ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)

  • 923人登録
  • 3.87評価
    • (111)
    • (45)
    • (143)
    • (4)
    • (0)
  • 59レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (1989年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088510682

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 87年に連載開始した「ジョジョの奇妙な冒険」。1部「ファントムブラッド」は87年、2部「戦闘潮流」は87〜89年、そして3部「スターダストクルセイダース」は89年から92年にそれぞれ雑誌掲載された。

    時代はバブルの絶頂と終焉。現在まで至る長期不況の端緒に対応する。『ドラゴンボール』に象徴的な強さのインフレは、しばしば「ジャンプ資本主義」と表現される。本巻より登場するスタンドは、この流れへの抵抗から生まれたと荒木は振り返る。

    「当時の格闘系のマンガはトーナメント制で敵と戦っていって、頂点を倒したと思ったらさらに高い頂点が現れる、という作品ばかりだった。でも、それを読んでいると、単純に「この後、どうするんだろう」と僕は思ったんです。絶対に破綻するよね、と。このトーナメント方式をやれば読者に受けるからと、編集部からは言われたんですが、僕はやりたくなかった」

    勝負を決定するような絶対的強者は存在しない。どんな能力でも「ものは使いよう」。3部にて明確にされた方針は『遊戯王』のカードゲームなど多くの作品に受け継がれた。

    週刊少年ジャンプのアンケート至上主義を、優勝劣敗のドラゴンボール系に対応させるならば、「ものは使いよう」のジョジョ系はジャンプにてどのような位置を占めるのだろうか。

  • 一人残ったカーズとの最終決戦。

    ジョセフは勝てるのか?

    第2部、完結。

    そして、ジョセフの孫の 空条承太郞が登場する。

  • ジョセフvs.カーズ戦での残された「たったひとつの策」が第2部を象徴している。今までの「敬意」があったからこそ、「カーズの戦いに臨む姿勢」が際立つ。カーズ戦の結末は、なかなか思いつかない方法ではないかと。でもこうするしかないですね。決着後の「シュトロハイムの弁」、第2部最終話のタイトルが巧妙。第3部は1話分のみながらも表紙が承太郎とジョセフというのが戦略的。

  • うーん、まあなあ。どうも最強の敵がしょぼい感じがするのだが、ああいう単純なハッピーエンドは好きだ。
    そしてついに第三部。スタンドですよ、スタンド。
    1,2巻あたりは波紋の方が実は好きなんだよね~とか言っておきながら、やっぱりジョジョと言えばスタンドしかないではないか、と思う今。ええかげんやな~。

  • 3部始まるよー!承太郎好きすぎるよー!!

  • 第二部完結。
    主人公はジョセフ・ジョースター。
    シーザー・ツェペリとリサリサが好き。
    ワムウ(風.神砂嵐)エシディシ(炎)カーズ(光)。
    ルドルフ・フォン・シュトロハイムはほぼガイルだとおもう。

  • 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」
    TOKYO MX 毎週金曜日 24:30~
    キャスト:小野大輔、平川大輔、小松史法、石塚運昇、三宅健太
    http://jojo-animation.com/

  • カーズのキャラ変更を受け入れられないまま読了

  • 第3部きた!霊波紋の時代きた!承太郎きた!!

全59件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険 (12) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする