死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)

  • 1640人登録
  • 3.99評価
    • (346)
    • (176)
    • (345)
    • (4)
    • (1)
  • 136レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087825374

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)の感想・レビュー・書評

  • ドドドドドドド、ゴゴゴゴゴゴゴ

  • 2016/01/26

    死刑執行中脱獄進行中/ドルチ~ダイ・ハード・ザ・キャット~/岸辺露伴は動かない~エピソード16・懺悔室~/デッドマンズQ

  • 短編集。
    長編が多いので何だか新鮮、でもいつもの荒木色は変わらずで独特の世界があります。

    露伴せんせーの話はジャンプコミックスの方で持っているのですが後は読んだことの無い作品も幾つかあり楽しめました。

    『デッドマンズQ』は続きをもっと読みたいです。

  • ジョジョ連載開始後、荒木先生の中期以降の短編作品の全4編。前後編もの・シリーズもの?があるので全7話。
    帯の文句は「荒木飛呂彦の世界ィィィイイイ!」(すみません、またしても不覚にも笑ってしまいました。笑)

    やはり中期以降の作品とあって、ゴージャスアイリンの頃と比較すると円熟味が違うステキな荒木作品がたっぷり堪能できます。
    ジョジョファンには嬉しいスピンオフ作品も2編(4話)あります!
    是非ともシリーズ化して連載してほしい、とジョジョリオンの存在を無視して願ってしまう作品が、「デッドマンズQ」。QはQuestionsを指すようです。
    何と、みんな大好き(?)吉良吉影が幽霊となって帰ってきた!!!(ただし外見は川尻浩作のまま)
    人間としてかつて偉大なる悪役であり殺人鬼だった彼が、幽霊として悪を裁きナゾの解決に挑む作品。普通に連載できそうだけど、ダメでしょうか。。。どうでしょうか。

    ※本作と関係ない余談で恐縮ですが…
    いつも思うのだけど、吉良さんは本当の外見でも川尻さんの外見でも無駄にイケメンである。そりゃ女子社員も声をかけちゃうよ。加えて金髪白スーツで会社に通ってるんだから、本当は静かに暮らす気ないんじゃないかと常に疑っている私なのでした。

    文庫版もあるそうなので、荒木ファンの皆様は是非。

    --

    ある囚人が投獄されたのは“死刑執行のため”の部屋だった…! 衝撃の表題作をはじめ、週刊少年ジャンプ掲載の『岸辺露伴は動かない』など近年の短編を完全網羅した、実に11年ぶりの短編集登場。

  • 装丁がとても好き。なので、文庫版よりハードカバーでしょォ!という拘りがあります。こうして見ると絵柄の変わり様に改めて驚く。一番好きなのはポップコーンの話です。

  • 露伴せんせーと、デッドマンズQ目当てで買ったのに、表題作とドルチがめちゃめちゃおもろかった。やはり猫はやりおるよ…!
    デッドマンズQの続きに期待してほしよんこ。

  • ジョジョが長編だからか、短編が凄く新鮮だった。
    「デッドマンズQ」の続きが読みたい!!

    猫嫌いな荒木先生の話が面白かった。

  • ドルチ!
    イギーといいドルチといい、飛呂彦先生の書く動物たちはなんて勇敢でかっこいいんだろう。あ、オランウータンは除く...。

  • 荒木飛呂彦の傑作短編集。

    荒木飛呂彦ってロジックを重視する人だなぁと思うのは、巻末にある後書きで短編の分類をしているところ。天才荒木飛呂彦がどういう思考でマンガを書いているのかが伺い知れて面白い。こういう考察を名前のある人がすると、クリエイティブ全体の底上げに繋がるよね、と思った。

  • よくぞ短編でここまで独特の世界観が出せるなと唸れる一冊。
    皮肉っぽく理屈っぽく、だが押しつけがましくはない話と、誰も彼もが濃い登場人物に引き込まれる。
    JoJo好きは買い。
    苦手な人は止めた方が良い。(と言うまでもなく、合わない人はそもそも読む気にならないだろうけど)。

  • 岸部露伴に吉良まで出てくるとは4部好きにとっては最高の短編集だ。

    ぐいぐい荒木ワールドに引き込まれていくかんじはさすがとしか言えない。

    短編も長編に負けることなく面白かった。

  • そういや登録してなかったなと思いだして。

  • 漫画家で尊敬してるのが、荒木さんです!


    本編ももちろん、面白いですが何せ本編に出てきたキャラの後日談的な話も面白いですw
    ぜひ、読んでみてください!

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』でお馴染みの荒木飛呂彦による短編集。短編には短編の良さがある。収録作品:

    死刑執行中脱獄進行中(1995)
    ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜(1996)
    岸辺露伴は動かない 〜エピソード16:懺悔室〜(1997)
    デッドマンズQ(1999)

    詳しくは書きませんが、露伴以外にジョジョの人気キャラクターがもう一人登場します。

  • 鬼才の短編集。
    どれも意外性とサスペンスがブチ切れいていて読者を飽きさせません。
    吉良の話も面白いが特に「岸辺露伴は動かない」のオチが好きです。

  • この人はやっぱ天才だなーと思う。
    奇抜な漫画、他にない漫画を読みたいならぜひ。

  • 完。

    死刑執行中 脱獄進行中。まさにその通り。

  • いつでも読みたくなる。そんな本。荒木ワールド全開!!

  • デッドマンズQの吉良が格好良い。それに尽きる。

  • jojoファンなら、

    一度よんでみてください。

    かなり楽しめると思います。

  • 全部面白いぞ全部お気に入りだぞ 荒木漫画って初めて読んだけど、どれも登場人物苦労してるなあ… あとがきも各作品のアイディアのお話で、役に立ちます。これ読んだあとにヤン・シュヴァンクマイエルの「部屋」をみました まんま!

  • 荒木飛呂彦ワールド全開の短編集。

    死刑囚にネコに露伴に吉良、バリエーションに富んでいてすごいなと思いました。

    最後が必ずしもハッピーエンドというところでない感じがまたいいです。

全136件中 1 - 25件を表示

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)に関連する談話室の質問

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)を本棚に「積読」で登録しているひと

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)のKindle版

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)の文庫

死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)のムック

ツイートする