月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)

  • 338人登録
  • 3.67評価
    • (16)
    • (36)
    • (30)
    • (6)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 遠藤達哉
  • 集英社 (2010年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784088701301

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遠藤さんの読み切りで一番好きだった月華美刃がついに連載!ということでジャンプSQの連載も読んでいますが、コミックスも四方遊戯のような巻末おまけを期待して購入しました。
    さすがに連載中なので、巻末おまけはなかったのですが、表紙をはがしてみるとしっかりネタが仕込まれていてニヤリとしてしまいました。
    そういうネタも楽しいのですが、本編も読み切り版から大筋は同じですが若干登場人物の変更もあり、読み切りを知っていても違う話として楽しめるので、読み切りが好きだった人なら買って損はないと思います。

  • 全5巻、完結。

  • 遠藤先生の描く、生き生きしてかわいくって男の子に負けずに主役張って顔歪めてガチで戦闘に出る女の子大好き。カグヤかっこいい!

  • 家族の愛情とか絆とかが強く感じられた作品。
     どのキャラクターも親からの愛情を欲していたし、ほんの僅かな愛情でも喜びを感じていた。
    親と子の色んな想いが詰め込まれていた。

    主人公の少女がとても逞しく、力強い言葉を投げかけるシーンがたくさんある。
    その中でも印象に残った言葉を一つ。
    “大切なもとを捨てて泣くくらいなら 怖くてもしがみついてろ”

    ストーリの設定として長く楽しめるかと思ったのですが、短いストリーで終わってしまったのが残念な作品でもあります。主人公以外のキャラクターのスキル(特殊能力)がもっと多彩だと、さらに見ごたえあるものになった気がします。

  • SF竹取物語。

    お転婆なかぐや姫。
    次期皇女の彼女の悲喜交々の物語。

    雰囲気的には、青の祓魔師が近いかも。
    バトルやちょっと良い話ありの良作であった。

  • やっと手に入れた。
    フジヤ様がかっこいい。
    素敵なお母様。

  • 10年くらい前の読み切りでは戦うオヒメサマが印象的だった。
    今作でも相変わらずカッコイイ。そしてカワイイ。
    連載になったぶん登場人物が増えてその関係性もしっかり見えるので、よりストーリーを楽しめる。

    しかし竹取物語ベースのものをよくここまで破天荒にしたな。

  • 最新刊まで所持。

  • 5

  • かの有名なかぐや姫をモチーフにした作品。表紙の可愛らしさに魅かれて購入。絵は細かくて、線もきれい。しかし、細かすぎてコミックサイズで読むには…。ストーリも、細部は面白いが、全体としてみた時に細々しすぎて読むのが辛い…。

全20件中 1 - 10件を表示

遠藤達哉の作品

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)に関連する談話室の質問

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)はこんなマンガです

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月華美刃 第1集 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする