いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)

  • 58人登録
  • 3.50評価
    • (6)
    • (3)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉野朔実
  • 集英社 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088602646

いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の原発は「事故を起こさない」ことを前提に造ってあるから起きちゃったらおしまいさ「ぶ~け」平成3年6月号に掲載された第9話から、M8の直下型地震で茨城東海村の原発がぶっとんだことをテレビニュースで知った登場人物の台詞。20年後のことなど誰が知ろう。1992年3月18日第1刷発行。定価600円(本体583円)。第9話「Give Me Shelter」第10話「ささやかな不幸」第11話「ローズ・フレークス」第12話「本物の贋物」

  • ●Give Me Shelter 緊急事態に危機感なし。少女マンガらしい
    ●ささやかな不幸 「恋愛的瞬間」に近い。しかしまだまだ
    ●ローズ・フレーク 少女の純心。汚されたくないというのを花にたとえる。今だとちょっと嘘臭いです。
    ●本物の贋物 探偵もののようで読みやすい。ミステリーです。

  • 第9話「Give Me Shelter」:核戦争が勃発、核シェルターに向かう二人の男。一方は収集したCDやビデオをシェルターに持ち込もうと四苦八苦し、一方は何もかも消えてなくなると思うとちょっと気持ちいいなと考える。第10話「ささやかな不幸」:本当に好きなものには手を出すことが出来ない性格の主人公・寿は、幼馴染の福子ではなく、見合いで知り合った珠子と結婚することにする。しかし珠子は別の男との間の子をすでに身ごもっていた。第11話「ローズ・フレークス」:主人公・愛(いつみ)の姉は、学校で一番人気の数学教師の後妻となっており、愛は多少複雑な気分を抱えていた。第12話「本物の贋物」:名画のレプリカを作る職人・鯛子の弟・竜太郎が、男であるのに妊娠したと言い出した。

全3件中 1 - 3件を表示

いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)のその他の作品

吉野朔実の作品

いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)を本棚に登録しているひと

いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いたいけな瞳 3 (ぶーけコミックスワイド版)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする