ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

  • 10558人登録
  • 3.90評価
    • (2355)
    • (968)
    • (2852)
    • (48)
    • (12)
  • 1399レビュー
著者 : 羽海野チカ
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはね、願を賭けてたの。

    かなり前に1巻から9巻まで読んでたの。

    10巻を読む前に、やらなきゃいけないことが一つだけあって、それをやり遂げたら、最後の巻を読もうって思ってたの。

    それをやっと、やり遂げて、今日その10巻を読んだ。

    長かった。でも、読めてよかった。やり遂げることができて、良かった。

    私のやり遂げたことは、この世の中に、そして、自分自身に、さして影響を及ぼすことではないかもしれない。それでも、やり遂げることができてよかった。

    そんな心持の中読んだ最終巻。

    ほんとはね、怖かったの。はぐちゃんの選択が。わたしは、この小さな主人公の選ぶことに、失望と絶望をしたくなかったから、そうなってもいいように、自分のすべきことをきちんとしてから、読みたかったの。

    でも、読んでよかったと思える結末だった。

    「ありったけの幸せを、あなたに」

    この世には、恋愛とは別に、人の幸せを願えることがあるのだと、わたしも思っていたいです。

    でも、恋愛をしなくては、なかなかその状況へ持っていくことができにくい世の中の風潮です。

    わたしはとかく、生きる上での恋愛の優先順位が、1番ではありません。だから、人の幸せを願いながらも、それを恋愛という人間関係の伏線に張ることがひどく苦手です。

    そんなこと言ってる年じゃないでしょって、
    世間の代弁者の「私」が、常に突っ込みを入れます。

    だから、私は焦ります。自分で自分をせかしています。

    なんの、解決にもなりませんが、
    ありったけの幸せを、あなたに。
    この言葉を、送りたい人がいます。

    ありったけの幸せを、あなたに。

  • 『美点と欠点は紙一重』

    森田先輩がモテるのは

    「他人の言葉に惑わされないから」

    けれど彼女が出来ないのは

    「他人の言葉に全く耳をかさないから」

    ハチクロの登場人物のそれぞれの性格にも美点と欠点が紙一重なとこがある


    私たち皆にもありますね。

  • ※全巻読み終えて

    いつも、このひとの作品を読むと、いつのまにかとんでもなく深くて暗い場所にまで引っ張りこまれてしまう。それでいていつも、突然、ぶわっと嵐みたいな風がやってきて、暗いところから引っ張り上げてくれる。

    それで、自分のいたところは暗くて深いところなんじゃなかったと気がつくのだ。

  • 音楽学部と美術学部しかない大学に通っていたので、美大の、あの独特の空気感をすごく自然に描けていて、すごいと思う!

    登場人物すべてを抱きしめたくなるような、思い入れの深い作品です。

    10巻めに収録されている、ドラえもんの道具をテーマにした短編も泣けます!

  • きっと一生、一番大好きな少女漫画です。

    "登場人物、全員片思い!”
    のキャッチコピーがほんとうにぴったりなくらい
    四方八方にみんなの気持ちがとびかっています。

    恋をしたことがあるひとの今まで言葉に出来なかった気持ち、
    全てがここに詰まっているといっても過言ではありません。

    恋愛要素だけでなく
    可愛い服や小物や、おいしそうなごはんもいっぱいでてきます。


    人気作品だから、定番だからと敬遠している人がいたら
    人生損してますよ!
    (私がそうでしたから。笑)

  • ハチクロはだいすき。絶対手放さない。

  • 読んでて心地いいです。
    きらきらしてます。

  • 実家で改めて読んでみる。
    クリスマスの竹本くんのキモチがだんだん解るようになってきた。

  • こんな綺麗な恋したいです
    真山みるたびに殴りたくなるクソー

  • 終始あゆの台詞、モノローグに首がもげそうなほど頷いたりしていた。昔。
    初めは単純に面白くて、ちょっと切なくて、、だったのに。
    最終巻はいつ何度読んでも、泣かずに読めないので滅多に読まない。

全1399件中 1 - 10件を表示

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)に関連する談話室の質問

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)に関連するまとめ

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)はこんなマンガです

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)のKindle版

ツイートする