拝啓 彼方からあなたへ

  • 252人登録
  • 3.56評価
    • (7)
    • (37)
    • (40)
    • (1)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 谷瑞恵
  • 集英社 (2014年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087807479

拝啓 彼方からあなたへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お手紙専門の雑貨屋さんというしっとりと静かな空間と自殺、怪文書、ストーカー、暴力、警察の影がチラチラする緊張感がとても良かったです。引き込まれました。
    お手紙屋のオーナーの詩穂をめぐる恋も少しあり、ミステリーとしてはツッコミどころがありそうだけど、文具好きの心に響くストーリーでした。

  • 手紙にまつわる、ほのぼの系だと思って読んだのですが…
    冒頭から、あのお手紙!

    意外とミステリー?
    人が死んでるんだし、思い切りミステリー?

  • 好きな雰囲気の小説でしたが、途中から不穏な空気が漂うミステリに。男性に対する強迫観念のようなものが感じられ、少し良い雰囲気を壊した感があった。

  • こんな物騒な展開になるとは以外だった。

  • 手紙を愛す主人公の巻き込まれていく事件。最後はそいつだったのかというサスペンス。
    なかなかよかった。

  • 手紙の素敵さが本全体ににじみ出ていて
    優しさに包まれていたお話だった。
    作家さんが心からお手紙好きな人なんだなぁというのがひしひしと伝わってきた。
    ミステリー部分は少しだけ間延びした感があるけれど
    恋愛のもどかしさも少しだけ織り交ぜるつつ、
    ほとんどふれてこないのもいいし
    親子の情を描いた一番短い手紙の章は最高に良かった。
    城山さんや夕佳ちゃんとのキャラ設定もなかなか魅力的。

  • 短編ばかりかなと思ったら、そうじゃなく繋がっていてなかなか面白かった。手紙の大切さを改めて感じた。あまり登場人物のキャラクターが好きにはなれなかったけど、夕佳と城山だけはけっこう好き。詩穂も優柔不断でお店をやっているにしてはおどおどしていたし元彼の加島もかなりいただけない男だった。ただ、詩穂の今後の成長と城山との関係は気になる。

  • 「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と
    親友の響子に託された詩穂。
    やがて死を知った詩穂は手紙を開封し、
    彼女の過去にまつわる事件に巻き込まれてゆく…。

  • 詩穂と城山…手紙と同じで想いが届くまでに時間がかかるこのじれじれ感。夕佳の存在がよい。
    そしてまさかの犯人。
    世界でいちばん短い手紙、がよい。
    手紙の文字は残るからあたたかい。

  • 続きが読みたい。

全42件中 1 - 10件を表示

谷瑞恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
宮下 奈都
藤野恵美
辻村 深月
恩田 陸
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

拝啓 彼方からあなたへを本棚に登録しているひと

拝啓 彼方からあなたへを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

拝啓 彼方からあなたへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

拝啓 彼方からあなたへの作品紹介

親友の響子に「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と託された詩穂。響子の死を知った詩穂は手紙を開封し、響子の過去にまつわる事件に巻き込まれてゆく…。ベストセラー作家初の単行本。

拝啓 彼方からあなたへのKindle版

ツイートする