ベルサイユのばら (7) (マーガレット・コミックス (142))

  • 36人登録
  • 4.40評価
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 池田理代子
  • 集英社 (1974年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088501420

ベルサイユのばら (7) (マーガレット・コミックス (142))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国は王子の葬式を出す金さえ無い状態で、ゆっくりと革命へ向かっている。

    そんな中、オスカルは改めてアンドレが男性であり、自分にとって大事な存在であることを意識する。
    それからのオスカルはかなり甘えん坊です。
    気負ってきた分だけ、アンドレを頼り、アンドレを失くす事を恐れる。

    もう一つ、連隊の部下達と心が通って来ているのがとてもいい。
    それがオスカルの命を縮めるとしても、信念を曲げないオスカル、そして、アンドレの愛を必要とするオスカルは魅力的です(* ̄∇ ̄*)。

全2件中 1 - 2件を表示

池田理代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルサイユのばら (7) (マーガレット・コミックス (142))はこんなマンガです

ツイートする