イングリッシュ・モンスターの最強英語術

  • 439人登録
  • 3.32評価
    • (19)
    • (58)
    • (75)
    • (23)
    • (7)
  • 83レビュー
著者 : 菊池健彦
  • 集英社 (2011年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087860016

イングリッシュ・モンスターの最強英語術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おそらく書きたいことは3行くらいのもの。

  • 英語を勉強している私としては、
    やっぱりなぁと思い、やるべきことは、これしかない。と再確認した。

  • 新聞などの広告欄にしきりに出ていて、変わったタイトル、変わった経歴の著者が気になったので、図書館で借りて読みました。
    2時間もあれば読み切れる本で、終始一貫して「英語の勉強(習得)は時間をかけてコツコツやることが大切」という著者の主張が繰り返されている。正直なところ、本代1000円を払うのはもったいないので、借りて読んで正解です。

  • 読んで印象に残ったことは「英語を勉強することで物事を複眼的に見る事ができるようになる」「英単語は忘れては覚え、忘れては覚えを繰り返す」ひとつひとつの言葉に説得力がある。

  • 久しぶりに英語のモチベーション上げようと思って買ってみたが、いくらなんでも内容が薄過ぎる。これで1000円は高い、言ってる内容もまあ要するに頑張って単語覚えろ、が殆どだし。通勤電車の片道だけで読み終えた。

  • 引きこもり留学。誰にでも真似することはできないが、中途半端なことに時間をかけるより、地道に努力することが結局は近道だという、語学学習法の正攻法を実践した記録だと思う。この人のすごいところは、英文雑誌の日本に関する記事に対して、2ちゃんねるとかブログ炎上的な無責任な文句ではなく、意見をしっかり発信しているところだろう。伝えたい、伝えなければという気持ちで必死に英文を書くことが、使える英語を身につけることにつながっているのだと思う。

  • 著者はTOEICで990点を20回以上とっているという凄い経歴の持ち主。

    いったどんな勉強をすればそうなるのかと思いきや方法はいたってシンプル。

    ひたすら単語を覚えることとDVDを見る、というもの。

    著者が引き込みりだった時にこれを1日8時間くらい繰り返しているうちに英語をマスターしたとのこと。

    とても真似できるような勉強法ではないけど、参考になる部分はけっこうありました。

    面白かったです。

  • 英語学習の体験談。
    著者のような引きこもりで時間がある人はほぼいないので、その点は参考になりませんが、愚直におなじ教材を使い続けること、上達に楽な方法はない、という意見にはさんせいです。

    ただし、それ以外げは特筆すべきことは何もなく、1時間くらいで読み終えました。正直に言って、特に購入してまで読む本とは思えません。blogで十分です。

  • まず著者の集中力が凄いです。勉強のやり方に「これだけやれば~」式の方法はなく、地道にコツコツと続けられるかどうか。ドイツ語や英語で仕事をしている友人たちも同じだったなと思いだします。語彙を増やすこと、興味ある分野の英文を読む、繰り返すなどは、今の自分に必要だと改めて思いました。スタートもゴールも人それぞれ。自分の目標を確認し、今の実力を知ってそこから少しづつ進むことを「楽しみ」たいです。

  • 15分で読める本。こういうものは要するに基本的なことをやるしかない、ということしかないのであって、若干トリッキーななんやかやが注目を集めたりするのだろうけれど、それだけの話だ。

    リスニングに関して、カタカナのフォントを大きくしたり小さくしたりしている部分があって、変に省略・強調して発声すべし、みたいなのは全く理解できない。英語音声学をやった方がいいのではないか。

    それから、著者は高校時代から司馬遼太郎描くところの坂本龍馬にあこがれていたようで、英紙を読んで日本を馬鹿にした記事があると反論を投稿するために英作文を覚えたと書いており、各社からの返信はがきの証拠写真を並べているのだが、これは一度も掲載されたことがないということだろう。単にクレイジーパーソンが何か書いて送ってきたよ、という扱いじゃないのか。

    「一度も海外渡航歴なく英語をマスターした」ことに特別な価値があるように思っているようだが、言語の本質を見誤っているのではないだろうか。懸命に辞書を引き単語を覚え、英語放送を繰り返し聞いてTOEICの点数を上げたところで、それが何なのか。言事は点数稼ぎのゲームではないだろう。どうも根本的な部分が欠落しているというか、狂っているというか、やはり独学のみでは妙な方向に偏ってしまうのだな、ということを確認した気がする。

全83件中 1 - 10件を表示

菊池健彦の作品

イングリッシュ・モンスターの最強英語術に関連するまとめ

イングリッシュ・モンスターの最強英語術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イングリッシュ・モンスターの最強英語術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イングリッシュ・モンスターの最強英語術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イングリッシュ・モンスターの最強英語術を本棚に「積読」で登録しているひと

イングリッシュ・モンスターの最強英語術の作品紹介

"引きこもり留学"で英語を覚えて人生をバラ色に。

イングリッシュ・モンスターの最強英語術のKindle版

ツイートする