ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)

  • 103人登録
  • 3.78評価
    • (19)
    • (14)
    • (34)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 吉野朔実
  • 集英社 (1995年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088483412

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全5巻 完結

  • 子供の日常を描いた作品ですが、不思議な魅力を秘めています。今でも私はこの作品に強く惹き付けられます。また、この『ぼくだけが知っている』は、漫画における"線"の魅力というものを初めて意識させてくれた作品でもあります(多分)。神経質すぎる位に線画に固執する自分の原点はここに…?

  • 何度目になるのかわからない再読。ここに出てくる小学校の感じが好きです。

  • ちょっと不思議な…けど、端から見たら鈍くさい男の子・礼智の物語。
    全5巻。文庫だと全4巻?

    礼智のお母さんが憧れです。

  • 吉野さんの作品の中で一番好き。「スタイルのない人生なんてクズよ。かっこわるいこと平気なわけ?」艶子ちゃん素敵。

  • 内容も全く知らず、作者も全く知らなかったのに何故か表紙買いした作品。

    小学生の日常が大人が書いているとは思えないほどに生き生きと描かれています。
    時には大人びて、でもやっぱり大人にはなりきれない複雑な子供の物語。
    正直大人になってこういう子供の視点の話を描けるのはすごいと思う。
    しかもここまでリアルに。
    読んでいて、子供だった頃の自分や友人を思い出し、とても不思議な気分になりました。
    ファンタジーやSFばかり読んでいた私にはとても良い刺激になった作品です。

  • これを読んで、子供が好きになりました。子供がバカではないことを思い出して、大人はただ子供がでっかくなっただけなんだってことを思い出しました。

  • 全5巻

  • ‘死ぬ気があるなら いっそ殺しておいで
     お母さんも一緒に 引き受けてあげる’

    らいちのお母さんは最高にかっこいい。

  • 吉野朔美が神様になった瞬間だ。

全14件中 1 - 10件を表示

吉野朔実の作品

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくだけが知っている 1 (マーガレットコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする