岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

  • 1134人登録
  • 4.44評価
    • (203)
    • (123)
    • (33)
    • (4)
    • (1)
  • 116レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2011年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087823790

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 『ルーヴル美術館特別展 LOUVRE No.9』の大阪展があまりにも素晴らしかったので「漫画!買わずにはいられないッ!」と興奮冷めやらぬうちにすぐさま購入。

    あくまでも“ルーヴル美術館”が題材となっているため『ジョジョ』の知識がなくとも十分に楽しめる。構成上原作の内容と多少食い違う設定になっているのは仕方ないのかも……。

    17歳露伴ちゃんの少しあどけなさが残る表情や少年らしい細っそりした手足に、恭しい口調。そして、まさかの初恋…?!と、なかなかに貴重なエピソードも読めるので露伴ちゃん好きの私にとってはたまらない1冊でした。(それにしてもあのギザギザのヘアバンドはいつから付けているんだろうか…笑)



    ルーヴル美術館に展示されている彫刻作品のオマージュで、キャラクターに彫刻と同じポーズをさせても全く違和感を感じさせない。むしろ、自分の作風や世界観に取り込んで、新たな形として魅了してくれる。こんなことが出来る人は本当に荒木飛呂彦先生だけだろうなぁ…!しかも、漫画執筆にあたって、ルーヴル美術館の地下へ実際に消防士さん2人の同伴付きで取材をしたりと、危険を顧みずにリアリティを追求し続ける姿勢もすごい…!

    そんな魅力たっぷりな内容が1冊にギュッと凝縮された最ッ高の作品!さらに全ページフルカラーなのもすっごく豪華です。『岸辺露伴は動かない』と一緒に並べて飾りたい!

  • ルーヴルno.9展の企画に合わせて描かれた作品。ジョジョ作品を知っていると、より楽しめます。

  • わたしの中では☆5つです。というかそれでも足りないくらいです。荒木先生の絵が好きな人、露伴先生が好きな人にとっては垂涎ものです。それはもう、だらだらです。
    だけど、ジョジョを、岸辺露伴を知らない人に薦めるかというと、難しいです。そういう人には画集としてなら、お薦めするかも…ということで、☆4つにしました。

    とにかくオールカラーという豪華さ。中身は読みやすいように抑えめのカラーで、色使いがとても綺麗でした。最初はただただページ毎に絵に見入ってしまいましたが、ストーリーが進むにつれて内容に引き込まれ、ページをめくる手が止まらず、気付いたら読み終わっていました。後でちゃんと絵もじっくり見たいと思いました。


    ココカラネタバレアリ〼(´・ω・`)


    読みながら、4部の本編と設定が違う気が…と思いましたが、調べたところ本編とはパラレルのようなものだという見解があり、納得しました。
    また、この作品自体がルーヴル美術館の企画展のためのもので、普段の漫画とは勝手が少し違うことや、露伴先生のキャラクターもマイルドにしてある、という巻末の説明を読んで、なるほど!と思いました。企画展のためのものと考えると、ここまでジョジョを保っていることが、むしろすごいことかとも思いますが(笑)

    なんにせよ、大満足な1冊でした。
    この企画展の他の作品も日本語版であるようなので、読んでみたいなぁと思いました。

  • <閲覧スタッフより>
    ルーヴル美術館の企画で刊行された日本マンガ家によるBD。キャラクターを中心に作品を構成する日本マンガ特有の作劇術をBD作品に仕上げた荒木飛呂彦の新しい試み。

    --------------------------------------
    所在記号:726.1||アラ
    資料番号:10214463
    --------------------------------------

  • ジョジョの中でも大好きなキャラ、岸辺露伴のスピンオフ。中身はもちろんだけど、装丁も素晴らしく、表紙を見せて飾ってしまっています。
    岸辺露伴のアーティスト気質なワガママなキャラがいいなぁ…。

  • あんまし…やった。奈々瀬が好きじゃない。

  • パリ旅行に行く前の記念(?)として読んだ。
    雰囲気があって良い。
    あくまでジョジョから離れないのが潔くていい。

  • 世界一周の旅で訪れたフランスはパリにあるルーブル美術館。その広さ、膨大な作品を見て、圧倒された。
    あの中になら、本書で露伴が探した「この世で一番の黒」が存在しているんじゃないか?と思わせてくれる。

    ルーブル内の彫刻を見ては、「これはジョジョ立ちだよな~」と思っていたが、本書でも彫刻ジョジョ立ちが取り入れられていた!

    ルーブルの思い出が甦ると共に、荒木ワールドの描く新たなルーブルにも触れられる、何度も読み返したくなる作品。

  • どっかうってないかな

  • 若かりし頃の露伴ちゃんぎゃわええ

  • 露伴先生の初恋。会社のデスクに飾りたい豪華本。

  • 露伴てんてーの初恋とフランス。

  • 普段本のサイズはあまり気にしないんだけど、フルカラーの大判と荒木飛呂彦先生のマンガという組み合わせに凄みを感じた。

  • きれー‼てか露伴かっこよすぎww
    露伴ファンは買うべき♡

  •  確かこれが出たとき、小説だと思ってた&高かったから買わなかった思い出がある。しかし、「動かない」を読んでしまった今、買わずにはいられないッって感じで購入。
    こちらも、まさに芸術。言葉もない位。読んでない人は、ぜひ。

  • 大きいサイズのフルカラー。
    ルーヴル×ジョジョという独特のコラボを楽しめる。
    ジョジョファンないし、岸部露伴好きのコレクターは、必携の一冊。
    個人的には、「一体いつからその髪型を続けてるんだ?」とツッコミを入れたくなった。
    (キャラ立ちという点では仕方のないことなのかも知れないが)

  • 素晴しいの一言に尽きる。ジョジョは殆ど出ていないのに、ジョジョらしい血縁とか心理戦的な要素もあり、ただルーブル美術館とコラボしたと言うよりは、ルーブル美術館と言う特殊性を利用し荒木飛呂彦氏の描きたいように描いていると言う印象。構図の美学やルーブル美術館を訪れた人なら「え、あそこ?」と思うような見せ方も心躍らせる。

    つか、やっぱ荒木飛呂彦氏は岸辺露伴大好きだよねぇ…笑

  • 【推薦文】
    ルーブル美術館で公開された、ジョジョの奇妙な冒険で有名な荒木飛呂彦先生の作品。ジョジョの魅力の一つは絵の迫力や美麗さにあると思います。ジョジョ立ちと呼ばれる独特のポージングがディモールト(とても)かっこいいです。
    (推薦者:生命科学科 B3)

    【配架場所】
    大岡山: B1F-一般図書 726.1/A

  • 漫画というより、芸術本

  • 衝撃的なかっこよさ!
    色づかいも秀逸ですねえ

    露伴のことがさらに好きになる一冊

  • 露伴ってだけで読みたい。
    しかし、高いなぁ…

  • 絵が素晴らしすぎて、読んでて息するのを忘れてそうになりました笑。いや、マジで。「息を呑む」ってこういうことか、と。
    全編カラーのこの作品は、ハードカバーで大きめのB5サイズで納得。岸辺露伴がパリに到着したときの見開きページが最高です。

  • ルーブル美術館に展示されたバンド・デシネ・プロジェクトの日本語書籍版。

    日本色が出ていて、色遣いがとても良い。

全116件中 1 - 25件を表示

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)に関連するまとめ

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)はこんなマンガです

ツイートする