STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)

  • 1081人登録
  • 4.24評価
    • (125)
    • (103)
    • (48)
    • (5)
    • (0)
  • 95レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2011年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088702537

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • DIOの本体とルーシーの持ってきたDIOの首が合体したのは、1部のセルフオマージュ。
    SBRではこれまで、自らのパロディを散々してきたのだから、これは読む前に想像できたはずなのに・・・くやしい。

    荒木先生の描く絵はどんどん丁寧、綺麗に。
    それとは相反する形でジョジョの奇妙な冒険史上最も”男くさい”ものだったのかもしれない。
    そういう意味では、出番自体は少ないけれど印象的だったキャラクターのリンゴゥは象徴的な存在と言える。

    主人公、ジョニィ・ジョースター。
    試合には負けるし、勝負にも負ける。
    だがしかし、これは「再生の物語」でした。
    再生。マイナスからゼロへ。

  • 久しぶりに漫画を読んだらやめられなくなって、漫画喫茶に行ったり、ゲオで借りたりしながら、2~3週間かけて今日やっと読み終わりました。
    「ジョジョの奇妙な冒険」の第7部です。第1~4部までは読んだことあるけれど、作品としてはこの第7部が一番好きかもしれない。
    僕が言うのもなんだけど、構想力とか、一つの作品を描ききる力とか、テクニカルな部分はもちろんのこと、その背後にある思想性もシリーズを重ねる毎に着実に深化してしてきていると強く感じる。常にアンテナを張りつつ、よく考え、そしてそのアウトプットを作品に反映させながら一貫したテーマ(人間賛歌)をより深めていこうするその姿勢は素晴らしいものがあると感じます。僕も、仕事は全然違うけれど、そういう姿勢で人生を全うしたいな。

    1巻の巻頭の作者のコメントはとても共感できるので、ここに再録しておきます。あと19巻のディオ(withホット・パンツ)の対大統領戦は(僕の知る限り)漫画史上でも屈指の名勝負だと思う!
    そしてアメリカ行きたい!笑

  • SBR全巻のレビュー。
    壮大さが6部に負けずとも劣らずで、すべてがハッピーエンドに終わらないところがやっぱりジョジョらしさだと改めて思い知らされた…
    そんなところが好きだ!

    ジョニィがジャイロの死体をかついで船に乗った時に、タスクの「ニョホ」がすごいもう…もう…;;
    ツェペリ一族が本当に短命すぎて、一部二部三部と合わせて読むのがオススメ。

  • スティール・ボール・ランは最後2巻で一気に好きになった。1~6部のバトルの疾走感がゴール前で戻ってきた感じ。ディエゴが包みを開いた瞬間は圧巻。

  • 最終巻。

    「無駄無駄無駄無駄無駄アァア!!」

    は、やっぱり(?)良い物ですね。

    しかし、この人のマンガって、勢いがあってすごいです。
    「ハチワンダイバー」とコレは、勢いだけで読まされている気がします。そして、これからもきっと、続く限り読んでいく。

  • ついに最終巻。表紙が素晴らしい。SBRは表紙が全て素晴らしかった。ストーリーは、まああまりつべこべ言わなくてもよいと思う。スティールとルーシー。どうなったんだろう。ジョジョ、どうなったんだろう。さらっと結末。

  • 7部完
    ルーシーが出てくるとサスペンス調で面白くなる

  • 1か月くらいで読み終わってしまった。もうちょっとゆっくり読もうと思っていたのに…!


    ココカラネタバレバンバン(´・ω・`)


    まず…ジャイロが死んでしまうことは何となく知っていたのですが、19巻の最後でジャイロが本名を明かしてフラグを立ててしまったので(笑)そこから先は正直読み進めたくなくなりました(´ ; ω ; `) 放っておいても仕方ないので、1週間後くらいには読み始めましたが。

    今までのジョジョとはかなり印象が違い、新鮮で、どんどん引き込まれました。スタンドのビジュアルがほとんど出てこなかったり、主人公であるはずのジョニィが結構ヘタレだったり、それぞれの重い過去が要所要所で明かされていったり…あとは1〜6部のセリフや場面のオマージュ(?)が時々見られ、ファンとしては嬉しい限りでした。

    また、ストーリーとしては多くが語られないまま終わったという感じもしました。結局遺体は誰だったのか、遺体を手にすると具体的にどういうメリットがあるのか、ポコロコやヒガシカタ氏などその他の人達のこと…そして、はっきりとハッピーエンドとは言えない幕引き。だけど読み終えて、とても満足しているので不思議です。また一から読み返すと、わかることもきっとあるのでしょうね。

  • ディオはやっぱり最後までディオなのか。マッチ乱舞が新感覚でかっこよかった。(でも我に返ると、なんでマッチ…)
    回転の概念が良くわからくなってきたラストスパートだったけど、わからないまま読んでも楽しいのがすごい。
    長い長い旅路でした。ジョニィの船出が感慨深いです。

  • そこそこ良かった。長すぎるけど。6部よりは楽しめた

  • こりゃまたすごい終わり方で・・

  • ああ、なんという偉大なせつなさ、time passing thru.

  • 6部の終わり方があれだっただけに、7部の終わり方はすごくスッキリに感じる。相変わらずスタンドバトルは訳がわからないことも多いが、それ以外は悪いところが思い当たらない。今回は特に主人公ふたりの成長を描かれた場面が今までのシリーズにはない所だったように思う。、過去に対する内的な葛藤や、肉親から受けた影響は、いくら成長してもやっぱり人の中にずっとあって、それを乗り越えたり、それを抱えたままでも前に突き進んだりできるところに其の人となりの強さがよく現れるんだろうな、と思う。人間賛歌がジョジョのテーマの一つって作者のインタビューで読んだけど、この第7部が其のテーマに最も相応しい作品になっていると思う。主人公二人はもちろんとして、DIOや大統領の意志の強さもまた、人間、そして人生の素晴らしさを表しているように思う。今まで1部が一番好きだったが、この7部もそれに匹敵する深さがあった。

  •  2013年9月末にSBR全巻セット購入して、1日1巻ルールでぼちぼち読み進めていたが、本日ようやく読破ッ!
     6部が終わってからは疎遠だったジョジョだけどォ、やっぱ良いわーッ!!

     1〜6部も全て揃えて読み返したくなったから、来年は何とか本棚のスペースを確保しなくっちゃだぜッ!!!

  • ディエゴがガソリンでやりかえした…!あえて「やりかえした」と言うけど時止め中マッチの構図かっこいいなこれ…
    ディエゴなりふりかまわなさすぎてちょっと笑ったぞさすがディエゴ

    ルーシー良い女になったなあ覚悟のある素晴らしくかっこいい…
    しかしディエゴさんには幸せになってもらいたかったがどのディエゴさんでも叶わないのか…「遠くへ離れなくては」を言ってくれてうれしい。

    ポコロコのスタンド(?)結局謎だった…

    安らかな表情をするジョニィと後ろのジャイロが好き。

  • 24冊一気読みした感想としてすなおにおもしろかった。
    今までのJOJOの集大成のような作品。
    読ませる力があり、過去作品を知っていれば
    ファンサービスになるシーン多々あり。
    涙腺がゆるむ話もあるし何よりラストが清々しい。

    もう一回始めから読みなおしても発見のある複雑さもあり。
    素直に二周した。
    はまった。

  • 最後良かったー!ジョジョシリーズの集大成って感じがしたなー!
    そんで次はいよいよ「ジョジョリオン」!

  • うおー!
    スゲー良かった!!

    ヴァレンタインが初期から比べて痩せた。
    顎あたりが。

    ま、ジョニイとDIOの戦いはおもろかったし、
    戦いの終わり方も良かった!

    やっぱりDIOいいわ〜!

  • 第5部以降だんだんボスの能力が理解できなくなってくる。しかし異次元から3部のディオがやってくるとは、たまらん。ときどきペンタッチを変えたのかと思うほどの劇画調のコマがある。

  • 最終決戦は歴代ジョジョ総決算のようだった。スティール氏最後にいい役もらったなー。含みを持たせた終わり方でもすっきりと気持ちいい。

  • スティール・ボール・ラン最終巻です。
    長かったジョニィ達の戦いが終わりました。

    スタンド能力を持たないルーシーの活躍が光っていましたね。
    THE WORLD持ちのディエゴは何と言うか…途中までは良かったのに最期の最期で詰めが甘いと言うか小物っぽいなーと思いました。
    船出のシーンでさらりと足の不自由なジョニィが歩けるようになっていますが、これは「回転」の恩恵でしょうか?

    レース結果は、なんだか意外なようなそうでもないような…。
    当初有力候補だった人はみんなリタイアしてしまい、後半のストーリーにはほとんど関わらなかったポコロコが優勝。妥当…うん、妥当ですね。
    ジョニィは失格になってしまったとはいえ、彼は「立ち上がる」ことができたのですから、これでいいんだと思います。

    私の考える少年漫画的な大団円、―たとえばジョニィがディエゴを倒して優勝し、ジャイロの助けた少年が幸福な人生を送る― とはまた違う結末を迎えたスティール・ボール・ランですが、おのおのがベストを尽くし「これでいいんだ」と思える。ジョニィの後日談は不思議な余韻を持っていると思います。

  • まさかザワールド出てくるとはね。

  • 人によっては好みが分かれそうですけど、個人的にはかなり好きなシリーズです。

    ボスキャラの能力が???だったり、スタンドの概念が中途半端だったりしますけど、ジャイロとジョニイが良すぎで細かいことはいいんだよ!となってしまいました。
    レースを物語にしたことによって生まれた疾走感も気持ちよかったです!

  • ジョジョのシリーズでは一番好き。表紙のデザインもイイ。

全95件中 1 - 25件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)のKindle版

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 24 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする