詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)

  • 1065人登録
  • 4.28評価
    • (161)
    • (96)
    • (51)
    • (8)
    • (2)
  • 91レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088700724

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子無料にて。自分に合わなかった…。

  • ハイキューよりこっちの方がいいな…掲載されてる読み切りもよくて、この路線じゃダメだったのかなあ、違う出版社だと名作が生まれたんじゃないか…といろいろ思いました。

  • ホラー/怪談
    16.07.14 新規up

    全03巻 完結

  • 奇抜なセンス。ただわたしには合わなかった。

    四ツ谷先輩の足指ソックスインがださいい!

  • 全三巻。
    同作家の別作品『ハイキュー!!』にも登場する中島猛の妹・真がヒロインの怪談作品。二巻に『アソビバ。』、三巻に『王様キッド』『四ッ谷先生の怪談』+書き下ろしを同時掲載。

    当時本誌をあまり読めていなかったためところどころしか読んだことがなかったのですが、のちに中島家が出ていると聞いて。シナモンに覚えがあったのは王様キッドを読んだからか、と同時掲載の読み切りで理解しました。一部キャラクターを繋げて描いていくタイプなんでしょうか。古舘先生の中にはそれぞれの作品を構築するための明確なイメージがあるんだな、と思いました。

  • 思っていたより怖くなかったけど、なかなか面白かった。
    ヒナノちゃんが無事でよかった。
    最恐の怪談を創るために何年も学校に残っているという四ツ谷先輩はいったい何歳なの・・・。
    主人公真のキャラがすごく好き。

  • 15.2.22

    ハイキュー‼からですが、古舘春一さんの初作品

    この人の画で描かれるホラーは絶対良い!!
    3巻で終わってるのは残念だが、アニメ向きだと思う。

  • 全3巻。

    次作『ハイキュー!』が大ヒットした、古舘先生のジャンプ初連載作品。
    打ち切り作品にしては異例の支持を得ている学園ホラーです(物語が綺麗に終結している影響もあるかもしれません)。

  • ハイキューを読んでこのマンガに
    出会ったけど、バレー好きなあたしが
    思う……こっちの方が好き(笑)

    ハイキューが人気になってきたけど
    原点のこの四ッ谷先輩は荒さと
    スピード感が良いと思う!
    キャラも四ッ谷先輩とヒロインであり
    相棒の真も個性が目立ってて良かった。
    内容もあたし的には「十増間さん」が
    特に良かったと思う!!
    (あれ?漢字あってるかな?笑)

    七不思議をテーマに沿ってるからこそ
    あの終わり方がキレイに収まってると
    思うし、ベストだったと思う!
    借りて読んだけど…買おうかな?笑

  • なぜ打ち切りになったのかわからないようでわかる名作。
    京極好きは絶対に読んだ方がいい漫画。

全91件中 1 - 10件を表示

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

古舘春一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
中村 明日美子
中村 明日美子
オノ・ナツメ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする