ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)

  • 111人登録
  • 3.56評価
    • (3)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 池田理代子
  • 集英社 (2017年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088457017

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

  • スピンオフ第三弾はオスカル編、マリー・アントワネット編。
    オスカル編はこれまでのオスカルの人生の場面が走馬灯のように流れ…色々な感情がオーバーラップして、胸に迫るものがあった。
    マリー・アントワネット編は、高級時計メーカー「ブレゲ」の創始者がストーリーに関わってくるが、このエピソードは非常に興味深く読んだ。改めて、晩年のアントワネットが、切ない。本編のこの場面がこうつながるのかと…。実はブレゲを今回初めて知り、読み終えてから調べてみた。技術者の矜持を感じました。
    当然ながら40年前との絵柄の変化はあるだろうけど、十分に読み応えあるし、今は今の面白さがある。40年の時を経て新作が読めることのありがたみを、改めてひしひしと感じる次第である。

  • オスカル編とアントワネット編。オスカル編は随分と思い切った設定を盛り込んだなぁと。後半10ページだけでも満足。アントワネット編はオスカルと違ってアントワネットの軸がしっかりしてるのでスピンオフとして素直に面白かった。

  • 201702/リアルタイムではなく後追いでの読者な私だけど、多少の絵柄変化はあるもののこうして新作が今なお読めるのはファンには嬉しいし、池田先生すごい。前作もだけど、どの話もオスカル父がキーマンだよなあ。

  • オスカルが諦めたもの…たられば娘を思い出してしまって…苦笑。ブレゲのマリー・アントワネットNo.160(時計)。思わずググってしまった。意外にも繊細で近未来的なデザインが美しい。

  • 再録が多くて残念でした
    1巻から読んでるし、持っているんで、イマイチ
    値段も高いです
    帯に、ちゃんと大幅加筆による…みたいなのを書いておいて欲しかったです

  • 今回はオスカルとアントワネットのエピソード。オスカルの方はすぐに内容が予想できたが、ラストで男としての人生を与えてくれた父親に感謝するシーンは何度見ても感動。この時代の女性はそんなにつまらない存在だったか。まあ今も大して変わらないような気がするが。アントワネットのブレゲの時計のエピソードは、知りたかった内容なので嬉しかった。ミニッツリピーターを打つマリー・アントワネットNo.160を知ったのは、確か『ギャラリーフェイク』でだったような気がする。

全7件中 1 - 7件を表示

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)はこんなマンガです

ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)のKindle版

ツイートする