政と源

  • 2689人登録
  • 3.63評価
    • (161)
    • (475)
    • (452)
    • (57)
    • (6)
  • 456レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 集英社 (2013年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087806854

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

政と源の感想・レビュー・書評

  • 東京の下町、ジイさん2人とそこに絡む連中のとある日常。悪くない。もうちょっと読んでいたい気になりました。こんな関係でいられる友人が自分の周りにいるだろうか…

  • いい関係性
    ちょっと羨ましい おじいちゃんになるまで仲いいなんて!

    色々な悲しみや葛藤や痛みの経験値が 器を大きくしていくんだなぁと

    すてきに歳をとろう!

  • 片や元銀行員、片やつまみ簪職人。
    性格も生き方も、まったく違う二人の老人。

    連続短編で、分かりやすく家庭を丸投げした男と
    好き放題生きている男。
    確かに、職人の方が人生的には楽しいかと思いますが
    父親に…というのはどうでしょう?
    隣の芝生は青い、といいますから…。

    話が進むにつれて、すがすがしいほど
    家庭を放置してきた、元銀行員。
    この世代ですから、そりゃ言われるでしょう、な話で
    24時間こき使われるのは当たり前。
    同じ立場になれば、出て行きたくなるのも当然です。
    長い休暇を渡した、と思えばいいのでは?
    本人はいい人、ではありますけど…。

  • 楽しい年寄り、温かい気持ちになる。

  • 図書館で借りたもの。

    BLっぽいイラストに戸惑ったけど、コバルトで連載されてたと知って納得。
    (内容もほんのりBLの香りが)
    源(堀源二郎)はつまみ簪の職人
    政(有田国政)は元銀行員
    ともに73歳のおじいさんコンビ。
    ずっと仲良くできる幼なじみっていいなぁ。

  • 皆、源二郎みたいになりたいと思うが、現実は国政みたいなことが多いかなと思う。他人と比較しても仕方ないし、悪いことばかりじゃないよねって感じです。

  • とても穏やかで幸せであたたかな話だった。
    こんな風に一緒に歳を重ねていける人がそばにいることがとても羨ましい。

    そして所々で胸にぐっときて泣きそうになってしまった。

    ほんと素敵だった。

  • どうしても「三匹のおっさん」を思い出してしまいます。こちらは「二人のおじいさん」ですが。
    イラストがかなり美化されていて楽しいです。装丁も素敵です。

  • 配置場所:広呉図書1F
    資料ID:93136313
    請求記号:913.6||M

  • 面白かった。国政にも源二郎にも、個人的になんか重なる要素はあまりないにもかかわらず、泣けちゃった。
    いいなあ、70代の男の友情。国政の胸のうちも、どちらかというと出て行った妻清子の思いの方が、容易に想像つくから、共感はできないのに、なんか、不器用さを愛でたくなる気持ちにさせられた。徹平とマミのカップルもいいなあ。思い出語りに出て来る、源と花枝のエピソードも、とてもドラマティック。登場人物もみな魅力的だけれど、なにより政と源の、まったく違うふたりが、お互いを必要とし合い、気遣いし合い、ときにぶつかるその関係性が、愛おしかった。ひとり、こういうひとが会えるところにいてくれたら、人生悪くないよね。ひととひとが縁あって出会い、なにかの節目をともに迎えることができるほどの距離にいられるって、すてきなことだよなあ。胸の奥がぽっとあったかくなって読み終えた。70代、独居の方が読んだら、まさに身につまされるところがあるだろうか。さみしくて、ときどき笑えて、ときどき顔をしかめつつ、、でも満たされるお話でした。秀逸!

  • POPかくならーってだいぶ迷ったけど
    頑固じーさんも反省するんです!
    頑固じーさんラブレターを書く
    とか?笑
    .
    .
    .
    .
    こんなおじいちゃんたちいそう…って終始思いながら読み進めました笑
    三浦しをんさんの本は読みやすくて、自然と入り込めるから大好きだなーと何を読んでも思ってしまう。この人情味あふれる下町の雰囲気が政さんと源さん2人が登場するだけて伝わるし、ちょこちょこほっこりしたな。

  • ■ 1674.
    <読破期間>
    2016/10/12~2016/10/21

  • 友情 愛情 両方読めます。
    何気ない日常が愛しいお話。
    恥ずかしながら、この作品で「つまみ細工」を知りました。

    源さんが豪快でかっこいいお爺さんです。

  • シチュエーション的に面白いのだが、中身が薄く感じた。いわばありきたり感がある。

  • 元銀行員のお堅い国政と、奔放な自由人で「つまみ簪」職人の源三郎、水路のある下町で暮らす73歳のおじいちゃん二人の友情もの。

    それなりに楽しく読めたけど、子供むけというか浅いというか、今ひとつ食い足りない気持ち。どうやらコバルトで連載していたようで、まさにライトノベルだから仕方ないのか。BL風のイラストもちょっと苦手だった。

    下町っぽさや簪職人など、設定として悪くないのにあまり風情が伝わってこなかったのはどうしてだろう。勿体ない。政と源、おのおののキャラクターもテンプレ的でとくに目新しさはなく。

    源三郎の弟子の徹平とその彼女のマミちゃんなどの配置は良かったと思う。随所でくすっと笑えた。

  • 幼なじみの73才男子二人、簪職人と妻に捨てられちゃった政

  • 「俺たちが見られなかったとしても、来年も再来年も桜は咲くさ。それでいいじゃねえか」
    ー堀源二郎


    つまみ簪職人の堀源二郎と
    元銀行員の有田国政による
    Wジイさんの強い友情が素敵。

  • 最高!ジジイ最高!!BLじゃなくてGL!!!生涯かけて愛したのは実はお前だった、、的な。運命の女はいるけどどの相手よりもお前と過ごした時間が一番長い、、的な(違います本編は至極真っ当な爺友情ものです

  • いいもんですみなさ~ん!歳を取っても変わらない友情ってのは。ほしいなあ私も。

  •  つまみ簪職人の源次郎と元銀行員の国政は、ともに73歳を迎えた幼馴染み。
     源次郎は弟子の徹平と賑やかに暮らしているが、国政は妻も嫁いだ娘のところに行ってしまい、1人暮らし。
     生活も性格も対照的な2人の下町人情劇。

    ------------------------------------------------------------------

     お話は三人称だけれど、国政さん視点。源次郎さんの内面は国政さんの目から見たもの。
     ミステリと違って、何か大事件が起きるというわけではないけれど(人生の中で起こる事件として考えれば、それなりに大きいことでもあるけれど、小説の展開としては、てことで)、キャラがみんな生き生きしていて、楽しいお話でした。

     だから、文章やキャラやそういうのは☆5なんだけれど、上記にも書いたとおり、ミステリとか冒険小説のようなハラハラドキドキが強いわけではないから、何か途中で飽きて来ちゃって、その点で☆1。
     総合して☆3です。

  • 墨田区の運河沿いに暮らす幼なじみの老人二人の日々。

  • 後期高齢者の、現役職人と嫁子に捨てられた元銀行員幼なじみお爺さん二人組の日々。
    老後に嫁子に捨てられると悲惨だが、こればっかりは日頃の行いだけではどうともならぬ。

  •  東京、下町の墨田区Y町。政こと有田国政と源こと堀源二郎は七十三歳。幼なじみである。腕のいい簪職人だがそれ以外は適当な源と、元銀行員で堅物の政は、正反対の性格だが、腐れ縁で何かと一緒にいることが多い。

     独居老人の悲しみや、空襲で焼け野原になったときの記憶など寂しく感じるものもあれば、源の弟子の結婚話など温かく感じることもあり。
     老人が主人公だからこそ人生の機微を感じるのだと思います。

  • 下町のハートウォーミングストーリー。
    主人公は70歳代の幼馴染2人なんですよ。
    片方は40代で妻を亡くしたつまみ簪職人、もう片方は70歳になった頃に妻に出て行かれた元銀行マン。
    死がわりと身近にあって、体に痛みも出てくるお年頃。

    老後の生き方についてふいに考えさせられる物語でもありましたね。
    今の団塊世代の男性もきっと、家庭を顧みずに我武者羅に働いてきた人が多いんじゃないでしょうかね。
    終着点が熟年離婚だとすれば、なんだか寂しい。

    ところで主人公のこのお二人、案外子どもか!ってくらいに拗ねたり意地を張ったりする場面もあるんですが、こんな風に長く付き合いのある関係を持てるって、本当に素晴らしいことですよね。
    それも、こんなに違う二人が。
    違うといえば、作中で登場する徹平&マミちゃんもまた素晴らしい。ちょいちょい登場する二人の幸せな姿と、困難を乗り越えようとする漢気溢れる姿にぐっときました。

    この本は素晴らしいところがいくつもあるんですが、その1つがまず装丁。和風で美しい装丁な上、中には格好良いイラストまで描かれています。
    それからところどころで登場する国政の心の声やツッコミが面白くて。
    「あそこを船で通ってるとき、俺の頭にカモメがとまったんすよ」
    「本当かい」
    (略 ※徹平のお馬鹿発言)
    "徹平くんは、カモメに脳みそを持ち去られたのかもしれないな、と国政はちらと思ったが、むろん黙っておいた。"とか、いちいち面白い。

    三浦しをんさんの紡ぐ言葉は本当に丁寧で心に届くから、物語ももちろんいいのだけど、読んでいてとても心地よかったです。
    ああ、いい物語を読んだなあという気持ちでいっぱい。

    大事な人が亡くなった時の描写で、
    「長く親しんだ景色をまたひとつ失ったさびしさは、これから少しずつ胸の底に降り積もることだろう。」とか、どうしてこんな的確な言葉が選べるんだろう。
    とにもかくにも、いろんな方面から最高の1冊でした。

  • 老境を迎え家族のことや友情を改めて感じずにはいられないとのテーマでさらっと仕上がった読みやすい小説でした。
    うん、なんだかやっぱりなという感じ。

全456件中 1 - 25件を表示

政と源に関連するまとめ

政と源を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

政と源を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

政と源を本棚に「積読」で登録しているひと

政と源の作品紹介

簪職人の源二郎と元銀行員の政国は、ふたり合わせて146歳の幼なじみ。ふたりを中心にまき起こる、人情味豊かで心温まる事件の数々。下町を舞台に繰り広げられる人情物語。三浦しをん、新境地!


ツイートする