晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉

  • 195人登録
  • 3.65評価
    • (24)
    • (25)
    • (60)
    • (1)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 村山由佳
  • 集英社 (2002年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087812756

晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は「猫エッセイではない」と言っているけど、いや、猫エッセイでしょう(笑)
    なにせ猫の写真(子猫なのですごくかわいい)がたくさん出てきますから。
    あ、馬とかウサギの要素も結構あるか。

    …というのは冗談にしても、著者独特の語り口で、動物とのふれあいを描いているのは、とてもほっこりとします。
    もちろん単に猫たちのことを書いているだけではなくて、それらを通して、命の尊さとか、命を扱うことの難しさとかを書いているんだけど、でもまあ、本書はとりあえずそういう難しいことを考えずに、まずは読んでほっこりとすればいいんじゃないのかなあと勝手に思っています。

    個人的には、著者の風景の描写のしかたがとても好きで、本書でも、著者の住む鴨川の景色がありありと描かれて、思わず「ああ、自分もここに住みたいなあ」と思ってしまいます。
    本書をきっかけに、村山作品に触れてもらえたらうれしいです。
    (ブクレコからの移植)

  • 猫好きさんにおすすめ一冊。
    それだけでなく、著者のライフスタイルも参考に。
    羨ましいけど、実践するのは難しいと思う。

  • 猫好きの同僚が貸してくれたので。

    写真や文章の中の猫がとても愛らしくて、
    読んでいて楽しかった。
    猫憎しだった夫が、
    だんだん猫に洗脳されていく様子も面白かったし。

    でも意外なことに、
    猫好きの私が感動したのは著者の生き方だった。

    憧れのナホバの土地を訪ねたり、
    猫との生活をはじめたり、
    馬を買ったり、農地を買ったりと
    自分たちの夢や希望をどんどんかなえていくパワフルさ。

    自由業ならではの決断力と行動力と言ってしまえば、
    それまでだが、
    自分の中の”欲”に対して、
    素直に、前向きに、
    いや無理やりにでもくいついていく生き方に、
    感動した。

  • 面白かった!
    農場がどうなるのか気になる〜!

  • 可愛いニャンコ写真に癒されます。ニャンコが苦手だった旦那様が、だんだんメロメロになっていく様子が微笑ましい。村上由佳さんのロハス生活も諸所でうかがえます。

  • こんなに猫が好きな人だったんだなぁ

  • 猫かわいいよ猫♪♪の本。猫飼いたくなるね
    うんこの世話とか、ドタバタすることとか、死んじゃうこととか、人の都合じゃどうにもならんことを受け入れられるようになれる気がする。
    まーかわいいね、猫。柔らかいんだろうなあ~

  • 猫(と馬)を中心にした、スローライフエッセイ。

    所々にある猫フォトが可愛すぎる。
    家族の事情で猫が飼えないので羨ましく感じながら読んでました。

    また、猫の子離れや契約の話など考えさせる話もあり、
    単に「猫可愛い」で終わらないところが個人的に良かったです。

  •  「真珠」という素敵な名前の猫との関わりを中心とした、何とも言えず暖かなエッセイ。表紙の猫もかわいいが、文章を読むともっとかわいい。
     舞台が鴨川で親しみを持てたと言うこともあるが、はやりの言葉で言えば「スローライフ」という奴だろうか、自然の中で肩を張らずに生きている雰囲気が伝わってくる。こういう生活っていいだろうなと思いながら、なかなか飛び込めないような生活である。
     ほのぼのとした中に、考えさせてくれる部分、声を上げて笑ってしまう部分があって、イライラした時にふっと手に取ってみたくなる本である。
     個人的には筆者の相方さんが好きだ。
    2005/11/2

  • たくさんのネコに囲まれて育った著者の話満載。
    ネコのほかにもたくさんの動物が出てきます。
    もっとネコが好きになる本。

全36件中 1 - 10件を表示

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
村山 由佳
村山 由佳
有効な右矢印 無効な右矢印

晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉はこんな本です

晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする