美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)

  • 250人登録
  • 3.48評価
    • (7)
    • (22)
    • (34)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 集英社 (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088455365

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東村アキコの作品を読むのはこれが初めて。

    ある主婦(後にマリアと名乗る)から夫の浮気調査を依頼される明智五郎。
    そして夫を殺し明智の前から姿を消したマリアは明智を自分の元へ導く為に犯行を重ねていく……

    タイトルから「喰いタン」か推理力は ずば抜けているのに探偵稼業には関心の無い美食家の明智小五郎の孫(もしくは曾孫)が警察にむりやり協力させられ事件を解決するというような物語だと思っていたのだが……

    正直このての内容は90年代のドラマでよく観られたのであまり目新しさを感じない。(個人的にはどことなく「沙粧妙子 最後の事件」を彷彿させる。)

    何故マリアは明智の存在に拘り(自分と明智をアダムとイブに準えているが)、犯行を重ねるのか?
    そして、明智も目の前に殺人犯(マリア)がいるのにも関わらず一夜を共にしようとしたり、事件解決よりもマリアの犯行をゲームと称して楽しんでいる辺り良識を疑うというか人物像がよく解らない。
    と、説明不足が気になりモヤモヤする。

    マリアの犯行動機はストーリーが進むにつれ(もしくは物語のラストに)明かされるのだろうが、せめて明智の人物像(性格)ぐらいは最初からきちんと説明してくれたら良かったのだが……

    取り合えず続刊は出たら買う予定。

  • いつもの東村アキコ先生の作品に比べ、シリアスなシーンが多くて新鮮。

    「セックスはいずれ年をとればしなくなる、食事はもっと長く続く夫婦の営みなのに」「私は10年、味噌汁と焼き魚を作って出していた。でも夫はあの女の手料理を食べていたことが許せない」という台詞が印象的でした。

  • これも東村アキコ先生の作品。
    いやいや一体いくつ同時製作してるのん!?

    しかもどれもこれも面白いってどゆこと!?

    ファンには堪らんけどね~、好きな漫画家の漫画を同時に何作も追いかけられるのってw

    我が家でも現在3作品追いかけ中w

    アシスタントの数も多いけどね、アキコ先生。
    それにしたってネームを同時であげてくんだから
    もう頭の中でストーリーが湧いてきちゃうんだろうか、凄すぎるわ~。

    今回のは探偵ものなので、分かりやすく言うとコナンみたいな。
    事件が起きて、探偵が推理していく、って感じ。

    最初読んでいると、
    え?探偵もの向いてないんじゃない?そんなに面白くないよね、
    今回はハズレかぁー、、、

    と思ってたら

    思ってたら!!!


    読み進めるうちにくっそ面白くなってきた@w@www


    テーマがあるんですね。
    タイトル通り、探偵はグルメなんですけど
    関わっていく事件も「食」を通じたものばかりで
    それが一冊読み終わると点が繋がっていって非常に面白い仕上がりになっています。

    タラレバ娘もそうだし、雪花の虎もそうだし、今回の美食探偵もそうだけど
    ほんと女性心理を描くのうまいよね。
    まぁ女性漫画家だから当然っちゃ当然だけど
    それが男も読める仕様になってるのが凄いと思う。

    健蔵なんかあんまり小難しいの好きじゃないし
    バトル系じゃないと読まないんだけど
    そのタイプの男が面白いって言って読んでるんだからねw

    ルーティンにこだわる旦那に、
    ただただ毎日同じ料理を作り続けていた妻。
    それが他の女が作った変わった手料理を毎日食べていたと知った時の感じとか、

    遠距離恋愛で応援の為に実家の林檎でジャムを作って送っていた
    そのジャムを浮気相手がオシャレにクラッカーに乗せて食べてるSNSを見た時の感じとか。

    浮気=性行為って図式だけどさ
    この漫画ではそういう描写やそこに焦点を置くのではなくて、
    「食」を通じて、どれだけ精神のつながりがあるかに重点を置いてるのね。

    そこがね、、、分かっちゃうんだよね~!!!

    そこが、面白いんだわー!

    一人目のその他の女の手料理を毎日食べてた、っていうのだって
    実際不倫かどうかって言ったら不倫とは呼べないかもしれないんですよ。
    肉体関係はないのですからね。

    ただ、妻には毎日同じ料理を作らせて
    その若い女には夢を応援するっていう名目でいろんな料理を食べてあげてたんですよ。

    奥さんは私だって色んな調味料をそろえて、色んな料理作ってみたかったって。


    いや分かるでしょ!!!!

    もう肉体関係だとかどうとかじゃないよね。
    私も許せん!!!!!!!!


    という具合に、感情移入させられるというか
    すごく共感してしまう、アキコ先生の本はw

    同じ料理を作らされてなくても腹立つと思うよ、私はw


    もしも健蔵が、仕事場でほかの女に弁当作ってきてもらって
    それを美味しい美味しいと食べてたら

    正直私は許せないねw
    そこに肉体関係はなくても、だよ。

    そりゃマンガみたいに殺しはしないけどwww
    もう二度と、こいつの為に料理はしねぇ、と私なら思うw
    一生そのばばぁの飯でも食ってろ、このくそ鼻毛!って感じかな@w@


    人間の三大欲求の1つだからね。
    性欲と並んで、食欲も本能的に大事だと感じるのだろうな、って
    この漫画読んで思ったよ。

  • すっごい好きなノリの美食ミステリ。
    東村アキコは名作しか生まないのか(迷作も含み)

    明智小五郎が好きな人はパロディとしてぜひ読んでほし。黒蜥蜴も好きなら2乗で楽しめます。

  • 読了:2018/1/8

    面白い…けどなぜかずっと手元に置いておきたいとまでは思えない…。
    ところどころあれ?と思うところがあるせいかと思う。マリアさんが後ろ向きに崖から飛び降りるシーンなんか棒切れみたいに見える。携帯を橋から投げ捨てた後の「ボチャン」とか遠近おかしいだろ、とか…。

    ただマリアが殺人するシーンは力が入ってるなぁと思う。そこがあるから読んでしまうんだと思う。

  • どんな内容なのかなーと思っていたら、普通にサスペンスだし、ストーカーだしで今までの東村作品とはちょっと違う。
    でもあんまり好きな感じではないなぁ‥。
    推理がちゃちいのかな。
    キャラクターのノリはいつものギャグのままだからめんどくさいのかも。

  • 美食家で探偵の明智五郎と移動販売でお弁当を売っている小林苺。
    ふたりが巻き込まれる事件。
    ちょっと切ない動機のもの。
    1話での依頼人がそのあとも犯罪を犯してるのがびっくり。
    でもおもしろい展開。
    食に関連している殺人が多い。

  • 意外と 東村先生の絵に
    この黒蜥蜴的な 耽美でダークな世界が
    似合ってる気がする

  • どうしても喰いタンとイメージが重なってしまって読みにくい。

  • 面白かった。

全19件中 1 - 10件を表示

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)のその他の作品

東村アキコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
羽海野 チカ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)はこんなマンガです

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

美食探偵 明智五郎 1 (マーガレットコミックス)の作品紹介

食にまつわる探偵奇譚!
事件のカゲには食があり食の裏にはナゾがある… 名探偵・明智五郎の華麗なる推理劇、幕開け!
読切版「美食探偵」も収録!
【収録作品】美食探偵

ツイートする