福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))

  • 80人登録
  • 3.74評価
    • (16)
    • (7)
    • (30)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 遊知やよみ
  • 集英社 (1995年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088484341

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 老舗和菓子屋の三人娘の老舗への思いや日常。

  • 性格の異なる三姉妹のお話。私が一番好きなのは長女の雛!同じ母子家庭ってこともあって、連載時高校・大学生だった私はずいぶん感情移入して泣いてたっけ。大人になって読み返したら、あられもあられなりの苦労があるんだなぁ〜と、また別の側面が見えてきた。
    そういえばこれを読んだ影響もあってか、高校の卒業旅行で京都に行ったな。もちろん老舗和菓子屋さんにも行ってきた。門の立派さに驚いたけど、店員さんは美人姉妹ではなかったです(笑)
    遊知先生の作品のなかで一番好きだし、少女?漫画の中でもベスト3に入るくらいお気に入り。遊知先生は福家堂の連載中にどんどん絵柄を変えていったけど、私7巻くらいが一番好き。人物だけじゃなく、背景?の和風なイラストもやっぱりこの頃が一番好き。

    ■好きなキャラ
    雛、あられ、ハナ、おかみさん、桧山さん、桧山さんのお母さん、健司、う〜んみんな好きだ。

  • 第2巻 《いままでのお話》 より

    京都の東山にある福家堂は、創業450年になる和菓子の老舗。 やり手の母・駒子としっかり者の長女・雛が切り盛りしていた。 だが、突然雛が銀行員・桧山の求婚を受けると言い出したからさぁ大変。
    チャランポランなお気楽娘の次女・あられは、常に駒子や職人の健司と対立しているし、三女・ハナはまだおさげ髪の中学生。 悩んだ末、駒子はあられを跡継ぎにしようとするが、あられは素直に首を縦に振らない。 実はあられが一番福家堂の菓子を愛しているのだった。
    結局あられが駒子に頭を下げるかたちで、”お家騒動”は一件落着。 かくしてあられは厳しい(?)修業生活を始めることになって・・・!?

  • 遊知やよみ先生の作品で一番好き。450年続く老舗のお菓子屋に生まれた三姉妹のお話。
    一見さんお断りの格式高いしきたり、重くのしかかる伝統、皮肉たっぷり京都弁。京都の雰囲気が味わえます。

    三姉妹がそれぞれいい味。人間て決して、いい思い出だけで生きてきたわけじゃない。笑顔でも、その裏で自分の思いを消してたり。がさつでも、本当のことは言えなかったり。

    性格の違う三人を、それぞれ丁寧に描いていて、あぁ人間てこうして形成されていくんだよな…としみじみ思った。最後は、ちょっと辛め。甘く終わらないのが人生なのだとおもうと、ちょっと寂しいけど納得。

    就職、結婚、出産。人生の節目がくる度に、読み直したいとおもう作品。

    ちなみに私は長女ですが、性格は完全にあられちゃんタイプ(笑)

  • シリーズ全体の感想ですが…何回も、何回も読み直してしまうマンガ。
    仲のいい三姉妹の、それぞれの立場ゆえの痛みと切なさと…。

    でも、何度読んでも、わが身に重ねて泣いてしまうのが長女。
    わたしは末っ子なのに…。

  • 「京都」とか、「古都」とか、「老舗」とか。
    弱い時期にはまった。
    あのしきたりグルグルの中に生きてる人たちは大変ですなぁ。
    雛の話が一番好きかな。
    これまでずっといい子をしてきて、
    最後の最後でワガママを言い出すっていう。
    わかりにくいやきもち妬きっぷりとか。
    三女はある意味いい子すぎてあんま共感できず。
    私も三姉妹の三女ですが…。
    あられちゃんは収まるところに収まったんでしょう。

    皮肉の聞いた家族同士のやりとりが好きでした。

    しかし最後の最後で終わり方が“歴史は繰り返す”的な…。
    ちょっと黒いですね…。

  • 京都育ちの私からしてもほとんど無理がない京都のお話。とっても大好きです。

  • (08.05.29)

  • 2005年の冬くらいから、ずーっとずーっと気になっていた漫画。
    ようやく読めました。

    京都の和菓子の老舗に生まれた、三姉妹の物語。
    それぞれの恋愛模様だけでなく、家族愛あり、姉妹愛あり、喧嘩ももちろんあり。
    老舗の重みがからんだ、ちょっと珍しいストーリー。
    結婚前に読んだので、タイミングよく色々、考えちゃいました。
    結婚って、難しいけど……大事なのはやっぱ愛でしょうか。

  • 本屋での立ち読みで全巻制覇。姉妹それぞれの恋愛感や人生観がイキイキと書かれていて、ぶっ飛んでるわけでも、悲劇でもないんだけど楽しい。買おうか買うまいか思案中。

全13件中 1 - 10件を表示

遊知やよみの作品

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))はこんなマンガです

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))を本棚に登録しているひと

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

福家堂本舗 (1) (マーガレットコミックス (2434))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする