フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密

  • 286人登録
  • 4.08評価
    • (32)
    • (33)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 47レビュー
制作 : 鹿田 昌美 
  • 集英社 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087890044

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密の感想・レビュー・書評

  • 赤ちゃんが夜泣きしたらちょっと待つ、とか
    赤ちゃんにはリズムがあってそれを見極めればいいのよ、とか
    ママになっても夫婦の時間は大事にする、とか
    子どもは一人前に扱う、制限の中に自由があることを教える、とか
    フランス社会の子育て常識を、アメリカ人ジャーナリストの筆者が分かりやすく紹介してくれる本。

    日本人の作者が日本でこういうことを言ったら「子どものことを考えてない…!」とか叩かれそうなところを、フランス社会はこういう感じなんだよ、って紹介してくれててよかった◎
    他文化を客観的に紐解いているから説得力があるのかな。
    目から鱗だったー!

  • アメリカ人の視点で見たフランスの子育てに関する本なので、押しつけがましくない。具体的な育児法というより、筆者の体験談を書いたエッセイに近く、読み物として楽しく読める本。

    日本人とはだいぶ感覚が違うので、「子どもが生まれたら親がいろいろ我慢するのが当然という日本の風潮」や子育て方法に違和感を感じている人が読むと面白いのではないかと思う。我が家もわりとそういう感じだったので、子どもが生まれる前に夫婦で読んで、子育てについて話をするキッカケになった。

  • この本を読んですっかりフランスびいきに。

    フランスについてもっと知りたい。

  • フランス人の子育てをアメリカ人が絶賛するエッセイに近い本。日本人からすると、どちらの実情も知らないので、話半分で楽しく読める。■フランス人は「ボンジュール」をとても大事なことだと言っているけど、保育所や公園では親同士の挨拶すらしない。この矛盾はどう解釈すべきか…。また、フランス人は子どもより自分が大事、子どものために自分が我慢するのはオカシイ、という考え方。「子どもが決めるのよ」とは言っていても、「ただし、親の枠組みの中で」という前提付き。■著者はザッカーバーグになる可能性を摘んでしまうのでは?と最初に疑問を呈していたけど、結局それに対して回答はなく、フランス人絶賛に終わっていたのは残念。

  • ぃやー、これは、意外にどうして、面白いんじゃないかな。

    アメリカ人の女性が、フランスで子育てをすることになって、まさかのいろんな子育てへの考え方の違いに戸惑い、いろんなことを吸収していく、日記調の本。

    でも、ただの日記じゃなくて、ちゃんとジャーナリストとして、学術論文をはじめきちんと調べ、専門家等へのインタビューも行ったうえで書かれているので、信頼もできるし、また、文化的な比較論としても非常に興味深かった。
    文化の比較は、英米と、仏、と、あとはそれらと自分(読者)の経験で日本を想像しながら読むと、その差が結構面白い。興味深い。いろいろ納得する部分もあるし、驚く部分もある。こうして文化はできていくのか!と思います。

    一つは、だって、リアルに、夜泣きしない、っていうんだから!!!
    英米人は、夜泣きして当然、って思っているところがある、って、まさに、日本もそうだなと。
    小さいお子さんがいらっしゃる方には、夜寝られてますか?大変ですねぇ~っていう話に絶対なる。

    すぐあやすな。
    (かといってずっと放置すると言うことでもない。)
    日本は、大体マンションだったりして、近所迷惑が絶対つい気になっちゃって、夜中に5分放置することすら気になってしまうと思うけど。そういう事情はあると思うけど、その5分が、その後の1年を変えると思えば、ありなのかもしれませんね。初めだけは、ご近所さん、我慢s'il vous plait !

  • ◆きっかけ
    ブクログ 1504mamehaさんの本棚より。2016/8/24

  • 英米人である著者が、英米とフランスの子育ての違いを見つけ、まとめた本。
    子供中心にまわる英米の子育ては日本に近いようです。
    それに対してフランス人はあくまで大人が中心で、子供が大人に合わせられるように教育をするのが普通なんですね。
    偏見ですがフランス人は仕事適当、自由に生きているイメージなので、子供に対するしつけの厳しさに驚きました。
    ※しつけではなく教育であり、両者は異なるという考えだそうです。
    全て真似できるとは思えませんでしたが、子供を1人の人間として扱うことは日本でも大切だと思いました。

  • フランス人みたいに大人な子供に育てたいと思った。著者がなんと敬愛するサッカージャーナリストの妻だった。

  • アメリカ人の著者が、フランスの子どものマナーの良さの秘密を解き明かす本。

    日本の子育ては英米とは似てるようだけど、ヨーロッパとは大分違いそうだということが分かった。
    フランス流のやり方は、色々な形で日本の子育てにも既に取り入れられている気がするので、それほど目新しい話ではなかったが、
    日英米が、「色々な子育て法の中から、自分がどのやり方をするか選んで決める」ところから始めるのに対して、フランスではある一つの共通のやり方が浸透している、というのが一番の違いじゃないかと思う。
    フランス国民の価値観が大体同じだからこそそうなるんだろうけど、ちょっと意外だった。
    その方が絶対ラクだろーなー。

  • 最近の怒らない教育だとか。よく分からない英米の育て方が最近日本にあるけど、そうじゃないって言ってくれてるみたいでホッとした。理屈じゃなくて、ダメなものはダメ。ルールは守らせる。子供だから。。にしない教育。一瞬ちょっと前まで当たり前に日本にあったものでない?と思ったり。。保育園に預けるのが英米人は嫌がるのか~。とか。両方の教育を知ることが出来て興味深い。まずは子供によーく目を向けて。を心掛けていきたいと思った。まぁ。使えそうな所は使おうかなと。

  • 赤ちゃんの持つ、リズム
    に従うべき
    観察してからあやす。ミルクは最後。そうでないとレム睡眠なだけかもしれないのに無理に起こすことになる。

    やめなさい、静かにしなさいではなく
    〔待ちなさい、賢くしなさい〕

    毅然とした態度で接する
    仕方ない、子どもだから、と思わずフクロウの顔でしっかりダメなことはダメという
    子供に自主性と選択肢を与えることで、少し自由になり個性が出せる

    厳しくする部分と、大目に見る部分のバランス
    少し大きくなれば、寝る時間に部屋から出てはいけないけど自由にしていい、として自分で眠らせるなど

    しつけではなく、education
    容認できることと、できないことを徐々に教えていくこと

  • 子どもとの外食の印象は、序章の著者ファミリーそのもの。これから先の自分の姿だと思っていたので、そうならない一つの方法としてとても興味深く読めた。さすが美食の国、食育に熱心w
    実践的なやり方はさておき、育児の根本的な考え方は沿っていきたい。フランスのママたちや保育士の先生の自信に溢れた言葉に、親としての役割を強く自覚する。

  • 初めはなるほど実践してみたい、と思いながら読み進めていたが、進めるほどに、そもそも環境が違う中でどこまで通用するのか?効果が期待できるのか?ということに不安を感じ始めた。万能な子育てなんてきっとないよなあ…参考にはなるけど、もちろん鵜呑みにはできない。アメリカのママたちが結構日本のママと同じような感覚を持ち合わせてるんだなってのが意外だった。ただ、パリママの美意識は見習いたい。

  • 子どもを育てることは万国共通、グローバルで議論ができることなのだと実感した。育児に対する姿勢や思想は異なるかもしれないが、赤ちゃんを育てる、という行為や経験はアメリカもフランスも日本も変わらない、どこの国の赤ちゃんも人間であることには違いないのだから。自分の今の育児経験がグローバルに会話できるかも、ということが分かったのは当たり前なことではあるが妙な感動だった。
    子育てにおいて、「子どもに嫌われる」ということを恐れてはならない。それよりも、子どもが大人になったときに苦労することがないように、あとで痛い目にあったり、無駄に躓いたり、苦しんだりすることがないように、親は導いていかなければならない。

  • フランス人が自国の子育てについて書いたのではなくて「フランス在住のアメリカ人」である著者がフランスで子育てをしながら周囲のフランス人家庭と自分の家庭の違いを比べて考察しているのでとても読みやすいです。

    全てが納得できるわけではないけれど保育現場で自分が保育者としてとってきた態度に近いものはあるように感じます。自分で子どもを大変な存在にしてしまっている保護者に読ませてあげたい一冊です。

    それにしても目で子どもを律することを「フクロウの顔」と呼ぶとは…言われてみれば目力で子どもを制止するときの表情ってフクロウそのもの。文化や表現の方法は違っても子どもを効果的に教育するのに有効な方法ってあまり変わらないのかもしれないですね。

  • フランス人の様に子育てし、イタリア人の様に柔軟に

    全体
    少し待つ戦略

    クライング・コントロール
    寝る環境を整えて赤ちゃんをベッドで寝かせ、1人で眠らせる方法
    2〜6ヶ月くらいで夜泣きに終わりが来る
    ①赤ちゃんは眠る間にたくさん動いたり雑音を出す
    ②赤ちゃんは睡眠サイクルがある。2時間ごと。これをつなげる学習をさせる。2〜3か月で学習するチャンスがあれば、自分でできるようになる。
    健康的な赤ちゃんなら、数週間で初めて良い。

    ただし、夜にミルクをほしがったり、抱き上げてほしがったりすることもある。その時は要求に応える。

    4ヶ月になるまでに始めないとだめ。


    食事について
    生後2ヶ月頃から、赤ちゃんは毎日、だいたい同じ時間に食事をさせる。
    少量をちょこちょこではなく、一回の量を多くして、回数を少なくする
    生後4ヶ月くらいから、食事の時間が決まる
    午前8時、正午、午後4時、午後8時

    子供には待ちなさい、賢くしなさいという

    一人遊びが非常に重要。子供が遊んでいる時は、1人にしておく。

    枠組みがある。

    親が主導権を握る
    ノーという。

  • 2015年10月23日読了。フランスに生活するアメリカ人(3児の母)による、フランス流の育児の「秘密」の解説。フランスの子どもは、夜泣き・ぐずり・かんしゃく・食べ散らかしなど、英米人(日本人も)が小さい子どもにつきものと考えるあらゆる振舞いとは無縁で、幼い頃から「待つ」「一人で大人しく遊ぶ」ことを学び、両親とともに着席しレストランでフルコースのディナーを楽しむことも可能、というが・・・自分の近況からして「本当だろうか?」と疑わずにいられないが、「子どもが何かを要求したとき、数分時間を置き観察することで、その緊急度合いを判断して対処する」「親の権威を子どもに認識させる」「他人への挨拶・接し方を徹底して教える」こと、子どもの自主性を「信じ」、子どもが望ましい行動を覚えられるよう指導することを親の義務、と考えると言うフランス流子育ては厳しいようにも感じるが、我々の子育てスタイルは「甘やかしすぎ」、子どもに自分で善悪や適切不適切を判断する力を奪っていたのかもしれない・・・とも思う。フランスがこの世で最高、とは思えないが、取り入れるべきところは取り入れたいもの。

  • 全てを取り入れ実践することは難しいかもしれないけれど、育児方法の一つとして参考になることが多く書いてあった。

    何よりも「1人の大人として扱い、子供の生きる力を信じること」に深く共感。
    子供に振り回されることなく、親子関係なくそれぞれを尊重し合い、一緒にお互いにとって楽しく幸せな人生を歩むという考えが、今までにない気づきを与えてくれました。

  • 根底にある考えは、子どもを1人の人間として尊重し大人と対等に関わるということ。それをすることで、親も子もストレスが減り、結果的には家族が健全でいられる。

    子どもに振り回されてヘトヘトになるのではなく、大切な人との時間を共有するかのように子どもと付き合っていくのに必要なヒントがたくさん載っている。

    ドイツもフランスと似たところがあり、暮らしたことがある経験から、フランス流のこの考えが親も子も幸せにすることは十分に理解できる。

    生活スタイルや環境、価値観によってどこまで受け入れられるかは個人差があるかもしれないけれど、参考にして損はない。

  • ドンピシャで好きな内容でした。
    フランスではみたいな本が好きなのもありますが、
    まず、すべての日本人がひとくくりにできないのと一緒でフランスにもいろんな人がいると百も承知の上であえて、傾向ってのはあるとおもいます。
    今は子供ティーンネージャーになりましたが、
    子供をフランス人にならい、別室でねかせ、当時、母や友達に理解をされませんでした。
    ただ大人の時間と子供の時間を分ける、お互いに邪魔をせず自立することは大切だと今も感じています。
    当時を振り返り、自分の子育て、周りの子育てを面白おかしく思い出せたのが楽しかったです。

  • フランス流の子育て論を、日本における育児において取り入れるか否かについては賛否両論ありそう。ただ個人的には、「フランスの子どもはなぜ夜泣きをしないのか」という点について、ひとつの方法として参考になるものだった。できれば「子どもがいることが支障となってレストランに行けない!」ということは避けたいし、子どもには一人遊びも覚えてもらい大人だけでお茶や会話をゆっくり楽しむゆとりがほしい。そのための育て方を、フランス人はしているというお話。筆者は欧米人(だったかな?)なので、フランス流の子育て方法を、客観的に見たり、聞いたりした目線で書かれているのも、全体的に読みやすくて良かった。

  • 2回目読了。アメリカ人である筆者とイギリス人である夫がフランスで育児をする中で気づいた、フランス人育児についての考察。
    フランス人が自覚的でなく実践している育児のコツには筆者同様驚かされたが、ぜひ実践してみたいと思いました。
    特に、本書で何度も出てくる「ちょっと待つ」ということは、泣いたらすぐ抱き上げるべきという考えの反対ですが、赤ちゃんが睡眠リズムを作っているということを考えると非常に納得がいきました。
    出産前に読んで本当に良かったと思える一冊です。

  • イギリス人の夫をもつアメリカ人女性が著者。移り住んだパリでの育児中に、
    ・どうやら自分たち「英米人」とパリジャンたちとでは、子育ての方法や考え方に大きな違いがあるらしいぞ
    ・そしてパリジャンたちのほうが、親も子もずっと肩の力が抜けていて幸せそうだぞ
    と気づき、その実態を、友人知人たちへのインタビューや観察を通して研究して、エッセイ風にまとめたのが、本書。

    おそらく当然、著者は英米人の読者を想定して書いたのだろうと思われますが、「英米人」を「日本人」に置き換えても違和感なく読めるところが多くーーって、だから日本語訳して日本で出版しようと考えた人がいたということだろうけどーー、日本は育児に関してもアメリカの影響を受けていたのか、とびっくりしました。
    面白いのは、原題は"French Children Don't Throw Food"で、日本語版では「フランスの子どもは夜泣きをしない」。日本の子育て界では、「夜泣き」のほうがキャッチーなキーワードなんですね。

    で、まあ本当に「フランス人はみんなそうしている」のかどうかはおいといて、フランス流の子育ての秘密とはなんなのかというと、だいたい以下のような感じ。
    ・大人が赤ちゃんのために献身的にすべてを捧げるのではなくて、赤ちゃんが家族のリズムに合わせていけるように教える(睡眠時間や食事の時間など)
    ・親であることも非常に大切だが、それ以外の役割を吸い取られてはいけない(なんでもこなすスーパーママになれという意味ではなくて、やりたいことやっていいんだよ、というような意味合い)。子どもを外に預けて夫婦だけの楽しみの時間も作って、親にも楽しみがあるということをわからせましょう。

    叱り方については「子どもを信じろ、だけど言うべき時はビシッと言え」みたいな感じで、それができれば苦労はないだろうよと、あまりピンと来ず。

    食育については、さすが美食の国らしく、保育園の食事メニュー決めの熱い会議に圧倒される著者の様子が面白かったです。著者の祖国アメリカの、パスタどーん!ポテトどーん!なキッズメニューが引き合いに出されており、日本とはまたちょっと事情が違うのかな?と思ったところでもありました。

    育児に関する「常識」はいろいろなので、「あ、それもアリなんだ~」くらいの摂取に留めないとパンクしてしまいますが、でもフランス流けっこう気に入ったので、都合のいいところだけ真似してみようと思います。
    (妊娠中にも太らない、産後のシェイプアップに全身全霊をかける、といったあたりは、見なかったことに…)

  • 自分の子どもはいないけれど、題名に惹かれて立ち読みしていたら、旦那の書庫にあった本。
    旦那も結婚前に買っていたのだから不思議。子育てにはもちろん、自分のことを振り返るのにもよかった。そしてこれから、自分をこんな風に育てようと思った。

全47件中 1 - 25件を表示

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密を本棚に「積読」で登録しているひと

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密はこんな本です

ツイートする