高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)

  • 288人登録
  • 4.13評価
    • (27)
    • (34)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 森本梢子
  • 集英社 (2017年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088457550

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 一気読み。
    くだらない妄想が楽しかった。

  • やっぱり最高!最高に笑えちゃう★

  • 終わってしまったか。。。

    みっちゃん、ドタイプすぎて、、、
    木絵の様な妄想にならない私は、一生モブポジションだろうと思い知りましたっ

    アシガールでキュンキュンすることにします。

  • 5巻で終わったと思ってたけど、続いていた。
    軽い感じで、妄想が楽しい。
    で、これでほんとに終了。

  • 完結もったいない!もっと追いかけていたかった。

  • 終わってしまいました。残念。
    木絵の妄想をもっと見たかったけど。

  • 地味までは耐えたけど(なんかダメっぽい)で吹いた笑

    この巻で完結って知らなかったから、いきなり終わってビックリしたけど
    長引かせてグダグダになるよりはいいかな。
    こうもり姫が最後まで読めたので良しとしよう。

  • うーんうーん




    打ちきり?のような終わり方でビックリです(涙)下二人の恋は不穏な感じで終わらせるのかい??
    前巻で終わってくれた方がすっきりしました、正直…

    妙にリアルな要素(弟妹二人の恋人たちがテレパスを受け入れられるとは限らない)とか入れてくるので、うーん?そこは今さらこの作品に必要かな~。けど、純先生ちょっと雑な役回りだったけど和正くんの独白のとこちょっと泣けました…

  • 6
    完結巻。4巻のこうもり姫の全貌が明らかに!光正さんのわっそいは見もの。ふたりはしあわせになったけど、やっぱりテレパスを受け入れられるかどうかって難しいよね。木絵は高台家にきてよかった。茂子と和正もしあわせになってほしいなー。番外編でもいいので、その後が読みたい!

  • 終わっちゃったー。茂子も和正も光正さんみたいに幸せになって欲しい。ところで高台家が完結して、デカワンコが連載再開・・・はないのかな。

  • きょうだいそれぞれが自分の恋愛とか人生とか、あと自分自身との向き合い方にちゃんと答えを出して終わったのがとても良かった。「高台家の人々」の物語なんだな、と改めて納得。

    木絵がその一員となって、そしてまた次の世代が続いていく… という、素敵なホームドラマだった。
    次の世代を主人公にして、木絵が母親として… という続編も、読んでみたいと思った。

  • 完結してしまったのがさみしい限りだけど、なんでも長ければよいというものでもないしなと納得。

    主人公の妄想にはいつも笑わせてもらい、少女漫画らしいときめきもあり。
    梢子先生の漫画は常に安定して面白くて大好きです。

  • 完結してしまって淋しい限り。まだまだずっと高台家の人々と木絵のぶっ飛んだ妄想に癒されていたかった。

  • いい終わり方だった。
    3兄弟の恋愛それぞれに人間味を感じた。
    和正の下りはちょっと意外だったけど、それが逆にリアリティあってよかったかも。

    木絵と光正みたいに、飾らないでいられる存在がいるのはうらやましいなと思った。

    こうもり姫のキスシーンのとこは笑ったw

  • 大好きな漫画が終わってしまい寂しい!子供が産まれた後、和正、茂子のその後など気になるので続編希望ですʕ•ᴥ•ʔ

  • 完結巻、だけど妄想はやや控えめ?
    木絵ちゃんのほのぼの感はうまく出ていてよかったけど、妹弟の顛末はちょっともやっとした感じ。
    純って結局なんだったんだ…

  • 最終巻。終わってしまったーー。

    光正さんと結婚した木絵が、無意識にですが高台家の人々を少しずつ変えていくところが描かれています。広いお屋敷の一室に木絵を囲んで皆が集まるところとか、とぼけた妄想が悩む茂子へのアドバイスになってたりとか。
    何と言っても光正さんの木絵ラブが微笑ましい。

    朝が超弱かったダメ人間バージョンの光正さんも必見ですし、リモコンを2本ズボンの後ろにさして独り占めしている浩平君(妄想)は爆笑でした。

  • 前巻で結婚して終わりかと思っていたので、続いたのが意外でしたが、今巻で終わりでした。光正さんが明るく、オープンな人になる半面、弟妹の二人は悩みが増すことも・・・。テレパスでもそうじゃなくてもおばーちゃんのように絆をつむぐ努力が必要なんだろうなぁ、と思いました。
    破壊力のすごい妄想はやや控えめでしたが、やはり「ぶはっ」とか「くくく」とか言いながら読んでいたので、一人読みが無難。スペシャル版とかスピンオフみたいな感じで茂子や和正くんの話があるといいな。とっても幸せなお話だから。

  • なーんにもストレスなく楽しく読める漫画がまた終わってしまった。だけど、このお話は登場人物も決まった範囲だし丁度良い終わり方なのかもしれない。次男くんは…だけど、皆が皆受け入れてくれる人と巡り合う訳ではないだろうからある意味リアルなのかもしれない。

  • え、これで完結なんだ。結構唐突なような、でも木絵ちゃんと光正さんの恋愛→結婚までが結構スピーディだったから、ここらで終わるのが妥当なような、でもちょっと寂しいな。

    和正くんの恋愛が消化不良で終わってしまったので、彼のその後が気になります。

    とりあえず木絵ちゃんの妄想には毎回大爆笑で、つらいことも忘れられました。ありがとう。

  • ぐるぐる回る松笠親子が面白い。でも、完結してしまいましたねえ。和正の恋の行方が気になるので、いつか後日談を出してほしいわ。

  • 完結です。
    気になっていたこうもり姫の全ても載っています。
    和正にも幸せになって欲しい。

  • 大好きな高台家の人々が遂に完結です。
    嬉しいやら淋しいやら。
    光正さんの優しい笑顔、木絵ちゃんの前向きで逞しいところ、本当に大好き♡
    もっともっと続いて欲しかったけど、良い形で終われたので良かった。
    しげちゃん達の今後が気になるけど、きっと上手くいくよね。

  • 終わっちゃった…。もう木絵ちゃんの妄想を読めないなんて寂しい。

  • 終わった。今回もやっぱり面白かった。これは自宅じゃないと絶対読めない。

全30件中 1 - 25件を表示

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)の作品紹介

無事に結婚式も済ませ、高台家に引っ越してきた木絵。慣れないお屋敷暮らしに木絵は四苦八苦!? 一方の茂子と和正、それぞれの恋模様は…? ハッピーエンドのその後を描いた大ヒット不可思議ラブコメディ完結第6巻!
【収録作品】高台家の人々 番外編


高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)はこんなマンガです

高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)のKindle版

ツイートする