神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))

  • 1128人登録
  • 3.40評価
    • (76)
    • (61)
    • (380)
    • (4)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 種村有菜
  • 集英社 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088561899

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • .

  • 稚空に誘われて遊園地に出かけたまろんは、そこでフィンにまつわる秘密を聞かされることになります。じつはアクセスではなくフィンの方が、魔王の手先だというのです。

    フィンのことを信じたいと願うまろんは、直接フィンに真相を確かめますが、彼女の祈りも空しく、フィンは堕天使の本性を現わします。

    フィンが堕天使となったのは、人間を殺すという、天界における最大の禁忌を犯したためでした。かつて準天使として人間界に降り立ったフィンは、天使の姿を見ることができ、聖水を作り出すことができる久ヶ原相模(くがはら・さがみ)という人間と出会います。聖水の力で多くの人間を救いたいという相模に近づいていくフィンですが、やがて彼女は、相模が妹の魚月(なつき)を犠牲に供することで、聖水を作っていたことを知ってしまいます。しかも、フィンが魚月の生まれ変わった姿だったのです。フィンは力を暴発させて多くの人間を死なせてしまい、天界を追放される決定が下されますが、そんな彼女に魔王が誘いの声をかけ、フィンは堕天使となって生きていく道を選んだのでした。

    フィンは、神の力を持って生まれ変わり続けるジャンヌの魂を破壊するという命を受けて、まろんの心に深い傷を負わせるために、彼女に接近したのです。フィンの正体を知ったまろんは、これまで唯一心を許せる相手だと信じてきたフィンの裏切りに傷つきますが、稚空はそんな彼女を絶対に裏切らないで、ずっと支え続けようと決意します。

    物語も佳境にさしかかったところですが、最後にまろんの意識がジャンヌ・ダルクの時代に飛ばされてしまうことになります。次巻では、物語の背景が明らかになる展開となっていくのでしょうか。

  • フィンちゃんの裏切り展開が好みでした。

  • おわにに向けてようやく物語が動きはじめました。

    フィンちゃんの本性むきだし…!
    アニメの方みてたからこうなることは知っていたけども。

    表紙はいままでで一番かわいくて気にいってます。

  • ネタバレあります

    ○概要
     フィンが堕天使であることが稚空によって明らかにされる。
     フィンはかつて、人を殺したのだ、と。


    ○感想
     稚空はもっとうまくやればよかったのになぁ。
     フィンが生きている道は他になかったのかな。

  • 【Y】

  • 未購入

  • 怪盗ジャンヌ第五巻!

    堕天使・フィンフィッシュ登場!
    フィンに裏切られたまろんはどうなる?!
    この巻、確か、ジャンヌダルクに会いに行くよねー。
    必死なノイン好きよw

  • 聖先生の正体は、悪魔騎士ノインだった!そんな彼に襲われたまろんは危機一髪のところを稚空に救われた。そして稚空は、すべてを話すとまろんに約束して……。

  • 私のですw

全20件中 1 - 10件を表示

種村有菜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))を本棚に「積読」で登録しているひと

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))のKindle版

神風怪盗ジャンヌ (5) (りぼんマスコットコミックス (1189))のKindle版

ツイートする