JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

  • 1227人登録
  • 2.87評価
    • (40)
    • (74)
    • (181)
    • (106)
    • (53)
  • 213レビュー
  • 集英社 (2011年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087806304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENの感想・レビュー・書評

  • ジョジョ好きな子に読んでないの?と言われたので
    ジョジョも西尾維新もすきだけど
    1・2部があまり興味がないのと
    Amazonで酷評の嵐だったせいか
    読んでなかったんだなぁ

    DIOってこんな人??(笑)
    ってなったけど
    回顧録というか日記帳というか備忘録というか
    独白がちょっと変だったけど
    それなりに面白かった

    1・2部あんまり覚えてないからまた読みたくなった

    人間くさいDIO

  • 【資料ID】155010
    【分類】913.6/A64
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 西尾維新を少し読む様になり、かねてからジョジョは好きなので、良い機会だということで手を取った。
    こういうのはどちらの作者のことも知っていないとどうしても楽しめない、というか「私の好きな○○を、何処の馬の骨ともしれないヤツが汚した」みたいな意識になるので良くない、というのが私の考えである。

    時系列は第3部。DIOが一行の到着を待っている(訳ではないけど)間に記した手記、つまり天国に行く方法を記したノートを復元したという体のもの。
    もっと言ってしまえば、DIOの日記である。

    西尾維新らしく、DIOらしくない言葉遊びの様な、持って回った様な独り語りになっている。
    第3部のあのDIOに惚れている人にとっては、あまり認めたくない作品だと思う。

    個人的には第6部の回想シーンで気さくな感じで登場したDIOとは繋がるし、単純にシリーズの奥行きとしての解釈としてはそれなりにそれなりなので、決して悪くないと思う。
    それに一応、失われたものを第三者が復元して訳出したものだという前書きがあるので、嫌なところはその仮定で意訳されたものだと考えてしまえば良いのではないかとも思う。というか、それが荒木→西尾変換そのもののことなのだろうし。

  • 三部ディオ目線の一部三部六部についてのお話。
    原作三部ではちょっとこういうディオは想像できないけれど、外伝と思えばかなり楽しく読めました。三部の補完や、一部の最後のシーンが本当なのかは原作者にしかわかりませんが、納得はいきます。しかしジョナサンとエリナがとにかく格好良くてそれだけでも読んだ価値がありました。

  • 「化物語」の著者 西尾維新が描くJOJO。主人公はDIO!という期待感で購入したものの、中身はまぁフツウ。人によってはきっと駄作と評するのだろうなぁと思いつつ、でも西尾スタイルに馴れている僕はスイスイ読めました。でも、別にやっぱりフツウ…より若干下回るかも。
    JOJO第3部の主人公 空条承太郎の手によって焼き捨てられたDIOのノート。かつてDIOが探し求めた「天国」とは何なのか。といったストーリーなのですが、そもそもこの程度の内容だったら焼き捨てる必要もなかったんじゃないかと思わなくもないです。うーん。

  • 初めて読んだ、西尾維新。なので『らしさ』等は分からんけども、読みやすくて良かったと思う。
    Dio視点ってのも面白かったし、かなり人間らしさが出てて少し親近感が湧いた。

  • 自分のディオ像とのずれを感じるときはあったけど、原作エピソードからの話のつなぎかたはうまいと思った。

  • 乙一の「The book」の衝撃まではいかないものの、新たなDIO像に迫ることができた。漫画では「無駄無駄ァ!」と終始ハイテンションの完全無敵なラスボスっていう印象が強いが、彼が自分の内面をじっくり見つめていて、実はジョースター一族を意識しているようでしていない、意識しているのは「天国への道」というのはアリな気がしてきた。これを踏まえて6部のラストをじっくり味わってみたいなと思った。

  • 母親の影法師を追い続けながら、妄想の海でおぼれている。なんて哀れな人なんだろう。

    承太郎がこの日誌を焼き捨てたのは、憐れんだからではないだろうか。それとも、こんな人間のために仲間たちや多くの人々が犠牲になったことにたいする憤りのためだったかもしれない。

    アニメが終わったら原作を読み始めようかと思っていたけれど、もう読みたくなっちゃった。

  • ディオの日記という形式を取ったスピンオフ小説。でもディオの格好良さが微塵も生かされていない!

    3部のスタンドバトル中も呑気に日記書いてるんかい。筆まめかい。

    こんな貧弱貧弱ゥ!!なディオの自己陶酔日記、読んでも無駄無駄無駄…!!!いや、読了したけども。

    こじらせまくりの中二病、しかもマザコンと、ディオ像が歪んでいきますよ。
    装丁と挿絵はさすがにブラボー!おおブラボー!!ですが。

  • DIOではない誰かの手記。

  • 【悪の救世主ディオが追い求めた『天国へ行く方法』とは何だったのか?】
    ・荒木飛呂彦先生のJOJOシリーズのスピンオフ小説。シリーズを通じて主人公ジョジョの一族に立ちはだかる悪役であり好敵手でもあるディオの遺した手記の訳書という設定。正直、JOJOファンではない西尾維新ファンには向かない作品である。しかしそもそもJOJOファンである西尾維新による、JOJOファンの為の、JOJO本なのだ。それ以上でもそれ以下でもなく、それで充分だろう。
    ・本書は悪の救世主と呼ばれた男、ディオが亡き母の口癖から『天国へ行く方法』を探すにあたって書き留めた手記。その方法が判ったという処で本書は終わっている(第三部で主人公承太郎のチームとの戦いに赴いた為未完となっている)のだが、その断片から察するに、『天国へ行く方法』とは即ち、『運命を受け入れる覚悟』を手に入れることであろう。つまり、JOJOシリーズを通じて描かれる『人間賛歌』はJOJO達だけではなく、その敵役ディオにも受け継がれているということだろう。
    ・人生には困難が付き物だ。尚且つ、その困難は克服できるものばかりではなく、むしろ容易に克服できる困難は困難とは言い得ないだろう。してみれば、その困難に対して人間が為し得ることと言えば、『運命を受け入れる覚悟』を決め、精一杯の努力でその定めに対して抗うことだろう。それこそが荒木飛呂彦先生の描く『人間賛歌』なんだろう。

  • ジョジョ好きとしては読む価値なしです。がっかりです途中で投げ出しました。

  • 本作に描かれるディオの人物像には、賛否両論あると思うけど、ディオというキャラクターに対する想いは、人それぞれなのでこれはこれで良いと思うし、手記のような形で読み物としてはそれなりに面白かったと思う。

  • 私は西尾さんの作品は好きです、ジョジョも好きです。

    ですがこの作品はどちらの良さもこれっぽっちも出ていない
    西尾さんは自分なりにジョジョワールドの保管をしたかったかもしれないが、結果としてジョジョファンには違和感を、西尾ファンには氏の持ち味を感じられない
    全くの駄作となっています。

    評価値はどちらも好きなだけに敢えての低め

  • 人間をやめた男、DIO。
    彼の目的とは?
    マンガの三部を読むと違和感がなくてもこの小説を読むと何かおかしく感じる。
    DIO日記書いてる暇あればジョジョ一行をなんとかしろよ!

  • 表紙と中のカラーイラストがめちゃくちゃ格好良い!
    賛否両論ある作品だけど、個人的には好き。
    「DIOのノートを復元」と作中に明記してある通り、小説というよりは日記を読んでいるような感じでした。

  • 富士山帰りの高速バスで読了(102/100)
    ジョジョ第三部中のDIO日記。
    賛否ありそうだけど、これはこれであり。

  • 正直、つまらない。
    原作のキャラクターイメージを壊す小説。原作へのチャレンジと取れなくもないが、ストーリーもほとんど原作をなぞっているだけ。

  • 西尾先生は本当にジョジョが好きなんだなあ、と素直に思った。感嘆を超えて感動すら覚えた。
    そんな西尾先生がもっと好きになった。
    1・3・6部からディオ(DIO)に関する記述を拾い上げ、3部当時のDIOの書いた手記としてまとめてある。
    コミックスの断片的な情報からよくもまあここまで想像を膨らませたものだと驚く。その上、些細な疑問や矛盾も許さず丁寧に考察・解説されている。
    手記という形なのでストーリー性は全くなく、盛り上がりも何もないが、DIOのどことなく哀愁漂う語り口に引き込まれてしまった。

    レビューを書こうとして評価の低さに驚いた。
    しかし、西尾先生の描くDIO像と読者の思い描くDIO像がかっちりはまらなかった場合、この本には何の面白みも感じられないのかもしれない。
    個人的にはとても興味深く、面白い本だった。

  • 思った以上におもしろくて一気に読了。

    DIO日記。
    一部と三部と六部を拾い読みした気にもなったけれど、感傷的かつ観察的な文章でわりに好きだった。

    主人公補正の前には対悪は勝てないんだよなーってぼやいてる感じもある。

    ちょっと笑ったのが、DIOがジョナサンジョナサン言っているところ。
    原作では愛称でずっと呼んでいたのに。

  • ディオの人間味が表現されていて良かった

全213件中 1 - 25件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「読みたい」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENを本棚に「積読」で登録しているひと

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENの作品紹介

かつて空条承太郎の手によって焼き捨てられ、エンリコ・プッチ神父が切望したDIOのノート。世界の深淵で、DIOが探し求めた「天国」とは。小説家・西尾維新が、禁断の手記を再生する。"VS JOJO"第2弾。

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENはこんな本です

ツイートする