こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)

  • 92人登録
  • 3.55評価
    • (4)
    • (3)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 秋本治
  • 集英社 (1995年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088527000

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で10冊ずつ借りているので、91巻から100巻の感想です。
    100巻の表紙は登場人物勢揃い!

    90巻台は恋愛進展があってキャラクターみなさんにはおめでたい方向に。
    まずは二重人格バイク男の本田速人に彼女ができた様子。
    今までも女の子を好きになっては振られ告白しては振られ…を繰り返してきたのですが、作者が憐れに思ったか面倒くさくなって固定の彼女を作ったのか(笑)
    しかもこの彼女の乙姫奈々ちゃんは、容貌は可憐で表は交通課の白バイ隊員、裏では人気少女漫画家、というかなり無茶苦茶な、でもこち亀レギュラーになるにはこのくらいのインパクトはもはや普通なのか(笑)

    さらにボルボ西郷、元上官の爆竜大佐の娘ジョディ―とお見合い?してからはかなり大人しく(それでもヘンタイだが)になってきた。
    この爆竜大佐一家も、親子揃ってアメリカ陸海空軍NASAを網羅する軍人一家。
    両さんがどんなに無茶しても話が成り立つのはそれ以上に無茶な登場人物ばかりだからですね(笑)

  • 山手線ゴルフ!

  • 今更ですが、「こち亀」は面白いです。登場人物の個性の強さも、1話1話の話の展開も、よくネタが尽きないなあと読んでいて常に唸らされます。僕のドンピシャこち亀時代はだいたい60巻くらいから100巻くらいまでなのですが、特にその辺りの巻は繰り返し読んだものです(今もたまに読み返しますが)。

    今年は連載30周年で、また再び盛り上がりを見せていますよね。4年おきに登場する日暮さんが、すでにレアキャラでなくなっているところがすごいです。

全3件中 1 - 3件を表示

秋本治の作品

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)はこんなマンガです

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第91巻) (ジャンプ・コミックス)のKindle版

ツイートする