ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

  • 3034人登録
  • 4.43評価
    • (440)
    • (196)
    • (102)
    • (4)
    • (4)
  • 178レビュー
著者 : 尾田栄一郎
  • 集英社 (2010年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088701257

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
尾田 栄一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ルフィ、エース、サボの過去編。
    サボとドラゴン、そしてイワちゃん。
    きっといつか逢えるはずのその瞬間が待ち遠しい!

    そうなると、ルフィはサボとドラゴン、
    ウソップとヤソップ、ドラゴンとロビン、
    一気に話は展開していくのかなぁ。
    やっぱり揃えず少しずつなのかな。どちらにしても待ち遠しいっ。

    自分の後ろの愛する者のために敵を逃がさないエース。
    世間の評判は最悪でも、仲間からの信頼は絶大なロジャー。
    かっこよく潔すぎる生き方が切ない。

    ダダンの想い、シャンクスの願い。
    誰も失わないためにもっともっと強くなる。
    エースとルフィには血よりも濃い繋がりと愛情がある。

    そして、茶ひげ...........。
    こんなところでホーキンスに占われてたの忘れてた。
    しかも"死相"って。ホーキンス........当たらぬも八卦!?[笑]

  • この60巻で、ひとつの大きな区切りとなった。
    ルフィが、エースの死を乗り切るのは、やはり仲間の存在しかない。
     
    次からいよいよ「新世界編」が始まる!
    頼もしくなった仲間と再会したルフィが、どう「新世界」で活躍するのか楽しみだ!

  • 子供の頃のルフィの話がメイン。

    ONEPIECEは仲間たちの過去編でもそれぞれ悲劇的な出来事が起こりますが、今回はそれだけでなくONEPIECEの世界そのものの歪みが垣間見えます。

    とか言うものの正直な感想としてはルフィが超かわいいw
    兄のエース達ももちろん可愛いけども、ルフィの素直さと真っ直ぐさが今と変わってない上に更に子供らしくて、見てるだけでニヤニヤします。

    いつものSBS(質問コーナー)に加えて、ロビン役の山口由里子さんの質問コーナーもあります。

    とにかくルフィの可愛さだけでも、買って損なしの一冊ですw

  • エースを助けに、海軍本部に乗り込む。
    ストーリーは山場!!!
    コミックを手にとって、読んでください。

  • ルーフィぃぃぃぃぃぃーーーー!!!!!(T_T)

  • コミックで回想シーンからジンベイの説得のシーンまで一気に読み進めると、ジーンときた。“無いものは無い!確認せい!お前にまだ残っておるものはなんじゃ!”っていい言葉だ。

  • 誰もが知っている大人気タイトルの新刊。
    もうすでに予約済みで待ち遠しい一作です。
    一度空島に行った時に中断したのですが、改めて読み始めると止まらなくなってしまいました。どんどん深くリアルに熱くなっていく未来に残る名作となるの確定の作品。
    ジャンプで毎回見てはいるのですが、それでも…あーーーー、早く見てーーーーーw

  • サボとエースとルフィ。麦わらいよいよ再集結。

  • 悪童3人、エース・サボ・ルフィの身に何があったのか!? 今、過去の出来事が明らかに!!――エースを喪ったルフィは、この悲しみを乗り越える事が出来るのか…!?(Amazon紹介より)

  • ルフィたちの過去の話。
    山賊とか1巻以降出て来ないと思ってたw

  • あのメッセージでわかるって・・・(ゾロ寄りの自分) #ワンピース再読

  • ワンピースの難点は、こういう回想シーンが長いことなんだよな。
    もちろん全体の大きな物語の中で重要なエピソードなんだろうけど、もうちょっとなんとかならんもんか。

  • 話が麦わらの一味に戻ってきた!くまさんは行動が不思議だなって思ってたけど、味方だったのか。

  • カンボジア行ってたときにエースしぬよってはなしを先輩たちがしていて、四年後のいまやっと追いついた涙が止まらない。ルフィも切ない人生だなー。そして、いろいろと壮大すぎてなんかもうすごいやっぱおもしろいなー!

  • まさかのどかそうなフーシャ村がこんなヘビーな現状の国にあるとは思わなかった…。
    ゴア王国は現在の「ワンピース」世界のまさしく縮図なんですね。

    今まで圧倒的な相手にも決して負けることがなかったルフィは、兄の死をもって、自信をへし折られ、自分がサボを失った頃のようにまだまだ弱い人間だったと思い知る。しかし、自分にはまだ自分を支える仲間がいることを思い出し、再び立ち上がる。この展開、ほんと燃えるな~。

  • ようやく仲間が再登場し出した。これからの再会が楽しみ。

  • 悪童三人、エース、サボ、ルフィの身に何があったのか?
    今、過去の出来事が明らかに。
    エースを喪ったルフィは、この悲しみを乗り越える事ができるのか!?

    ルフィ達兄弟の過去バナ。てっきり母親が同じ腹違い兄弟とか思ってたので、この兄弟の盃を交わした仲、的な兄弟という事実はびっくり。
    おまけに昔のエースがグレ過ぎててさらにびっくり。ルフィに対しての最初が酷すぎる。
    兄弟なってから色々大変だったんだなぁ。ルフィの故郷はのんびりした土地だと思ってたのに、かなり酷い国でした。
    俺は弱いと叫ぶルフィが痛々しい。早く皆と再会して元気だしてほしいけど。
    仲間達もエースの事知って焦る描写合って良かった。なんかすごい久し振り。
    しかし最後のルフィから皆へのメッセージがさっぱりだった。鈍いのか…。

  • 【本日のサボ】
     「――おれは…貴族に生まれて恥ずかしい!!!」

  • ONE PIECEが、この先のストーリーに非常に重要な一石を投じている巻。さあ、果たしてドラゴンは誰を助けたのだろう。また、それが、ルフィーにとってどうなってゆくのか。
    あと、ドラゴンボールもそうだけど、強いキャラには必ず修行がつきもの。物事は1日ではならずですね。

  • 元気をもらえる大好きな作品。
    私にとって大切な心の愛読書♪

  • 兄弟の絆。それぞれの夢。サボには生きていてもらいたい。

  • 51巻から60巻までのあらすじ

    ルフィーたちが次に目指す島、魚人島(海底にある)へ行くためには、船を潜水仕様に改造しなければなりません。
    シャボンディ諸島でそれが出来るというので、ルフィーたちはそこにひとまず上陸。
    そこで(案の定)天竜人と揉め事を起こしてしまい、海軍大将たちと戦う羽目になります。その圧倒的強さにルフィーたちはことごとく倒されてしまい、最後は七武海のくまの能力により一味全員が海の彼方に飛ばされてしまいました。
    ルフィーが飛ばされた先はアマゾンリリー島。男子禁制女人国、七武海のハンコックが治める島でした。
    そこで兄エースの公開処刑が行われることを知ったルフィーは、エース幽閉の地インペルダウンへ向かい、兄奪還のために戦います。
    が、救出には間に合わず、舞台は処刑場所の海軍本部に移ります・・・
    ルフィーとともに、エースの処刑を阻止するため白ひげ海賊団や他の海賊達が海軍と戦い、頂上戦争が勃発。
    白ひげも命を落とすような死闘の末、エース救出に成功しましたが、その直後海軍赤犬に攻撃され、ルフィーの目の前で殺されてしまいます・・・
    その後周囲の助けでなんとか脱出しますが、ショックで立ち直れないルフィー・・・
    60巻では、エースとルフィーが義兄弟の契りを交わす過去を振り返りながらルフィーが立ち直ろうとしてる最中!

    この10巻はシャボンディ諸島での戦い、インペルダウンの戦い、そして頂上戦争、と戦争シーンが多く、読むのに大分疲れました。
    インペルダウンでは私の大好きなボンちゃんが再登場し活躍するので喜んでいましたが、切ない最期をむかえます・・・(号泣)
    ルフィー達は今までたくさんの敵と戦ってきましたが、ヒーローも悪人も大体死なずに決着がつくのです。
    そこがワンピースの気に入っている理由のひとつでもあったのに、今回は、ボンちゃん、白ひげ、エース、と悲しい死が続いたのでかなりショック。

    それと、最近のワンピースはお色気シーンが増えてきて、わたしてきにはちょっと不満です。
    少年漫画だから仕方ないのかしら。
    読者サービスとはいえなみさんとか前はかわいくグラマーでスタイル良かったのに、新世界では胸大きすぎ。やりすぎでバランス悪いでしょって言いたい!
    SBS書こうかな(笑)(ヤキモチじゃないよ!)

  • 何だろう、読んでいたら、結局、行き着くのはそこなんだよな、というものに気づいた。そんな気がした。サボはきっとそのうち出てくるな、あいつは大きなピースになる。きっと。情報量が後半部結構多くて、疲れた。けど、エネルギーの高さには本当に圧倒されるな、これ。(11/2/7)

全178件中 1 - 25件を表示

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)に関連する談話室の質問

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)のKindle版

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする