ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)

  • 2624人登録
  • 4.15評価
    • (305)
    • (312)
    • (160)
    • (10)
    • (3)
  • 201レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2011年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784088703114

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 普段マンガはあまり読まない。でも『ジョジョ』だけは別。
    その『ジョジョ』ですらガッツリはまったのは第4部、第5部のみ。
    第5部も終盤のいいところでなぜか流し読みになり、第6部の序盤でフェードアウトして読まなくなってしまった。

    『スティール・ボール・ラン』が終わり『ジョジョリオン』が始まったのは知っていた。それでも食指は動かなかった。

    NHKの日曜美術館に荒木飛呂彦がゲスト出演。Eテレの『高校美術』にも講師として出演。面白かった。
    GUCCIとコラボ。各雑誌でも特集が組まれている。
    「最近露出多いなぁ、へぇ『ジョジョ』って25周年なんだぁ」

    「えっ、『ジョジョリオン』って杜王町の話なのっ!?」
    第4部とは全くリンクしていないと解説にはあるが、『広瀬康...』『東方じょう...』なんて名前だけでテンションが揚がる。

    数年振りにマンガを買ってしまった。
    のめり込んで読んでしまった。
    『あいつ』の名前が出てきて心拍数が上がった。
    瓶詰めの爪をみて「ヤバい」と思った。
    いきおいだけでこんな文章を書いてしまった。

    2巻買わなきゃ。

  • 黄金の風以来のジョジョです。
    青年誌に移っただけあって・・・
    テイストが、よりダークに、よりエロティックに!!

    好みです!!

    ストーンオーシャンの一周後の世界なのか?
    スティール・ボール・ランでのパラレルワールドなのか??

    今後が楽しみであります。

  • ジョジョ、第8部ですね。
    第2部、第3部、第5部が、やっぱりおもしろいです。
    が、今回は第4部の続編のようです。

  • ジョジョ第8部開幕。

    ジョジョの面白さって、やっぱりバトルなんだと実感しました。それも極上の頭脳戦。普通のバトルマンガとの違いは、登場人物が所有する能力がとにかく特殊・異質なことでしょう。それぞれの能力が特殊で限定的なほど、知的な戦いが可能になります。加えて、「できる」ことの奇抜さはもちろん、「できない」ことをしっかり用意することで、更なる戦略が生み出されていきます。

    同じような知的バトルマンガに『HUNTER×HUNTER』があります。で、能力の呼称がジョジョでは「スタンド」でハンターハンターでは「念」ということ。並べてみたら全然違うマンガなんですが、意外に共通点は多いんですね。もちろんどっちも大好き。

    ただ、ジョジョはストーリーよりも「次はどんな能力が」という楽しみ方のほうが合っている気がしなくもないのです。さて、今シリーズはどんな無茶な野郎達が登場するのでしょうか…。

    【キーワード】
    スタンド、記憶喪失、勘違い、バスルームの女、見えない敵

  • 待望の8部開幕。
    主人公はいまだに名前すら定かでない。
    主人公のスタンド能力についての面白さは、「何かを奪う」というのは漠然とし過ぎているのでこれからどれだけルールが狭められるかと魅せ方にかかっていると思う。今のままでは便利過ぎる。
    4部の舞台でもある杜王町が舞台であり、登場人物名も4部のキャラに関連のあるものになっている。
    展開のミステリアス成分、サスペンス成分も4部よりのものであり、期待できそう。

  • いよいよ始まったジョジョの第8部。
    まだゆっくりスタートだけど、きっとこれから壮大な物語が始まるんだろうな~
    主人公のスタンド「ソウト&ウエット」の成長も楽しみっ
    ごま蜜団子食べてみたいな…

  • 八部ちゃんかわいい

  • なんだこれ。
    超面白いィィィィィ。
    でも、タイトルの理由も、主人公の名前もわからないィィィ。

    ウルジャンだからか(?)表現はアダルト。
    導入としては最高の入りなのではないでしょうか。

  • うがあ、面白すぎる。なぞなぞなぞで、最初はドラゴンボール?と思ったが(笑)、だんだんスタンドの正体もわかってきました。でも、タイトルの意味も主人公の名前もいまだわからず、、、、

  • 待望の第八部!

  • スタンドの謎+ストーリーの謎+並行世界の関わりの謎。

  • いい雰囲気。ジョジョの帽子欲しい。

  • 全く先の読めない展開。
    しかし、相変わらず、荒木飛呂彦の絵は、時々鳥肌が’立つほど気持ち悪いなぁ…。

  • 不思議な世界観ね

  • とにかくずっとハラハラしっぱなしだった・・・!
    一巻は謎だらけ、続き読むのが楽しみ。

  • いきなり絵のタッチがガラっと変わった印象。6部7部とすこしずつ変わってはいたけれども、8部はもはや初期の面影も亡くなった。大分好みの分かれる絵になってると思う。話の方は4部とおなじ杜王町が舞台だけど4部とは全く異なるし、今までにはないミステリー形式をとっている。DIOみたいな絶対的な敵がいたり、ゴールに向かって進むのではなく、主人公の記憶を探すっていう謎解き物語だ。読み進めるにつれ謎が深まっていく展開に惹きつけられる。スタンドバトルも今までにないくらいわかりやすくてシンプルになっている。今までで一番読んでいて疲れない。「読ませる」漫画になってると思う。これだけ続いて今なお進化を続け新しいことにチャレンジし続ける荒木さんは本当すごいな。

  • 1~4巻まで一気読み。
    記憶喪失になってる主人公という設定で楽しめました。
    ジョジョシリーズはどれも好きですが、今までのシリーズとはまた少し雰囲気違って面白いです。

  • 再び杜王町が舞台ですね。第4部は好きだったので嬉しいです。
    あまり話はリンクしていないそうですが、キャラの名前からいろいろ繫がりを想像してしまいます。
    期待してます。

  • 杜王町、ふたたび。個人的には6部くらいの絵柄が好きだった

  • 手をつけてなかった分野を開拓してみたら、
    実はすごく楽しかった、という奇跡。

    ヤバい、面白すぎる!
    小さい頃は絵が苦手で見てなかったけど、
    今見てみたらツボだぁぁ!
    これはまずい!!(笑)
    このあとどう展開していくのか気になって仕方なさ過ぎる。。。

  • 吉良、まだ続けるの?もういいんじゃ

全201件中 1 - 25件を表示

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)に関連する談話室の質問

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)はこんなマンガです

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)のKindle版

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする