • (53)
  • 213レビュー
  • 集英社 (2011年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087806304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENの感想・レビュー・書評

  • 某所では散々な評価をされていると聞いていたのと、以前読んだこの作者のノベライズが、個人的にあまり好みで無かったので敬遠していたのですが、友人から『手記としては面白い』と聞いて借りたので勇気を出して読んでみました。

    『DIO』が書いた彼自身の数奇な半生と『天国へ行く方法』についての手記、という体で展開していくので、物語性はほぼなし。というか、原作を知らないと何が書いてあるかすらわからないと思います。
    原作に目を通さず、これに手を出そうという人はそうそういないと思いますが、『アニメを見てディオを好きになったから取り敢えず読んでみようかな』で読んでもさっぱり面白くないと思うので、そこは注意が必要。
    最低でも3部まで、すべてを把握するなら6部まで、更に深読みしたいなら7部まで読み切っている、というのが目を通すにあたっての必須事項でしょうか。
    なんというか、色んな意味でハードルが高いです。

    多分私はディオ・ブランドーという人のことが『とても好き』なので、そういうフィルタがかかってます、という上での個人的な感想。
    彼のことを『完全無欠の悪の帝王』だと思っているとこんなキャラじゃない!と怒ることになりそうですが、個人的な印象として、ディオという人はすぐに調子に乗るし、間の抜けたところもあるし、子供っぽいし、なんというか割と駄目なところも多い、という印象を持っていたのでそれほどギャップを感じませんでした。
    カリスマ、って完璧、って意味とはちょっと違うというか……
    むしろ『こんなに駄目なのにそれでもついていきたい』と思わせてしまうのがカリスマなんじゃないかなあというのは個人的な感想ですが。

    本当に色々と雑多に書いてあるので、どこがどう、と述べるのは難しいのですが、個人的には彼の生い立ち……ジョースター家に引き取られるまでの話と、聖女概論、チップの色分けについて、時間と引力について、何より『棺桶』の話が大変興味深かったです。
    ジョナサン・ジョースターに対する評価・見解は、さすがに的を射ていて笑ってしまいました。ああーありそう、ありそう。
    話題があっちこっちに行くのは手記だから仕方ない……というか、まあこうなるだろう、と思います。
    凄く重要なことも書いてあれば、どうでもいいようなことも書いてある。
    そういうところがすごく『らしい』と感じました。
    西尾維新の文章なのでくどくて冗長にも感じるのですが、『手記』という体裁なので飲み込めます。
    これが『小説』なら放りだしてたと思います。

    すっごく面白いというわけでもない、ワクワクもしなければドキドキもしない。そんな『ジョジョらしくない』作品で、人に勧めるのもためらいます。
    正直言って私は『面白い』とは感じなかったんだと思うのですが、それでもぼんやりとした何かが残る、そんな読みもの。
    愛しさには足りない。切なさと呼ぶには頼りない。
    怒りはない。失笑苦笑は少し。穴が空いたような感覚も少し。
    他人の日記を読むのは背徳、それがあのディオのものであるならなおさら『いけないもの』を見ている気がしてどこかソワソワする。

    『DIO』に過分な期待や思い入れを持っていない人なら、『こういう視点もあるのか』という楽しみ方が出来ると思います。

  • うーん、わかってたけどダメだったね!笑

    『ジョジョの奇妙な冒険』の、DIOを主役において
    DIOによる手記、という形をとったスピンオフ小説。
    まさかの西尾維新。

    自分の中で、「ディオ・ブランドーってどういう人なのフェスティバル」が
    開催されてしきり、
    そのヒントを少しでも得たくて読んだんだけど、
    これは、プロがお金を取って出していい本じゃないと思うなあ。
    PIXIVとかで投稿されててもブックマークしないレベル。

    まず第一には構成がまずくて、
    ①1部の出来事の回想
    ②3部の出来事の進行
    ③6部裏(プッチ神父との交流)
    の三つを交互にまわしてくんだけど、テーマがバラバラで
    ①に至っては、「ぼくの考えた1部解釈」を読まされているような気持ちに。

    いちいちごていねいに1部の場面やセリフを再現してくれるんですが、
    そんなもんいちいち勝手なモノローグつけて再現してくださらなくても知ってますという感じが強すぎる。

    いっそのこと、これ、論文にした方がきっとよかったよこの本。

    キーワードは「奪うもの」「与えるもの」「受け継ぐもの」「捨てるもの」。
    このキーワードの設定はうまいと思う。
    ディオは「奪われるもの」から「奪うもの」になって、
    「受け継ぐもの」だったジョナサンを憎んで、
    そのジョナサンは最後に「与えるもの」になる。

    DIOの前に立ちふさがるのは「受け継ぐもの」であるジョセフと承太郎。
    DIOがあのとき生き残ったのはエリナによる救済、という解釈から
    「与えられるもの」となったDIOは、最後には
    プッチ神父へ「与えるもの」に変わるわけだよね。構造的には。

    このキーワードを使って論文を一本書いてくれたらもっと
    すっと読める。本当に。

    小説として致命的なのは、いちいちの場面に対して「DIOのモノローグ」みたいなものを入れてくれるんだけど、それがいちいちとんちんかん。
    DIOというのを一人の人間として同情的に描こうとしすぎている印象。
    DIOはある種悪のカリスマだから魅力がある、と思っている人は絶対に
    読まないほうがいいですね。私もそのタイプなんですが。

    肉の芽によってスタンドが極端に弱体化する、とかいうのも
    3部のバトルを愚弄してんのかレベルの不要な設定。

    このDIOは「迷えるDIO」なので、ハイになりそうもありません。
    あと、統率力もないみたいです。

    西尾維新だめだろうなあと思いながらダメもとで買ったら
    やっぱダメだったなあ。
    そもそももうちょっと文体なんとかなんないものかな。同じ表現多すぎ

    というわけで☆2つは美麗なカバーイラストと、レビュー中で述べた
    「~もの」論を評価してのもの。
    読むにはまったく値しないと個人的には思います。

  • DIO様信者として購入し、読んだ後はなんともいえない気持ちになりました。
    この本は大分酷評が多いみたいですが、所詮これはDIO様のノート、独り言です。
    吸血鬼にも弱いところがあっていいんじゃないだろうか。人間でなくとも、母に救いを求めてもいいのではなかろうか。
    悪をぶちのめし、悪人を悪人と見なし救わないジョースターに救われることの無かった彼は救われてもいいと思うのです。
    人間賛歌を歌っている作品なんですから、いくら人間をやめていても、彼は救われて欲しいのです。
    生まれついての悪人なんてやっぱりいないのです。

    さかさかと読めるのも無駄を省いている感じで、私はこのようなDIO様がとても好きです。
    要は捕らえ方次第ではないかと。

  • 西尾維新は西尾維新にしかなれなかったなあと思いました。
    どうか勘違いしないで頂きたいのですが、私西尾維新氏の作品は好きです。少なくとも単行本化した物は全て読破しております。
    その上で、彼は戦闘シーンの描写はそこまで得意ではないなあと、以前から思っていました。人間思考の渦巻きや言葉遊びこそが彼の本領であり、味だと思うのでそれは別に悪くは無いんです。悪くないどころか私はそういう点が好きなので。ごく個人的には、無理に挑戦するよりも彼本来の持ち味を生かして書いたほうが結果面白くなるのではと思っていましたが、ただまあ、今回はジョジョのノベライズということですし、ジョジョといえばやはり熱い戦闘。そこをどう攻略してくるかが非常に楽しみでした。
    あともう一つ気になっていたのが人称の問題です。彼の作品は殆ど全て一人称で構成されています。彼の作風のままでいくならば今回も確実に一人称になる訳です。先程も申し上げた通り、私は彼の作風を生かすべきだと考えていました。しかし、そもそもがあれだけ個性の詰まったキャラクター。そして読者それぞれがそのキャラに対して抱いているイメージと理想と言う物があるわけで、それを壊さないように書くことは、一人称では本当に難しいのではないでしょうか。そして致命的な問題が一つ。

    ジョジョキャラってそんなうだうだ悩まないんですよねー
    そして言葉遊びを繰り返すよりはインパクトのある一言でビシッと決める。

    それがジョジョに登場するキャラクター達の特徴であり、だからこそあれほどスピード感のある物語になるわけです。まあつまり何が言いたいかっていうと、西尾維新氏の作風とジョジョキャラの相性が悪すぎるという。

    ここまでは発表された当時に思いました。
    で、発売間近になって、『DIOの物語!』と判明して「ぅええええええええええ?!」となりました。
    よりにもよってDIO様一人称かよ、と。
    あんな、人間を超越して、確固たる信念と野望を持ち、迷いなんて無さそうな、キャラクタを、一人称で?
    相性が悪いにもほどがあるっていう…。西尾氏の得意な人間の思考の迷いとか葛藤を描くにしたって、DIO様は人間を超越しています。
    また、例えばかの名言「貴様は今までに喰ったパンの枚数を覚えているか?」。これも一つのレトリックですが、これは西尾維新の言葉遊びとはベクトルが違いすぎます。
    西尾維新なら「僕は今までに何回食事をしただろう。朝昼晩と規則正しいいただきますの中でいったいいくつの米粒を噛み砕きすり潰し咀嚼し飲み込んだだろう。誰もそれを数えちゃいない。それで正しい。間違っていない。幼いころよく米の一粒一粒に神様が宿ると言い聞かされたものだが、それで言うならば僕は知らぬ間に、いったい何人の神様を食いつぶして来たんだろうか。僕はそれを数えちゃいない。数えるつもりも無い。ところで君はどうなんだい?何人の神様を食い物にしてきた?」
    くらいに文が伸びると思います。例えの文章内容が稚拙なのは勘弁して下さい。
    はてさて、それでじゃあどうすんだろう、と。

    私が考えたのは三つです。
    まず、一人称ではなく三人称にしてしまう。そうすればこの問題は一気に解決できます。ただし、作風には合わないので出来がどうなるかは微妙ですが。
    二つ目、DIOを傍から眺め続けた第三者視点の一人称で進めてしまう。これが一番可能性としてはありかなと思いました。オリジナルキャラを出す訳ですから、既存の枠には囚われませんし、そのキャラがどんなに思い悩む奴でも別に構わない訳です。
    そして三つ目。DIO様一人称で進める。正直これは無いだろうと思っていました。ファンが少ないキャラならばともかく、ジョジョの根底を支えるキャラクターです。皆それぞれ理想のDIO様像を持っていて、しかもそのハード... 続きを読む

  • 自分のディオ像とのずれを感じるときはあったけど、原作エピソードからの話のつなぎかたはうまいと思った。

  • ディオの手記。3部のジョースター一行がエジプトに向かっている時のディオの行動や心情が描かれています。面白いです。
    人間をやめたディオだけどこれを読むとやっぱり人間なんだなと思えます。後悔したり、不安になったり、怒ったりなかなか人間らしい。幼少期からジョナサンの肉体を手に入れるまでやその後の心情も記されていますが永遠の敵はやはりジョナサンらしくなんだか嬉しい。
    最後の方のエリナがディオを助けた説はなかなか面白いけど、エリナはそこまで聖女なのか、あの惨状を見てディオに情けをかけられるのか疑問。しかし、ならどうやってディオは助かる事ができたのか・・・・謎です。

  • 常に歴史は正義の勝者について語られるなか、悪の敗者であるディオの直筆という形でこのような本が発売されたことに大変感謝。
    内容としては、私は人間的で汚くて感情的で器が小さいディオ様がとてつもなく好きなので震えながら読ませて頂きました。
    そして、(上記の通りドス黒い悪役、しかもカリスマの割には小物っぽさが漂う)ディオを全力で肯定し、むしろジョースターが悪ですらあるかのような視点が素晴らしかったです。(誤解されそうですが、私は悪の帝王であるカリスマ性溢れるDIO様も大好きです)
    全体の評価が低いのは、三部ディオの信者の間では弱気で小さいディオなんて認めないッ!みたいな風潮があり、この小説ではひたすら弱気で人間的なディオが描かれていることが原因かと。
    また、作者さん独自の考察要素があり、その内容はとても秀逸でした。賛否両論あるかとは思いますが。

    ただ、個人的にこの人の文章の書き方が好きになれないという点はありました。あまり綺麗じゃないな、と。
    魅せ方、表現、言い回しにおいて上手くないと思ってしまいました。
    ジョジョっぽさがないというのはむしろ好感的ですが、所々名言を狙ってる感じがしました……。とはいえ全て許容範囲でした。
    ジョジョを知らない人が読む前提が成り立たないので、原作を知らない人にはおすすめできませんね。
    また、絶対的なDIO様が好きな方としては、受け入れられない内容だろうと思います。
    私は買って大正解でした!さらにディオ様を好きにならせてくれる素敵な内容を、ありがとうございました。

  • なるほど賛否が2:8くらいで別れそうな一冊ではある。
    が、本書における本編は、いわばこの一冊そのものが3部におけるDIOの過程を綴った日記であるので、すなわちそれまでのDIOを"肯定"するものと考えるのが妥当なのだろう。なればこそ、3部を読んだ者ならば知るその後の展開に大きく落胆しかねないわけだが。

  • DIOの独白で全編が構成されているため、ジョジョを読んだことがない人には、意味がわからないだろう。しかし、ジョジョ好きなら、おおっというエピソードが散りばめられていて、楽しめる。プッチの前で見せたDIOの人間性をうまく絡ませた展開には、淡々とした描写とは裏腹に盛り上がりを感じる。ラストも非常に印象的で、満足の行く一冊だ。

  • 作家さんが苦手だけど、ジョジョだし…と
    思っていちおう読みました。
    案の定の結果でした。
    これがDIOだと思われると腹が立つ内容。
    ノートが彼の内面を描いたものだったとしても
    これは無い。本当に無い。

    星は一つでも良いかなと思ったけど
    荒木先生のイラストで星二つにしました。

  •  途中までは、こんなのディオじゃねえよ!と思いながら読んでいたけれど、そういうディオの「ディオ」らしくない部分を描く小説なのだと気づいてからは割り切って読めました。つまりは、人間ではないはずのディオの極めて人間的なルーツや感情を、100年前と現在を行き来しながら追っていく話なのだと。

     企画としては面白いし、原作の表現も取り込みながら(ちょっと取ってつけたような感じだけど)うまく書いてると思います。ディオが徐々に天国へのキーワード(6部に出てくる『時の加速』や『引力』など)に近づいていく終盤は、ディオからプッチに至る流れを独自に再解釈しており、「こういうストーリー付けもできるのだな」と楽しんで読むことができました。

     ただ、やはりこんなのディオじゃねえ!という気持ちを拭いきることはできません。ジョジョファンそれぞれが、それぞれの感覚に合わせたディオのイメージを持っていると思います。そう考えると、この小説はあくまで作者・西尾維新が考えるディオの物語というだけであって、一ファンの考えるディオ像が描かれているにすぎません。自分の中のディオ像と西尾維新の考えるディオ像とのズレから、冒頭に書いた違和感を感じることが多くありましたが、それは最初から仕方のないことなのかもしれません。

     それを踏まえて読めば、ジョジョファンとしてなかなか面白い本でした。西尾維新がホル・ホース好きだということが分かりました。

  • DIO様の日記。
    3部のキャラをつめこみました、という西尾維新らしい、愛情表現。
    内容自体はそんなに面白くないかも。ちょっと期待外れ。
    悪役というのは、
    「測れない」こと、「理解できない」こと、
    つまり、得体の知れなさが魅力だから、
    その彼の行動原則を、小説化するためとはいえ、
    一つの単純なストーリー、因果にしちゃうのは、微妙なのかも。

  • ジョジョ3部のラスボス・ディオが「天国へ行く方法」を探すために記した「日記」という題材で書かれた作品。

    元々強烈なキャラクターとして描かれていたせいか、または著者自身が荒木氏をリスペクトし過ぎて遠慮をしてしまったせいか、西尾氏の作風である独特の言い回しが全く使われておらず、彼の作品として読むならば少し、かなり残念なところ。
    しかし本編では語られずじまいだった彼の目的や、自分の内面を語っていくうえで出てきた人物が1部のキャラクターだったなど、いかにも「公式」らしい作品でジョジョ好きなら押さえておいて損はないと思う。3部の間ずっと書き記していたということもあって間に書かれる承太郎一行の様子などが嬉しい。

    またぼく個人としては、不評として多かった不死者となったディオの人間らしい理性的な文章も、元々ディオには理知的なイメージを持っていたので特に違和感は無かった。何故なら彼もまた、人間だったのだから。

  • このDIO様は精神的貴族に位置するので、きっと小学生女子に拉致されても帝王の誇りを失わないであろう。

    「ディオとは何だったのか」
    "史実"たる原作を、自身の手記(の再現)という形式でディオの視点から、"細かい点と点までも"つなげ、ディオというキャラクターを読み解こうとする実験的作品。原作に登場していない、"母"の影響が色濃く現れる所こそ、一番意外で一番面白い箇所だったので、それをクライマックスにしたら面白かったのに…と個人的には思ったわけですが。
    代わりに最後を飾ったのは、原作の壮大かつ重箱のスミ的な矛盾というのには正直ズッコけた。面白かったけど。

  • うーん。残念。

    このノートを承太郎や仗助が燃やしたがった?
    いやいやそれはないでしょう?
    ディオらしくないー!ってのが第一印象。

    なんかジョシっぽくてディオらしさもない。
    しかもノートの内容は、中学生みたいにつまんない。
    文章が簡単すぎてどうも。
    天国に行くことを夢見てディオの今までがあったっていう前提はそもそも、
    ジョジョの世界観としてはどうなん?って感じ。

    見つかっても大丈夫でしょ、この本。
    多分誰かがいたずらで書いたんだろうってしか思わないし、
    何の謎も機密もないもの、問題ないよ。

    最後の最後まで、どうひねるんだろう?って期待しながらなんの展開もなく終わる。
    買ってちょっと残念だったなー。

  • ジョジョのノベライズはbookとパープルヘイズと今まで読んできたけど、各先生方は、ジョジョの世界観を壊すことなくスピンオフとしては秀逸な作品を書いていたので本作にも期待していた、だけに残念。

    まず、スピンオフとは呼べない内容
    話自体がコミックのストーリーをなぞっただけで、新しい話がほとんど無い、原作を見ている人にとってはDIOのナレーション付きの回想シーン
    見ているような物。

    おまけにDIOのキャラが別物に成り下がっている、悪のカリスマDIOが「流石はエンヤ婆!」って褒めたり、手下が承太郎を倒せるよう、祈ったり、挙句にヴァニラアイス戦の後ポルナレフをもう一度部下にしようとして失敗したことを未練たらしく日記に書き込む有様。

    理解不能!

    この本を読むことでDIOのイメージを壊される人は俺だけでは無いと思う。

    こんなDIOの日記に天国に行く方法が書かれてても、承太郎は警戒して焼かないだろうし、プッチ神父も読んだら影で笑ってるよ。
    マンモーニDIOって!

  •  多くの人が、この本と「恥知らずのパープルヘイズ」を比較してしまったのではないでしょうか。
     私も、今回恥知らずと比較してしまいました。
     恥知らずが「未来補足」だったことに対し、今回のOver Heaven は「現在および過去補足」だったように感じます。
     1部のディオの「あの時」の心境は。
     3部のDIOが「あの時」何をしていたのか。
     6部のプッチが求めた天国をDIOはどういう風に考えていたのか。
    「未来補足」と「現在および過去補足」。
     どきどきするのは、断然「未来補足」のような気がします。しかし、リスクも高い。実際乙一さんの書かれた「未来補足」の本は、正直好きになれませんでした。でも、「恥知らず」は(少なくとも私の)望んでいる「未来補足」をしてくれていたので、とても楽しく読め、印象も強く残りました。
     「フーゴは仲間になるのか!?」という疑問と「DIOはなぜ天国へ行く方法を考え付くようになったのか!?」を比べると、前者の方がよりわくわくどきどきしました。
     結局DIOは世界を一巡させられず、プッチがその目的を果たすと言う「ゴール」を私は知っていたため、なんとなく感動が薄かったような。
     ここが、星を4つにした理由です。
     こんな偉そうなことを書いていますが、あくまで客観的な私の心の分析です。

     本書の内容、とても面白かったです。
     ディオから見た1部の世界。
     DIOからみた3部の世界。
     を、「人間臭いDIO」が書いた。
     そう考えれば、楽しんで読めると思います。極悪非道の悪の権化ではなく、どこか人間くさいDIO様。
     そんなDIOが見たくないなら、読まない方がいいです。

     私は人間くさいDIO様が好きなので、なんやかんや、楽しかったです。

     最後に、表紙および中イラストのDIO様のエロサは異常。
     今のタッチで懐かしいキャラを見ることができたのも印象的でした。

  • ジョジョ好きな子に読んでないの?と言われたので
    ジョジョも西尾維新もすきだけど
    1・2部があまり興味がないのと
    Amazonで酷評の嵐だったせいか
    読んでなかったんだなぁ

    DIOってこんな人??(笑)
    ってなったけど
    回顧録というか日記帳というか備忘録というか
    独白がちょっと変だったけど
    それなりに面白かった

    1・2部あんまり覚えてないからまた読みたくなった

    人間くさいDIO

  • 【資料ID】155010
    【分類】913.6/A64
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 西尾維新を少し読む様になり、かねてからジョジョは好きなので、良い機会だということで手を取った。
    こういうのはどちらの作者のことも知っていないとどうしても楽しめない、というか「私の好きな○○を、何処の馬の骨ともしれないヤツが汚した」みたいな意識になるので良くない、というのが私の考えである。

    時系列は第3部。DIOが一行の到着を待っている(訳ではないけど)間に記した手記、つまり天国に行く方法を記したノートを復元したという体のもの。
    もっと言ってしまえば、DIOの日記である。

    西尾維新らしく、DIOらしくない言葉遊びの様な、持って回った様な独り語りになっている。
    第3部のあのDIOに惚れている人にとっては、あまり認めたくない作品だと思う。

    個人的には第6部の回想シーンで気さくな感じで登場したDIOとは繋がるし、単純にシリーズの奥行きとしての解釈としてはそれなりにそれなりなので、決して悪くないと思う。
    それに一応、失われたものを第三者が復元して訳出したものだという前書きがあるので、嫌なところはその仮定で意訳されたものだと考えてしまえば良いのではないかとも思う。というか、それが荒木→西尾変換そのもののことなのだろうし。

  • 内容は「ジョジョの第一部と第三部をDioが語る」というだけで、ストーリーが有って無いようなものだった。良くも悪くも公式同人誌だなあ。

  • 三部ディオ目線の一部三部六部についてのお話。
    原作三部ではちょっとこういうディオは想像できないけれど、外伝と思えばかなり楽しく読めました。三部の補完や、一部の最後のシーンが本当なのかは原作者にしかわかりませんが、納得はいきます。しかしジョナサンとエリナがとにかく格好良くてそれだけでも読んだ価値がありました。

  • 「化物語」の著者 西尾維新が描くJOJO。主人公はDIO!という期待感で購入したものの、中身はまぁフツウ。人によってはきっと駄作と評するのだろうなぁと思いつつ、でも西尾スタイルに馴れている僕はスイスイ読めました。でも、別にやっぱりフツウ…より若干下回るかも。
    JOJO第3部の主人公 空条承太郎の手によって焼き捨てられたDIOのノート。かつてDIOが探し求めた「天国」とは何なのか。といったストーリーなのですが、そもそもこの程度の内容だったら焼き捨てる必要もなかったんじゃないかと思わなくもないです。うーん。

  • 初めて読んだ、西尾維新。なので『らしさ』等は分からんけども、読みやすくて良かったと思う。
    Dio視点ってのも面白かったし、かなり人間らしさが出てて少し親近感が湧いた。

  • オヤジ悪いねー

全213件中 1 - 25件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「読みたい」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「積読」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENの作品紹介

かつて空条承太郎の手によって焼き捨てられ、エンリコ・プッチ神父が切望したDIOのノート。世界の深淵で、DIOが探し求めた「天国」とは。小説家・西尾維新が、禁断の手記を再生する。"VS JOJO"第2弾。

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENはこんな本です

ツイートする