高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)

  • 341人登録
  • 4.09評価
    • (34)
    • (43)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 森本梢子
  • 集英社 (2017年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088457550

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 終わっちゃった…。もう木絵ちゃんの妄想を読めないなんて寂しい。

  • 終わった。今回もやっぱり面白かった。これは自宅じゃないと絶対読めない。

  • 嫁に来たが、やることがない。しかし、彼女の妄想に心が読める家族は楽しむ。他のきょうだいの恋の行方は?

  • 光正と結婚して高台家の人となった木絵、高台邸での新婚生活がスタート。
    玉の輿!と憧れはするものの…いざ暮らし始めると、ステイタスの違いって慣れなくて大変そう。家でくつろげないなんて辛すぎる。(ノ)゚Д゚(ヽ)
    でもそこはやっぱり木絵なんで、持ち前のユーモア(?)で高台家の人々を巻き込み、それなりに楽しくやっている模様。
    なにより光正さんとラブラブだもん、無敵だわ☆

    茂子と和正のテレパスに関しては、結局のところ、それぞれのパートナーと解決していくしかないんだろうなあと思う。(´へ`;)
    ここは最後まで描き切ってほしかったんだけど…それこそ木絵流に、良い結末を勝手に妄想しとけばいいってことでオッケー?笑

    特殊能力ゆえの切なさもあったけど、最後まで愉快な妄想で楽しませてくれた作品だった♪

  • なんだかやけにあっさりな最終回。

    あらすじだけ追えば、カミングアウト→結婚生活→弟妹の話→妊娠、大団円。なんだけど…。
    弟妹は決着解決してないし、木絵さんの妄想も控えめで全体的に盛り上がりがもう少し欲しい。打ち切りかしら。

    木絵さんのメンタリティも初登場からまったく変化なく光正さんだけ変わったような描写なので、もしかすると主人公は光正さんだったかもしれない。
    人物以外の画力が低いのはちょっと読みづらかった。描きにくい絵を避けてるのがよく分かる…。

    6冊全部で言えば当たりだったかな。
    頭の中だけで繰り広げられるスペクタクルな妄想をテレパスが人知れず見ていて、というのが面白かった。
    人は、他人に心を覗かれていると知っても親しい付き合いを継続できるか…?というテーマはテレパス物の定番(キノの旅「人の痛みのわかる国」とか絶対可憐チルドレンとか妄想テレパシーとかとか)であんまり新鮮味のある展開だったわけではないけど、複数ケースがあって時間をかけた答えが出てきたのは良かったと思う。

  • 深追いせずこのへんでうまく終了してるところも大好きです。和正くんは優しくて末っ子!!でした。

    わっそいと「こうもり姫」が見れて嬉しかったです。こうもり姫の中の絵や茂子たちが綺麗すぎるので、木絵ちゃんとの差が凄いです。うまく説明できませんが、あの綺麗な人々の中に、普通の木絵ちゃんをヒロインで描いてる森本先生が凄いと思いました。

  • 面白かった。ずいぶんあっさり終わったなーという感想。


    最初すごく面白かったけど、だんだんネタ切れというか、盛り上がりに欠けていったような印象はあるので、ここらで完結でちょうど良かったのかなとも思う。
    三男の恋愛にきちんと決着つけてほしかったな。
    でもそれぞれがその能力とそのための人間関係に真摯に向き合う点で気持ちの良い話だった。

  • なんて良い話なんだ
    レンタルで読んじゃったけど、全巻揃えよう

    ただ、茂子さんと和正くんの話が中途半端で終わっちゃったのが残念
    2人の話もちゃんと知りたかったな〜

  • 終わっちまった……
    寂しいながらも、全巻楽しくてコンパクトにおさまってて地味に名作ですね。
    毎回言うけど茂子ちゃん可愛いな。

  • 大団円のハッピーエンド!完結巻。
    光正たちの新婚生活が描かれてます。
    ラストはおめでたで終わると思ってました!

    光正がテレパスを告白してからというもの、独白もどんどん読まれているフォントになって、どんどんオープンに。

    松笠さん一家は、嫁比べで「勝った!」と思っていたところ、お嫁さんの方は旦那比べで完全に敗北して顔が引きつってましたね。

    しかし旦那実家で、旦那の妹弟も同居で、こんな仲良しなのほのぼのする。

    茂子と和正の恋も一応決着?
    和正は切なかったな……。
    でも確かに、他の二人に比べてリスクが大きすぎる。

    「和正…アホの子め
    なまいきなことばかり 言うくせに
    甘えん坊で 打たれ弱くて
    一番…優しい」(P.147)

  • 一気読み。
    くだらない妄想が楽しかった。

  • やっぱり最高!最高に笑えちゃう★

  • 終わってしまったか。。。

    みっちゃん、ドタイプすぎて、、、
    木絵の様な妄想にならない私は、一生モブポジションだろうと思い知りましたっ

    アシガールでキュンキュンすることにします。

  • 5巻で終わったと思ってたけど、続いていた。
    軽い感じで、妄想が楽しい。
    で、これでほんとに終了。

  • 完結もったいない!もっと追いかけていたかった。

  • 終わってしまいました。残念。
    木絵の妄想をもっと見たかったけど。

  • 地味までは耐えたけど(なんかダメっぽい)で吹いた笑

    この巻で完結って知らなかったから、いきなり終わってビックリしたけど
    長引かせてグダグダになるよりはいいかな。
    こうもり姫が最後まで読めたので良しとしよう。

  • うーんうーん




    打ちきり?のような終わり方でビックリです(涙)下二人の恋は不穏な感じで終わらせるのかい??
    前巻で終わってくれた方がすっきりしました、正直…

    妙にリアルな要素(弟妹二人の恋人たちがテレパスを受け入れられるとは限らない)とか入れてくるので、うーん?そこは今さらこの作品に必要かな~。けど、純先生ちょっと雑な役回りだったけど和正くんの独白のとこちょっと泣けました…

  • 6
    完結巻。4巻のこうもり姫の全貌が明らかに!光正さんのわっそいは見もの。ふたりはしあわせになったけど、やっぱりテレパスを受け入れられるかどうかって難しいよね。木絵は高台家にきてよかった。茂子と和正もしあわせになってほしいなー。番外編でもいいので、その後が読みたい!

  • 終わっちゃったー。茂子も和正も光正さんみたいに幸せになって欲しい。ところで高台家が完結して、デカワンコが連載再開・・・はないのかな。

  • きょうだいそれぞれが自分の恋愛とか人生とか、あと自分自身との向き合い方にちゃんと答えを出して終わったのがとても良かった。「高台家の人々」の物語なんだな、と改めて納得。

    木絵がその一員となって、そしてまた次の世代が続いていく… という、素敵なホームドラマだった。
    次の世代を主人公にして、木絵が母親として… という続編も、読んでみたいと思った。

  • 完結してしまったのがさみしい限りだけど、なんでも長ければよいというものでもないしなと納得。

    主人公の妄想にはいつも笑わせてもらい、少女漫画らしいときめきもあり。
    梢子先生の漫画は常に安定して面白くて大好きです。

  • 完結してしまって淋しい限り。まだまだずっと高台家の人々と木絵のぶっ飛んだ妄想に癒されていたかった。

  • 全6巻読了。
    茂子と和正の恋の行方。
    和正は悲しい結末だけど、和正なりの優しさが感じられて良かった。
    木絵の妊娠をしってわっそいする(させられる)光正に笑った。
    番外編も楽しかった。

  • 続きそうな終わり方。

全38件中 1 - 25件を表示

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)の作品紹介

無事に結婚式も済ませ、高台家に引っ越してきた木絵。慣れないお屋敷暮らしに木絵は四苦八苦!? 一方の茂子と和正、それぞれの恋模様は…? ハッピーエンドのその後を描いた大ヒット不可思議ラブコメディ完結第6巻!
【収録作品】高台家の人々 番外編


高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)はこんなマンガです

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)のKindle版

ツイートする