かくかくしかじか 1

  • 2026人登録
  • 4.21評価
    • (275)
    • (243)
    • (114)
    • (9)
    • (2)
  • 224レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 集英社 (2012年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087824575

かくかくしかじか 1の感想・レビュー・書評

  • 東村アキコさんの自伝漫画と聞いて読んでみました。
    相変わらず血糊が多くてそこだけで面白いです。
    日高先生は怖いけど不器用に優しくて心が温まります。
    1巻は高校生の東村アキコさん。
    大学受験に四苦八苦しながらも、超能力でセンター試験を高得点出したのは凄くて笑えました。
    勉強がかなり苦手な少女だったのは意外でした。
    日高先生に捧げてる雰囲気もあり、一話一話終わるごとに哀愁漂う寂しさがあります。

  • 人間の視界の狭さや、それゆえの不合理な言動を描くのが上手な東村アキコが、自身の若い頃を描く。

    自身をモデルにした楽観的で怠惰な田舎の女子高校生が、熱心な教師にシゴかれつつも成長していく姿が冷静な批判込みで描かれており、そんな自分をしばきあげながら鍛えてくれた恩師への感謝が伝わってくる。
    また読者である自分自身も、若い頃のバカさは似たり寄ったりで、また、それを許してくれた寛大な大人たちに囲まれていたなぁ、と複雑な懐かしさに包まれた。
    高校から大学にかけての、人生調子に乗っていて、時間も行動力もあるがゆえに、ある意味一番バカさが目立つ時代…忘れたいけど、今さら忘れるわけにもいかない。

    文字が多めで、絵としての魅力はほどほど。でも、この人の作風は、元々絵付きのエッセイみたいな感じなので、あまり気にならない。
    版型が大きめなのも、東村アキコの作品に向いている(タラレバ娘は書き込みが細かすぎてちょっと良くない)

  • 全巻一気読み

    号泣。。。(T_T)

  • とってもよかった!!ものづくりに携わってる人に読んで欲しい漫画。

  • 読了。BOOK・OFFで2巻まで入手できた。1巻を夢中で読んだ。漫勉を見て買いたくなった。全巻集めたい。

  • 自伝的作品なのかな。おもしろい。でも時々悲しいことを想像させる感じになるから切ない。この人の絵好きだなあ。

  • みっちゃんがお弁当代わりにリンゴとバナナ持ってくるエピソードがすごく好き。
    あとアキコが受験結果知ってたときの奇声を上げるお母さんにも笑った。

  • 泣いた…泣いたー……ひまわりっ!から読んでる東村さんの漫画

    他のエッセイだか漫画でも、確かにこういった経緯で美大に進んだ、
    みたいなの読んだとは思うんだけれどこうやって漫画連載して
    受賞等もされるとは……すごくいいお話でしたね、何かちょっと
    先生のことを思うととても悲しいところあったけれど

    でもでも東村さんこんなに大活躍で、漫画から映画、ドラマ、
    雑誌に連載…描くこと仕事にしてて売れっ子なんだからほんとに
    すごいことですね…(わたしは一体何様目線なんだろ)

  • 毎回ちらっちら入る泣かせようとする空気が苦手

  • 全5巻一気読み。
    先生のシンプルな教えは、直接教わってない自分にもエラく刺さる。
    おっしょさんがいるって、幸せなことだ。

  • もう1話目からグッときてしまった。
    東村先生が、これだけ赤裸々に自分の過去をさらけ出して伝えたかったもの。基本的には笑える話なのに、なんだか切なくなる。それはきっと、この漫画が東村先生の日高先生への想いで溢れているから。
    一見すると怖くてめちゃくちゃな先生だけど、読み進むうちに、きっとこの人はものすごく不器用でまっすぐな人なんだっていうのがわかる。
    自分の人生を真剣に考えてくれた先生への尊敬や感謝。それから、そんな先生の気持ちに応え切れなかった後悔の念。そんなものがひしひしと伝わってくる。

    東村先生は伝えたいことを的確に、かつ面白く読ませることに長けてる。これを読んでても、「アキコ」は自分を客観視できてるし、度胸がある。(お調子者だけど)運を自分で掴みに行ってる感じ。東村先生の作品は『東京タラレバ娘』しか読んだことないけど、考えてみればあんな作品を描くのもなかなか度胸のいることだと思う。

    先生とアキコがこの先どうなるのか、続きが気になる。

  • 東村アキコいわく「ダサい過去」。泣ける。

  • 全巻一気読みした。涙なしには読めなかった。沢山の人に読んで欲しい。

  • 徒花
    一気に5巻まで読了。いいんだけど、最後だけちょっと間延びしている感じがあるのがなんか残念な感じかな。やはり絵画のテクニックとマンガのうまさというのはまったく次元が違うものなのね…というのは勉強。それから、人間の向き不向き、そして夢と目標については、大学卒業した直後の自分のことをちょっと思い出したり。

  • 2016年2月2日開巻/2016年2月2日読了

    編集長に勧められるがまま、編集長の私物をお借りして、お昼休みの1時間で読了。なんだか大きな賞をとって話題になっているということだったので、それなりの期待をもって読んだ1巻目は、大きな感動も笑も涙もなく、でも「おもしろそうだぞ」という好感と期待を持って終わった。

  • 全部読み終えて、やばかったです…泣けて。

    自伝的漫画って得意じゃないから読まないでいたけれど大賞受賞したのも納得。
    描くこと、を他の事に置き換えてみても読み応えあるでしょう。
    自分に強烈なインパクトを与えてくれる師との出会い、
    こどもの頃に、信頼できる大人と出会えることがどれほど大切か、それに尽きるような。

    それひとすじに、まっすぐであることの強さ。
    貫けない自分を責めて蔑んで落ちて泣いて、
    それでも描け、と声をかけ続けてくれる存在の尊さ。
    失って気づく時には遅いのかもしれないけれど気づいた時が始まりでもあるかなと。
    東村さんの漫画でいちばん好きな作品となりました!

  • 全巻一気読み、泣けた…。美大目指してマンガ家になった人の自伝なんて、1ミリも自分と重なるところがないからいいやと思ってたのだが、マンガ大賞を取ったことで食指が動いた。(賞の効能) 若いときにお世話になった人に不義理をした後ろめたさ、希望を持って進学したはずなのにバカ大学生になってしまった痛さ、いろいろ思いあたるわー…。個人的な自伝を普遍にしたすごさ。自分用に「描け」を「書け」に変換。

  • 小さい頃に通ってた町の剣道道場、そして大学卒業して通ったジャズ音楽学校、どちらも激しく厳しくいつも逃げ出したかったこと・そしていつも厳しいくせにたまーに褒めてくれた先生を思い出しながらほろ苦気分で読んだ。そして、絵画教室に通いたくなった。

  • 「漫勉」で知りました。こりゃ面白い。

  • 安野モヨコといい、やたら面白いエッセイを書く女性少女漫画家は多い。東村アキコさんもそれ系だと実感(海月姫巻末漫画の時からそんな予感はしてた)全美大受験者が共感出来る筈。今迄あまりそういう漫画はなかった。ダウンジングセンター法凄いなと思う。廃止になってなければ、私もこの作戦でいった方が良かった筈だ。きちんと指導してくれる先生が良い先生だということを改めて思った。私も形を見てくれる先生が欲しい。試験内容と画風を見た感じ東村アキコさんは油志望だと思うんだけど、入学後ギャップを感じることになると思うのでそれを見るのも楽しみ(美大油に入学すれば画力が上がるなんてことはない)デザ科志望(油よりデッサン上手い筈).の二見が受かって東村さんが落ちるのもなんかリアル。

  • 5巻まで一気読み

    若いって残酷
    涙ぼろぼろ

  • 私自身、現役時に美術系大学に落とされまくったので後半はヒヤヒヤしながら読みました。

  • 会社の同僚から借りて読む。
    面白くて、間抜けで、切実で。悲しみの余韻に、切なくなる。
    上手。
    早く続きを貸してくれ!
    2015.12.18

  • 全巻読み終わりました。
    とにかく面白かったです。


    疲れてるフリをしてるだけ
    忙しいフリをしてるだけ
    若いし何でも出来てたのに
    大丈夫 大丈夫 大丈夫

    やろうと思えば何だって出来た
    大丈夫 大丈夫 大丈夫

    大丈夫 大丈夫 やれ


    2015 夏

全224件中 1 - 25件を表示

かくかくしかじか 1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かくかくしかじか 1を本棚に「積読」で登録しているひと

かくかくしかじか 1の作品紹介

これまで決して描かれなかった、東村アキコの半生がいよいよベールを脱ぐ…!少女まんが家を目指していたあの頃を、強烈なキャラとエピソードで描き出す、笑えて泣けるコミックエッセイ!

かくかくしかじか 1に関連するサイト

ツイートする