ブクログ大賞

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

  • 4040人登録
  • 4.36評価
    • (555)
    • (358)
    • (150)
    • (10)
    • (1)
  • 296レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2012年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088704531

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 最近、読みたい漫画が無く、周りにオススメを聞いて回っている。同僚に進められては読んでみる。バレーボールと言う余り他にないテーマへのチャレンジを感じるし、テンポも良く、勢いもあり、ジャンプ漫画と言う感じだが、おっさんな私には「心にグッと来る」物が見つけられず、どうかな?感。でも人気も高いみたいだし、これから期待なのかな。

  • 主人公の日向翔陽は

    背丈はないけど 類希なる

    運動神経とばねをもってる!!!!

    こういう夢があるのが

    少年漫画 スポーツものの

    王道だグラサングラサン

    わくわくしますね

    トスがあがるだけで嬉しい

    というのが 初々しくていいな

  • 全力でバレーにかける3年間。青春。

  • 正直そんな期待せずに読み始めたけど、これはおもしろい!胸熱!王道スポーツマンガ!
    バレーのルールや各ポジションの心持ちとかも学べてこのまま読み進めたらバレーファンになりそうな気配。絵もうまいし。

  • めずらしく、はやりのコミックを読む。
    現代(平成)のスポーツ・コミック。
    夢中になる要素が、いっぱいちりばめられている。
    現在進行形で物語は連載中なんだろうし、
    テレビ・アニメも続編が放送されるんだろう。
    ワタクシも熱くなる(マジだ)

  • 常に続きが気になる漫画で誰にでもオススメできる漫画。
    幸いなことは週刊誌連載で新刊がはやいこと、惜しむべきと言うか辛いのはそれに伴う本棚の圧迫速度。

  • 読み終わったら必ずバレーがしたくなる。

  • 日向と影山のが最強の敵から、最強の味方になる過程にワクワク!(^o^)二人の他にも烏野バレー部は魅力的な人がいっぱい(^^)vこれからが楽しみ~♪

  • なんでこんなに、存在感があるのだろう、
    なんでこんなに、説得力があるのだろう、
    なんでこんなに、惹きこまれるのだろう。

  • 漫画だけだとつまんなかった。アニメみてはまった。なぜかは自分でもわからない。
    東峰さんが好きです。ビジュアルだけならのやっさん。
    絵柄が壮絶描きにくい。特に日向。あとバレーのポーズもかっこよく描くのむずい。
    どうでもいいけど日向も影山もリアルの知り合いにいるのでやめてほしい(笑)

  • アニメから入りました。

  • ついに買ってしまった…久しぶりにスポーツ漫画にハマりそうな気がする。
    1年も2年も3年もみんな可愛い

  • 運動が苦手すぎて見るのも嫌いな位だったのに、高校バレーの漫画にハマってしまいました……。続きが気になります!

  • 前々から気になってて、実際手にとってパラパラめくってみたこととかもあるんだけど、微妙に絵のタッチが苦手かもって思ったりで、何となく読めないでいた作品。まとめて全巻を借りられたので、この機会に再挑戦。まだ序盤を読み始めたばかりだけど、面白いです、これ。やっぱり上記のように思って、ワンピースを読み始めるのが散々遅れてしまった経験があるんだけど、同じ轍を踏むところでした。バレーは体育の授業でしかやったことないけど、それでもルールくらいは分かるし、それ以前に全く興味のない人でも、ここで繰り広げられる人間ドラマだけでノックアウトかも、っていうクオリティ。先を読むのが楽しみでならんです。

  • 本屋の試し読みから面白いなあと思ってまんまとはまる。

    バスケ漫画の金字塔が『スラムダンク』なら、
    バレー漫画の金字塔は『ハイキュー‼︎』になっていく筈。

    現実と一緒で、主人公の攻撃が必ず決まるわけでもなく、
    試合では勝ったり負けたりする。
    自分が子どもの頃に見た漫画やアニメで、主人公が敵をバッタバッタ倒していくのは爽快だった。でも、部活をするようになり自分が闘うことになった時、現実の世界ではそうはいかないことを知った。
    圧倒的に不利な時、敗北した時、プレッシャーがかかる時、
    失敗した時、試合に出れない時、
    そこからの気の持ち方、活路の見出し方、立ち直り方が描かれている。
    部活動してた頃に読んでいたらもっと苦い思いや痛みにも
    向き合って対処できたのかなと思う。

    あとは悪人が出てこないところが他と比べて気に入ってる点。

  • 久々に面白いコミックに出会えた!
    バレーの知識がなくても読んでいるうちに自然に覚えられます。
    新刊が待ち遠しい。

  • ハイキュー!!ってこんな感じか。ちょっと弱ペダに通じるものがある。追い込まれてあとちょっとがんばれる強さとか、活用しきれていない才能をチームの仲間と見つけていくこととか。高校生活始まったばかりのふたり。高校のバレー部は中学にも増して全国レベルに行くのは難しいんだろう。少しでもコートにいたいっていう純粋な気持ちで、勝ちを重ねてほしい!

  • アニメ化されると注目されていた頃に購入して読みました。漫画もアニメもとても表現力が豊かで、まるで自分もその世界にいるかのような体感をすることができました。涙あり、笑いありの素敵な青春漫画。すごくお気にいりです。

  • 1巻読了。テンポといい、キャラといい、わかりやすくて面白い。ジャンプスポーツマンガ枠の今一番勢いがあるマンガだと聞いていますが、テニプリや黒子とはちょっと違って技名とかが出てくる気配は今のところない。正統派スポーツマンガという感じ。

  • ド直球な「友情・努力・勝利」がつまってます。脇役がいません…全員に感情移入できます…。本誌もまだまだ盛り上がってます。コミック・DVD・隣のアミューズ店ではグッズもりもり展開中です!アニメ2期・映画も決定です!
    (スタッフ:♀:20代)

  • 少年漫画/バレーボール
    17.05.25 26巻up

    1-26巻 続

全296件中 1 - 25件を表示

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)に関連する談話室の質問

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)の作品紹介

ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。
部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、日向のチームは「コート上の王様」と異名 を取る天才プレイヤー、影山飛雄に惨敗。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、影山の姿が!?
「詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。」の古舘春一が描く、熱血青春バレーボール物語!!

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)に関連するサイト

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする