ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))

  • 271人登録
  • 3.52評価
    • (23)
    • (15)
    • (79)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 集英社 (1989年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088534725

ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まるちゃん9歳の誕生日会。
    花輪くんと丸尾くんので花丸コンビ。
    いいネーミングで、いやな組み合わせだなぁ♡[笑]

    丸尾くんの母からは(マザコン臭♡笑)
    カレとペアルックになれるポロシャツ…。
    花輪くんからは1本のバラの花。
    そして、のちに宅配便で届く8本のバラで
    歳の数のバラの花…。
    まる子実は地味にモテ期!?

    歳の数のバラの花。
    ベタ中のベタだけども、
    やっぱりうれしいヨ、ベイビー♡

    いい歳して、瞳は少年、ヒロシ!

  • 面白かった。

    お誕生会、小鳥、ツチノコ、お化け屋敷、賞状、母の指輪の話。
    夏の色も見えない(受験生時代)、夢の音色(投稿時代)、口笛がきこえる(父母の馴れ初め)。

  • 夏と言えば怖い番組。私の場合、夏休みのお昼に放送してた「あなたの知らない世界」。まるちゃんと同じで怖いのだけど見てた。特に用事があって家族が誰もいない茶の間で見る「あなたの知らない世界」ったら・・・ホントに恐かった。新倉イワオさんもいい味出してた(*^▽^*)。

  • ヒデじい初登場!
    誕生日にバラ。花輪くんは9歳とは思えないキザっぷり。
    お化け屋敷の話は、当時読んで怖かった記憶が。怖がりで怖いもの見たさな私は共感。
    お父さんとお母さんの馴れ初めの回がラブストーリー風でいい。ヒロシったら憎いやつ。まるちゃんは間違いなくのんびりしてるヒロシとおっちょこちょいのスミレの娘なんだなぁ笑

  • 虫食い読み。4巻は読んだことある。

  • 持っている数:14/15冊

  • 私のですw

  • 眠れない夜の友!

  • よみきりノンフィクション「夢の音色」は上京した時の母との別れの話が感動的。ちゃんとオチも最後にはあるんだけどね。
    「口笛がきこえる」は、父ヒロシと母ミドリが交際するきっかけをちょっと切ないラブストーリー風に描いています。まるこがこの世に生まれたのは犬のウ○チのおかげだなんてね・・・。

    ほかのよみきりは
    夏の色もみえない

  • 母の日にお母さんにハンカチをあげる話は今でも涙ぐむ

全10件中 1 - 10件を表示

さくらももこの作品

ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))を本棚に「積読」で登録しているひと

ちびまる子ちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス (472))のKindle版

ツイートする